page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「南トルコ」の見どころ情報

南トルコに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「南ト」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


まるで地面から生えたように、石像の頭部が置かれているネムルート山
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/シャンルウルファ 
長い歴史があるトルコには、数多くの世界遺産があります。歴史好きには本当に見どころだらけで、行く場所選びに迷ってしまうのですが、今回はすばらしい絶景が広がる「ネムルート山の古代遺跡」を紹介しましょう。トルコ東部の田舎にあるので少々行きにくいのですが、行くだけの価値は十分あります。かくいう私も、実は3回も行っています。紀元前、アレクサンドロス大王の死後に多くのギリシャ系王国が生まれましたが、そのうちのひとつセレウコス朝シリアから前162年に独立したのがコンマゲネ王国です。このネムルート山頂にある遺跡は、その最盛期の王アンティオコス1世の陵墓なのです。

この記事の続きを見る


クマリ寺院南の観光エリアだが、昼は閑散としている。海の上にある2つの岩には、ボートツアーで行ける
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/インド/カニヤークマリ 
「3つの海が交わるインド最南端のコモリン岬」その2からの続きです。このカニャークマリ(コモリン岬)に着いたら、まず行ってみたいのが、3つの海が交わる地点「サンガム」でしょう。と言っても、見た目にはただの岩場が多い海岸で、“このあたり”という感じです。「コモリン岬」と名が付いていますが、着いてみるとこの岬の先端は尖っておらず、2kmほど平らな海岸線が続いています。その東端にクマリ寺院があり、参拝客はそこでお参りする前後に、近くのこのサンガムで沐浴をするのです。とはいえ、私が見たときは、ガンジス川のようにがっつり沐浴する人はあまりいませんでした。クマリ寺院自体は、奥の本殿まで行けるのはヒンドゥー教徒のみとなっています。男性は腰巻をつけて上半身は裸になるなど、参拝の正装をしなくてはならないので、我々外国人は中まで入る人は少ないですね。

この記事の続きを見る


台湾へ行ったら必ず飲みたい!台湾ビールの誘惑
  • テーマ:
  • お酒・バー
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台北 
旅の楽しみのひとつ、それはその土地の新鮮なビールを堪能すること!という方も多いのではないでしょうか。昨今は日本でもさまざまな輸入ビールを楽しむことができますが、旅先の新鮮なビールには格別な味わいがあるものです。そこで台湾でぜひ試していただきたいのが「台湾ビール(台湾酒)」です。

この記事の続きを見る


コスモスの草原が延々と続く風景
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • 中南米/メキシコ/メキシコシティ 
大都会メキシコシティから、1時間も走っていくと9月末くらいから10月にかけて、メキシコの秋を満喫できる風景に出会える。お勧めはなんと言ってもメキシコ原産の野生のコスモスの草原。車で走る道路の両側が果てしなく続くコスモスのピンク。もちろん栽培されたコスモス畑は、日本でもみる事ができるだろうが、野生のコスモスの草原は、壮大で一見の価値あり。それと、この時期は、メキシコシティから西、東、北、南と車で走って行くとそれぞれ、コスモスでなくともメキシコの秋を堪能できる野生の野の花々に出会える。それは黄色のひまわりの原種の花、青い昼顔の原種の花達などである。それがこの時期は、野の風景をピンク、黄色、青の色に塗り替えている。

この記事の続きを見る


お土産屋に売っていた絵葉書と写真です。墓の中は写真不可なので、お勧めです。左上端の写真がアクエンアテンの彫像です
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/エジプト/エル・ミニヤ カイロ 
テル・エル・アマルナは、新王国時代の第18王朝の王であるアクエンアテンが都とした場所です。次のファラオであるツタンカーメンによって再びルクソールへ戻るまで10数年だけ栄え、後に反対勢力により遺跡は壊され廃墟となってしまいました。アクエンアテンは、古代エジプトの3大美女の一人と言われるネフェルティティを妻に持ち、さらに宗教改革を行ったことでも有名で、それまで崇拝されていたアメン神を代表とする多神教を廃して、太陽から何本も手が伸びているような形で表されるアテン神を唯一の神として崇めました。残された像やレリーフを見ると、頭が大きく顔が馬ずらで指が細く、あごがとがっていて、お腹がぽっこり、胸のある像もある不思議なファラオです。独特な魅力があるファラオの築いた都の夢の跡は最近注目されています。

この記事の続きを見る


ランダム更新!本日のおすすめ見どころ・ガイド記事

イヴァンチッツェの中心部にある聖母マリア被昇天教会は町のシンボル
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/ブルノ 
ミュシャの名前で知られているアルフォンス・ムハはチェコのモラヴィア地方出身の画家である。パリで長らく活躍していたためフランス風にミュシャと呼ばれ、フランス人と思われることもしばしば。しかし彼はれっきとしたチェコ人で、1860年にモラヴィアの小都市イヴァンチツェで生まれている。ブルノから21Km南に位置する人口約9000人の地方都市。小さいながらも歴史的な町で、16世紀にモラヴィア兄弟団というフス派の流れをくむプロテスタント信徒団体がここで設立された。19世紀になると産業が栄えるが、現在は小さな静かな町である。そんなイヴァンチッツェに時々観光客がやってくる。それはムハの生家が残っているからだ。ムハの父親は裁判所の下級官史だった。社会的地位は決して高くなく、貧しい生活の中で子供5人のうち3人を結核で亡くしている。

この記事の続きを見る


ヴェレトゥルジュニー宮殿の一部は最上階まで吹き抜けになっている
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
プラハの国立美術館はいくつかの宮殿や教会によって成り立っていますが、特に人気の展示会場となっているのがヴェレトゥルジュニー宮殿です。地下鉄C線の「Vltavska(ヴルタヴスカー)」駅から徒歩5分ほどのところに、この美術館があります。「宮殿」と呼ぶにはかなり近代的な外観ですが、プラハでは初めての機能主義建築で、巨匠ル・コルビジェも絶賛したそうです。展示スペースが6フロア(宮殿自体は7フロア)もあるヴェレトゥルジュニー宮殿には、チェコのものを中心に20世紀前後の絵画・彫刻などが揃っており、じっくり見るとまる一日かかるほど。その中で特に見どころなのが、アール・ヌーボーを代表するチェコの画家、ミュシャの作品です。

この記事の続きを見る


プラハ国立美術館に展示されているミュシャの傑作「スラブ叙事詩」
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
アールヌーボーの画家、アルフォンス ミュシャは、日本でもよく知られています。ミュシャはチェコ人ですが、フランスの女優、サラ ベルナールのポスターを描くなど、パリでその才能が花開きました。ですが、ミャシャは故国チェコを忘れることはありませんでしたし、チェコのために作品を書いています。チェコスロバキア(当時)の紙幣のデザインもしていますし、プラハ市民会館の市長の間は、まるごとミュシャの作品です。そして、ミュシャの人生最大の仕事は、「スラブ叙事詩」の製作でした。これはとても大きな作品です。

この記事の続きを見る


『スラヴ叙事詩』の最後の一枚、1926年に描かれた、ムハのスラヴ民族へと込められた想いの集大成。
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
淡くて優しい色使いと花や女性の美しいポスターで誰にも知られている画家のムハ(フランス語読みではミュシャ)、フランス人と思われていることが多いですが、実はモラヴィア出身のチェコ人。ベルエポックの時代のパリで活躍したアール・ヌーヴォーを代表するグラフィックデザイナーのイメージが強いムハですが、それらとは趣き異なる、有名な晩年の大作があります。フランス時代、その後のアメリカ時代を終え、故郷チェコへ戻ったムハが1912年から1926年にわたり、スラヴ人としてのルーツを見つめた20枚の作品『スラヴ叙事詩』が、モラヴィアにあった長年の展示場所からプラハへ移され、今年の初夏より公開されています。

この記事の続きを見る


建築関係のイベントも多いDOX、外観もかなりモダンなつくり
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
観光客はあまり訪れないホレショヴィツェ地区の住宅街に最新アート発信地DOXが昨秋オープン。「Art is a waste of time…」という皮肉なコピーもサマになる、自由で幅広いプログラムが人気。81年にオーストラリアへ亡命し、ビロード革命後の95年にチェコへ戻ったヴァールカ氏を中心に設立された私立のミュージアムなので、国立美術館などでは展示されない前衛的なアートも見られ、“今”を感じる美術館。建築好きのオーナーだけあって、建物自体も美しい機能主義スタイル、インテリアも超モダンです。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。南トルコに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介