page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「台湾」の見どころ情報

台湾に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「台湾」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果560

1 2 3 4 5 末尾 次へ


「秒殺水煎包」の焼き上がりの様子
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台東 
台東市中心街から少し外れた住宅街に、地元の人が朝5時半過ぎから行列を作る「秒殺水煎包」というお店があります。「水煎包」とは、大きな鉄板で蒸し焼きにした肉まんで、蒸すことで中がジューシー、且つ鉄板で外側に焼き目を入れることで香ばしさも兼ね備えた台湾を代表的なおやつと言えます。同店の「水煎包」の種類は、キャベツと春雨入りの「高麗菜包」の一択。「野菜だけの肉まんって…」と思いがちですが、カリッと焼きあがった皮にかじりつくと、ジューシーなキャベツ汁とキャベツの程よいシャキシャキ感が口いっぱいに広がり、思いの外、食べ応えがあります。野菜まんなので胃にもたれず、朝にぴったりの一品となること間違いなし。他に豆乳や紅茶などの飲物も購入できます。1回で約60個が焼き上がり、名前の通り、行列の途中で完売。すぐに次の60個が鉄板に投入されてます。店頭販売のみなので、購入して素早くホテルか公園などで出来立て熱々を食べるのがオススメです。

この記事の続きを見る


羽田空港が元の活気に溢れるのはいつになるだろうか
  • テーマ:
  • エアライン・空港
コロナ禍によって世界各国が鎖国状態になっている。各国がコロナ終息に向けてそれぞれの対策を取っているが、そこへ海外からの観光客などが入ってくると、再び感染が広まる恐れがあり、それまでの感染症封じ込めへの努力が水の泡になってしまうからだ。 現在、各国でワクチンや治療薬を開発中で、それが普及するまでは海外旅行需要は以前のように戻らないというシナリオも見えてきている。ワクチンや治療薬は各国それぞれの厚生省や保健相といった機関が正式に認めたものがその国で予防や治療に使われるものとみられるが、各国で認可基準が異なるため、スムーズな運用にたどり着くまでは紆余曲折も予想される。 たとえば日本でワクチンを接種したとして、相手国でそのワクチン接種が有効とみなされるのかどうかといった問題が予想されるからだ。また、ワクチンを接種したとして、その有効性がどのくらいの期間保たれるかも未定で、おそらくインフルエンザと同じく6カ月程度になるだろうと予測されている。

この記事の続きを見る


羽田にて。手前の日本航空機は移動中だが、奥の機体はお休み中
  • テーマ:
  • エアライン・空港
コロナ禍によって航空会社はどこも青息吐息である。国内需要は戻りつつあるが、国際線は壊滅状態である。日本の外務省は現在、世界の159の国と地域を渡航中止勧告のレべル3としているので(2020年10月現在)、海外旅行需要は皆無となっている。 現在日本の空を飛んでいるのは、コロナ以前の約70%の国内線とごく一部の国際線である。国際線に観光需要はほとんどなく、多くが海外駐在員の交代、日本で働く労働者の往来、配偶者など家族が外国人であるための往来で、留学需要すら大幅減となっている。 日本への国際定期便を少ない便数ながら運航しているのは、韓国、中国、香港、台湾、フィリピン、マレーシア、シンガポール、ニュージーランド、カタール、アラブ首長国連邦、オランダ、アメリカの航空会社程度で(2020年10月現在)、オーストラリアの航空会社すら日本へ飛んできていないのである。

この記事の続きを見る


両端は日本製のSPK32型客車
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • アジア/台湾/懇丁 
台湾東部の「台東駅」と南部・屏東県の「枋寮駅」を結ぶ南廻線に1日1往復だけ残る「藍皮普快車」。日本からわざわざこの「普快車」に乗るためだけに来台する鉄道ファンもいると聞きつけ、乗ってきました。台東‐枋寮間上りにするか、下りにするかは、時間表を見て、綺麗な青い東シナ海を見るなら反時計回り枋寮〜台東、夕焼けを見たいなら時計回り台東〜枋寮となるので、ご自身の旅行プランに合わせてチョイスすると良いでしょう。この「藍皮普快車」は、台湾鐡道が50年以上使用してきた旧型客車。数年前まで車体の老朽化と南廻線の電化工事に伴って廃止する予定でしたが、観光列車として車両存続の声が高まり、修復されることになりました。「普快車」が廃車になる前に行きたい!と思っていた方も多いと思いますので、これは朗報と言えるでしょう。

この記事の続きを見る


労働文化宮の太廟。常に観光客が少ないため、静かにゆっくり見られる
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
10月1日から8日までの北京の故宮博物院の入場券が全て売り切れ! 新型コロナの影響で、今年は中国人も出国できません。あわせて6億人が国内旅行に出かけると言われています。だから国慶節の休暇中、故宮博物院の入場券の予約販売が完売というニュースを見ても、全然驚きません。予想通りという感じです。10月1日から始まる国慶節の大型連休は、2020年は最長8連休。18年や19年より1日長くなっています。国慶節の休暇中、最も予約が取りにくいと言われているのが故宮博物院、西安博物院、陝西省歴史博物院です。それ以外の観光地も予約が取りにくい状況になっているため、中国のネットニュースを見ると、「休暇中、(観光地の)予約がないなら、出かけるな」と言われています。この傾向は、外国人にはちょっと面倒なことになりそうです。

この記事の続きを見る


「冷たいビール、温かいビスケット、フライドチキンが食べたいときはここ」と、地元の人たちの評判もバツグン
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ロサンゼルス 
職人技のフードとクラフトビールが評判の、アップスケールなモダン・アメリカン・レストラン「Eagle Rock Brewery Public House(イーグルロック・ブルーワリー・パブリックハウス)」。親会社が品質の高いクラフトビールのメーカー「Eagle Rock Brewery(イーグルロック・ブルーワリー)」だから、地元で作ったビールはもちろん、日本酒、ワイン、サイダーのセレクションも豊富。「フードメニューは100%青空市場で、旬の高級食材を使うことにこだわっています。アルコールとペアリングもできますよ」。こんなふうに教えてくれたのは、オーナー兼総料理長のジェリー・スーさん。

この記事の続きを見る


民宿「50年代屏東市郷下人家生活体験」正面の「大廰」の様子
  • テーマ:
  • 安宿
台湾の伝統的な住居スタイル「三合院」。現在では、地方の一部でしか見られなくなりましたが、住居スペース全体が「コ」の字型をしたい住空間となっています。南国らしい青空が見えるコの字型の住居スペースの真ん中には、日本でいう中庭であり、子供たちが安全に遊べ、家族が顔を合わせる憩いの場となっていました。建物の中の配置は、各家庭によって多少は違いがあるようですが、一般的には、真正面の「大廰」と呼ばれる部屋には祖先を祭る祭壇が設けられており、さらに家族や客が集うリビングとなっていました。そして、「大廰」の中から見て左側の建物には台所とメイン寝室、右側にはその他の寝室が設けられていました。赤いレンガを積み上げて建てられた三合院は、経年劣化により、現在では廃墟となっているところも多いですが、近年、民宿やカフェやレストランとして生まれ変わっている建物もあります。

この記事の続きを見る


ホテルの朝食を一緒に食べるのも、カップル旅行ならでは
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
「カップルにおすすめの海外旅行先」。海外旅行情報サイトなどで、いつでも人気のある記事ですよね。おすすめの旅先として挙がるのは、ハワイ、グアム、台湾など、治安がよく、日本人旅行者が多くて安心と言われる場所です。さらに、「海外旅行で彼とケンカしてしまったエピソード」の記事もよくあります。それらの記事を読んでいて気になるのは、たいていの場合、「男性が女性を“連れていく”」こと前提で話が進んでいること。それってなんだか……いまどき、価値観として古くありませんか?!

この記事の続きを見る


娘は、ウラジオストクへは一人で行ってきました
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
「女の子一人」は、海外旅行に向いていると思いますか? 私は、「向いている」と考えています。自分もかつて女の子一人の旅行者でした。当時だけでなくおばさんとなった今でも、女性の一人旅は危険で不自由なことよりも、いいことの方が多いと思います。もしもあなたが女の子一人海外旅行を迷っているなら、我が家の娘が大学生のころに体験した、さまざまな旅の情けを参考にしてみてください。

この記事の続きを見る


「獅子?」「うーん、獅子……?」戸惑う外見
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/台湾/金門島 
日本と台湾は、いろいろな面で共通点のある国です。これは台湾本島に限ったことではなく、本島から遠く離れた金門島も然り。ここに、狛犬に似ているような似ていないような、なんとも独特な石像があるんです。「風獅爺(フーシーイエ)」という名前の石像は、その名のとおり獅子の形をした像です。獅子といっても恐ろしさや勇猛さはなく、ほとんど「ゆるキャラ」と呼んでもいいくらいの、個性豊かでユニークな造形です。一度見たら忘れられない島の守り神、風獅爺を探しに、金門島へ行ってみませんか。

この記事の続きを見る


1 2 3 4 5 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。台湾に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介