page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「大韓航空 機内食」の見どころ情報

大韓航空 機内食に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「大韓航空 機内食」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


タイ航空は毎日1便、カトマンズに午後早い時間に到着する
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/カトマンズ 
2019年4月現在、日本からネパール行きの直行便は飛んでいません。そのため乗り継ぎ便を利用することになります。乗り継ぎの方法にはいろいろありますが、どの航空会社を使うのがいいのかは、その人の旅のスタイルや予算によっても異なります。そこで今回は、ネパール便のある主だった航空会社についてご紹介します。ちなみに、現在ネパール航空が、ネパールの首都カトマンズと日本の直行便の就航申請をしています。2019年4月10日の時点で日本側の認可待ちという状態ですが、就航すれば、ネパールへの旅はもっと身近なものになると期待されます。(ネパール航空の就航については、ネパール航空公式ホームページなどで最新の情報を入手してください)

この記事の続きを見る


機内食も旅の楽しみのひとつ。帰りのフライトがさらにわくわく!
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/インド/デリー 
マイレージを貯めるために、同じアライアンスの中からフライトを選ぶのが旅の上級者、だと思っていました。しかし、マイレージプランではなく、別の視点で決めてみるのはどうでしょう?なぜなら、旅を楽しむという視点からすると、エアラインのサービスは、旅の価値を決める欠かせない要素の一つだからです。例えば、私が一番気になる機内食で決めるとか。日本からヨーロッパは往復で2日間ほど時間を費やしますし、乗り換えがあれば、その間に計6食ほど機内で取ることもあります。短期間の旅行になればなるほど、食事1回が占める割合は大きいわけです。軽視できませんっ!

この記事の続きを見る


成田空港からはデイリーで5便運航。ボーイング777-300などを使用。
  • テーマ:
  • エアライン・空港
憧れのアフリカ。その代名詞と言えるのがケニア。現在、日本からアフリカへの直行便がないため中東、アジアなどで乗り継いで行くことになるが、2012年6月から大韓航空がソウル・仁川(インチョン)〜ケニア間の直行便を就航した。これにより、成田、関空、名古屋、福岡、札幌、新潟、静岡、岡山といった日本各地から往復とも同日乗継が可能になった。運航は週3便で、仁川発、ナイロビ着のKE959が月・水・金曜、ナイロビ発、仁川着のKE960が火・木・土曜。仁川発が夜の20:45なので、目覚めれば翌朝にはアフリカの大地、ケニアに到着している。

この記事の続きを見る


「大韓航空」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

成田空港出発ロビー
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台北 
プレミアムフライデーが始まると、金曜日の15:00に退社、続けて土、日と連休になります。せっかくなので、どこかに旅行に出かけたくなりますね。しかも海外までも、旅行先の視野に入ってきそうです。考えられるのは、金曜日の夜便を利用し、日曜日の夜、あるいは月曜日の早朝までに帰国する。機中泊の可能性もありますが、海外旅行が十分可能になるのです。そこで、首都圏の羽田、成田両国際空港を利用するとして、どんな国に行けるのか、調べてみました。ヒットしたのが、韓国、台湾、中国、香港、フィリピン、タイ、マレーシアの各国です。短期なので手荷物だけで十分ですから、預け荷物に別途料金がかかる格安航空会社(LCC)を使っても、さほど不便はないでしょう。食事と飲み物のサービスは有料で、しかしさほど高くないですし、足元はやや狭くなりますが、長時間のフライトではないので、心配するほどではありません。

この記事の続きを見る


仁川(インチョン)をハブにネットワークを広げる
  • テーマ:
  • エアライン・空港
日本とソウルをつなぐだけでなく韓国経由でヨーロッパ、アメリカへと結ぶ大韓航空。今夏、「空飛ぶホテル」とも呼ばれる大型機材のエアバスA380 の10号機目を受領した。この機体で8月3日からソウル(仁川)〜アトランタ路線で運航を開始した。今後はさらに長距離路線のサービスを強化する計画で、現在A380はソウルからロサンゼルス(週14回)、ニューヨーク(週14回)、パリ(週7回)、アトランタ(週7回)で運航している。また、今年2014年10月27日からは運休していた秋田〜ソウル線を、来年2015年1月からは大分〜ソウル線を来年1月2日から再開すると発表。日本国内からのシームレスな海外旅行に利便性がアップした。

この記事の続きを見る


「機内食」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

もらうとうれしい、アメニティセット
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ロシア/モスクワ 
リーズナブルな価格に惹かれて、初めて乗ってみたアエロフロート・ロシア航空。ここでは機内の様子をレポートしたいと思います。搭乗してまず目に入ったのは、ブルーとオレンジが基調のおしゃれな内装。キャビンアテンダントの制服もオレンジ色で、洗練されたデザインです。乗った瞬間からなんだかヨーロッパ気分になりました。離陸してしばらくすると、アメニティが配られました。ビニールのパッケージには「アテネ」「プラハ」など世界の都市名とイラストが描かれていて旅情を誘います。中身はスリッパ、アイマスク、耳栓、ハンドクリーム。アイマスクは文字をよく見ると、「起こさないで」「食事のとき起こして」のリバーシブルで面白い!化粧室には歯みがきセットがありました。

この記事の続きを見る


LCCが発着する成田空港のターミナル3
  • テーマ:
  • エアライン・空港
日系航空会社にLCC(Low Cost Carrier=格安航空会社)が飛びはじめたのは2012年、それから7年が経ち、近隣国へはLCC利用が当たり前になった。日本〜韓国間を例にすると、大手航空会社が5社運航に対し、LCCは8社が飛んでいる。LCCは座席が狭い、手荷物有料、座席指定も有料だが、それらを考えてもLCCのほうが安くつく。韓国、台湾、香港くらいなら、少ない手荷物で、カジュアルに飛ぶのがここのところの傾向といっていいだろう。バンコク、クアラルンプールなど東南アジア方面でも、直行便の範囲ではLCCの安さは際立っているといっていいだろう。 しかし、この考えをすべてに当てはめてはいけない。先日成田からカンボジアへ飛んだ。航空券検索サイトではもっとも安かったのがクアラルンプール1泊乗り継ぎのLCCであったが、ホテル代、到着が2日目になることなどを考えるといいスケジュールとは言い難い。そして僅差で2番目に安かったのがベトナム航空のホーチミン乗り継ぎで、こちらは1時間半ほどのスムーズな乗り継ぎ、機内食、荷物も無料でコスパ的にはこちらが得であった。直行便のない都市へはLCCと大手航空会社の条件をよく比較したほうがよい。

この記事の続きを見る


写真はB777-300ER(写真提供:ユナイテッド航空)
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ロサンゼルス 
各航空会社は、エコノミークラスより快適なワンランク上のエコノミープラスまたはコンフォートプラスといった座席を設けています。オンラインチェックイン時に、座席をもっと良い場所に変更しようと座席表を開いてみると、$マークなどがついている追加支払いが必要なシートがありますよね? これがそのシートです。機内の前方側、ビジネスクラスのすぐ後ろに位置し数千円支払えばそこに座れます。通常のエコノミークラス席よりも座席ピッチ(足元の広さ)が若干広くなり、スリッパや耳栓などのアメニティが付いている場合もあります。このクラスのさらに上を行く「ユナイテッド・プレミアムプラス」が、この春、アメリカ大手航空会社ユナイテッド航空から登場しました。

この記事の続きを見る


特別機内食は事前申し込み制で誰でも利用可能
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
飛行機での食事は、退屈な機内でちょっとしたイベントですよね。しかし、深夜便でお肉がっつりのヘビーな食事、またお魚が食べられないのに最後の方はお魚しか残っていないなど、がっかりした経験を持つ方も多いと思います。そこで、無料で誰でも利用出来る特別機内食にトライしてみませんか?特別機内食は、事前に申し込みをします。航空会社により受付期限は変わりますが、例えばANAの場合はアレルゲン対応食の日本到着便以外は、24時間前までです。ANAのホームページ上から航空券を購入した場合は、ANAのウェブサイト上やANAの電話窓口から申し込み出来ます。旅行会社で航空券の手配をした場合は、旅行会社に問い合わせてみてください。今回は筆者が利用したANAを例にご紹介します。

この記事の続きを見る


エアアジアなどのLCCは、徹底したコストダウンで低価格の航空券を提供する
  • テーマ:
  • エアライン・空港
LCCとは、Low Cost Carrierの略で、直訳すれば「低コストの航空会社」という意味になります。既存の航空会社と異なり、徹底した効率化によりコストダウンをはかり、低価格で運行サービスを提供する航空会社のこと。たとえば、バニラ・エア、ピーチ、エアアジア、ジェットスター、春秋航空、スクート等々は日本でよく目にするLCCでしょう。普通の航空会社に比べ航空券の値段はかなり安く抑えられていますが、その分サービスが劣っていることは否めません。LCCのメリットとデメリットを踏まえ、上手に活用することが重要です。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。大韓航空 機内食に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介