page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「大連の」の見どころ情報

大連のに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「大連の」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果13

1 2 末尾 次へ


カッコいい建築、いつも閉まっている入り口
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • アジア/中国/大連(ターリエン) 
大連には、日本とのつながりを強く感じさせる場所が多く残っています。中山広場の近くにある「大連満鉄旧址陳列館」もそのひとつ。ここはもともと南満洲鉄道株式会社(=満鉄)の建物「満鉄本社ビル」でした。満鉄100周年となる2007年からは、このビルの一部を開放して見学ができるようになっています。まだまだ訪れる人の少ないこの穴場スポット、歴史や鉄道に興味のある人なら絶対におすすめの陳列館ですよ。

この記事の続きを見る


建物自体もとてもカッコいい
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • アジア/中国/大連(ターリエン) 
中国東北部にある大連。その歴史が日本と深く結びついていることは、知識としては知っていても、なかなか実感しづらいものです。現地の大連では、どんなふうにこの事実を伝えられているのでしょうか? そう思ったら、「大連現代博物館」へ行ってみましょう。2002年にオープンした立派な建物です。開館して何年かは、中国の思想に沿った展示が主体でしたが、その後、大連市が展示を大々的に見直すことを決定し、2013年にリニューアルオープン。今なお注目を集めている博物館なんですよ。

この記事の続きを見る


そうめんを太くしたような麺
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/中国/大連(ターリエン) 
中国各地でしばしば見かける、あのお顔。赤・白・黒の3色で描かれたおじさんの似顔絵は、まったく違う顔立ちなのに何故か「カーネル・サンダース」さんを思い出します。ただしこちらは、フライドチキンではなく中華のファーストフードのチェーン店。似顔絵とともに、「李先生」と書かれた筆文字の店名がよく目立ちます。そのインパクトとチェーン店の気安さから、旅行者も惹きつけられてふらっと立ち寄りたくなるんですよね。

この記事の続きを見る


大連で食べた、ぶっかけ飯。どのおかずも非常にしょっぱい。大連のしょっぱさは北京以上
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
2018年1月、中国のニュースサイトの「今日頭条(今日のトップニュース)」に「旅先で食べたものの中で、一番あわなかった料理は何ですか?」と言う特集が載っていました。2001年、西南部の四川省成都の大学に1年間留学していました。激辛の四川料理を食べ続ける環境にいたので、花椒のしびれるような辛味もオッケー。辛い料理にはまりました。私の場合、中国で食べたものの中で合わない料理って、思い浮かびません。それぐらい中国のごはんは美味しいです。強いていうなら、遼寧省大連のごはん? 炒め物の味付けがとにかくしょっぱい。北京を含め、中国北部は、しょっぱい味付けを好む地方ですが、大連の味は、私にはしょっぱすぎました。

この記事の続きを見る


80年も前に建てられたようには見えない大連駅。毎日約80本もの旅客列車が発着しています
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/大連(ターリエン) 
今、見ても全く古臭くないどころか「あの時代によくこんな構造を思いついたなあ」と感動です。中国東北部にある遼寧省が日本の統治下におかれていた1937年、大連駅は完成しました。1階が到着、2階が出発と、空港のような構造になっており、外観は東京の上野駅がモデルだと言われています。大連は、日本人にとって特別な思い入れがある町です。うれしいことに今も日本各地から直行便があるので、到着したその日から大連の街歩きを始められます。沿岸部の大連は、寒さの厳しい東北地方の中でも温暖な気候です。最も暑い8月の平均気温は、約24度と日本とは比べようもないぐらい過ごしやすいです。今年の夏休みは、涼しい大連で日本人の足跡巡りをしてみませんか!

この記事の続きを見る


東京駅の設計書を流用したため、東京駅より4年早く完成。東京駅に似ている?
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/瀋陽(シェンアン) 
おとぎの国風と言うのは、かわいく褒めすぎ?でも、緑色の屋根と赤レンガの駅舎が、本当にモダンでかわいいです。昭和な雰囲気が漂うこの駅は、中国の東北地方の瀋陽駅です。日本がこの地に満州国を築いた頃、瀋陽は奉天と呼ばれていました。瀋陽駅は奉天駅と呼ばれ、東京駅を模して建てられました。とは言っても、東京駅よりも建てられた時期は早く1910年です。満州国があった頃、奉天駅の東側は、南満州鉄道会社、通称満鉄に付属していた地区でした。そのため、このあたりは満鉄関連の建物の宝庫です。旧満鉄共同事務所だった建物が、鉄道1912飯店というホテルに生まれ代わり現在も営業中です。

この記事の続きを見る


大連賓館は、現在、シングルが1泊299元(約5382円)。朝食付きでこの値段はお得!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/大連(ターリエン) 
中国の東北部、遼寧省の大連の魅力って、なんと言っても町がコンパクトで見どころ満載なことです。町がコンパクトって、時間がない旅には、かなり重要なポイントです。大連市の東北部に位置する周水子国際空港から中心部のチンニーワーチャオ駅までは、地下鉄でわずか30分ほどです。路線バスでも30分ほどです。こんなに空港が近いと、週末を利用した弾丸旅行の時、時間を有効に使えます。大連は、1905年に結ばれたポーツマス条約により、日本の租借地となりました。大連観光と言えば、この時代に日本人が建てたレトロでゴージャスな欧風建築巡りにつきます。

この記事の続きを見る


美女の隣に立って、記念撮影もできますよ!
  • テーマ:
  • ビューティー
  • 行き先:
  • アジア/中国/大連(ターリエン) 
初めての中国の東北地方旅行でびっくりしたのは、「大連は美女が多い! こんなにきれいな人が多い都市は中国一じゃない?」です。大連が美女が多い町だなんて、今まで一回も聞いたことありません。中国で美女と言えば、なんと言っても西南部の四川省です。省都の成都と四川省から独立し、特別市になりましたが、重慶も美人が多いことで知られてます。四川美人は「辣妹子(ラーメイズ)」と言われ、良く言えば、明るく活発な性格、悪く言えば、とっても気が強いことで有名です。性格はさておき、四川美人は、小柄で素朴な感じです。

この記事の続きを見る


中山広場でひときわ目立つ建物が旧大和ホテル
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • アジア/中国/瀋陽(シェンアン) 
いくら円安で以前より割高になるからって、泊まりたいものは泊まりたいんです。中国の東北地方は、日本が満州国を建てた地です。遼寧省の大連、旅順、瀋陽を始め、吉林省の長春など、東北各地に日本統治時代に建てられた建物が残っています。その当時、最高級ホテルとして知られた大和ホテルも残っています。大和ホテルは中山広場や駅前などの一等地にあり、今も現役で営業中です。当時の日本が残した建築物は、どれも重厚でモダンな建物で、現代の建築物と比べてみても決して見劣りしません。

この記事の続きを見る


東関街は周辺を高層マンションやオフィスビルに囲まれている
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/大連(ターリエン) 
「三船敏郎のお父さんの写真館があったビルはどれ?」。それらしきビルがいくつもあって、なかなか見つかりません。どれも古びているので、周囲の建物からは浮いてます。それでも、かつてはものすごくかっこいい建物だったんだろうなあということは、今でも充分伝わってきます。中国の東北地方の港町、大連は1900年代の約40年間、日本の関東州でした。大連の町には、今も日本が建てた建築物が残っており、政府や金融機関だった建物は今も現役バリバリです。大連の日本の建築物を語るとき、市内中心部の中山広場は外せません。大和ホテル、横浜正金銀行大連支店、大連市役所など、当時を代表する建物が集まっています。

この記事の続きを見る


1 2 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。大連のに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介