page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「宗教 目玉のお守り」の見どころ情報

宗教 目玉のお守りに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「宗教」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


公園からの眺め。見晴らしがいい!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/セルビア/ベオグラード 
セルビアの首都、ベオグラードでぜひ行きたい場所の一つがカレメグダン公園。市内のメインストリート、クネズ・ミハイロ通りを北へ進んだ先にあります。入口付近には土産物店が並んでいて、にぎやかでした。道はきれいに整備され、広大な敷地には緑がいっぱい。ここはツーリストの必見スポットであるばかりでなく、町の人々にとってくつろぎの場でもあります。犬を連れて散歩する人や、ジョギングする人などを見かけました。

この記事の続きを見る


ロサールの時期には、仏壇も特別な飾りつけが施される
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/カトマンズ 
ヒマラヤの国ネパールは、多民族国家で多宗教の国。一年を通して様々な宗教行事やお祭りが行われます。ただ、ネパールのお祭りは、満月や新月など月の暦と深く関係しているものが多く、毎年日程が変わります。ここでは、春に開催されるツーリストが見て面白いお祭り、参加できるお祭りの2020年の日程と、いわれや見どころなどを紹介しましょう。

この記事の続きを見る


派手な神父!というメニュー
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/ユトレヒト 
現在オランダではユニークなコンセプトのフードプレイスが続々とオープンしています。グルメ・ハンバーガーブームは日本でもお馴染みですが、スナックバーに代表されるB級グルメ大国のオランダです。お馴染みの軽食を斬新なアイディアでアレンジしたお店が注目を浴びています。ユトレヒトにあるドグマ(Dogma)もそんなお店のうちの一つでしょう。

この記事の続きを見る


重さ約37トンの吊り型式パイプオルガン。祭壇の左側手前、地上15mあたりに位置する。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/レーゲンスブルク 
現在世界最大級の大きさの吊り型式パイプオルガンが置かれているのは、レーゲンスブルクの大聖堂。2009年に設置さられたこのオルガンは、4本の鉄の綱によって吊り下げられており、壁との間にも隙間があります。取り付けにあたっては、教会側が、大聖堂そのものに穴を開けたりすることを嫌ったため、吊り型式という形式で決着したのだそうです。吊り型式のパイプオルガンの中では世界最大級の大きさで、重さが約37トンもあります。パイプの数は5871本というから、すごいですね。元々、このゴシックの大聖堂にパイプオルガンを置く場所がなかったということ、またルートヴィッヒ1世などが、パイプオルガンを置くと、せっかくの大聖堂の造りを隠すこととなるからと設置を嫌ったということもあり、なかなか大きなパイプオルガンが設置されなかったのだそうです。

この記事の続きを見る


メキシコでは、毎年11月2日の「死者の日」が終わるとすぐにクリスマスグッズが店頭に並びます。11月からすでにクリスマスディナーの計画を立てる人もいるほどクリスマスは待ち遠しい日なのです。
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • 中南米/メキシコ/プラヤ・デル・カルメン 
メキシコのクリスマスは、日本のように単なる楽しいイベントの1つではありません。ほとんどのメキシコ国民はカトリック教で、とても宗教心を大切にしています。そのため、12月24日のクリスマスイブや25日のクリスマスは、多くの人が教会に向かいます。そして、教会に行った後は、家族と一緒にクリスマスディナーでお祝いをするのが一般的です。七面鳥や塩漬けされた鯛料理をメインに、パスタやサラダなどを作る家庭が多く、一年で一番家族と過ごしたい日に、家族と過ごせる有り難さを感じる日でもあります。

この記事の続きを見る


聖サヴァ教会の地下礼拝堂は息をのむ美しさ
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/セルビア/ベオグラード 
ベオグラード、この地名を聞いてもピンと来ない、一体どんなところ?という方もいるかもしれません。また真っ先に戦争を思い浮かべる方もいるでしょう。ベオグラードはバルカン半島の国、セルビアの首都。旧ユーゴスラビア地域で最大の都市です。過去2度の世界大戦、また近年ではユーゴ紛争など、数々の争いの舞台となってきました。しかし現在は復興を遂げ、平和を取り戻しています。そんなベオグラード、訪れてみたら、海外旅行の行き先としておすすめしたい理由がいろいろ見つかりました。今回はその魅力をお伝えしたいと思います。

この記事の続きを見る


完成までに40年もかかったという、アレクサンダル・ネフスキー大聖堂
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ブルガリア/ソフィア 
ブルガリアの首都ソフィアは、ヨーロッパ最古の都市の一つ。古代ローマやオスマン・トルコによる支配を経てきた結果、さまざまな文化が入り混じり、歴史的建造物の宝庫となっています。しかも見どころが市内中心部の歩ける範囲に散らばっているので、観光がラク。バスや電車に乗らずとも、主なスポットに行けてしまうんです。それでもうっかり見落とさないように、見るべきものを事前に把握しておきましょう。ここではソフィアの名所をまとめましたので、観光の前にチェックしてみてくださいね。

この記事の続きを見る


圧巻の「ギョベクリテぺ遺跡」。保存状態を良好に保つため屋根が取り付けられ、ビジター用の通路も整備された。
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/シャンルウルファ 
今回は、イスタンブールから飛行機で約2時間弱、トルコ南東部はSanliurfaシャンルウルファ県をご紹介します。トルコには2019年現在18箇所の世界遺産がありますが、2018年に登録されたトルコで一番新しい世界遺産が、シャンルウルファの「Gobeklitepeギョベクリテぺ遺跡」です。「太鼓腹の丘」という意味の高台にあるこの遺跡に対し、トルコ政府は世界遺産登録を記念した2019年の今年を”ギョベクリテぺ年”と定めました。まさにトルコで旬の世界遺産が、今内外の観光客の注目を集め始めています。まずは「ギョベクリテぺ遺跡」手前にあるビジターセンターを訪ねて、前知識をインプットしましょう。当時の遺跡周辺の様子を予想した壁面イラストや、大スクリーンで観る遺跡解説映像が、太古のロマンを感じさせてくれます。

この記事の続きを見る


ビル・クリントンやダライ・ラマも訪れたことがある壁
  • テーマ:
  • 家族で海外旅行
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ベルファスト 
アイルランド島の北部にある北アイルランドはイギリス領のため、使用される通貨はポンドとスターリン。現在ではダブリンからベルファストに行くのにパスポートは不要です。北アイルランドではアイルランドの独立を望むカトリック系住人と、イギリス側のプロテスタント住民の間での宗教が対立しており、北アイルランド紛争が終わった現在もベルファストの街には隔てる壁があります。この壁には観光客がペンで平和のメッセージを書くこともできます。高さ7メートルの壁の上にさらにメタルや有刺鉄線のフェンスがあるところも。両サイドを行き来するにはゲートは全部で27か所あり、毎朝7時に開き、毎晩8時には閉まるそうです。

この記事の続きを見る


「アンネの日記」は1947年にオランダ語で出版され、60以上の言語に翻訳されています。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
アムステルダムにある隠れ家といえば、世界的にも有名な『アンネ・フランクの家 (Anne Frank Huis)』です。第二次世界大戦中の1942年から約2年間、ナチスの迫害を逃れるために、アンネの家族や知人ら8人が暮らしていた隠れ家が、博物館として公開されています。回転式の本棚で隠された入口の向こうには、当時の生活が偲ばれる家具や調度品がそのまま残り、「アンネの日記」が綴られた屋根裏部屋も保存されています。穏やかな光が降りそそぐ室内に佇むと、ある日突然ゲシュタポに踏み込まれ、強制収容所に送られたアンネの不運に胸が締め付けられます。オランダには『アンネ・フランクの家』の他にも、数々の隠れ家がありました。ナチスのユダヤ人迫害に抗議したオランダ人が、ユダヤ人をかくまっていたのです。『アンネ・フランクの家』では、ユダヤ人迫害の歴史や人種差別に関する展示も行っています。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。宗教 目玉のお守りに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介