page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「年末 パラオ直行便」の見どころ情報

年末 パラオ直行便に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「年末」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


たくさんのワイナリーが点在!
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/キングストン 
プリンス・エドワード・カウンティ―には30以上のワイナリーがあります。移動していると、たくさんのブドウ畑が目に入り、ワイン作りが盛んなのが良く分かります。どのワイナリーも工夫を凝らし、素敵なテイスティングルームや販売スペースを設けています。お洒落な室内だけではなく、ブドウ畑を見ながらテイスティング出来るスペースがあるワイナリーもたくさんあり、開放的な雰囲気の中、ワインを味わえます。

この記事の続きを見る


思っているよりずっと北にあるパリ。その割には暖かい?
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
ヨーロッパの定番の人気都市といえば、昔からロンドン、パリ、ローマですね。今回はその中のパリの、季節ごとの観光に際しての注意ポイントをお伝えしましょう。フランス北部、西ヨーロッパ内陸の平原地帯にあるパリの緯度は北緯48度で、日本の最北端よりもずっと北、樺太なら中央部付近になります。その割にさほど寒くはないのは、大西洋を北上するメキシコ湾流の影響があるから。とはいえ緯度が高いということは、夏と冬ではかなり太陽が出ている時間が違うということになります。

この記事の続きを見る


常夏のバンコクだが、暑季、雨季、乾季の3つの季節がある
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
タイの首都、バンコクの気候は、年間を通して平均最高気温が30度を超える熱帯性気候です。一年中夏といえますが、暑季、雨季、乾季の3つのシーズンに分かれています。暑季は3月後半から5月まで、その後、6月から10月までは雨季となり、11月から3月前半までが乾季となります。

この記事の続きを見る


ハイシーズン、ローシーズン、どちらも楽しみ方はいろいろです
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/カンボジア/アンコールワット 
海外旅行でハイシーズンやベストシーズンというと、訪れる国の気候が一番よい時期です。暑すぎず寒すぎず、雨も少なく観光にもっともふさわしい季節。ローシーズン(またはオフシーズン)とは、逆に雨季だったり、ヨーロッパなどなら1月後半から2月、もっとも寒い時期など、渡航者数が減る時期のこと。航空会社やホテルは、ハイシーズン、ローシーズンの料金をそれぞれ設けています。季節がよく、旅行者が増えるハイシーズンは当然料金が上がり、ローシーズンは反対に安く設定されています。またハイとローの間の、ミドルシーズンもあります。これはその中間の時期です。

この記事の続きを見る


ホテル入り口にて
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ボン 
ボンは、ドイツの誇る作曲家ベートーヴェンの生まれた街。また、精神を病んだシューマンが最後の2年間過ごしたことでも知られ、音楽の街としても注目を集めています。クラシック音楽に馴染みがない人も、日本の年末恒例演奏曲ベートーヴェンの第九「歓喜の歌」といえば、一度は耳にしたことがあるに違いありません。この街に来たからには、ベートーヴェンが22歳まで住んだ生家「ベートーヴェンハウス」、ドイツ連邦共和国歴史博物館、そしてシューマンの家と旧墓地を見逃せません。これらのスポットを散策するのにアクセス良好なホテルが今回紹介する4つ星「アメロン・ボン・ホテルケーニヒスホフ」です。全室ライン川の眺望付き、それだけでも得したような気分になります。このホテルはボン中央駅から車で8分ほど、ゆっくり歩いても15分以内の圏内、しかも街の中心部からも徒歩で10分というアクセスの良さ。そしてビジネス街やショッピングエリアにも短時間で行けるのもうれしい。市公園やホフガーテンの緑に囲まれた閑静な住宅地にある隠れ家的なホテルとしてVIPゲストにもファンが多いといいます。

この記事の続きを見る


クリスマスのイルミネーションを見ていると寒さが和らぎます。
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
クリスマスシーズンはヨーロッパではどこも賑やかになります。特にアドベントが始まると、ヨーロッパ各地でクリスマス市が開かれ、小さい小屋が立ち並びます。ヨーロッパの中でもドイツとフランスのアルザス地方はクリスマス市が有名です。クリスマス市では主にクリスマスツリーの飾りやロウソク、防寒具などを販売し、町によってはその地方の名物を販売する店もあります。食べ物の屋台も人気で、チーズの断面を温め、溶けたチーズをパンやジャガイモに載せていただく「ラクレット」、また塩漬けキャベツに豚スネや様々なソーセージを入れて煮込んだ「シュークルート」が特に行列ができます。飲み物としてはホットワインが有名です。赤ワインに、シナモン、八角、オレンジピールなどの香辛料と、砂糖やシロップを加えて火にかけたもので、寒い冬にはぴったり。芯から温まります。アルコールを飲めない人にはホットアップルジュースがオススメ。ほんのり甘い香りが漂い幸せな気持ちに。

この記事の続きを見る


アメリカは広い!ワシントン州にはない、愛しのダンキンドーナツ
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/シカゴ 
今年も早いもので、あっという間に季節は巡り、2018年も残りわずかとなった今日この頃。冬空の下、年がら年中食欲旺盛な私がふと思い出したのは、去年の暮れ、クリスマスにシカゴで食べたダンキンドーナツのことでした。残念なことに、シアトル含むワシントン州にはアメリカを代表するドーナツチェーン「ダンキンドーナツ」(※日本で言う所の「ミスタードーナツ」のような身近な存在で手頃な価格の大手ドーナツチェーン店)が存在しません。

この記事の続きを見る


クリスマスならではのティーキャンドルはお土産やプレゼントに大好評
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/マンハイム 
ドイツでは11月終わりから12月24日ごろまで、各地でクリスマスマーケットが開催されます。とはいえ、なかには年末年始も開催されるマーケットもあります。その一つが、ユネスコ世界遺産の大聖堂で知られる街シュパイヤーのクリスマス&ニューイヤーマーケットです。開催期間は、2018年11月26日から2019年1月6日まで。24日聖夜の午後から26日までは閉鎖され、27日から再開します。クリスマスが過ぎてからもクリスマスの雰囲気が楽しめるとあって、市民をはじめ観光客にも毎年大好評です。マーケット開催中のハイライトは、4つ。「打ち上げ花火」、「無料コンサート」、「姉妹都市の屋台」そして「芸術家たちの作品販売や実演」です。中心となるのは、大聖堂の佇むマキシミリアン通り。650メートルほどのこの通りに屋台が50ほど立ちます。見どころ満載のシュパイヤーならではの様子を紹介しましょう。

この記事の続きを見る


スイスの牛肉で作られたタルタルステーキ(チューリヒ近郊のレストランにて撮影)
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スイス/チューリヒ 
世界のあらゆる料理が楽しめるチューリヒで、スイス料理に加えて、ぜひ味わってほしい一品があります。生の牛肉をたたいて細かくし、味付けした「タルタルステーキ」です。ヨーロッパで広く食べられているタルタル、チューリヒでは、本当にあちこちのレストランで食べられます。スイスの肉の質は高いので、安心できるでしょう。味は、甘めと辛めから選べるレストランもあります。クリームのように口の中でとろける食感にひかれて、私も時々食べに行きます。今回は、たくさんの中から、4つのレストランをご紹介します。

この記事の続きを見る


恒例となったポカラのストリートフェスティル
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/ポカラ 
ポカラはヒマラヤの小国ネパールの第2の観光都市。首都カトマンズから西に約200キロのところに位置し、湖とヒマラヤの景観で有名です。そのポカラで多くのホテルやツーリスト向けレストラン、お土産物屋が集まっているのがレイクサイドと呼ばれるエリア。フェワ湖のほとりに広がったツーリストエリアは、いつも多くのツーリストで賑わっています。このレイクサイドで恒例となっているイベントが、年末年始に開催されるストリートフェスティバルです。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。年末 パラオ直行便に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介