page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「夜出発」の見どころ情報

夜出発に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「夜出発」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


山西省大同への旅の始まりは、夜の北京駅!
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • アジア/中国/大同(タートン) 
前日の夜に鉄道に乗って、翌朝、目覚めると、そこは目的地。朝の澄んだ空気の中、駅前に降り立ち、とりあえず宿に荷物を置きに行きます。ほっと一息ついてから観光スタート! 宿代と時間の節約になるので、いつもこんな旅ができたら最高です。2018年4月上旬、中国のニュースサイト「今日頭条」で「北京から鉄道に乗って、たった3駅、50元もかからない旅! 古都は、あなたのすぐそばに!」と言う記事を見つけました。私が好きな鉄道旅行の記事のようですが、この記事の中国の古都って、いったいどこかしら? 河南省洛陽か陝西省西安あたり? それとも宋の都だった河南省開封? 意外なことに北京西部にある山西省大同でした。確かに大同は、鮮卑族が建てた北魏の都だったところです。

この記事の続きを見る


初心者におすすめは、地下鉄駅直の便利なチムジルバン
  • テーマ:
  • ビューティー
  • 行き先:
  • アジア/韓国/ソウル 
「2泊3日の週末韓国旅行は、韓国式サウナ『チムジルバン』に泊まろう!」前編からの続きです。女性なら、韓国旅行中のエステを楽しみにしている方も多いと思います。「あかすり」や「よもぎ蒸し」、「汗蒸幕(ハンジュンマク)」といわれる超高温(100度前後)サウナなど、定番のエステメニューがすべて受けられるということもあり、韓国旅行中に必ず1度は訪れたい「チムジルバン」。10回以上の韓国旅行経験がある筆者は、時間とお金の節約になるので、今では初日(または最終日)に宿泊も兼ねて利用しています。ソウル市内にチムジルバンはたくさんありますが、韓国旅行初心者におすすめは、地下鉄2・4・5号線、東大門歴史文化公園駅から直結、東大門グッドモーニングシティというファッションビルの地下3階にある「スパレックスサウナ(東大門グットモーニングシティ店)」です。

この記事の続きを見る


金曜出発の韓国旅行は、空港からチムジルバンへ直行!
  • テーマ:
  • ビューティー
  • 行き先:
  • アジア/韓国/ソウル 
2017年2月より始まった「プレミアムフライデー」は、その普及率が伸び悩んでいるようですが、この制度を利用できる方も、そうでない方でも、お隣、韓国なら気軽に週末海外旅行を楽しむことはできますよ。 自分でプレミアムフライデーを設定したら、17時の定時ぴったりに退社し、そのまま羽田へGO! 20時羽田発の金浦(キンポ)行きの最終便を利用すれば、金曜日の夜出発で2泊3日の週末海外旅行が実現します。今回は、深夜着でも到着後に楽しめる韓国式サウナの「チムジルバン」をご紹介したいと思います。1泊目をホテルで寝るだけというのはもったいない! 空港から直行、深夜のチムジルバンを満喫して、そのまま泊まって、無駄なく週末旅行をスタートさせるのがおすすめです。

この記事の続きを見る


プレミアムフライデーで海外へ!(その2:上海の楽しみ方)
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/中国/上海 
(その1から続く)金曜日夜出発で日曜日帰国で上海に行く場合、羽田空港から全日空NH97便18:30発、21:10着で出発し、帰りは上海18:50発のNH921で21:30に成田空港に帰ってくるのが、最長で滞在できます。ホテルは2泊。できれば地下鉄駅にほど近く、観光名所が集中的に集まる、外灘(わいたん)にほど近いホテルを選ぶといいでしょう。上海駅周辺も候補地の一つです。特に短期旅行の場合、動きやすいホテルを拠点に選ぶのが賢い選択です。いくら高級ホテルでも、郊外にあるようでは、移動に時間がかかってしまうため、あまり町を楽しめません。上海は交通渋滞がひどく、また思った以上に町も広いです。地下鉄でならすぐそこのように思えても、タクシーを使うと思った以上に時間がかかります。また路上では、タクシーがなかなか拾えないことも多いので、やや難儀です。そこで利便性と時間の節約を考えて、上海公共交通カードを購入することをお勧めします。

この記事の続きを見る


プレミアムフライデーの海外旅行 アジアにいながらヨーロッパ気分のマカオへ!
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/マカオ/マカオ 
プレミアムフライデーの恩恵に預かれそうなあなた。あなたが旅好きさんであれば、「週末に海外旅行へ」と考えるのは当然ですよね。けれどもこの短期間で行くなら、行き先はかなり限られます。私のおすすめは、“あえてひと頑張りしてマカオへ”。その理由は、なんといっても、香港、韓国、台湾、上海といった近隣の土地よりも、「遠くへ来た」という感覚が段違いだからです! 近くて遠い不思議な旅の気分を、ごく短時間でも味わえるのがマカオの魅力なんですよ。

この記事の続きを見る


クレタ島からアテネまでの、深夜クルージングはホテル代わり (前編)
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/アテネ 
ギリシャのクレタ島、第2の都市ハニアからアテネへの移動に大型クルーズ船を利用しました。宿泊もでき、ホテル代わりにもなる大型客船をご紹介しましょう。まず、クルーズ船に乗るには、ハニアから7km先のスーダ港まで行くことになります。市内中心にある市場前から13番のバスに乗ります。切符はバス内で買うこともできますが、キオスクや自動販売機で買う方が割安になります。約20分おきに出ており、港までも20分ほどで到着。バス停を降りるとすぐ目の前が港で、大型クルーズ船「KYDON」がとまっていました。

この記事の続きを見る


モンマルトルの下、地下鉄ポルトオルセ-駅手前にあるIDEALホテルDESIGN。内装も一部屋ごとに異なり、ヴァンブ-蚤の市までは乗り換えなしで行くことが可能です。
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
前回ご紹介させて頂いた相乗りシステムの旅は如何でしたか?私たち親子は、今回も相乗りシステムを活用し今度はパリに行ってきました。通常シャモニ-からパリまで電車で行くとすると、大人一人当たり97〜116ユーロ程度。しかし相乗りシステムを使うと、一人40ユ-ロ程で行くことが可能です。行きは、ジョネ-ブに近いフランスのアルマスから一人25ユ-ロで乗せてくれる便を予約。金曜の夜出発だったので、運転手がホテルまで連れていってくれました。帰りは、パリ郊外からモンブランエキスプレスの発着地のひとつ手前の駅まで一人40ユ-ロで乗せてくれる便を予約。道中話をしている内に、乗換えがないようにとモンブランエキスプレスの発着駅まで追加料金なしで送って頂くことができました。彼は近くに住んでいるので、今度南フランスにも連れて行って頂けることになりました。相乗りシステムは新しい出逢いもあります。

この記事の続きを見る


ラムセス駅のエジプト国鉄の列車です。日本では見られない、かなり古い型の列車です。
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/エジプト/カイロ 
エジプトでは、列車の種類は3種類のみです。ひとつは、カイロのメトロと呼ばれる地下鉄で、2路線だけですが、カイロ中心部と近郊を走っており、考古学博物館、ダウンタウンやオールドカイロ、動物園に行くのに便利です。観光施設のある駅はディスプレイもされていて綺麗で、女性車両があるので女性でも比較的安全です。エジプトには他に、カイロとアレキサンドリアに路面電車があります。カイロでは、ラムセス駅からヘリオポリス駅まで、アレキサンドリアでは町の中心を走ってはいますが、速度が遅く、わかりにくいので観光客には利用しにくいです。あと、エジプトの各地へ国鉄が走っており、観光的にはカイロ〜アレキサンドリア間と、カイロ〜ルクソール、アスワン間がよく利用されます。ただ、カイロ〜ルクソール、アスワンへの列車は防犯のため、外国人は決まった列車のチケットしか購入できません。その中で、民間会社のアベラ・エジプトの寝台列車が人気です。

この記事の続きを見る


スーパーファスト・フェリーの船内。これは夜、ディスコになるカフェ・バーで、奥つきあたりは、乗船時に乗客がエスカレーターで上ってくる入り口ホール
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/パトラ 
ギリシャとイタリアの両方を旅行したいという場合、時間に余裕があれば両国間の移動に船旅がお勧めです。魅力的なだけでなく、コースとしても、例えばイタリア・バリ行きは南部のアルベロベッロやマテーラに行くのに便利で、飛行機では難しいルートをつなぐことができます。このギリシャとイタリアを結ぶアドリア海、かつて古代ギリシャのオデュッセウスから始まって、十字軍、ベネツィア商人などが航海したことがあると考えると、歴史好きにはたまらない旅ですね! どこまでも透明感のある澄んだ色の青に白い波が映える美しい海で、冬の一時期を除くと荒れることもめったにないので、快適な船旅が楽しめます。本格クルーズでもアドリア海・北部のベネツィア、右手にはクロアチアの有名なドブロブニク、イタリア南部のバリ、ギリシャのケルキラ島などは定番コースなので、時々巨大なクルーズ船と行き違ったりしますよ。

この記事の続きを見る


  • テーマ:
  • スキー・スノーボード
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/シドニー 
オーストラリアといえば、「海、夏、ダイビング!」というイメージが強いが、一部の亜熱帯地域を除けば、日本と同様にちゃんと四季がある。南半球のオーストラリアは日本と季節が逆。つまり今は真冬なのだ。冬のアクティビティといえば、やはりオーストラリアでもスキー&スノボ。内陸の山々に雪が舞い降りると、国内外のスノーフリークたちが雪山へ続々と集まってくる。シドニーを州都とするニューサウスウェールズ州では、スレドボ、ペリシャーブルーなどのスキー場が有名。週末になると待ち焦がれたようにシドニーのスキーヤーたちが大挙して押し寄せるのだ。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。夜出発に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介