page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「南部 英語」の見どころ情報

南部 英語に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「南部 英語」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果65

1 2 3 4 5 末尾 次へ


橋の中央は斜張橋、桁下は57メートルあり大型客船も通行することができるという
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スウェーデン/マルメ 
マルメはスウェーデン南部、スコーネ地方に位置し、ストックホルム、イエテボリに続いて3番目に人口の多い都市だ。その昔、デンマーク領だったこともあるマルメ。造船業が衰退した後は中央ヨーロッパへの陸路の玄関口としての役割を担い、さらにマルメ大学を設立し、近郊には大学の街ルンドもあり比較的若い世代が集まっている。お隣の国、デンマークとはエーレスンド橋で結ばれており、コペンハーゲンまでは高速道路E20号線経由で約40キロ、車なら50分弱というところだろうか。さらにデンマークから先を目指せば、ドイツやポーランドなどの国々へと道は続いており、610キロほど離れた首都ストックホルム以上に諸外国都市の方が距離的には身近な存在でもある。マルメに滞在してデンマーク観光をたのしむのも一案かもしれない。

この記事の続きを見る


気軽に入って軽食をとるならカフェ。ファストフード店も多い
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
フランスは日本のように外食代は安くはありません。パリではランチでも1000〜1500円ぐらいは覚悟しておきましょう。店のタイプとしては、入りやすいのは市内のどこにでもある「カフェ」で、朝から晩までオープンしており、サンドイッチやサラダなどの軽食を食べることができます。お酒も飲めるので何かと便利ですよ。市内中心部では1ブロックにひとつはカフェがあるぐらいなので、休憩がてら食べるにはいいでしょう。カフェも地元向けと観光客向けがあり、見た目でなんとなく分かります。観光客向けのところのほうが入りやすいですが、雰囲気の分お値段も高いかもしれません。ファストフードは、マクドナルドやKFCといった日本でもおなじみのチェーン店もたくさんあります。値段は日本と同じか2割ほど高いですが、時間がないときには重宝します。

この記事の続きを見る


エレガントな貴族の住まいの面影が
  • テーマ:
  • 城・宮殿
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ポーランド/クラクフ 
ポーランド南部のプシチナという小さな町に立派な城があります。その名もプシチナ城。今は、見学者を受け入れる博物館的なものですが、かつてはプロイセン(ドイツ)の貴族が所有した城でした。幸いなことに、建物は綺麗に残っており、各部屋に置かれている家具もオリジナルのものが多くあります。火事で焼け落ちたりしたこともあったようで、今見ることができるのは19世紀に改装された姿です。部屋数が多く、意外に城の中では歩きますので、歩きやすい靴で行きましょう。

この記事の続きを見る


鐘を鳴らす仕掛けがあるフロア。8本のワイヤーを操る
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/アイルランド/コーク 
アイルランド南部マンスター地方コーク州の中心都市コークは、首都ダブリンに次ぐアイルランド第2の規模を誇る大都市です。近くには、タイタニック号が最後に寄港した町として知られるコーヴや、ジェイムソンやタラモア・デューといった世界的な銘柄のアイリッシュ・ウイスキーを製造する新ミドルトン蒸留所があるため、観光で立ち寄る方も少なくないでしょう。コークの町中にもイングリッシュ・マーケットや聖フィンバー大聖堂といった人気スポットがありますが、私がとくにおすすめしたいのは聖アン教会です。ここでは、ふつうの教会ではできない珍しい体験ができるのです。

この記事の続きを見る


紅河県旧市街の入り口にたつ「馬幇古城」
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/元陽 
高台にそびえたつ石造のお城のような建物の写真を見たとき、「これは、本当に中国の風景?」、「こんなところが中国にあるの?」とびっくりでした。その建物は、何百年もの歴史があるようには見えませんが、テーマパークでもない感じです。中国の建物にお城という表現は、どこかヨーロッパ風でふさわしくない気がします。でも、中国の豪商の邸宅とも紫禁城とも建築様式が全く違っているので、お城としか言いようがないのです。装飾がほとんどないまっすぐな建物なので要塞と言ってもいいかもしれません。2018年6月下旬に、この写真の場所に行って来ました。そこは雲南省南部の紅河県にある「馬幇古城(マーバングーチェン)」です。

この記事の続きを見る


オデッサは黒海に面し、古くから交通の要衝として栄えてきた港湾都市
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ウクライナ/オデッサ 
みなさんは海外でスリに遭ったことがあるでしょうか? 私は最近、初めて被害に遭いました。そのときのことを報告したいと思います。場所は、ウクライナ南部の都市オデッサ。隣の国モルドバからバスで来ました。午後4時過ぎにオデッサのバスターミナルに到着。オデッサにはいくつかバスターミナルがあるのですが、乗ってきたバスの運転手に訊くと、どうやら鉄道のオデッサ駅そばのバスターミナルのようでした。それならば、町の中心なので助かります。ちなみにiPadの地図を見ても現在位置が出ませんでした。

この記事の続きを見る


名産の愛玉ゼリーのお店でひと休みしました
  • テーマ:
  • 秘境
  • 行き先:
  • アジア/台湾/高雄 
「台湾南部の山奥の秘境『霧台』で、原住民『ルカイ族』の家族に会いに行く/本編」その4からの続きです。探していたおうちに、ついにたどり着いたものの、言葉がまるっきり通じない家の人になんと説明をしたらいいものか、しばし考え込んでしまいました。庭先に椅子が並んでおり、そこで中学生くらいの男の子がスマホを見ています。母親らしき女性が出てきたので声をかけ、「実は私の娘と息子がこちらにお邪魔したことがあって、私は母親なんですけど自分も来ました。」と、なんとなく間の抜けた自己紹介をしました。しかし日本語も英語も通じないため、いずれにせよ不思議そうです。

この記事の続きを見る


バスの終点で降りると、この辺りに着きます
  • テーマ:
  • 秘境
  • 行き先:
  • アジア/台湾/高雄 
台湾に古くから暮らしてきた「台湾原住民」。2018年現在、16の原住民が政府に公認されています。そのひとつである「ルカイ族」の住む村、南部の「霧台(むだい/ウータイ)」へ行ってみました。私が長らく憧れていた彼の地へ、子供たちが次々と先を越して行ってきて、母親としては頼もしいやら悔しいやら。そんな経緯があって、ついに私も現地・霧台の停留所に到着しました。到着するまでは、詳しくは「アクセス編」をお読みください。

この記事の続きを見る


揚げたての油條、大好きです!
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/台湾/高雄 
台湾での朝食は、朝食専門店で! 台湾好きな旅行者なら、これが常識ですよね。私も南部の高雄へ行ったときに、どこが有名店なのかとあれこれ下調べをしていました。高雄は台湾第二の都市ですが、首都の台北に比べて情報の数はぐっと減ります。朝食専門店で、もっとも有名なのは、どうやら「興隆居(こうりゅうきょ、シィンロォンジュイー)」というお店のようです。場所は、MRT橘線「市議会」駅1番出口から徒歩2分ほど。早朝から行列ができる店としても有名なので、朝6時に到着しました。

この記事の続きを見る


甘粛省東部の天水の麦積山石窟。甘粛省には莫高窟、平涼寺、麦積山など数多くの石窟がある
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/蘭州(ランチョウ) 
某ガイドブックが選ぶ2017年「Best in Asia」が発表されました。このガイドブックは、旅行ガイドブックの出版社です。英語版ガイドブックの世界シェアでは、世界一位ともいわれています。そのガイドブックが選ぶ「Best in Asia」は、権威もあり、影響力も大です。2017年度の第一位は、中国の甘粛省! ちなみに第二位は、東京南部、六位が高松です。他には、インドのケララ北部、陝西省西安、マレーシアのマラッカ、スリランカのキャンディ周辺の丘陵地帯などがランクインしていました。

この記事の続きを見る


1 2 3 4 5 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。南部 英語に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介