page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「南フランス 建築 イメージ」の見どころ情報

南フランス 建築 イメージに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「南フランス 建築 イメージ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


ゴッホの絵画「夜のカフェテラス」のモデルとなったお店
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/アルル 
(前編からの続き)アルル時代のゴッホの作品は黄色の使い方に特色があるとしばしば言われます。代表作の「ひまわり」はもちろんですが、「黄色い家」や「夜のカフェ」などを見ても、かなり大胆に黄色を使っていることがわかりますね。実際に、夏の晴れた日にアルルを散策していると、ゴッホが表現しようとした「黄色のイメージ」をそこはかとなく共有できるのではないかと思います。「アルルの跳ね橋」や「黄色い家」など、ゴッホがモデルとしたところの多くは残念ながら現存していませんが、残っている貴重な例が「夜のカフェテラス」で描いたお店です。前編でご紹介したローマ遺跡のフォルム(広場)の一角にあり、店の前の掲示では丁寧にも店と絵画との関係が解説され、店全体が黄色で彩られています。ゴッホ好きには必見のスポットですね。ちなみに、タイトルが似た作品「夜のカフェ」はここではありませんのでご注意ください。

この記事の続きを見る


「南フランス 建築」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

きらびやかな内装に目を奪われます。
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
「リヨン駅」という名の通り、パリからリヨン、アヴィニョン・ニースなど南東方面へ向かう列車が乗り入れているこの駅構内に、まるで宮殿のような内装のレストラン、「ル・トラン・ブルー」があります。このレストランに入ると、どこかで見たことがある気がする方もいるでしょう…。それもそのはず、日本でも大ヒットした映画「レオン」の監督として知られるリュック・ベッソン氏が制作した「ニキータ」(1990)をはじめ、ジェローム・サル監督の「アントニー・ジマー」(2005)、スティーヴ・ベンデラック監督の「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」(2007)など様々な映画の舞台になっているのです。映画を見たことがないのであれば、行く前に映画を見ることをオススメします。まるで映画の中に入ったような気分が味わえます。

この記事の続きを見る


内部から見たコロッセオ
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/ローマ 
イタリアの首都にしてヨーロッパ有数の観光都市ローマ。市内にはいくつもの見どころがありまあすが、その中でも特に多くの観光客が訪れるスポットが、世界遺産にも登録されているコロッセオとフォロ・ロマーノ、そしてパラティーノの丘の3つの古代遺跡群です。この3つは隣接しており、入場チケットも共通となっています。3つとも回ると少なくとも半日、じっくり見るとまる1日はかかってしまいますが(共通券は2日間有効となっています)、それぞれ良さが異なるので、できれば全部回るのがおすすめです。今回はこれらの古代遺跡の観光の際の注意点を、簡単に解説していきます。

この記事の続きを見る


日本人にはあまり知られていない、フランスの人気観光地カルカソンヌ(後編)
  • テーマ:
  • 城・宮殿
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/カルカソンヌ 
(前編よりのつづき)2回目に入ると、前庭から外の城壁へ出られる表示を見つけられました。城壁の上からは、2重に壁が構成されている様子がよく見え、城が厳重に守られていたことがわかります。天気のいい日だったので、ナルボンヌの門までの散策はとても気持ちよく、景色も楽しめました。しかも、城壁の上は観光客がほとんどおらず、内部の見学者の数よりずっと少なかったのです。私たちのようにみんな気がつかずに見学を終えてしまうようなので、みなさんは見逃さないでくださいね。

この記事の続きを見る


古代ローマ建築が今も美しく残る、南仏プロヴァンス地方
  • テーマ:
  • 遺跡
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/オランジュ 
ヨーロッパには、古代ローマ時代の遺跡が街の中にそのまま現存していることも珍しくありません。保護のために立ち入り禁止になってしまうことが多い日本と違って、遺跡の建築物がそのまま現代でも有効活用されている場所もあり、歴史好きな人にとってたまらないスポットも。フランス全土にも数多くの遺跡が点在しています。その中でも特に見どころが集まっている南フランスのプロヴァンス地方を紹介しましょう。

この記事の続きを見る


「建築 イメージ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

典型的なオランダ式建築内の博物館
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/デンハーグ 
デン・ハーグ市街にあるヒューマニティ・ハウス。ヒューマニティ・ハウスは、災害や紛争の中での生活について学ぶことのできる博物館です。2010年にハーグ市と欧州委員会の支援を得て、オランダ赤十字社の要請により設立されました。さまざまなパートナーと協力し、地球規模の課題、特に難民問題について知る機会を提供しています。現地の学生向けには講義や元難民だった人々との交流会を行っており、旅行者は常設展を見学できます。

この記事の続きを見る


一日中、参拝客が絶えない
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/韓国/ソウル 
ソウルの一大観光地である仁寺洞(インサドン)に、歴史の深い仏教寺院があります。仁寺洞といえば、伝統的家屋を利用したカフェやショップが並ぶ、落ち着きのある町。旅行者にとっても魅力いっぱいの仁寺洞で、「曹渓寺(チョゲサ)」をお参りしてみませんか。ここは、1938年に創建された禅宗系のお寺です。曹渓寺の前身は1395年まで遡るため、そこから数えると大変な歴史ですよね。日本と同じように、韓国にも独自に発展した仏教の宗派がありますが、中でも「曹渓宗」は韓国最大の宗派です。曹渓寺は曹渓宗の総本山なので、毎日多くの人々が参拝に訪れるのです。

この記事の続きを見る


草間彌生の展示室はマスト!
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • アジア/韓国/済州島(チェジュ) 
済州島の楽しみ方は、雄大な自然を堪能することばかりではありません。私にとって、韓国でアート巡りをすることは旅の大きな目的の一つで、これまでにも多くのアートスポットを訪れてきました。西帰浦(ソギポ)にある「ボンテミュージアム(本態博物館)」は、韓国国内でもトップクラスのおすすめミュージアム。アートや建築、韓国の文化に興味のある人にはとりわけおすすめです!

この記事の続きを見る


クールなインテリアデザインの児童室
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
オランダの首都であり、旅行者にとっては観光のハイライトでお馴染みのアムステルダム。有名な観光スポットは世界遺産でもある環状運河内に多々ありますが、新興開発地区にも意外な穴場が結構あるのはご存じでしたか?アムステルダム中央駅の東側、NEMOこと科学技術博物館の対岸にあるオーステルドク地区。オランダらしい大胆でモダンな建築が並ぶエリアです。オーステルドクの一端にそびえる威風堂々とした高層建築。ファッションビルのような趣ですが、実は公立図書館「アムステルダム中央図書館」なのです。

この記事の続きを見る


ペトロナス・ツイン・タワーの見学は公式サイトで予約をしないと1日あたりのツアー人数が決まっているので、訪れるなら早めの予約を
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/クアラルンプール 
クアラルンプールで人気の観光スポットであり、ランドマークともいえるのがペトロナス・ツイン・タワー(Petronas Twin Towers)です。イスラミック文化をモチーフにした装飾が施されており、88階建て、452mの高さを誇ります。ガイドツアーが催行(月曜休)されており、41階にある両タワーをつなぐスカイブリッジ(Skybridge)と86階の展望エリアを見学が可能。公式サイトではクレジットカード決済で予約ができます。週末や祝日、スクールホリデーなどはすぐに完売となることもあるので予定が決まっている場合は早めの予約をオススメします。展望室からは景色だけではなく、タワーの最先端部分がすぐ目の前に。ツインタワーの下は商業施設スリアKLCC(Suria KLCC)で、レストランやハイブランドショップ、食品売り場のお土産コーナーが充実している日系デパートISETANなどが入っています。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。南フランス 建築 イメージに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介