page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「南米 フルーツ」の見どころ情報

南米 フルーツに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「南米 フルーツ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果11

1 2 末尾 次へ


カモーテの優しい甘さや、サルサ・クリオージャのさっぱりとした酸味とのハーモニーが絶妙なチチャロンサンド
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • 中南米/ペルー/リマ 
朝食はそれぞれのお国柄を色濃く反映する。食文化が豊かな国ほど、バラエティに富んだ朝食にお目にかかれる機会が増すだろう。ラテンアメリカ一のグルメ国家と謳われるペルーの朝食は、どれも美味しい上に種類が豊富。地域色も強く、訪問先ごとにさまざまな朝食を味わうことができる。首都リマでの人気といえば、豚肉のサンドイッチ「PAN CON CHICHARRON(パン・コン・チチャロン/チチャロンサンド)」。2010年にスペインの新聞社が行った投票で「世界一人気の朝食」に選ばれたサンドイッチだ。下味をつけた豚肉をラードでじっくり揚げ、ペルーのサツマイモ「カモーテ」や、スライスタマネギのレモン和え「サルサ・クリオージャ」と一緒にパンに挟んで食べる。一度食べたら病みつきになること間違いなしの美味しさだ。

この記事の続きを見る


チリではプール付きのマンションや一軒家が一般的です。子供達も毎日のようにプールへ入り他の子供達と遊ぶのが日課です。
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • 中南米/チリ/サンチアゴ 
みなさんこんにちは、南半球のチリは今が夏本番。先日暑いクリスマスが終わり、サンティアゴでは打ち上げ花火と共に新年を迎え、早くも2018年に突入しました。クリスマスが始まる前から、チリの人々の気持ちはもはや休暇モードに入っている人が多い今日この頃です。チリの学校は全て12月下旬から3月にかけて長期休暇が始まり、大人もその時期に合わせて約2週間〜1ヶ月ほどの仕事休みを取ってバケーションに出かけるというのがチリ流の夏の過ごし方です。法律でも半年以上勤務している人全員に休暇が取れるように定められています。

この記事の続きを見る


爽やかな甘さのカシューの果汁を是非堪能あれ
  • テーマ:
  • グルメ
ブラジルで売られているフレッシュジュース紹介の続きです。ブラジルではサトウキビと同じく、バイオエタノールの原料となるトウモロコシの栽培も盛んです。このトウモロコシ、加工しスイーツとして食べられています。ですがそのほとんどが、とにかく甘い! 砂糖または練乳を使ったような甘さで、喉の渇きを感じるくらい甘いのです。ジュースも右に同じく、生のトウモロコシを絞り、練乳を混ぜたような甘さです。現地の友達は美味しそうに飲んでいましたが、ちょっと私にはハードルが高いものでした。

この記事の続きを見る


ボリューム満点のフルーツパフェを堪能
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • 中南米/ボリビア/ラ パス 
日本から見ると地球の裏側にあたる南米。その国の一つ「ボリビア」をご存知ですか。有名な見どころと言えば、巨大な塩の湖である「ウユニ塩湖」ですね。南米の国は暖かいまたは暑い国と思われていますが、ボリビアは暑い土地もあれば、寒い土地もあります。日本のような四季があるわけではなく、国土が標高数メートルから4000メートル以上の場所にまで広がっているためです。

この記事の続きを見る


奥の皿にある茶色い食べ物はなんとバナナ
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • 中南米/コロンビア/カリ 
日本では年中バナナがスーパーで売られ、食べ方としては皮を剥いてそのまま食べますよね。南米では黄色く熟れたバナナだけでなく、熟れる前の緑色のバナナも食べます。緑色のバナナは茹でたり、揚げたり、焼いたりと調理が必要です。揚げたり、焼いたりしたバナナは「パタコン」と呼ばれ、エクアドル、コロンビア、ベネズエラではご飯の横に付け合わせとして提供されているのをよく見かけます。

この記事の続きを見る


「カムカム」(上)、「アグアヘ」(左下)、そして「ココナ」(右下)。ペルーアマゾンを代表するフルーツたちだ
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • 中南米/ペルー/リマ 
「フルーツパラダイス・ペルー」。今回はアマゾンの人々に愛される森のフルーツを紹介しよう。まずは自然界で最も多くのビタミンCを含むといわれている「CAMUCAMU(カムカム)」から。赤紫色の丸い果実で、ビタミンC含有量はレモンのおよそ60倍。酸味が強いためジュースに加工されることが多く、その果汁は日本にも輸出されている。オオミテングヤシの果実「AGUAJE(アグアヘ)」も、ペルーを代表する熱帯フルーツだ。生の果肉は酸味とえぐみが強いが、茹でてジュースやアイスクリームに加工すると、何とも言えぬ独自の旨味を発揮する。植物エストロゲンを含むアグアヘのジュース「アグアヒーナ」は、アマゾンの女性たちに欠かせない飲み物だ。

この記事の続きを見る


ラテンアメリカ最大のグルメフェスティバル「ミストゥーラ」。2011年度のテーマは、「ペルーのフルーツ」だった
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • 中南米/ペルー/リマ 
海岸地域、山岳地域、そしてアマゾンという多様な気候風土を有すペルーは、世界有数のフルーツ生産国。南米原産の果物は多く、マンゴーやパパイヤ、パイナップルといった日本で珍重されるトロピカルフルーツも、ペルーでは日常的に食べられており、その豊かさには驚きを隠せない。メルカド(伝統的市場)の果物店では最低でも20種類、外国人観光客が立ち寄るような大きな店舗なら200種類以上の色鮮やかなフルーツが店頭に並び、一様に甘酸っぱい芳香を漂わせている。ホテルの朝食に出てくるカットフルーツだけを食べて帰国するのは勿体ない。これから紹介するリストを参考に、ペルーならではのフルーツをじっくり味わってみよう。

この記事の続きを見る


好きな人にはたまらない!南米の国で販売されている炭酸飲料はどんな味? その2
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • 中南米/ブラジル/オウロ プレット 
日本で売っている炭酸飲料のファンタは「オレンジ」、「グレープ」の2フレーバーがありますが、最近では「アップル」と「イチゴ」が新たに登場しています。全世界でオレンジフレーバーのファンタはありますが、グレープは全ての国で販売されているわけではありません。南米の国ではコロンビアとブラジルだけ、グレープのファンタが販売されていました。ここから私が南米の国で見つけた、日本には売られていない他のフレーバーのファンタを紹介していきましょう。

この記事の続きを見る


スクレの市場は、食べ物で溢れている! その1 メルカド編
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • 中南米/ボリビア/スクレ 
中南米の多くの国では、スペイン語が公用語とされ、ボリビアも同じく公用語は、スペイン語です。スペイン語でマーケットおよび市場のことを、「メルカド」と言います。スーパーマーケットは、「スーペルメルカド」と言います。どの街にも何箇所かメルカドがあり、名前がそれぞれあります。今回は、中央市場である「メルカドセントロ(以降メルカド)」を紹介します。メルカドでは、野菜、果物、肉類などの食品をはじめ、雑貨や花、衣類も売っています。小麦粉やパスタも測り売りで買うことがてしまう、短期滞在にはとても便利です。食用油は、200kgドラムで保管し、測り売りしています。買う勇気ありません(笑)

この記事の続きを見る


世界遺産の古都クスコで出会った“激ウマ”スイーツ
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • 中南米/ペルー/クスコ 
ペルーのクスコは11から12世紀頃に建設されたインカ帝国の都で、その美しい古都の街並みは世界遺産にも登録されています。ある日私は、旧市街の中心アルマス広場の裏通りのパン屋で鮮やかなオレンジ色のムースを見つけ、店内で食べてみました。目を見張る美味しさ、その酸味と甘みの絶妙なバランス!絶品です。ひとり旅だったのでその感動を分かち合える相手がいなかったのが残念で、宿に戻ってから情報ノートに「激うまスイーツの店」と書き込みました。それがペルーのパッションフルーツとの出合いでした。

この記事の続きを見る


1 2 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。南米 フルーツに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介