page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「台湾 ロケ地 映画」の見どころ情報

台湾 ロケ地 映画に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「台湾 ロケ地 映画」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果13

1 2 末尾 次へ


「正濱漁港彩虹屋」の様子
  • テーマ:
  • 観光地・名所
台北からバスで1時間弱で到着できる台湾最北端の港町「基隆」。大型外国船が立ち寄る台湾の北の玄関口でもある基隆は、北海岸の大自然に触れられ、気軽に新鮮な海鮮グルメを堪能できる街として人気の観光地です。今回は、基隆の「和平島観光漁市」付近の人気観光スポットを幾つかご紹介します。まず初めに、インスタスポットとして話題になった「正濱漁港彩虹屋」。カラフルなペンキで塗られた建物と船と入江がポップで可愛いと、若者の間で話題になり、別名「台湾のベニス」とも呼ばれています。「正濱漁港彩虹屋」の一部や対岸にカフェやレストランがあるので、可愛い港街を眺めながらホッと一息付くのもいいかもしれません。

この記事の続きを見る


平渓線の旅は、まずは、台北駅で1日乗り放題チケットを買ってからスタート!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台北 
ついに始まりましたプレミアムフライデー! 関空から近くて、お得な料金で行ける場所となると、台北は有力候補です。台北ならチャイナエアラインや日本航空もプレミアムフライデーにぴったりな時間帯に飛んでいるのですが、やはりお高い。LCCのピーチやタイガーエアーを利用すれば、時間もばっちり、お得な値段で行けます。なかでもタイガーエアーは、2017年3月26日から18時25分発が増便されるので、かなり使えそうです。関空から台北までは、約3時間15分。関空発が遅い台北行きに乗ったとしても午後11時前には台北着です。これなら夜中の1時頃には、台北市内のホテルに入って、土曜日は、朝から夜までまるまる使えます。

この記事の続きを見る


緑に包まれたフリーフォームのプール。キッズ向けの浅い水深のプールもあります。
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • アジア/台湾/墾丁(ケンティン) 
台湾の南端、恒春半島にある墾丁は、背後に大尖山がそびえ、ターコイズブルーのバシー湾が広がる景勝地。映画『ライフ・オブ・パイ』のロケ地でもあります。毎晩、夜市が出現し、台湾の喧騒的お楽しみとビーチリゾートが両方楽しめる旅先です。今回おすすめしたいホテル、シーザーパーク・ケンティンは賑やかな墾丁のお隣の小湾に位置する豪華リゾート。幹線道路を挟んだ小湾ビーチで、パラソルの下、のんびりと過ごせます。ファミリーやグループにもおすすめのホテル、その魅力をご紹介しましょう。

この記事の続きを見る


墾丁は、日本語読みでは「コンテイ」、英語読みでは「ケンティン」。沖縄と近いので、キレイなはず!と予想していましたが、想像以上!
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台南 
アジアンシティのお楽しみが凝縮したおなじみ台北から、ぜひ足を延ばしてほしいのが南端のビーチリゾート、墾丁。沖縄の八重山諸島よりもやや南に位置するとあれば、海のブルーの明るさ、白砂の美しさは期待通り。加えて台湾ならではの夜市や南国のフルーツなど、お楽しみもたっぷり! 台北からは新幹線で高雄の左營駅まで約1時間40分、そして高速バスに乗り換え、約2時間。墾丁内の移動はレンタルの電動バイクが便利です。自転車感覚で電動バイクに乗りながら、気ままに走る墾丁の海沿いの道、なかなかにゴキゲンです。

この記事の続きを見る


マタマタ発ツアーはi-siteに集合
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
ニュージーランド北島のワイカト地方にある小さな田舎村マタマタ。ピーター・ジャクソン監督の「ロード・オブ・ザ・リング」と「ホビット」のロケ地が「ホビット村(Hobbiton)」として観光地化され、世界中の映画ファンが大集合。「ホビット村」はアレキサンダーさんという農家の私有地なので、ツアーに参加しないと入れません。ツアーはマタマタ発、ロトルア発、シャイヤ発があり、時間と金額が異なります。ハイシーズンは売り切れが多いので、早めのオンライン予約をしましょう。ツアーの詳細と申込みはwww.hobbitontours.com

この記事の続きを見る


映画『非情城市』の舞台、九ふんで夜景とお茶でまったり過ごす
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
台湾の東北部、瑞芳風景区に位置する九ふんは、かつて金鉱として栄えた鉱山、金瓜石に隣り合い、日本統治時代の面影を残す古びた街並と、海岸線まで迫る山並みが美しい人気のスポットです。台北市街地から路線バスや鉄道でのアクセスも大変便利で、日帰り旅行でぜひ訪れたい台湾屈指の観光スポットです。

この記事の続きを見る


映画『台北に舞う雪』のロケ地
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台北 
台湾と聞いて思い浮かべるのは美食、占い、マッサージ? はたまた101階建ての超高層ビル? もちろんこれらは台湾旅行でぜひ体感したい旅のメニューですが、もし時間があったらちょっと郊外まで足を延ばしてみませんか? 日本と同じく海に囲まれた台湾は、ポルトガル語で麗しの島を意味する「フォルモサ」を別名にもつほど、市街地からそう遠くない郊外で、美しい自然の魅力にふれることができるのです。

この記事の続きを見る


アジアンエンターテイメント
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • アジア/台湾/墾丁(ケンティン) 
長い間ヒット作に恵まれなかった台湾映画界に久々の超大作が生まれたのは2008年夏のことでした。興行成績は映画『タイタニック』に次いで、台湾歴代2位。台湾映画史上で空前の大ヒット作となった『海角七号 君想う、国境の南』(原題:『海角七號』)は、台湾の最南端、白砂のビーチとエメラルドグリーンの海が美しい、恒春半島の墾丁を舞台にした恋愛映画です。

この記事の続きを見る


宮崎駿の映画の舞台を旅する -その3-「天空の城ラピュタ」「千と千尋の神隠し」
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
スタジオ・ジブリの第1作「天空の城ラピュタ」は1986年に公開され、25年以上経った今でも人気が高い、ジブリの最高傑作との声も高い作品です。そのラピュタの舞台のモデルとして公式に発表されているのが、イギリスのウェールズ地方。自然の景観に恵まれ、3つの国立公園や5ヶ所の特別自然美観地域を有し、また「城の土地」として知られ、600以上の城塞があります。シータが救い出された城のモデルは、13世紀に建てられたカーナヴォン城といわれていて、世界遺産のこの城で、チャールズ皇太子の戴冠式が執り行われました。ウェールズを訪ね、「宮崎監督がラピュタの城の参考にしたのはここだろうか」なんて考えながら古城巡りをするのも楽しそうですね。

この記事の続きを見る


赤いちょうちんが飾られた喫茶店
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台北 
台湾の北部にあるキューフンの町はかつて金鉱山の町として栄え、にぎわったが、やがて鉱脈は枯渇して町はさびれた。しかし、ヴェネチア映画祭でグランプリを受賞した1998年の台湾映画「悲情城市」の舞台になったことから、今度は一大観光名所として脚光を浴びることになった。

この記事の続きを見る


1 2 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。台湾 ロケ地 映画に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介