page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「外国 公園」の見どころ情報

外国 公園に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「外国 公園」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果114

前へ 先頭 1 2 3 4 5 末尾 次へ


絶景が目白押しのグランドサークルのなかでも、みんなが知ってるのはやはりグランドキャニオン
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/グランドキャニオン 
外国へ行くなら、日本では到底見ることのないような、迫力ある景観を一度は見てみたい。そんなことを思う方は多いでしょう。今回ご紹介するアメリカ南西部にある「グランドサークル」は、そんなダイナミックな絶景が数多く点在するエリアです。たとえば大峡谷の「グランドキャニオン」もそのうちのひとつなんですよ。日本からのアクセス都市は、ラスベガスがポピュラーですね。今回はそんな、グランドサークルの見どころやツアーを紹介します。

この記事の続きを見る


ガイド記事

掲載日:2017-09-14
駅前は、マンション群のほかは空き地がまだまだ見受けられる
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台北 
台湾で高鐡ができてから5年あまり。高鐡駅周り都市開発も進みどんどん美しい街が広がっています。高鐡は市街地から離れたところを開発して行ったので、元々は、ほとんどが、畑とかしかない、何もない地区だったため開発速度が恐ろしく早い。特に、台湾きってのサイエンスパークが隣接する新竹エリアは、駅前に広がる高級マンション群を見てもわかる通り、若くて美しい街並みが広がっています。そこは、いわゆる台湾ぽさがなく、ニューヨークのパークアヴェニューのような(ちょっと盛りすぎ?)感じでオシャレなカフェ レストランがそこらに点在し、スーパーも何だかオシャレです。オーガニックフードを取り扱うお店も点在し、しかもお客様がひっきり無しというのが、今時の、ヘルシー志向なお金持ち層を伺い知ることができます。

この記事の続きを見る


お店の入り口で出迎えてくれるナンディ像が目印です!
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/インド/デリー 
デリーで本格南インド料理が楽しめるレストラン、ベスト3」。最後におすすめしたいのは、南デリーのおしゃれエリア「ハウズ・カース・ビレッジ(Hauz Khas Village)」にあるカルナータカ料理のベジタリアンレストラン、「ナイヴェーディヤム(Naivedyam)」です。カルナータカ州は、IT都市として有名なベンガルールを州都とするインド南西部に位置する地域です。お店の入り口で迎えてくれるナンディ(牛の神様)像が印象的なこちらのレストランは、本格的なお料理もさることながら、カルナータカから取り寄せたという店内のインテリアから、店員さんの制服まで、お店の雰囲気全体で南インドが感じられる素敵なお店です。今回ご紹介の3店舗の中では、最も値段は高めになりますが、それでもリーズナブルな価格帯です。場所柄もあり、お客は少し裕福なファミリー層が中心で、外国人の姿も多く見られる人気のレストランです。

この記事の続きを見る


少し傾いています。今、思えば、よく登らせてくれたものです。近い将来、登れなくなる可能性大!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/平遥 
「この塔の入場料が50元(約800円)、登るためにさらに30元(480円)は、高いわ」と、ブツブツ文句を言いながらも30元払って、登りました。この塔とは、河南省開封市にある「鉄塔(ティエター)」です。開封は、北宋時代(960〜1127年)の都だったところです。東京(トウケイ)とも呼ばれ、当時は世界最大級の都市でした。鉄塔は、城壁に囲まれた開封中心部の北東にある鉄塔公園の中にあります。入場料を払って、公園内に入らなくても十分見られます。それでも入ったのは、私が北方謙三氏の歴史小説「水滸伝」の愛読者だから。水滸伝にも鉄塔が出てきます。しかも大好きな登場人物が、この鉄塔に登るシーンもあります。ここまで来て登らないってのは、あり得ません。

この記事の続きを見る


李舜臣の像。このときは反政府団体のテントがいっぱいでした
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/韓国/ソウル 
ソウルは、600年を超える歴史を持つ都です。李氏朝鮮時代に活躍した、二人の英雄の銅像を一度に見られる「光化門広場」へ行ってみませんか? ここには、李氏朝鮮の将軍、李舜臣(イ・スンシン)の立像と、李氏朝鮮の名君と名高い王、世宗(セジョン)の椅像(いぞう、椅子に腰掛けた像)の二つがあります。この二人は、生きていた時代も性格も、そして像が作られた年代も異なりますが、韓国で非常に人気の高い英雄であることは共通しています。

この記事の続きを見る


チリ人から見れば英雄、原住民族からは征服者でもあるペドロ・デ・バルディビアの銅像
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • 中南米/チリ/テムコ 
サンティアゴの観光地といえば旧市街の植民地時代の建物などが有名ですが、今回紹介するプラザ・デ・アルマスもチリへ観光に行く人は一度は必ず訪れたい人気観光スポットです!以前ガイド記事でもご紹介したチリのカトリック総本山でもある「メトロポリタン大聖堂」もこのプラザ・デ・アルマスに建っています。平日でも週末でも毎日観光客や地元の人たちで賑わうこのプラザ・デ・アルマスは、サンティアゴの歴史を知るためにも貴重な場所です。

この記事の続きを見る


ヤシの木が目印の可愛いロゴ。落ち着いた雰囲気のオープンテラスが自慢の「ハイティ(ハイチ)」
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • 中南米/ペルー/リマ 
リマ観光の中心地ミラフローレス区。そのメインストリートの1つ、ディアゴナル通りに佇むのが、カフェ・レストラン「HAITI(ハイティ)」だ。1952年、リマ旧市街の大統領宮殿のすぐそばにオープンしたハイティは、それまでこの国にはなかったヨーロピアンスタイルのオープンテラスに加え、ペルーで初めて本格的なイタリアン・エスプレッソを提供する店として話題になり、多くの著名人に愛された。現在の場所には1962年2月23日に移転したが、自慢のオープンテラスは受け継がれ、以来55年の長きにわたって多くの人々を受け入れている。変化の激しいミラフローレス区にあって、変わらぬ空間を守り続ける老舗のカフェだ。

この記事の続きを見る


美しい装飾を見上げていると、時間の経つのを忘れそう……
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ポーランド/クラクフ 
「カルヴァリア・ゼブジトフスカ 前編」からの続きです。まずはメインの建物である、大修道院に入ってみましょう。門の前には、第264代ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世の像が立っています。ヨハネ・パウロ2世の出身地ヴァドヴィツェに近いこともあり、教皇は生前、この地を頻繁に訪れていたそうです。右手を天に向けた教皇の銅像と大修道院はとても美しい取り合わせで、格好の撮影ポイントですよ。

この記事の続きを見る


観光の足として使えるハバナ
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/カリブ・中南米ビーチ/ハバナ 
キューバには現地の方が使うお金とは別に兌換ペソという通貨があります。外国人旅行者は、もれなく兌換ペソに両替し、滞在中これを利用するわけですね。キューバは社会主義の国で、現地の方々が利用するものはかなり安くなっていて、兌換ペソが使えないことも。地元のバスもそのひとつ。そんな事情があり、外国人観光客の移動はタクシーか徒歩が基本です。ですが、好きなところで乗り降りできるホップ オン ホップ オフのスタイルの観光バス、ハバナ バス ツアーがハバナの移動手段として使えるのです。

この記事の続きを見る


100℃以上の温泉が噴き上がる!
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • アジア/タイ/チェンマイ 
「サンカムペーン温泉」はチェンマイ市街地から車で40〜50分程の郊外にあります。公営の温泉と聞いていましたが、到着してびっくり。入場料(外国人料金:大人100B・子ども50B)を支払い、公園内に入ると、日本的な温泉のイメージとは異なる光景が広がっていました。温泉そのものというよりは温泉を併設した広大な公園といった感じ。公園内はきれいに整備されており、地元の方たちの憩いの場といった雰囲気。公園のなかを進んでいくと、温泉が写真のように噴き上がっています。100℃以上の熱湯が噴き上がる様子は迫力満点!

この記事の続きを見る


前へ 先頭 1 2 3 4 5 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。外国 公園に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介