page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「子連れ フランス おすすめ」の見どころ情報

子連れ フランス おすすめに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「子連れ フランス おすすめ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


グリーンバレーホームステイ外観
  • テーマ:
  • 安宿
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ホイアン 
外国人に人気の世界遺産の町ホイアンは、近頃ホームステイが次々にオープンしています。ホームステイとは何か? 自宅にお客を泊めることですが、新築ラッシュで、どの家も大きいために、お客を泊めてビジネスをしようという動きが加速しているのです。ホームステイの利点は、安全なこと、要望すれば自炊もできること、何かと親切なこと、部屋数も多くないし、落ち着いて滞在できることなどが挙げられます。料金も1泊20〜30ドルと手ごろで、とくに子連れ旅行をする人たちにとって、「家」という空間が共有できるのは、子供もストレスを感じることが少ないので、重宝しているようです。2017年2月に1か月間、僕と妻がお世話になったのは、ホイアンの町はずれにある『Green Valley Homestay』でした。朝食付きで、自転車は無料貸し出し、1泊30ドル程度で、バルコニー付きの35平米もある広い部屋でした。

この記事の続きを見る


「子連れ フランス」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

開放感溢れるラグジュアリーな空間
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
ボン・マルシェの食品館『La Grande Epicerie de Paris』内フランス式1階にあるこちらのカフェ『LA TABLE』店内を彩る緑、吹き抜けた空間にガラス天井から自然光が差し込み、とてもリラックスできる場所です。このような開放感溢れる空間は実はあまりパリにないので、とても気に入っています。

この記事の続きを見る


ぜひ試して欲しい一品
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
本格タイ料理が味わえるとパリ在住のタイ人からおすすめされたのが、こちらのレストラン"Ayothaya" どのお料理も本格的で美味しいのですが、前菜におすすめなのがこちらの"パパイヤサラダ(ソムタムタイ)" タイ料理好きには定番の一品ですが、味付けもちょうど良く、さっぱりしていてクセになる味です。辛さの調整もお願い出来るのが嬉しいですね。メニューは全てではありませんが、写真付きのものが多いのでタイ料理にあまり馴染みがない方でもオーダーしやすいですし、店員さんとは英語での会話が可能です。

この記事の続きを見る


ガイド記事

掲載日:2019-02-19
https://hcmcrun.com/ja/
  • テーマ:
  • 家族で海外旅行
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ホーチミン 
2019年は1月13日に開催されたHCMC(ホーチミンシティ)マラソンは今年で6回目。ベトナムでは一番規模の大きいマラソン大会です。フルマラソン、ハーフマラソン、10キロラン、5キロラン、キッズ1キロダッシュと参加できるカテゴリーがたくさんあるので、子どもも参加することができます。5キロランではベビーカーを押しながら走るママの姿も!幼稚園キッズは1キロ、小学生キッズは5キロ、中学生キッズは10キロへの参加が可能。スタート地点とゴール地点は同じところなので、親がフルやハーフを走っている間、走り終わった子どもたちだけで待っているのも大丈夫です。マラソンコースは街中なので走りがてら、観光を楽しむものも応援してくれる地元の人やランナーと交流ができて、いい体験になるはず。

この記事の続きを見る


町中からもよく見えるモンブラン
  • テーマ:
  • 家族で海外旅行
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/シャモニー 
フランスの東部に位置するシャモニーはモンブランの麓にあり、標高はフランス一高い1036メートルにある町。2000メートル以上の山々に囲まれ、冬はスキー、夏は登山やハイキングなどのアウトドアアクティビティが盛んです。ポピュラーな行き方はスイスのジュネーブからシャモニー行きのバスに乗ると約1時間半で到着します。どこでも歩いて回れる小さな町は、レストランやカフェをはじめスーパーやウィークエンドマルシェもある家族連れも多いリゾート地。ほとんどの人がスポーツウェアとスポーツシューズを着用しているというアクティブな町。山へのアクセスもよくケーブルカーがいくつも出ています。標高が高いところに行くケーブルカーは年齢制限があり、乳児は乗れないこともあるので要確認。UTMBというトレイルランニングの大会が開催される8月末は特に人が増え、町全体がお祭りムードで盛り上がります。

この記事の続きを見る


モロッコでは女性は露出度が高い服は避けた方が無難
  • テーマ:
  • 家族で海外旅行
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/モロッコ/カサブランカ 
モロッコ王国の最大の都市へは日本からの直行便は飛んでいないので、パリなどのヨーロッパの都市経由でカサブランカ入りします。スペイン語で「白い家」を意味する都市名はポルトガルに支配された後、フランス領になり、その後1956年に独立しました。商業の中心地となっていますが、観光もできます。海岸沿いにあるモロッコ最大、世界で5番目に大きいハッサン2世モスク(Hassan2 Mosque)は異教徒でも入れるめずらしいモスク。個人で入ることは禁止されており、45分間のツアーに参加します。5か国語で案内があり、受付で希望の言語を伝えると集合時間を教えてくれます。残念ながら日本語はありません。中と外あわせて10万5千人の参拝者が入れるというだけあって、中は巨大です。繊細でカラフルなモザイクも必見。

この記事の続きを見る


トロカデロ庭園内にひっそりと佇む水族館
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
パリ16区、エッフェル塔のふもとから徒歩5分に位置するトロカデロ庭園(Jardins du Trocadero)この庭園内に『Aquarium de Paris Cineaqua』という水族館があります。入場料は少々お高めですが、観光地から徒歩圏内という好立地と室内施設のため季節や天候問わず子連れで楽しめるスポットとして人気です。週末には地元の家族連れで賑わっていますが、平日は空いているので子供を遊ばせながら少しゆっくりしたいという親御さんにもぴったりです。

この記事の続きを見る


おしゃれなピッツェリア
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
今回ご紹介するのは、パリ7区にあるピッツェリア『MARZO』パリでイタリアンを食べる機会は多くはないのですが、イタリアンを食べるならここというくらいのお気に入り。パリジャン・パリジャンで賑わう店内は、白を基調としながらもあたたかみのある店内。居心地の良いおしゃれな空間です。金土日のディナータイムは予約客で席が埋まっていることがほとんどなので予約必須。スタッフのほとんどは英語OKなので、電話予約の際も安心ですね。スペースの関係からベビーカーのままの入店は難しいですが、子連れでも大丈夫です。

この記事の続きを見る


グレージュで統一された素敵な店内
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
今回ご紹介するレストランは、パリ1区にある『Restaurant AG Les Halles』落ち着いた色味の店内は、スタイリッシュながらもエレガントでとっても素敵な空間になっています。店内は広々としており、ベビーカーのまま店内に入店できます。筆者が訪れた日は、満席でなかったためベビーカーをテーブルに横付けし、食事をすることが出来ました。テーブル席だけでなく奥にはソファー席もあります。子連れで来店する際は事前に予約を入れ、子連れの旨を伝えておくとスムーズかと思います。

この記事の続きを見る


ハンバーガーはフランス人の国民食?!
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
ハンバーガーといえばアメリカのファーストフードというイメージが強いですが、ここ数年パリでは若者を中心にハンバーガー人気が高まっています。フランス人の友人も週に一度は必ずハンバーガーを食べるほど。ただ、いわゆるマクドナルドやQuickなどのファーストフード店で食べるのではなく、それぞれお気に入りのハンバーガー専門店で食べるそう。という事で、今回は美味しくて、日曜日にも営業しているハンバーガー専門店をご紹介したいと思います!

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。子連れ フランス おすすめに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介