page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「外国 田舎」の見どころ情報

外国 田舎に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「外国 田舎」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果68

1 2 3 4 5 末尾 次へ


早朝の昆明駅。タクシーは駅のやや手前で降りることになる
  • テーマ:
  • ドライブ
  • 行き先:
  • アジア/中国/昆明 
中国で鉄道に乗る場合、まずは荷物の安全検査。それからパスポートチェック。外国人の場合、機械化された窓口は使えないので、有人の窓口を探すのが大変。大きな駅でも有人の窓口は一つなのに、どういうわけかそこに大勢の中国人が並んでいて、予想外に時間がかかることがよくあります。かなり時間に余裕を持って駅に行くのが正解。私が目指しているのは、昆明駅6時54分発の普通列車です。6時半に昆明駅に着くのでは遅いぐらい。できれば6時20分には着いていたい。ゲストハウスを6時前にチェックアウトして、大通りに出るのに徒歩7,8分。なるべく早くタクシーに乗りたいものです。と、思ったら、タクシーがやってきました。

この記事の続きを見る


ダラット駅プラットフォームにて
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ダラット 
ダラット市場からタクシーで15分ほど走ったスアンフーン湖の東側に位置するダラット駅では、観光スポットにもなっている蒸気機関車に乗ることができます。ここにあるソ連製のSLは、日本の鉄道マニアや歴史好きからも注目されていて、「このSLに乗るために遥々ダラットまでやってきた」という外国人も少なくありません。ちなみに隣にはもう1つ日本製の蒸気機関車も並んでいるのですが、こちらは現在では動くことはなく、展示物として写真撮影のみ楽しめます。

この記事の続きを見る


迫力のあるProbiy滝は必見
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/キエフ 
雄大なカルパチア山脈に位置する人気観光地、ヤレムチェ。着いて、まず行きたい名所といえば「Probiy滝」だと思います。村の中心である鉄道駅付近から、歩いて行けます。目抜き通りのSvobody 通りを南へ進み、川を越えてしばらく行くと右手に土産物店が見えてきます。そこが滝への入口。店に沿って歩いていけば、滝にたどり着けます。このあたりにはたくさんの観光客がいて、もしかしたらヤレムチェでいちばん人のいる場所かもしれないと思いました。

この記事の続きを見る


青海省の名物料理でもあり、家庭料理でもある麺片。一口大にちぎった麺がちょっぴりイタリア風?
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/中国/西寧(シーニン) 
とろとろ豆腐にお醤油味のあんをかけ、辣油をたらした豆腐脳(トウフナオ)、激辛の羊の腸詰めをのっけた羊腸麺(ヤンチャンミェン)、ちぎった麺を炒め煮にした炒麺片(チャオミェンピェン)、そして脂の焼けるにおいがたまらないカオ(火へんに考)羊肉(ヤンロウ)。羊と主食の粉もの料理を食べたいなら、ここに来さえすれば、何でもそろっています。露店で売られている、もったり濃いお碗入りヨーグルトも必食のデザートです。ここは青海省の省都、西寧の顔と言ってもいい屋台街、水井巷(シュイジンシャン)です。標高2275メートルの高地にある西寧は、夏は涼しいですが、冬は零下10度を下回る日が続くような寒いところ。そのかわり体があったまる名物料理が、どれもこってりと本当に美味しい。

この記事の続きを見る


スイートルームのコンパクトなリビング
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
「香港、都心から離れたのんびりムードのホテル『翠雅山房 HERITAGE LODGE(ヘリテージロッジ)』」前編からの続きです。客室には華美さはいっさいなく、さっぱりとしています。調度品はシンプルなチャイナテイスト。ホテルの説明書には日本語で書かれたページもありました。外国でよく見かけるような、少し変な日本語ではなく、感心するほど丁寧できちんとした日本語でした。また、室内の改築も、もとの建築の面影を残しながらも快適な空間に仕上げていて、これも好感を持ちました。ただ、屋根は屋根裏のないトタン屋根なので、雨が強く降ると雨音が響いて少しうるさいかも。私も滞在中にザッと降ったので、大きな音に驚きましたよ。

この記事の続きを見る


雲南省で石屏と言えば、北門豆腐。石屏名物の豆腐を知らない人はいない
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/建水 
中国の旧市街に行くと、よくある城門です。でも、妙に南国っぽい感じがするのは、バスターミナルからここに来る間に見たシュロの木のせいかもしれません。まだ3月だと言うのに、妙に太陽の光が白くて暑いんです。ここは、中国の西南部に位置する雲南省の石屏です。石屏は、雲南省の中でも南部の紅河ハニ族イ族自治州にあります。ベトナム国境にも近いので、かなり南部です。今日は、すでに27度もあり、長袖シャツを脱いでしまいました。石屏は、中国初の民営鉄道の箇碧石鉄道の石屏駅がある町です。鉄道好きの人なら知っているかもしれませんが、外国人どころか中国人旅行者も少ない町です。でも、こじんまりとものすごく良い町なのです。

この記事の続きを見る


見た目も味もあっさりしている「ホイ大餅」。四角い豆腐みたいなものが大餅
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/中国/青島 
名物料理はできれば、けなしたくないです。実際、中国の名物料理の中でも一人旅の私が食べやすい麺や「餅(ビン)」と呼ばれる小麦粉生地を焼いたものは、ほぼ外れなし! それなのに先日、青島ビールで知られる山東省青島で食べた「ホイ(火へんに会)大餅(ダービン)」は、久しぶりのイマイチした。3回目の青島で初めて知った名物料理です。まずいって訳じゃないけれど、何か物足りない。ホイ大餅に似た料理は、中国北部や西北部ではよく見られます。最も有名なのは、陝西省西安の「羊肉泡モー(食へんに莫)」です。この種の料理に外れは少ないので、思いっきり期待して食べたのに、ホイ大餅はおいしいとは言えない味でした。

この記事の続きを見る


デリーにある南インド料理専門店「サラヴァナ・バワン」のミールス。
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/インド/デリー 
「南インド料理」(前編)からの続きです。前回、「南インド料理」の特徴をご紹介しましたが、インドの北と南では「定食」の呼び名も異なります。北インドでは、「定食」のことを「ターリー」といい、その語源はお盆のような「大皿」を意味しているとか。大皿に数種のカレーと主食がバランスよく盛られるのが、北インドのターリー(定食)です。 しかし「定食」のことは南インドでは「ミールス」と呼び、伝統的なスタイルではバナナの葉っぱの上にお米や数種類のカレーが盛られて出てきます。また、食後に飲みたいインドの飲み物といえば、ミルクで煮出した甘い「チャイ」を思い浮かべる人が多いかと思いますが、実はこちらは北インドの飲み物。あまり知られていませんが、南インドはコーヒー豆の生産量世界6位という、コーヒーの産地なんです。南インドでは日常的にミルクと砂糖がたっぷり入った甘いコーヒーがよく飲まれています。

この記事の続きを見る


庶民が集うカフェ
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ホイアン 
ベトナムに行くと、これほどまでにあるのかというくらいカフェが軒を連ねています。多くのカフェでは、通りに向かって席が作られ、通りの眺めが楽しめるような造りになっています。田舎町のホイアンでは、ローカルのカフェで、コーヒーが1杯50円程度。よく飲まれているのがエスプレッソ風の味の濃いコーヒーです。アイスにすると、少ないコーヒーの中に氷山が浮かんでいるような感じになり、ゆっくりと飲んでいきます。多くの店では、コーヒーを注文すると、日本の水のように、ハス茶、あるいはジンジャー・ティーが供されます。味の濃いコーヒーを飲みつつ、お茶で口をさっぱりさせながら飲んでいくのです。どの店も、朝、昼食後、夕方以降が混んでおり、男たちの溜り場になっている店も多く見かけます。店内に備え付けのテレビを観たり、スマホをしたり、友人たちとおしゃべりしたり、カードゲームに興じたり、煙草を吸いにくる人もいます。

この記事の続きを見る


ベトナム・ホイアンに建ち並ぶスパの店
  • テーマ:
  • ビューティー
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ホイアン 
ベトナムに行くとなれば、スパは間違いなく楽しみの一つになるでしょう。スパやマッサージ店の発達したアジアの中でも、ベトナムのスパは、値段の安さ、設備のよさ(新しさ)、技術力、内容の充実度において、高水準にあると言っていいかもしれません。タイのバンコクやチェンマイに行くと、マッサージ店が十軒以上も連なっていたりして驚かされますが、ベトナムでも同じようなもの。観光では人気ですが田舎町といっていいホイアンでさえ、「SPA」だらけと言ってもいいくらい、看板を出した店が軒を連ねる通りがあります。しかもどの店も建物が新しく、清潔さがあっていいですね。バリ島のエステ店や、スリランカのアーユルベーダ店では、時に施設がお粗末すぎて、安かろう、悪かろう的な印象でしたし、タイのマッサージ店でも老朽化したお店では、一般的な日本人観光客にとっては、「ちょっと、どうかな」と勧めにくい店もあるものです。

この記事の続きを見る


1 2 3 4 5 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。外国 田舎に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介