page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「博多 高速船 釜山 格安」の見どころ情報

博多 高速船 釜山 格安に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「博多 高速船 釜山」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


ガラガラだった船内。シートは飛行機のエコノミー席よりずっと快適です
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • アジア/韓国/釜山(プサン) 
「少ないマイル数でも海外旅行がしたい! そんなとき思いついたのは、船での出入国(前編)」からのつづきです。さて旅行当日、乗り慣れない国内線に乗り、福岡空港に到着。高速船が出る港へは、地下鉄とバスを乗り継いで行きました。「中央ふ頭」と「博多ふ頭」が紛らわしいので、それだけ注意だと思いました。港に着いたら、あとは案内にしたがってスムーズに出国審査が終了。水路で出国するなんて初めてなので、ものめずらしくて心が躍ります。私が乗ったときは、船内はガラガラ。快適な船旅でしたが、シートベルトを締めるように言われたのがちょっと意外でした。船の旅といえば自由に船内を歩きまわったり、外で風に吹かれたりするイメージがあったのですが、飛行機のよう? 外には出られず、また船内に売店もありませんでした。その代わり乗務員による巡回販売があります。

この記事の続きを見る


九州からフェリーで海外旅行
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • アジア/韓国/釜山(プサン) 
みなさんは海外旅行へ行く時に、飛行機以外の方法を使ったことはありますか? 島国ニッポンでは、海外旅行のスタート地点は空港というのが当たり前ですが、飛行機以外の方法もあります。その中でもおすすめなのが、博多港から、釜山港までを結ぶ、ジェットフォイル高速船です。一日に約10便があり、JR九州高速船のビートル号、未来高速のコビー号と、2つの船会社で運航されています。予約は旅行会社にアレンジを頼んでもいいですし、電話やインターネットで直接で予約することも可能です。

この記事の続きを見る


「高速船 釜山 格安」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

釜山の魚市場
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • アジア/韓国/釜山(プサン) 
日本の下関と韓国の釜山が初めて航路で結ばれたのは、1905年のことです。関釜フェリーの始まりでした。1910年に日韓が併合されると、さらに重要度は増し、当時の鉄道省は壮大な計画を描きます。それが大東亜縦貫鉄道です。日本は島国なので、併合した韓国の釜山を基点に、南はシンガポールに達する路線、ロシア経由でシベリア鉄道を使ってドイツのベルリンに達する路線を考えていたのです。しかし日本が先の大戦で敗戦すると、大東亜縦貫鉄道どころか、関釜フェリーも廃止されてしまいました。復活したのは25年後の1970年です。「ポッタリチャンサ」と呼ばれる、担ぎ屋のおばちゃんたちが、常時100人以上は乗船し、韓国からは食品や雑貨を、日本からは電化製品やバナナなどを運んでいたのです。バナナは日本では安く買えても、韓国では病気にならないと食べられない時代が80年代くらいまで続いていたそうです。

この記事の続きを見る


「博多 釜山」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

韓国釜山のチャガルチ市場で食べる秘密の定食
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/韓国/釜山(プサン) 
日本から一番近い韓国と言えば、博多や下関からフェリーで行ける釜山です。朝鮮半島の一番南にあるので、冬の寒さもソウルに比べて穏やかで、旅行がしやすいところです。釜山旅行の楽しみはチャガルチ市場散策につきます。韓国語で小石という意味があるチャガルチ市場は水産市場です。周辺の路上では真冬でも魚や貝を並べて売るおばさんが並んでいます。このチャガルチ市場は、2006年に新しくなった新チャガルチ市場の棟と昔からある新東亜市場に分かれています。どちらも1階の鮮魚店で買った魚を2階の食堂に持っていき、調理してもらい、食べることができます。

この記事の続きを見る


「高速船 釜山」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

マイレージをためてはいるけれど…
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • アジア/韓国/釜山(プサン) 
私は何十年来、ずっと1つの系列のマイレージプログラムを利用してきました。昔はマイルを使って、アジアなど近場の国ならけっこうたやすく行けたのですが、たびたびルールが変更され、海外への特典旅行はどんどん遠ざかるような…。しかも最近はLCCもあるし、私の場合は会社員だったときと旅のスタイルが変わってきたこともあって、系列のエアラインに乗ることが少なくなり、なかなかマイルがたまらなくなりました。調べてみると、自分のマイル数では海外のどこへも往復できません。一方、国内ならだいぶ融通がきき、たとえば羽田と札幌を往復できるのですが…。

この記事の続きを見る


「高速船 格安」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

立派な高速フェリー
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/インド洋ビーチ/チェンナイ(インド) 
「アンダマン諸島 その1」からの続きです。空路でアンダマン諸島を訪れるには、まず、インドの東の玄関口であるチェンナイまたはコルカタ(もちろん、デリーや他都市から入国し、国内線の乗り継ぎも可能)からインドに入国する必要があります。インドへの入国には事前にビザの取得が必要ですが、観光目的で60日以内の滞在の場合、主要6空港(バンガロール、チェンナイ、デリー、ハイデラバード、コルカタ、ムンバイ)では、ビザオンアライバル(到着ビザ)の利用ができます。インド入国後、国内線へ乗り換え、チェンナイまたはコルカタからポートブレアまでは直行便で約3時間。首都、デリーからの場合、直行便はなく、チェンナイを経由して約6時間。距離にして約2500kmの長旅です。

この記事の続きを見る


「釜山 格安」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

成田空港出発ロビー
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台北 
プレミアムフライデーが始まると、金曜日の15:00に退社、続けて土、日と連休になります。せっかくなので、どこかに旅行に出かけたくなりますね。しかも海外までも、旅行先の視野に入ってきそうです。考えられるのは、金曜日の夜便を利用し、日曜日の夜、あるいは月曜日の早朝までに帰国する。機中泊の可能性もありますが、海外旅行が十分可能になるのです。そこで、首都圏の羽田、成田両国際空港を利用するとして、どんな国に行けるのか、調べてみました。ヒットしたのが、韓国、台湾、中国、香港、フィリピン、タイ、マレーシアの各国です。短期なので手荷物だけで十分ですから、預け荷物に別途料金がかかる格安航空会社(LCC)を使っても、さほど不便はないでしょう。食事と飲み物のサービスは有料で、しかしさほど高くないですし、足元はやや狭くなりますが、長時間のフライトではないので、心配するほどではありません。

この記事の続きを見る


プレミアムフライデーで海外へ!(その3:韓国旅行はとっておきのサプライズ?)
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/韓国/ソウル 
(その2から続く)もし日本で、週末をまったり過ごすなら、どうされますか?プレミアムフライデーのソウル旅行は、ワンランク上の女子会が楽しめます。ソウルまで行けば、日本にいるより、ゴージャスでラグジュアリーな1日が過ごせるのではないでしょうか? 着いた翌日、土曜日の朝は、昼ころまでゆっくり眠ってホテルでブランチ。午後はエステにマッサージ、あるいはあかすりなどして体をケアして、夜は焼肉、あるいは海鮮、それとも鍋でも食べてほろ酔い気分。そして遅くまで開いているショッピングモールでショッピング。気の合う友人同士なら、楽しいに違いありません。そして深夜まで高層ホテルのバーでカクテルなどを傾けて、ソウルの夜景を楽しむ。翌日曜日は、朝からホテルのバイキングでたっぷりと食べ、明洞(ミョンドン)でショッピング。軽くランチをして空港へ。プレミアムフライデーのソウル旅行は、ワンランク上の女子会が楽しめます。しかも日頃のストレスからも解放されて、身も心も軽くなりそうですね。

この記事の続きを見る


成田空港に到着した初号機のエアバスA320。同型機を2機使用しての運航となる。
  • テーマ:
  • エアライン・空港
マレーシアを拠点に躍進中のエアアジアはLCCの代表格。幅広いネットワークで格安旅行に欠かせない存在として急成長。そのエアアジアがついに日本を舞台にLCCビジネスを開始!エアアジア・ジャパンが誕生した。エアアジア・ジャパンは、ANAとエアアジアによる合弁会社で、2011年に設立。2012年8月1日から成田/新千歳線を1日3便、福岡線を1日2便、3日からは成田/沖縄線を1日1便で運航を開始予定に。さらに、2012年10月からはソウル(仁川)と釜山への直行便を運航開始予定にしている。エアアジア・ジャパンの就航により、より日本でのLCC利用が活発になることだろう。

この記事の続きを見る


「釜山」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

カメラ好きの若い女の子たちがたくさん来ていました
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/韓国/釜山(プサン) 
釜山には見どころがたくさんありますが、今回は少しマイナーな場所を紹介します。「宝水洞古書通り」という古書街です。それほど華やかな場所ではないため、日本人観光客はあまり行かないかもしれませんが、韓国人観光客にはわりと人気のスポットです。静かで趣があって、ステキな写真も撮れるからです。釜山に行ったら誰もが行く「国際市場」や「カントン市場」のエリアの北側にあり、50軒以上の古書店が集まっています。店ごとに参考書・小説・漫画・古書など、専門ジャンルが異なっていて、それぞれ特色を持っているところは、東京神田古書店街とも似ていますよね。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。博多 高速船 釜山 格安に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介