page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「夕方出発 国内 1泊」の見どころ情報

夕方出発 国内 1泊に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「夕方出発 国内」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


定刻どおりに到着した国内列車。サインシャンドーウランバートルーズーンハラーを走るレトロ感たっぷりのディーゼル駆動車。乗客が全て降りた後、約1時間の車内清掃の後、上り線の乗客が乗り込む。
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • アジア/モンゴル/サインシャンド 
初めてモンゴルを訪れたのは、ちょうどモンゴル国初の多党制による国会議員の総選挙の投票日、1990年7月29日正午のことでした。随分昔のことなのに、どうして鮮明に覚えているか、というと、北京からの「特急」で31時間かけてウランバートル駅に到着したからです。20年近く前から現在に至るまで、「モンゴル時間」といわれるほど、何もかもがルーズなこの国で比較的規則正しく運行している交通機関「モンゴル鉄道」。モンゴルらしいのんびり一人旅を楽しめるお勧めの鉄道の旅をご紹介しましょう。

この記事の続きを見る


「国内 1泊」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ヤンゴン国際空港の新国際線ターミナルと新国内線ターミナルの間にある、旧国際線ターミナルは現在改装中。近く、さらに国際線ロビーが拡張されるそうだ。写真は新国際線ターミナル。
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/ミャンマー/ヤンゴン 
ヤンゴン国際空港は2016年に国際、国内線ともに新ターミナルが完成し、大きく変貌を遂げました。旧ターミナルの工事は現在も進んでおり、刻々と便利さを増しているのはよいのですが、注意も必要です。特に国際線で荷物をピックアップした後に進む出口ですが、2ヶ所に分かれているうえ両者の見通しが悪いため、迎えの友人やガイドと行き違うトラブルが相次いでいます。ですからここで待ち合わせる場合は待ち合わせ相手と、ターンテーブルを背にして左右どちらの出口から出るか、あらかじめ決めておいた方がよいでしょう。

この記事の続きを見る


根気よく探せば、1泊3000〜4000円前後の中級ホテルが見つかることも
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
東南アジアの多くの国が日本よりも物価は安いのですが、中でもタイは、価格と品質のバランスにおいてお得感、満足感が高い国ではないでしょうか?特にバンコクは、プチプラから高級品まであらゆるツーリストのニーズに応えてくれる街。経済発展に伴って物価も上昇中ではありますが、日本人観光客にとっては、まだまだ物価が安いと感じさせてくれるはずです。なお、1バーツは2019年7月のレートで1バーツ=約3.5円で計算しています。レート変動によって下記の料金は変わってきますのでご注意ください。

この記事の続きを見る


一年を通して多くの観光客で賑わうシドニー、物価は東京より少し高いと感じる
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/シドニー 
観光地として人気の高いシドニーは、オーストラリア国内でも物価が高い街として有名です。そもそも面積の割に人口が少ないオーストラリアは人件費が日本に比べて随分と高く、一人当たりの年収も高くなるため、その分物価が高くなるのも当然かもしれません。特にシドニーは、オーストラリア国内でも土地の価格が高い街。それを反映して、ホテル代や家賃も他の都市よりも高めに設定されています。ここでは、そんなシドニー旅行を考えている人のための2019年5月現在のシドニーの物価についてご紹介します。ちなみにオーストラリアは、オーストラリアドルを使用、2019年4月現在で1ドル=約80円です。(以下ドルと表記されているものはオーストラリアドルとなります)

この記事の続きを見る


ジョンとヨーコが滞在し、歴史的パフォーマンス「ベッド・イン」が行われた現702号室
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
世界中に展開する高級ホテルチェーン「ヒルトン」。誰もが耳にしたことがありますよね。1962年にオープンしたアムステルダムのヒルトンホテルは、オランダ初のインターナショナルホテル。客室数は271室で、美容院、バー、レストラン、カフェ、フィットネスセンター、ビジネスセンター、ギフトショップなどが完備されています。運河沿いの心地よいホテルのテラスは、高原やビーチのリゾートを思わせ、アムステルダムの中心街にいながら街の喧騒を忘れてリラックスできます。もちろんヒルトン・アムステルダムはラグジュアリーなホテルで有名ですが、実は世界的に有名な新婚カップルによる歴史的イベントが行われたのが、このヒルトンなのです。新郎は言わずと知れたビートルズのメンバー「ジョン・レノン」。そして新婦は、現在も国境を超えてアーティストとして活躍する「オノ・ヨーコ」です。世界で最も有名な日本人女性と言えるでしょう。欧米で「あなたが知っている有名な日本人女性は?」と聞くと「ヨーコ・オノ」と答える人は多いです。

この記事の続きを見る


超高級でもなく中級より少し高級、絶妙な立ち位置のホテル
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • アジア/中国/哈爾浜(ハルピン) 
黒龍江省の省都であるハルビンは、中国でありながらロシア風の建築物が数多い、美しい街です。大手チェーンのホテルも進出しており、泊まるところにも苦労しません。でももしも初めてハルビンを訪れるなら、「ホリデイ・イン ハルビン シティセンター」がおすすめです。もっと高級なホテルもあり、もっと低価格のホテルもある中で、なぜここが選ばれるのか。それは、バランスの良さにあります。

この記事の続きを見る


安宿から中級ホテルまで様々な宿が集まっているタメル
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/カトマンズ 
ネパールは、ヒマラヤ山脈の麓、インドと中国に挟まれた小さな国です。エベレストがあり、日本をはじめ世界中から観光客が訪れる国です。日本からネパール入りする場合は、首都カトマンズに飛行機で入る人が多いでしょう。カトマンズは首都だけあって、中〜高級ホテルも多く、市の中心地にはタメルと呼ばれるツーリストエリアもあります。タメルには、ホステルやゲストハウスなどの安宿から中級ホテルが集中しているエリアで、通りには、ツーリスト向けのレストラン、旅行代理店、土産物屋などが軒を連ねています。バックパッカーも多いタメルでは予約なしでも宿は見つかるものですが、夜中到着の場合は予約しておいた方がいいでしょう。高級ホテルなら24時間フロントは開いていますが、小さいゲストハウスなどは夜中の12時前にゲートを締めてしまうことがあります。宿は適当にその日の気分で決めたい人も、夜中到着の場合は、最初の1泊だけは予約をしておくのが無難です。

この記事の続きを見る


旅の予算計画を立てるために、現地の物価を把握しておこう
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/カトマンズ 
どこに行くのか何をするか旅の計画は楽しいものですが、そのときに忘れてはならないのが予算計画。どのくらいのお金があれば足りるのか、何にどれくらいお金がかかるのかざっくりとくらいは知っておきたいもの。今回は、旅に欠かせない宿、交通機関、食事について現地の物価情報2019年版をお届けします。(ちなみに2018年12月の時点で1ルピーは約1円となっています)

この記事の続きを見る


ガラガラだった船内。シートは飛行機のエコノミー席よりずっと快適です
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • アジア/韓国/釜山(プサン) 
「少ないマイル数でも海外旅行がしたい! そんなとき思いついたのは、船での出入国(前編)」からのつづきです。さて旅行当日、乗り慣れない国内線に乗り、福岡空港に到着。高速船が出る港へは、地下鉄とバスを乗り継いで行きました。「中央ふ頭」と「博多ふ頭」が紛らわしいので、それだけ注意だと思いました。港に着いたら、あとは案内にしたがってスムーズに出国審査が終了。水路で出国するなんて初めてなので、ものめずらしくて心が躍ります。私が乗ったときは、船内はガラガラ。快適な船旅でしたが、シートベルトを締めるように言われたのがちょっと意外でした。船の旅といえば自由に船内を歩きまわったり、外で風に吹かれたりするイメージがあったのですが、飛行機のよう? 外には出られず、また船内に売店もありませんでした。その代わり乗務員による巡回販売があります。

この記事の続きを見る


近くには、「Safari
  • テーマ:
  • 動物
  • 行き先:
  • アジア/カンボジア/プノンペン 
遺跡巡りに街歩き。カンボジアの観光プランは、どうしても大人好みのものになりがち。子連れでも楽しめるスポットを探している方に朗報です!2018年6月、子供達が大好きなサファリパークがプノンペンにオープンしました。約800もの動物と触れ合える「Safari World Phnom Penh」は国内最大の動物園。カンボジア南西端にあるコッコン州で長らく愛されていた施設が、アクセスのよい首都プノンペンに移転した形となります。「Safari World Phnom Penh」は、プノンペン市内中心部から約20km。トゥクトゥクであれば所要時間約1時間の場所に位置します。国道5号線にて市内を北上し、橋を渡って対岸のエリアに向かいましょう。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。夕方出発 国内 1泊に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介