page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「北欧 バイキング 置物」の見どころ情報

北欧 バイキング 置物に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「北欧 バイキング」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


ビールは陶器のマグでぐいっと豪快に。Haraldオリジナルのフィンランドの地ビールを!
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フィンランド/ヘルシンキ 
フィンランド、北欧といえば「バイキング」を連想しますよね。実はフィンランドは1917年に独立したばかりの比較的新しい国なので、バイキングの歴史を語る上ではスウェーデン、デンマーク、ノルウェーにその座を譲ります。しかし、石器時代からフィンランド人の先祖が現フィンランドに存在していたことは確かなので、中にはバイキングとして活躍したフィンランド人もいたことでしょう、と言われています。そんなわけで「バイキングがいたかいないか定かではない」フィンランドの謎のバイキング時代を楽しく再現したレストラン・チェーンがあります。その名も「Harald(ハラルド)」。店内のあらゆるところにあの角付きのバイキングのヘルメットが置いてありますので、気軽にかぶってバイキング気分を楽しんでみましょう!

この記事の続きを見る


各ブランドのロゴ。たまに日本のベビー子供服のセレクトショップでもみかけます。
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/デンマーク/コペンハーゲン 
デンマークのベビーや子供たちはとってもおしゃれ。なぜなら、小さな国なのに数多くの個性的なベビー子供服ブランドがあるから。特にデンマークの曇り空に負けないビビットでポップなデザインブランドを着ている子供たちは、その場の空気を明るくするパワーで一杯です!今回は、数あるブランドの中からポップ&カラフルなベビーキッズファッションに注目。国内外で人気のあるmolo(モロ)、danefae(ダーネフェ)、Smaafolk(スモーフォルク)、ej sikke lej(アイ・シッケ・ライ)の4ダニッシュブランドをご紹介します!

この記事の続きを見る


フィヨルドの島をレンタカーでドライブ!【デンマーク・フェロー諸島 その1】
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
地図好きな旅の友人がいるのですが、彼は海岸線が複雑に入り組んでいればいるほど興奮するのだそうです。海に浮かぶ島も、その形が複雑であるほど興味が湧き、旅情をかきたてられるのだとか。人の好みは様々ですね。そんな友人が大好きなのが「フィヨルド」です。数万年の永い歳月をかけて、一年に数百メートルというスピードで氷河が大地を削り取ってつくり上げた深い谷に、海水が入り込んでできた地形をフィヨルドといいます。フィヨルドといえば北欧のノルウェーが有名ですね。海から屹立する急峻な岩壁が複雑に入り組んだ、雄大な風景が続くフィヨルドの中をいくクルーズが人気です。

この記事の続きを見る


博物館の脇から見えるロスキレ・フィヨルドはとても静かで湖のような面持ち。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/デンマーク/コペンハーゲン 
コペンハーゲンから東へ約30kmの街ロスキレ。現在人口約8万人の小さな街ですが、1000年前のバイキング時代にはデンマークの首都でもあり、長い歴史を持つ街です。晴れた日は、ロスキレ市内から歩いて行くのがオススメ!ステキなお庭付きの一軒家が並ぶ小路、緑豊かな公園を通り過ぎ、長い坂を下ってゆくと遠くに海が見えてきます。港に停泊する船の中には独特のカーブが特徴的なバイキング船!そして海辺に建つのがバイキング船博物館です。

この記事の続きを見る


足を運びやすい便利な立地も魅力。
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スウェーデン/ストックホルム 
ストックホルム市内にある歴史博物館では、紀元前からバイキング、そして中世など、スウェーデンの歴史を体系的に紹介している。歴史を学ぶことは今を大切に生きるためのヒントを得るいいチャンス。毎日の生活でストレスがたまっているときこそ、昔の人の足跡をたどってみたい。まだ電気も水道もなかった時代、人々はどんな暮らしをしながら文化育んでいたのだろう?展示について理解を深めるためにも、時間があればオーディオガイド(20クローナ、約220円)の活用をおすすめしたい。残念ながら日本語はないけれど、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、そしてスウェーデン語がそろっている。

この記事の続きを見る


こちらはクルーズ船の一例。飛行機や電車とは違った趣がありますよね!
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フィンランド/ヘルシンキ 
皆さん、船旅を経験されたことはありますか??広い船内を歩き回ることもできたりゆっくりと過ぎ去っていく美しい景色を見ながらコーヒーを楽しんだりなどは船旅ならでは。まさに観光も兼ねた移動手段と言えますよね!かくいう私も船旅の大ファンです!ぜひ皆さんにも北欧での船旅の楽しさを知ってもらおうと、今回は番外編として隣国スウェーデンのストックホルムからフィンランドのヘルシンキを結ぶ北欧屈指の快適な船の旅についてご紹介します!

この記事の続きを見る


この美しさ、皆にナイショにしておきたいのも納得ですね!?
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/アイスランド/レイキャビク 
その昔、バイキングたちがそれはそれは美しい島を発見しまして。北にある割には海流の影響で、暖かく、緑の多い島だったのです。その為、自国領土を広げまいと必死だったヨーロッパ諸国には知られまいと、彼らはここを氷の国・アイスランドと称し、「氷で覆われた厳しい所です」とあざむいたとか!?そのおかげでしょうか?今でも手付かずの自然が多く残り、目を見張るほど美しい氷河湖、青白くてなんとも不思議な色をした温泉、それに冬にはオーロラなど、北国の景色を存分に体験する事ができます!!

この記事の続きを見る


ストックホルム中央駅方面から歩いて来ると左手にある。そのままホテル前を通り過ぎて歩を進めると左手には国立美術館がある
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スウェーデン/ストックホルム 
1874年オープン以来、これまでにスペイン王やオランダの女王、ノーベル賞受賞式に参列するためにやってきたアインシュタインや女優のグレタ・ガルボ、エリザベス・テイラーなどなど、世界の要人や有名人たちをもてなしてきた‘Grand Hotel’。第1回の1901年から1929年までノーベル賞授賞式の晩餐会会場となるなど、当時からレストランの料理はもとよりその設備やサービスの格式の高さは超一級品であったという。夏はボートが行交い水しぶきがきらめく船着場を挟んだ向かいに王宮がどっしりとかまえて、という立地も見逃せない魅力のひとつだ。

この記事の続きを見る


「北欧 置物」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

シンプルで機能的そしてかわいらしさも併せ持つ、北欧デザイン好きなら、見ているだけで、こころウキウキ
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スウェーデン/ストックホルム 
長い夏休みには、サマーハウスの木陰でハンモックに揺られたり、家の裏の森でベリーを摘んだりと、のんびり過ごすことが好きなスウェーデンの人びと。自然と共存し、次世代にその魅力とたのしみを受け継ごうと、自然環境のサステイナビリティにも敏感だ。この精神は、日々の暮らしの生活を彩るものに関しても反映されている。もちろんある程度の期間使える品を手ごろな値段で購入することもあるけれど、一方で、古い品をメンテナンスしながら大切に使い続けることにも長けているのだ。 有名デザイナーのヴィンテージ製品を扱うアンティークショップや、寄付された洋服や家具を販売する赤十字のセカンドハンドショップなどの店舗をはじめ、特に季節のよい週末には街の広場に蚤の市も登場し、道行く人が店先をひやかしている。アンティークショップと聞くと、値段も張るし、量販店に比べ、敷居が高い気がするけれど、ものによって、また商品の年代や質によっては、手ごろな価格の品を見つけることができる。

この記事の続きを見る


サンタの家のサンタグッズ
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フィンランド/ロバニエミ 
サンタクロースがいる家には、サンタのグッズが沢山売っています。色々なデザインのサンタクロースの置物や、日用品まで沢山揃っています。可愛らしい靴下入れも置いてありました。家に飾っておけば、一気に北欧感が出ますね^ ^

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。北欧 バイキング 置物に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介