page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「国際免許 年齢制限」の見どころ情報

国際免許 年齢制限に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「国際免許 年齢制限」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


アメリカでレンタカーを運転するために その1
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
アメリカで車を運転するには、各州で発行している運転免許証が必要となります。各州の運転免許証を持っていない日本人旅行者は、日本で取得した運転免許証とパスポートの他に、「国外(国際)運転免許証」を取得しておいた方が良いでしょう。これはすでに日本の運転免許証を所持している人ならすぐに取得することができます。旅行の前に、自分の住所地にある運転免許センター、または警察署で申請をしましょう。運転免許センターであればその場で発行してくれますが、警察署での申請は発行までに2週間程度かかることもあるので、少し注意が必要です。国外(国際)免許証の有効期限は"1年間"となりますので、予め計画を立てて取得することをオススメします。

この記事の続きを見る


「国際免許」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ポルトガル最高峰のピコ山と捕鯨をする人の像
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ポルトガル/リスボン 
北大西洋にあるアソーレス諸島(アゾレス諸島)を訪れた人は、どのくらいいるのでしょう。日本発の団体ツアーも少なく、日本では個人単位でツアーが催行されている程度かもしれません。国でいうとポルトガルなのですが、日本でポルトガルのガイドブックを買ってもこの諸島のことは出ていません。ある意味、「たいていの外国へは行った」というマニア向けの場所かもしれません。アソーレス諸島があるのは、ポルトガルから西へ約1000km、反対の北アメリカからは約3900kmの大西洋上で、全部で9つの島々からなっています。ユーラシアプレートと北アメリカプレートがぶつかる地点で、その火山活動で島々が生まれたのです。

この記事の続きを見る


リゾートでは、ハンモックに揺られながらゆったり。
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/インド洋ビーチ/チェンナイ(インド) 
「アンダマン諸島 その3」からの続きです。ハヴロック島は、南北約24キロ、東西約12キロほどの小さな島。アンダマン諸島随一のリゾートでありながら、素朴さが残る雰囲気がとっても癒されます。島滞在のおすすめスポットをご紹介します。船着場に到着したら、空港で受け取った許可証を提示し、島に入ります。帰りのフェリーのチケットが無い場合や、ニール島へ向かう予定がある場合は、ここでチケットの手配やフェリーの時間等をチェックしておきましょう。宿へはホテルの無料ピックアップを利用するのが一般的で便利ですが、宿が未定の場合はとりあえず、オートリキシャで安宿からリゾートまで揃うNo.5ビーチエリアへ。島にはバスも走っていますが、本数が少なく、ローカル向けです。島内の移動は、レンタルスクーターがお勧め。宿でも簡単に手配ができ(国際免許証等の提示は不要でした)、道は1本道でわかりやすく、車もほぼ走っていないので、島に点在するビーチを自分のペースで巡るにはベストな交通手段です。

この記事の続きを見る


北タイ・少数民族の村にある家
  • テーマ:
  • ツーリング
  • 行き先:
  • アジア/タイ/チェンマイ 
タイ北部の古都チェンマイは、外国人に人気に町です。旅行者だけでなく、長期滞在している人も多くいます。物価は安いし、治安もいい、食事も各国料理があって問題ありません。ただ一点、交通機関が貧弱なのが困りものです。市内バスがあまり走っていないのです。そこで地元の人が利用するのがソンテオです。トラックの荷台が客席になっており、行き先が自分の目的地に近い車を探して利用します。値段も安いです。そしてトゥクトゥク。タイでお馴染みの三輪タクシーです。これなら目的地まで運んでくれますが、値段交渉が必要ですし、ちょくちょく使うと結構な出費になってしまいます。チェンマイは、旧市街が一辺1.5キロ四方の城壁に囲まれており、市街地全体でおおよそ7キロ四方もあるのです。歩きでは観光しきれず、また郊外の大型スーパーなどに行くには、かなり不便なのです。

この記事の続きを見る


これが本当のクラブ!?エンターテイメントの町、ロサンゼルスでおすすめのクラブ その1
  • テーマ:
  • お酒・バー
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ロサンゼルス 
ロサンゼルスといえば「エンターテインメントの町」として認知される方も多いはず。ここは様々なジャンルのエンターテインメントが発信される場所であり、世界中から人が集まってきます。そんなロサンゼルスで注目されるもののひとつがクラブです。そこではハリウッドスターもパーティーを開くなど、様々なことが行われています。音響や照明が最高なのはもちろん、有名な DJが最高の空間を作り出してくれます。週末には長蛇の列を作るクラブも多く、色んな人が楽しむ場所となっています。

この記事の続きを見る


カオラック・クッカクビーチ
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/カオラック 
カオラックは、日本人にも馴染みのあるプーケット島から約100Km北上したタイ本土に位置する新興リゾート地です。アンダマン海に面した7つのビーチから成る全長25Kmのカオラックとその周辺地域は豊かな自然に恵まれ、熱帯雨林のジャングル・カオソック国立公園や、世界屈指ののダイビングサイトにも選ばれるシミラン諸島などが有名です。

この記事の続きを見る


南の島のビーチ。のんびりした国「クック諸島」をご存知?
  • テーマ:
  • ビーチ
「クック諸島」の首都アバロアがあるラロトンガ島は、各国からの飛行機が発着できる国際空港があります。そのラロトンガ島、スクーターで1周するのに1時間弱という小さな島です。主要道路は、島をぐるっと1周する環状の道路1本だけです。信号があった記憶がありません。この道路には、公共バスがあり、1時間に1本で走っています。行き先表示は、「Crockwise」か「Unticrockwise」の2つだけです。即ち、時計回りか反時計回りかというシンプル極まりない表示です(笑)。

この記事の続きを見る


ガイド記事

掲載日:2013-10-30
オーストリア旅行への準備情報
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
■治安オーストリアはどの都市も比較的治安が良く、オペラ帰りに地下鉄に1人で乗っても大丈夫。ただ日本人観光客を狙ったスリや置き引き被害は毎月あるので手荷物から目を離さないようにしましょう。夜遅くのプラーター付近、東駅周辺やグーテル通り沿いはなるべくなら避けたいところ。■トラブルに巻き込まれた時パスポートを紛失したりしたら日本大使館へ連絡(01) 531 92 0、必要書類は大使館HPで確認してください。日本大使館HP:http://www.at.emb-japan.go.jp/jp/index.htmlアクセス:地下鉄U2または市電1,2,D,37,38,40,41,42,43のショッテントーア (Schottentor) 駅から徒歩2分盗難などは警察113、救急は144、消防は122■マナーや宗教・チップレストランやカフェで飲食をした時、ホテルで荷物を運んでもらった時、タクシーの運転手に・・・などサービスを受けた場合は10%程度、ほどよい所まで切り上げてチップを渡します。テーブルで担当ウェイターに支払うのが一般的です。エレベーターでは右側に立ち、歩く人は左側を通ります。ドアを通り抜ける時、後ろに人がいる時はその人の為にドアを押さえてあげるのがマナーです。

この記事の続きを見る


ガイド記事

掲載日:2013-10-27
タモン交番はグアムの中心地、タモンエリアのど真ん中にあります。ショッピングモール『タモンサンズプラザ』の向かい側です。
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/ミクロネシアビーチ/グアム 
■治安比較的安全とされているグアムですが、開放的な空気感が油断させるのか置き引きの被害が増えています。ビーチなどに貴重品を持って行かない、貴重品は常に身につけるという意識を忘れずに。■トラブルに巻き込まれた時ただちにツーリストポリス(番号911)へ電話をし、被害状況を説明して。英語が不安な人はホテルで日本語を話せる人に頼むのがスムーズです。また中心地のタモンには交番もあるので、そこへ駆け込むのも手。               ■マナーや宗教・チップ                               グアムにはチップの週間があるのでレストランやタクシーでは料金の10〜15%を目安に払いましょう。ただホテル内のレストランなどでは最初からサービス税が入ってる場合もあるので、その場合は入りません。ベルボーイなどに荷物を持ってもらった場合は1つにつき1ドルを渡すとスマート。

この記事の続きを見る


フェワ湖を見渡しながらパラグライディング
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/ポカラ 
ネパールが誇るヒマラヤが見える観光地・ポカラでなんとヒマラヤやフェワ湖を見渡しながら、パラグライダーが出来るんです。ネパールでのパラグライダーは、1996年にトレッキングでポカラを訪れた外国人のパラグライダーのパイロットが、ポカラでのパラグライダーの可能性を見出し、スタートしました。今回、ご紹介するアンナプルナパラグライディングは、1998年創業の老舗のパラグライダー会社で、飛行時間700回以上の人しか取れない国際免許を持った外国人パイロット6人が所属しています。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。国際免許 年齢制限に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介