page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「大韓航空 機内食 ソウル」の見どころ情報

大韓航空 機内食 ソウルに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「大韓航空 機内食 ソウル」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


機内食も旅の楽しみのひとつ。帰りのフライトがさらにわくわく!
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/インド/デリー 
マイレージを貯めるために、同じアライアンスの中からフライトを選ぶのが旅の上級者、だと思っていました。しかし、マイレージプランではなく、別の視点で決めてみるのはどうでしょう?なぜなら、旅を楽しむという視点からすると、エアラインのサービスは、旅の価値を決める欠かせない要素の一つだからです。例えば、私が一番気になる機内食で決めるとか。日本からヨーロッパは往復で2日間ほど時間を費やしますし、乗り換えがあれば、その間に計6食ほど機内で取ることもあります。短期間の旅行になればなるほど、食事1回が占める割合は大きいわけです。軽視できませんっ!

この記事の続きを見る


成田空港からはデイリーで5便運航。ボーイング777-300などを使用。
  • テーマ:
  • エアライン・空港
憧れのアフリカ。その代名詞と言えるのがケニア。現在、日本からアフリカへの直行便がないため中東、アジアなどで乗り継いで行くことになるが、2012年6月から大韓航空がソウル・仁川(インチョン)〜ケニア間の直行便を就航した。これにより、成田、関空、名古屋、福岡、札幌、新潟、静岡、岡山といった日本各地から往復とも同日乗継が可能になった。運航は週3便で、仁川発、ナイロビ着のKE959が月・水・金曜、ナイロビ発、仁川着のKE960が火・木・土曜。仁川発が夜の20:45なので、目覚めれば翌朝にはアフリカの大地、ケニアに到着している。

この記事の続きを見る


「大韓航空 機内食」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

タイ航空は毎日1便、カトマンズに午後早い時間に到着する
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/カトマンズ 
2019年4月現在、日本からネパール行きの直行便は飛んでいません。そのため乗り継ぎ便を利用することになります。乗り継ぎの方法にはいろいろありますが、どの航空会社を使うのがいいのかは、その人の旅のスタイルや予算によっても異なります。そこで今回は、ネパール便のある主だった航空会社についてご紹介します。ちなみに、現在ネパール航空が、ネパールの首都カトマンズと日本の直行便の就航申請をしています。2019年4月10日の時点で日本側の認可待ちという状態ですが、就航すれば、ネパールへの旅はもっと身近なものになると期待されます。(ネパール航空の就航については、ネパール航空公式ホームページなどで最新の情報を入手してください)

この記事の続きを見る


「大韓航空 ソウル」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

成田空港出発ロビー
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台北 
プレミアムフライデーが始まると、金曜日の15:00に退社、続けて土、日と連休になります。せっかくなので、どこかに旅行に出かけたくなりますね。しかも海外までも、旅行先の視野に入ってきそうです。考えられるのは、金曜日の夜便を利用し、日曜日の夜、あるいは月曜日の早朝までに帰国する。機中泊の可能性もありますが、海外旅行が十分可能になるのです。そこで、首都圏の羽田、成田両国際空港を利用するとして、どんな国に行けるのか、調べてみました。ヒットしたのが、韓国、台湾、中国、香港、フィリピン、タイ、マレーシアの各国です。短期なので手荷物だけで十分ですから、預け荷物に別途料金がかかる格安航空会社(LCC)を使っても、さほど不便はないでしょう。食事と飲み物のサービスは有料で、しかしさほど高くないですし、足元はやや狭くなりますが、長時間のフライトではないので、心配するほどではありません。

この記事の続きを見る


仁川(インチョン)をハブにネットワークを広げる
  • テーマ:
  • エアライン・空港
日本とソウルをつなぐだけでなく韓国経由でヨーロッパ、アメリカへと結ぶ大韓航空。今夏、「空飛ぶホテル」とも呼ばれる大型機材のエアバスA380 の10号機目を受領した。この機体で8月3日からソウル(仁川)〜アトランタ路線で運航を開始した。今後はさらに長距離路線のサービスを強化する計画で、現在A380はソウルからロサンゼルス(週14回)、ニューヨーク(週14回)、パリ(週7回)、アトランタ(週7回)で運航している。また、今年2014年10月27日からは運休していた秋田〜ソウル線を、来年2015年1月からは大分〜ソウル線を来年1月2日から再開すると発表。日本国内からのシームレスな海外旅行に利便性がアップした。

この記事の続きを見る


「機内食 ソウル」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

日本の芸能人御用達!
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/韓国/ソウル 
みなさんは、韓国土産といえば何を思い浮かべますか? 定番の韓国のりやキムチから、最近ではBBクリームやCCクリーム、かたつむりパックなど、コスメ商品も人気の韓国みやげとなっています。しかし、近年の韓流ブームも相まって、これらの商品は日本でも容易に手に入れることができるようになりました。そのため、韓国旅行へ行くと、おみやげに困る人も多いのではないでしょうか。そんなときにオススメの韓国土産があります。それは、日本の芸能人御用達の「くるみまんじゅう」です。

この記事の続きを見る


使用機材はエアバスA320-200。安全を最優先にすべて新造機を使用。ピンクのボディが青空に映える。
  • テーマ:
  • エアライン・空港
今やすっかりおなじみになったLCC、格安航空会社。その中で関西国際空港(関空)を拠点に国内線&国際線を運航するのがPeach(ピーチ)。2012年3月に就航以来、現在、関空からソウル(仁川)、香港、台北(桃園)の3都市に就航。目にも鮮やかなピンクのPeachカラーで、活気あるフレンドリーなスタッフが身軽な海外旅へと誘ってくれる。今年2013年9月には関空〜プサン線も就航する予定で、ますます運航ルートを拡大中だ。

この記事の続きを見る


「大韓航空」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ロッテホテル済州は、いかにもファミリー向け大型リゾート!
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • アジア/韓国/済州島(チェジュ) 
済州島を旅するなら、「どのエリアに泊まるか」はまず最初に頭をひねる問題かもしれません。済州島の面積は約1826平方キロメートル、大阪府とだいたい同じくらいの広さの島です。この島に鉄道は通っていません。すべてバスもしくはタクシーなど、車を使った移動になります。もし大阪府に鉄道が1本も走っていなかったら」と想像してみれば、観光での移動がなかなかにシビアということもイメージできますよね。旅行者のほとんどは、南部の西帰浦(ソギポ)・中文エリアか、北部の済州市エリアのどちらかに泊まるので、両方リサーチしてみました。

この記事の続きを見る


「機内食」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

観光国のトルコなどはいち早く外国人旅行者を受け入れたが…
  • テーマ:
  • エアライン・空港
現時点では6月14日にトルコが外国人観光客受け入れを再開するなど、徐々に海外旅行が再開されつつあるが、日本側が全世界を危険地域としているため、仮にトルコ旅行を終えて無事帰国したとしても、帰国後14日間隔離になってしまうので、実質的には日本人は現在海外旅行ができない。 これは韓国や台湾だとしても同じ扱いになる。今後、安全度の高い国から、帰国後の隔離は解消されていくと思うが、日本は島国のため、水際作戦は有効で「外からの感染者を食い止めれば国内は安全」という意識が高いため、この処置は長引くことも予想される。外から感染者が入った場合、国内での感染防止のための努力が水の泡になってしまうので水際作戦は有効であるが、海外旅行需要回復は遅らせてしまうであろう。

この記事の続きを見る


タラップで搭乗
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/インド/デリー 
広いインドを効率的に旅するための味方といえば?昔は長距離鉄道に苦労して乗っていましたが、今はやっぱり国内線ですよね!インドは中間層の増加に伴い、飛行機の利用者が年々増えています。そのため、航空会社同士は非常に競争が激しいんです。その中で、とくに高い人気を誇るのが「インディゴ(IndiGo)航空」。2006年に設立された、インドのLCC航空会社です。インド人ビジネスマンや日本人ビジネスマンも「乗るならインディゴ航空」と口をそろえる、おすすめの理由とは?

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。大韓航空 機内食 ソウルに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介