page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「古城ホテル ドイツ ハネムーン」の見どころ情報

古城ホテル ドイツ ハネムーンに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「古城ホテル ドイツ ハネムーン」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


城の本館脇の太い塔は38メートルもある
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/カッセル 
中世に建てられた城を改築した古城ホテルは今ではヨーロッパのあちらこちらに存在している。ドイツは古城保存度ナンバーワンの国。ヨーロッパの中でもとりわけドイツには古城が多い。その理由は、城がまだ要塞機能を発揮していた15世紀頃までは神聖ローマ帝国(ドイツ王国)がヨーロッパで優勢であり、各地の諸侯たちが城を築いていったからである。今日まで保存されている中世の城は、相変わらず旧貴族が所有するプライベートな館もあるが、買い取られてホテルになっているものもある。そんな中、古城ホテルというものをドイツで初めて試みた“元祖ブルクホテル”を紹介しよう。カッセルから支線に乗り換え、バード・カールスハーフェンという温泉町へ。ここからタクシーで20分ほどの小高い山の頂にブルクホテル・トレンデルブルクはある。

この記事の続きを見る


「古城ホテル ドイツ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ドイツのライン川のクルーズ船はこの区間がお勧め!
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ケルン 
ドイツの観光名所で、よく知られている「ライン川クルーズ」。スイス・アルプスの湖からドイツ、フランス、オランダを渡って、北海へ流れ出るライン川のうち、ドイツを流れるのは約700キロ。この川はドイツ人にとって重要な川で、「父なる川」という愛称で親しまれています。全長1,320キロもある川の、一体どの辺りが観光名所なのでしょうか。マインスからケルンまで運行されているクルーズ船ですが、その渡航時間は約11時間ほど。ツアーでは、ルーデルハイム乗船し、サンクト・ゴア・ハウゼンで下車することが多いようです(所要約1時間半)。

この記事の続きを見る


駐車場から見上げるアウフ・シェーンブルク城
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/フランクフルト 
ドイツに数ある古城ホテルの中で、大変評判の良い、利用した人の満足度が高いホテルを紹介しよう。ドイツ人から「父なるライン」と呼ばれている大河ラインの、オーバーヴェーゼルの高台に聳えるアウフ・シェーンブルク城だ。ライン下りの船は必ずオーバーヴェーゼルに停まる。鉄道ではフランクフルト中央駅から乗り換えなしで1時間15分ほど。町に公共交通はないので、船着き場からも鉄道駅からもタクシーでホテルの駐車場まで行く。大きな荷物があるときは駐車場までバギーが迎えに来る。客を乗せたバギーは堀に架かる橋を渡り、細い城門の壁を擦るように通って城の中庭へ。ここにホテルの入り口がある。

この記事の続きを見る


本当にいばら姫が眠っていたかのような古い塔
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/カッセル 
カッセルとハノーファーの間の丘陵地帯はヴェーザーベルクランド(ヴェーザーの丘陵地帯)と呼ばれ、北海へ流れ出るヴェーザー川が造り出した渓谷と小高い丘が連なっている。自然保護地域に指定された森の中に小さな古城が点在し、まさにおとぎ話の舞台のようだ。グリム童話の『いばら姫』やディズニーの『眠れる森の美女』で知られる物語は、糸紡ぎ車に刺されて100年の眠りに陥る姫の話。ある日、王子がいばらで覆われている城へやってきて塔の上で眠っていた美しい姫を見出す、というストーリーだ。その物語の舞台とされているのがメルヘン街道沿いにあるヴェーザーベルクランドのザバブルク城である。

この記事の続きを見る


ヒルシュホルン城からの眺め。赤い屋根の旧市街とネッカー川が美しい!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ハイデルベルク フランクフルト 
ハイデルベルク(Heidelberg)から電車で約30分ほどの町ヒルシュホルン(Hirschhorn)は、チェコのプラハ(Praha)まで続く古城街道にあるかわいらしい町です。古城街道は、その名の通りお城や要塞がある町を繋いだ道のことで、特にハイデルベルク付近の町々に残る古城は、ネッカー川の美しい流れも手伝って最高の景色を作り出しています。その中でも私はヒルシュホルン、「鹿の角」という名を持つ小さな町が特にお気に入りなんです。旧市街から坂道をずっと登ってお城へ、そのままRという看板を辿っていくと旧市街の反対側へ下りてこられます。半日もあれば充分まわれる小さな町です。

この記事の続きを見る


「ドイツ ハネムーン」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ブレッド城からはブレッド湖や周辺の山々が一望できる
  • テーマ:
  • ハネムーン
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スロベニア/ブレッド湖 
国名に「LOVE」が含まれる唯一の国ということでもしばしば話題になるスロベニア。観光地はきれいなスポットが多く、ハネムーンで行くにもおすすめの国ですが、人気のブレッド湖はそのなかでもとりわけカップル向けの観光地と言えます。ブレッド湖周辺にはさまざまなアクティビティが用意されており、そのいずれも、カップルならより良い想い出になるものばかりです。今回はそんなブレッド湖のおすすめスポットとアクティビティをご紹介します。

この記事の続きを見る


婚紗を撮る時は、とにかくロマンチックに、いかにもっぽいポーズが人気!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/青島 
青島滞在1泊2日と言っても、昼に到着し、翌日は朝10時すぎのエアポートバスに乗るので、実際はまる1日です。その間に出会った中国人カップルは、数えきれないほど! どのカップルもウエディングドレスとタキシードスーツなどでばっちり決めて、気合は十分! カップルは「婚紗(フンシャー)」と呼ばれる結婚写真を撮るために、カメラマン、化粧担当のアシスタントの女性と合わせて4人一組で動き回っています。青島の旧市街や別荘地は、結婚写真の超人気スポットです。青島は、日清戦争に敗北した清朝が、ドイツにドイツ風の街並みを建設することを許した町です。青島の旧市街には、今もドイツ風の建築物が並んでいます。この中国らしくない街並みが結婚写真の撮影スポットにぴったりなのです。

この記事の続きを見る


ヨーロッパとミドルイーストのテイストを融合した、シンメトリーな建築デザイン
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ランカウイ島(マレーシア) 
マレーシアのランカウイ島は、ユネスコが地質学的に貴重な地へ与える “世界ジオパーク”に、島全体が東南アジアで最初に認定されました。そんな豊かな自然に恵まれた島の東南端に2016年4月、セントレジス・ランカウイがオープン。世界で展開しているラグジュアリーリゾートが誕生するのは、フォーシーズンズ ランカウイが誕生してから11年ぶりです。これまでも静けさに包まれた大人のビーチリゾートとして地位を確立しているランカウイ島がバージョンアップ! さらに2017年7月にはザ・リッツカールトン・ランカウイもお目見え予定とあり、ランカウイ島が新たなるハイダウェイとして注目を集めそうです。とはいえ、開発を行うのは島の35%までというルールがあるので、自然との共存したリゾートといえるでしょう。

この記事の続きを見る


憧れのスイスアルプスへ!赤と白のデザインがまさにスイスをイメージ!
  • テーマ:
  • エアライン・空港
成田〜スイス・チューリッヒを毎日、運航するスイス インターナショナル エアラインズ(SWISS)※以後SWISS。スイスを代表するフラッグシップ航空会社として高い定評を受けている。日本からの玄関口となるチューリッヒに加えて、バーゼルとジュネーブも拠点となり周遊型が主流のスイス旅行をサポート。「スイスらしさ」をモットーにした個性あるサービスが魅力だ。なお、現在SWISSはルフトハンザ航空の子会社であり、ルフトハンザの幅広いネットワークでの乗り継ぎも可能。また、マイレージサービスはルフトのMiles & Moreを共有している。

この記事の続きを見る


新婚さんに人気がある、最上階の豪華ルーム
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ローテンブルク 
ロマンチック街道の目玉、ローテンブルクには、多くの観光客を受け入れるためのホテルが点在する。それぞれのホテルに個性があるが、今回はその中でもゆったりと寛げるホテルを紹介しよう。市庁舎のあるマルクト広場からヘレン通りを進み、「ニシンの泉の小道」という名の路地に入ると右側に見えるKlosterstueble(クロスターステューブル)というホテルだ。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。古城ホテル ドイツ ハネムーンに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介