page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「南太平洋の」の見どころ情報

南太平洋のに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「南太平洋の」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果17

1 2 末尾 次へ


世界のニューイヤー 〜年末年始のアジアのツアーにある「ガラディナー」っていったい何?
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/バリ島(インドネシア) 
今年(2015年)の年末は、「早めに休みを取ってクリスマス前から海外旅行」という人もいるかもしれません。さて、クリスマスイブ(12/24)や大晦日(12/31)に海外、おもに東南アジアのホテル(外資系が多い)に宿泊する場合、「ガラディナー追加代金」が発生することがあります。「ガラディナー」とは、1年のうちこの2日だけ(あるいは大晦日のみ)、ホテルが提供するスペシャルディナーです。これはその日に宿泊する人は、このディナー代を支払うことが宿泊の条件になります。もちろん「お代だけ払って不参加」は可能ですが、「参加しないから払わない」というのはNGなのです。

この記事の続きを見る


  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/南太平洋ビーチ/バヌアツ 
その3からの続きです。ここで話題を変えて、バヌアツの人々がどんな食事をしているか述べてみましょう。主食となるのは、他の南太平洋の人々と同じように、タロイモやヤムイモ、キャッサバといったイモ類や、パン木の実、食用バナナです。それにおかずとして、肉や魚が加わります。伝統的な料理法は、まず地面に穴を掘って火を焚いて用意した石を焼きます。次にその石を並べて、その上にバナナの葉で包んだイモや魚、肉などの食材を乗せて待ちます。そうして作る蒸焼き料理を「ラップラップ」といいます。とはいえ、今となってはなかなか手の込んだ料理なので、ふつうは料理を作るのは鍋で煮たりしているようです。

この記事の続きを見る


南太平洋の島々の中でもあまり知られていない「アメリカ領サモア」(後編)
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/南太平洋ビーチ/サモア 
前編からの続きです。さて、話題を変えて、このアメリカ領サモアの食事について述べてみましょう。サモア人の伝統的な食事は、ヤムイモ、タロイモなどを主食とするイモ類。これに食用バナナやパンの木の実を加えて食べるというのは、他のポリネシアの国々と同じです。しかし、アメリカ領になって100年はたつので、アメリカスタイルの食習慣もかなり浸透しています。たとえばスーパーに行けば、アメリカ本土から輸入された冷凍食品や缶詰がとても豊富。町で目につくのは、マクドナルドやKFCといった有名ファストフードチェーンですし、ピザやパスタ、ステーキといった世界共通の西洋料理のレストラン、中華料理店も多いです。伝統料理はむしろ観光客向けのレストランかマーケットの食堂かで、という感もあります。

この記事の続きを見る


南太平洋の島々の中でもあまり知られていない「アメリカ領サモア」(前編)
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/南太平洋ビーチ/サモア 
南太平洋のポリネシアにあるサモア諸島ですが、これが「国」となると実はひとつではありません。日本でふつう「サモア」というと「サモア独立国」のことを指しますが、これはサモア諸島の西半分にすぎず。その東半分は「アメリカ領サモア」となります。西半分は植民地時代にドイツ領→ニュージーランド領→国連信託統治領という変遷を経て独立したのですが、東半分は最初からアメリカ領にとどまっていました。太平洋では、同じくアメリカ領から州に昇格したハワイがありますが、サモアは今も“準州”扱いです。現在、アメリカの準州は海外領土の5つのみで、グアム、北マリアナ諸島、プエルトリコ、アメリカ領ヴァージン諸島、そしてこのアメリカ領サモアになります。政治でいえば「自治政府」といった感じでしょうか。

この記事の続きを見る


日本ではあまり知られていないが、実は観光地。南太平洋のバヌアツへ その1
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/南太平洋ビーチ/バヌアツ 
南太平洋でも、日本ではあまりなじみのないメラネシアの島々。やはり“遠い”ということと、見慣れたポリネシア系の住民の顔立ちとは異なる人々(ニューギニアの人たちと同じ顔立ち)に抵抗があるのかもしれません。今回紹介するバヌアツは、実は見どころが多い、オーストラリア人にとってはポピュラーな観光地なのですが、日本からのツアーはほとんどありません。しかし、近年の“絶景ブーム”の影響で、若者を中心にこの国が注目を浴び始めています。それではここがどんな国か、紹介してみましょう。

この記事の続きを見る


南太平洋の島国、サモアへ行ってみよう! 見どころや食文化を教えます。(前編)
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/南太平洋ビーチ/サモア 
今回は、南太平洋にあるサモア独立国を紹介しましょう。このサモア独立国、日本では単にサモアと呼ばれているのですが、どうして後ろに「独立国」と表記されるかというと、もうひとつのサモアがあるからです。それは「アメリカ領サモア」で、こちらはその名の通り、アメリカの領土なので混同しないようにしてください。さて、独立国のほうのサモア(以下、独立国は省略)ですが、どんな国なのでしょう。これはおもにサバイイ島とウボル島というふたつの島から成り、国土面積は日本の鳥取県より少し小さいくらい。人口は18万人です。首都はウポル島にあるアピアで、4万人がそこに住んでいます。この国で、都市と呼べるのはこのアピアぐらいでしょうか。

この記事の続きを見る


南太平洋の島国サモア。実はサモアは2つあるって知っていましたか?
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/南太平洋ビーチ/サモア 
南太平洋には島々からなる小さな国がたくさんあり、どれがどこにあるのかよくわからない人も多いでしょう。たとえば「サモア」といっても、実は2つあると知っていましたか? ひとつは、通常「サモア」と言った時に指す「サモア独立国」。そしてもうひとつが、「アメリカ領サモア」です。南太平洋のちょうど真ん中辺り、日付変更線の東西に分かれてサモア諸島があります。住んでいる人々は言語や習慣も同じポリネシア系のサモア人。3000年ほど前にアジアを経由してこの地域にやって来た人々で、10世紀頃からトンガ王国の支配下に入りますが、13世紀に独立します。18世紀になるとヨーロッパ人が来航し、宣教師による布教が始まり、住民のキリスト教化が進みます。

この記事の続きを見る


南太平洋の島国トンガ王国。そこではどんな料理で、どんな食事の仕方をしているの?(後編)
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/南太平洋ビーチ/トンガ 
前編からの続きです。さて、一番有名なトンガの伝統料理を紹介しましょう。これは「ウム料理」と呼ばれる蒸焼き料理です。ただし手間がかかるので、今では作られるのは日曜やお祝い事の時です。作り方はまず地面に浅い穴を掘って石を敷き、たき火をして石を十分に熱します。その後、焼けた石の上にバナナの葉にイモ類や肉、魚などを包んでのせて蒸焼きにします。トンガに限らずサモアやハワイなどポリネシア全域に見られる料理ですね。このウム料理は、作るのは男と決まっています。屋外で作るからでしょうか。日曜に教会へ行った後、昼に屋外で男たちがウム料理を作る姿は、アメリカで男たちが家族のために屋外でバーベキューをしている姿に、何となく被ります(笑)。

この記事の続きを見る


南太平洋の島国トンガ王国。そこではどんな料理で、どんな食事の仕方をしているの?(前編)
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/南太平洋ビーチ/トンガ 
トンガの人々は、ふだんはどんな料理を食べているのでしょうか。トンガの人々は他のポリネシア地域と同様、タロイモやヤムイモなどのイモ類や、調理用のグリーンバナナ、パンノキの実(イモのような味)などを主食にしています。これに豚肉や鶏肉といった肉類、魚などのシーフードをおかずにして食べますが、ふだんはイモだけということもあるようです。調理法は、ココナッツミルクで煮るのが基本。もともとは作り置きを食べるので、とくに何時にそろって家族で食べるという習慣はありませんでした。しかし今では西洋式に、決まった時間に家族揃って食べる家庭も多いようです。

この記事の続きを見る


南太平洋の島国、サモアへ行ってみよう! 見どころや食文化を教えます。(後編)
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/南太平洋ビーチ/サモア 
さて、話題を変えて、サモアの食生活についてふれてみましょう。サモアを含む南太平洋の人々の主食は、タロイモやヤムイモなどのイモ類です。そのほかにも、料理用のバナナやパンの木の実なども食べます。おかずは、豚肉、鶏肉、魚などですね。面白いところでは、コンビーフがポピュラーな食材ということでしょうか。味付けの基本は、ココナッツミルクを使います。有名な伝統料理は、「ウム料理」という蒸焼き料理で、これは男たちがするものとされています。しかし現在では金属の調理器具があるので、手っ取り早く煮たり焼いたりして食べることのほうが多いですね。むしろこうした蒸焼き料理は、今ではイベント的な意味合いが強いです。

この記事の続きを見る


1 2 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。南太平洋のに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介