page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「地下 貯水 大阪」の見どころ情報

地下 貯水 大阪に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「地下 貯水」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


入り口にある2つの「お菓子の家」。左が守衛の家、右が管理人室
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バルセロナ 
「ガウディの作品群/市内を見下ろす高台にあるグエル公園」その1からの続きです。現在は公園出口となっている正面正門の左右両脇には、2つの建物があります。一つは管理人室、一つは守衛の家で、スポンジの上にクリームが乗ったケーキのようなその形から「お菓子の家」とも呼ばれています。そのクリームの部分である屋根の装飾はガウディらしい曲面を多用したもので、煙突の先端がキノコの形になっています。屋根の塔の上に十字架がある管理人室は、現在ショップになっているので入ってみるといいでしょう。守衛の家も中に入れますが、定員30名でいつも外に列ができています。ただし中は大したことがないので、混んでいたら無理して入らなくてもいいでしょうか。

この記事の続きを見る


一見すると守衛室や園芸小屋のように見える「ホテル・デ・ウィンドケテル」
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
オランダには歴史的・文化的価値のある建造物を保護する国家遺産(Rijksmonument)の制度があります。1954年に運用が始まり、城塞や宮殿、教会、風車など、その登録数は6万2千件にのぼります。皇太子妃雅子様が2006年にご静養されたヘット・ロー宮殿や、東京駅のモデルといわれるアムステルダム中央駅、レンブラントの家やアンネ・フランクの家も国家遺産です。レストランやショップなどの商業施設に改装された国家遺産では、建物の構造や内装に当時の面影を偲ぶことができます。今回は、宿泊できる国家遺産「ホテル・デ・ウィンドケテル」をご紹介します。

この記事の続きを見る


世界遺産マルタ島の魅力とは〜この島がヨーロッパを守った?
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/マルタ/ヴァレッタ 
ヨーロッパの地中海のほぼ真ん中、イタリアのシチリア島のすぐ南に、ぽちっと浮かぶ島がマルタ島です。日本ではあまり馴染みがありませんが、ヨーロッパ人にとっては特別な島です。というのも、島の名前になっているとおり、ここには長いことマルタ騎士団が本拠地を置いて、対オスマントルコ帝国の砦になっていたからです。オスマントルコは、この難攻不落の要塞の島を幾度となく襲いましたが、陥落させることができず、17世紀には陸路でオーストリアのウィーン近郊まで進撃し、しかしここでも撤退を余儀なくされて、ヨーロッパ支配の夢は、ついに幻となったのです。言ってみれば、キリスト教世界を守った立役者が、マルタ島のマルタ騎士団だったのですね。もしマルタ島がオスマントルコに支配されていたらどうなっていたことか。多くのヨーロッパ人は、この島の存在を極めて大事に考えているのです。

この記事の続きを見る


地上からは想像もつかない空間が地下に広がる「地下宮殿」はおすすめの場所
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/イスタンブール 
イスタンブールはいくつかの丘の上に作られた都で、ビザンツ帝国やオスマン帝国の最盛期には50万人が住む当時の大都市でした。そのため市民の飲む「水」の確保は大きな問題でした。西暦330年、もともと小さな都市だったビザンティウムを帝国の首都に遷都したコンスタンティヌス大帝は、さっそく都市造りに着手しました。そのひとつが郊外から上水道を引いて、市街の貯水場に水を溜めることです。貯水場は開放式と閉鎖式の2種類があります。開放式は丘上に池などを作るもので、現在もその跡がいくつか市内に残っています。閉鎖式は地下に広い空間を作って、水道によって引かれた水や雨水などを溜めます。今回紹介するのは、その閉鎖式のひとつ「地下宮殿(イェレバタン・サライ)」です。

この記事の続きを見る


その姿は遥か遠くからも望める。
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/メリダ 
メリダにはローマ時代の2つの大きな水道橋が残っている。その1つは、ACUEDUCTO DE LOS MILAGROS(アクエドゥクト・デ・ロス・ミラグロス/奇跡の水道橋)である。この水道橋は、もちろんメリダがEMERITA AUGUSTA(エメリタ・アウグスタ)というローマ都市だった時代内に建設されたと考えられている。ただ紀元1世紀という説とアウグストゥスの時代から4代かけ3世紀後半までかかったという説もあり、はっきりしていないというのが現状のようだ。

この記事の続きを見る


塔の1つから見たALMODOVAR
  • テーマ:
  • 城・宮殿
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/コルドバ 
コルドバから南西に約22キロ行ったところにある町、ALMODOVAR DEL RIO(アルモドバル・デル・リオ)。小高い丘の裾野に、この小さな町は広がっている。急な坂道を上がって行くと、760年、アラブ時代に建設されたCASTILLO DE ALMODOVAR(アルモドバル城)へ出る。周囲に高い建物はもちろん、高い山もないため、その姿は遠くからでも望める。その城は、そのアラブ時代よりも更にさかのぼる、先史のイベリア人時代には要塞であり、その後のローマ時代では、お城であった。

この記事の続きを見る


アルバイシン地区から望むアルハンブラ宮殿。後ろに見えるのは、ネバタ山脈
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/グラナダ 
グラナダといえば、アルハンブラ宮殿が有名あるが、アルハンブラ宮殿の向かい側にある、アルバイシン地区(EL ALBAICIN)も見逃せない。実はこのアルバイシン地区も、アルハンブラ宮殿同様、世界遺産である。この地区は、小高い丘になっており、以前、アラブ人の居住区であった。アルバイシン地区は、その姿をアルハンブラ宮殿から一望することができる。

この記事の続きを見る


幻想的なライトに照らされた地下宮殿
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/イスタンブール 
イスタンブールの旧市街には、通称『地下宮殿』と言われている、ビザンティン帝国時代の地下の貯水池があります。トルコ語では“イェレバタン・サルヌジュ”といって、地下の貯水槽の意味です。ここは、貯水槽でありながら、宮殿と呼ばれるにふさわしい見事なバシリカ建築であるために、トルコはもちろん海外からの観光客にもとっても人気のスポットです。

この記事の続きを見る


「地下 大阪」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

正面中央のアーチを潜ると中庭に出て、右手に城のインフォメーションがある
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/グラーツ 
ウィーンから南へ電車で2時間半から3時間ほどのグラーツは、オーストリア第2の都市だ。スロベニアとの国境も、そう遠くはない。ハプスブルク家とゆかりの深い古都で、町の歴史的な部分が1999年、世界遺産に登録されている。第2の都市、と言ってもウィーンとは比較にならないほど長閑で、遠くまでやって来たな、という感じがする。ムール河畔に広がる旧市街は中央駅から近く、トラムで10分もかからないほどだ。駅前広場は長いこと工事中だったが地下にトラムの停留所が完成してとても便利になった。駅から旧市街とは反対方向、トラムの1番に乗ってエッゲンベルク城へ向かう。城は駅から3キロほど西にあり、停留所の名前もエッゲンベルク城。トラムを下りて城の囲いを廻った所が入口になっている。

この記事の続きを見る


世界のデザート〜ポルトガル起源のマカオ名物「エッグ・タルト」
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/マカオ/マカオ 
「アフリカン・チキン」、「カーリーハイ」(カニのカレー風味炒め)など、おいしいものが多いマカオ。マカオ料理は、マカオの無形文化遺産にも指定されていて、この地の文化を語る上で欠かせない要素のひとつです。マカオは「食在広東」(食は広東にあり)といわれる食の都・広州や香港にも近く、海産物などの食材と、高い調理技術にも恵まれた環境にあります。加えて15世紀以降マカオに港市を築いたポルトガルの料理や、貿易によってつながる東南アジアの国々の料理の影響を受け、いろいろな国のエッセンスが入り混じった独特な料理が生まれました。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。地下 貯水 大阪に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介