page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「大阪 台北 フェリー」の見どころ情報

大阪 台北 フェリーに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「大阪 台北」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


台北駅地下街のコインロッカー
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台北 
(その1より続く)LCCばかりでなく、中華航空や日本航空なども発着しているのが台湾桃園空港です。最近は、台北経由便を利用する旅行者も多くなりました。超リクライニングの椅子や、無料シャワー、無料電源などサービスも充実、コンパクトでわかりやすいとなかなかの評判です。到着したら、今回、預け荷物はないのでそのまま入国審査を通り、矢印にしたがって、バス乗り場に向かいます。MRT(台湾地下鉄)の開通は2017年3月と言われていますが、これまでも開通延期を繰り返しており、どうなるか予断を許しません。ただ、バスターミナルから頻繁に各社のバスは出ています(120元くらい)。所要約1時間ですが、渋滞に巻き込まれることも多くあります。そこで、高鉄桃園駅までシャトルバス(30元)で行き(所要15分)、台湾新幹線で台北駅に向かいました。日本の新幹線にそっくりで、所要20分、165元です。(1元=3.6円)

この記事の続きを見る


真夜中の羽田空港出発ロビーは、結構明るい
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台北 
ここ数年で、LCC(格安航空会社)がこぞって日本に上陸し、近場の東アジア各地を結ぶようになっています。中でもソウルと台北は、弾丸ツアーまで登場し、その価格競争は熾烈を極めています。今回僕が利用したのは、A航空を利用する1泊3日の台北弾丸ツアーです。価格は13500円。なんと東京~大阪間の「のぞみ号」片道切符より安い値段なのです。このツアー、台北でおいしいものをサクッと食べに行くような旅行者たちに人気です。週末を利用すれば、有給休暇を取らなくても台北に行けちゃうのですから。宿泊はゲストハウスのドミトリーが1泊付いています。しかし、これほど安いのは、何もゲストハウスが安価なだけではありません。羽田空港の深夜から早朝にかけてのアクセスの悪さを、全面的にかぶるからです。出発は早朝の5時台ですし、帰りの到着は深夜1時近くです。いずれの時間帯も公共の交通機関が利用できないのです。

この記事の続きを見る


「大阪 フェリー」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

プレミアムフライデーの海外旅行 アジアにいながらヨーロッパ気分のマカオへ!
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/マカオ/マカオ 
プレミアムフライデーの恩恵に預かれそうなあなた。あなたが旅好きさんであれば、「週末に海外旅行へ」と考えるのは当然ですよね。けれどもこの短期間で行くなら、行き先はかなり限られます。私のおすすめは、“あえてひと頑張りしてマカオへ”。その理由は、なんといっても、香港、韓国、台湾、上海といった近隣の土地よりも、「遠くへ来た」という感覚が段違いだからです! 近くて遠い不思議な旅の気分を、ごく短時間でも味わえるのがマカオの魅力なんですよ。

この記事の続きを見る


釜山の魚市場
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • アジア/韓国/釜山(プサン) 
日本の下関と韓国の釜山が初めて航路で結ばれたのは、1905年のことです。関釜フェリーの始まりでした。1910年に日韓が併合されると、さらに重要度は増し、当時の鉄道省は壮大な計画を描きます。それが大東亜縦貫鉄道です。日本は島国なので、併合した韓国の釜山を基点に、南はシンガポールに達する路線、ロシア経由でシベリア鉄道を使ってドイツのベルリンに達する路線を考えていたのです。しかし日本が先の大戦で敗戦すると、大東亜縦貫鉄道どころか、関釜フェリーも廃止されてしまいました。復活したのは25年後の1970年です。「ポッタリチャンサ」と呼ばれる、担ぎ屋のおばちゃんたちが、常時100人以上は乗船し、韓国からは食品や雑貨を、日本からは電化製品やバナナなどを運んでいたのです。バナナは日本では安く買えても、韓国では病気にならないと食べられない時代が80年代くらいまで続いていたそうです。

この記事の続きを見る


「大阪」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

蘭州は、滞在延長手続きにかかる日数が比較的短い都市のひとつ。写真は、蘭州を東西に流れる黄河にかかる中山橋
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/中国/楽山(ラーシャン) 
中国を旅行中、入国から15日目になる前に滞在の延長手続きをしなくてはいけません。その日が近づいてくると、本当にドキドキです。突然、何らかの事情で手続きができなくなりませんようにと、お祈りでもしたい気持ち。2019年11月現在、日本人が中国を旅行する時、15日以内ならばビザは免除されています。16日以上ならビザを取っていくのがベスト。東京、大阪、名古屋にある中国ビザ申請サービスセンターで手続きをすることができます。観光用のLビザの場合、料金は8000円。手続きから取得まで4営業日かかるなど、費用も時間もかかります。中国領事館指定の旅行代理店で代理申請をしてもらうと、もっと費用がかかります。それならノービザで入国し、中国で滞在の延長手続きを取ったほうが費用が安くあがるので、この方法で入国する旅行者がいます。私もその一人です。

この記事の続きを見る


15日の観光ビザは、従来の25ドルから30ドルへと値上げされる
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/カトマンズ 
ここ何年も据え置きだったネパールの観光ビザが7月17日から値上げになりました。ネパールの観光ビザは、以前は、15日間、30日間、90日間の3種類で、料金はマルチエントリー(ビザ期間中は何回でも出入りできる)で、それぞれ、3000円、5000円、12,000円(ネパールで取得する場合は、25ドル、40ドル、100ドル)でした。これが、改定後は、4000円、6000円、15,000円(ネパールで取得する場合は、30ドル、50ドル、125ドル)となっています。今までより値上げされていますので、これからビザを申請しようという方はご注意ください。※1ドル=約107円。2019年9月時点。

この記事の続きを見る


2019年から成田〜バンダルスリブガワン間の運航をはじめたブルネイ航空
  • テーマ:
  • エアライン・空港
2019年3月にブルネイ(正式にはブルネイ・ダルサラーム国)の首都バンダルスリブガワンから成田へ初の直行便としてロイヤルブルネイ航空が週3便就航したが、6月には早くも増便され、現在は週4便運航となっている。 成田から往路は昼発、現地夕方着、復路は現地深夜発、成田に朝着、現地2泊であれば、2泊4日のスケジュールになり、復路は機中泊となる。機材はエアバスA320、座席数は150席である。 ブルネイはボルネオ島にある小さな国、面積は茨城県より少し小さい程度、3方をマレーシアに囲まれ、残りは南シナ海に面している。マレーシアのコタキナバルからは100キロも離れていないところに位置している。アセアンに加盟、天然資源輸出を基にした裕福な国で、個人に対する税金がないという国である。 多くの日本人にとって未知の国であろうブルネイだけに行くのにためらってしまう向きには、旅行期間を5〜6日として、ブルネイとマレーシアのコタキナバルを訪ねてみるというのはいかがだろうか。この間は空を飛べば40分、海路でもつながっている。マレーシアのボルネオ島側と小国のブルネイを訪ねる旅は、近くて、なおかつ新鮮な旅が待っていそうである。

この記事の続きを見る


正面中央のアーチを潜ると中庭に出て、右手に城のインフォメーションがある
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/グラーツ 
ウィーンから南へ電車で2時間半から3時間ほどのグラーツは、オーストリア第2の都市だ。スロベニアとの国境も、そう遠くはない。ハプスブルク家とゆかりの深い古都で、町の歴史的な部分が1999年、世界遺産に登録されている。第2の都市、と言ってもウィーンとは比較にならないほど長閑で、遠くまでやって来たな、という感じがする。ムール河畔に広がる旧市街は中央駅から近く、トラムで10分もかからないほどだ。駅前広場は長いこと工事中だったが地下にトラムの停留所が完成してとても便利になった。駅から旧市街とは反対方向、トラムの1番に乗ってエッゲンベルク城へ向かう。城は駅から3キロほど西にあり、停留所の名前もエッゲンベルク城。トラムを下りて城の囲いを廻った所が入口になっている。

この記事の続きを見る


来日予定のグスタフ・クリムト作『エミーリエ・フレーゲ』
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
ウィーン旧市街の中心通り、歩行者専用のケルントナー通りからリングを突き抜けて南へ行くと、直ぐにカールスプラッツに出る。緑豊かなレッセルパークの隅にウィーン・ミュージアムがあるが、2019年2月から改築工事のためしばらく休館になる。その間、所蔵品はウィーン市庁舎の北側、すぐ隣にあるMUSAミュージアムで展示される。地下鉄2番線のラートハウス(市庁舎)駅で降りると直ぐだ。ウィーン・ミュージアムは1887年にウィーン市博物館として設立され、ウィーン市の歴史が詳し紹介されていた。それと同時にウィーンが誇るモダニズム芸術の展示会場でもあった。所蔵品の中にはクリムトやシーレの絵があり、中でも非常に有名なクリムトの『エミーリエ・フレーゲ』やシーレの『ヒマワリ』なども収められている。

この記事の続きを見る


ドイツではクリスマスシーズンになるとあちこちで販売されます
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/デュッセルドルフ 
日本ですっかりお馴染みスイーツのふわふわで優しい味バウムクーヘン。ご存知かと思いますが、バウムは「木」、クーヘンは「ケーキ」を意味するドイツ語です。まさに見た目が木の年輪のようなこのお菓子は、1800年代初期にドイツで誕生したといわれています。発祥の地は、明確ではありませんが、旧東独ザクセン・アンハルト州の街が最初だったという記録があります。日本に伝わったのは1919年3月4日。ドイツ人菓子職人カール・ユーハイムの焼いた一品でした。ドイツカフェの先駆者ユーハイムはこの日を「バウムクーヘンの日」と制定し、2019年は100周年を迎えます。日本では一年中、美味しいバウムクーヘンが入手できますが、ドイツの事情は少し異なります。その歴史を探ると、本場ドイツ菓子職人のこだわりが見えてきました。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。大阪 台北 フェリーに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介