page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「大韓航空 仁川 ダナン 機内食」の見どころ情報

大韓航空 仁川 ダナン 機内食に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「大韓航空 仁川 機内食」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


タイ航空は毎日1便、カトマンズに午後早い時間に到着する
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/カトマンズ 
2019年4月現在、日本からネパール行きの直行便は飛んでいません。そのため乗り継ぎ便を利用することになります。乗り継ぎの方法にはいろいろありますが、どの航空会社を使うのがいいのかは、その人の旅のスタイルや予算によっても異なります。そこで今回は、ネパール便のある主だった航空会社についてご紹介します。ちなみに、現在ネパール航空が、ネパールの首都カトマンズと日本の直行便の就航申請をしています。2019年4月10日の時点で日本側の認可待ちという状態ですが、就航すれば、ネパールへの旅はもっと身近なものになると期待されます。(ネパール航空の就航については、ネパール航空公式ホームページなどで最新の情報を入手してください)

この記事の続きを見る


成田空港からはデイリーで5便運航。ボーイング777-300などを使用。
  • テーマ:
  • エアライン・空港
憧れのアフリカ。その代名詞と言えるのがケニア。現在、日本からアフリカへの直行便がないため中東、アジアなどで乗り継いで行くことになるが、2012年6月から大韓航空がソウル・仁川(インチョン)〜ケニア間の直行便を就航した。これにより、成田、関空、名古屋、福岡、札幌、新潟、静岡、岡山といった日本各地から往復とも同日乗継が可能になった。運航は週3便で、仁川発、ナイロビ着のKE959が月・水・金曜、ナイロビ発、仁川着のKE960が火・木・土曜。仁川発が夜の20:45なので、目覚めれば翌朝にはアフリカの大地、ケニアに到着している。

この記事の続きを見る


「大韓航空 仁川」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

仁川(インチョン)をハブにネットワークを広げる
  • テーマ:
  • エアライン・空港
日本とソウルをつなぐだけでなく韓国経由でヨーロッパ、アメリカへと結ぶ大韓航空。今夏、「空飛ぶホテル」とも呼ばれる大型機材のエアバスA380 の10号機目を受領した。この機体で8月3日からソウル(仁川)〜アトランタ路線で運航を開始した。今後はさらに長距離路線のサービスを強化する計画で、現在A380はソウルからロサンゼルス(週14回)、ニューヨーク(週14回)、パリ(週7回)、アトランタ(週7回)で運航している。また、今年2014年10月27日からは運休していた秋田〜ソウル線を、来年2015年1月からは大分〜ソウル線を来年1月2日から再開すると発表。日本国内からのシームレスな海外旅行に利便性がアップした。

この記事の続きを見る


「大韓航空 機内食」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

機内食も旅の楽しみのひとつ。帰りのフライトがさらにわくわく!
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/インド/デリー 
マイレージを貯めるために、同じアライアンスの中からフライトを選ぶのが旅の上級者、だと思っていました。しかし、マイレージプランではなく、別の視点で決めてみるのはどうでしょう?なぜなら、旅を楽しむという視点からすると、エアラインのサービスは、旅の価値を決める欠かせない要素の一つだからです。例えば、私が一番気になる機内食で決めるとか。日本からヨーロッパは往復で2日間ほど時間を費やしますし、乗り換えがあれば、その間に計6食ほど機内で取ることもあります。短期間の旅行になればなるほど、食事1回が占める割合は大きいわけです。軽視できませんっ!

この記事の続きを見る


「仁川 機内食」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

使用機材はエアバスA320-200。安全を最優先にすべて新造機を使用。ピンクのボディが青空に映える。
  • テーマ:
  • エアライン・空港
今やすっかりおなじみになったLCC、格安航空会社。その中で関西国際空港(関空)を拠点に国内線&国際線を運航するのがPeach(ピーチ)。2012年3月に就航以来、現在、関空からソウル(仁川)、香港、台北(桃園)の3都市に就航。目にも鮮やかなピンクのPeachカラーで、活気あるフレンドリーなスタッフが身軽な海外旅へと誘ってくれる。今年2013年9月には関空〜プサン線も就航する予定で、ますます運航ルートを拡大中だ。

この記事の続きを見る


成田空港に到着した初号機のエアバスA320。同型機を2機使用しての運航となる。
  • テーマ:
  • エアライン・空港
マレーシアを拠点に躍進中のエアアジアはLCCの代表格。幅広いネットワークで格安旅行に欠かせない存在として急成長。そのエアアジアがついに日本を舞台にLCCビジネスを開始!エアアジア・ジャパンが誕生した。エアアジア・ジャパンは、ANAとエアアジアによる合弁会社で、2011年に設立。2012年8月1日から成田/新千歳線を1日3便、福岡線を1日2便、3日からは成田/沖縄線を1日1便で運航を開始予定に。さらに、2012年10月からはソウル(仁川)と釜山への直行便を運航開始予定にしている。エアアジア・ジャパンの就航により、より日本でのLCC利用が活発になることだろう。

この記事の続きを見る


「ダナン 機内食」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ベトナム航空のA350に乗ってホーチミンへ出発
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/カンボジア/プノンペン 
カンボジアというと日本人観光客の多くが訪れるのがアンコール遺跡で、カンボジア西部のシェムリアップにある。しかし、今回はカンボジア中南部にある首都プノンペンを訪ねてみた。使った航空会社はベトナム航空のホーチミン乗り継ぎである。 ベトナム航空は近年、フライトが充実していて、東京を例にすると、成田からホーチミンへ1日2便、ハノイへ1日1便、ダナンへ1日1便、羽田からもハノイへ1日1便運航、ダナン便を除いてエアバスの最新機材であるA350に揃えられているというのも魅力である。 アジアへはLCCを利用する機会が多くなっているが、ベトナム航空は航空券がお手頃価格で、しかも機内食なども充実なので、コストパフォーマンスが高く感じる。ホーチミンでの乗り継ぎもスムーズで、空港の乗り継ぎ施設も充実している。たとえば、ベトナム航空の日本行きは夜行便が多いが、空港のトランジットエリア内に無料のシャワーがあり(バスタオルは自分で用意する必要あり)、重宝した。

この記事の続きを見る


機材はA321を使用。エコノミーとビジネスの2クラス制
  • テーマ:
  • エアライン・空港
人気の観光国として定着してきたベトナム。ホーチミン、ハノイなど都市観光がメインのようでもあるが、実はビーチリゾートとしても最近、めきめきと実力を高めている。なかでも中部ベトナムの都市ダナン周辺には美しい海岸線が続き、リゾートが続々と誕生している。そのダナンにベトナム航空が2014年7月から成田からの直行便を就航!運航は水・木・土・日の週4便。所要時間は約5〜5時間半。プーケットやバリ島などのリゾートよりも短時間で到着できるため、短い滞在も有効に時間を活用できるメリットは大きいといえる。

この記事の続きを見る


「大韓航空」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ロッテホテル済州は、いかにもファミリー向け大型リゾート!
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • アジア/韓国/済州島(チェジュ) 
済州島を旅するなら、「どのエリアに泊まるか」はまず最初に頭をひねる問題かもしれません。済州島の面積は約1826平方キロメートル、大阪府とだいたい同じくらいの広さの島です。この島に鉄道は通っていません。すべてバスもしくはタクシーなど、車を使った移動になります。もし大阪府に鉄道が1本も走っていなかったら」と想像してみれば、観光での移動がなかなかにシビアということもイメージできますよね。旅行者のほとんどは、南部の西帰浦(ソギポ)・中文エリアか、北部の済州市エリアのどちらかに泊まるので、両方リサーチしてみました。

この記事の続きを見る


「仁川」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ドイツ風コテージの別棟では小さなパーティーも開ける
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • アジア/韓国/ソウル 
清潭洞は高級ブティックや高級ブランド、芸能人事務所の立ち並ぶハイソな街です。現地の人にとって清潭洞に住むのは夢のようなこと。観光や出張で来たら、一度くらいはこの街のホテルに泊まってみてもよさそう。このホテルから明洞まではバスで20分、ソウル最大のショッピングセンターCOEXモールへも歩いて20分という近さです。流行発信地の狎鴎亭ロデオ通りやカロスギルへ行くのも便利。最高の立地条件なのでソウルの街を存分に楽しめるでしょう。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。大韓航空 仁川 ダナン 機内食に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介