page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「年末年始 バンコク プーケット 料金」の見どころ情報

年末年始 バンコク プーケット 料金に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「年末年始 バンコク プーケット 料金」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


バンコクから1泊2日〜、移動費は1000円程度! 意外にきれいなサメット島でのんびり過ごす
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/サメット島(タイ) 
バンコクへ、航空券とホテル付きのツアーで行かれる人は多いはずです。そんな時、バンコクの喧騒と排ガスで、ちょっと嫌気がさしてくる人もいるはずでしょう。プーケット島やサムイ島に行く選択肢もありますが、旅行期間が短いと、バンコクとこれらのリゾート島は、両方ともなかなか行けないものです。パタヤならバンコクから日帰りできますが、正直海がきれいではありません。そこでおすすめしたいのが、1泊2日で行けるサメット島です。僕もバンコクに勤めていた頃、友人たちとよく行ったものです。バンコクの東バスターミナルからバンペーまでバスで4時間、船で45分で、鬱蒼とした緑とヤシの木に囲まれたサメット島に到着です。料金は、往復で1000円程度という安さです。空気は気持ちよく、海もとてもきれいです。できれば海沿いのバンガローに泊まってみたいですね。喧騒と排ガスから離れられて清々します。

この記事の続きを見る


世界のニューイヤー 〜年末年始のアジアのツアーにある「ガラディナー」っていったい何?
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/バリ島(インドネシア) 
今年(2015年)の年末は、「早めに休みを取ってクリスマス前から海外旅行」という人もいるかもしれません。さて、クリスマスイブ(12/24)や大晦日(12/31)に海外、おもに東南アジアのホテル(外資系が多い)に宿泊する場合、「ガラディナー追加代金」が発生することがあります。「ガラディナー」とは、1年のうちこの2日だけ(あるいは大晦日のみ)、ホテルが提供するスペシャルディナーです。これはその日に宿泊する人は、このディナー代を支払うことが宿泊の条件になります。もちろん「お代だけ払って不参加」は可能ですが、「参加しないから払わない」というのはNGなのです。

この記事の続きを見る


「年末年始 バンコク 料金」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

常夏のバンコクだが、暑季、雨季、乾季の3つの季節がある
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
タイの首都、バンコクの気候は、年間を通して平均最高気温が30度を超える熱帯性気候です。一年中夏といえますが、暑季、雨季、乾季の3つのシーズンに分かれています。暑季は3月後半から5月まで、その後、6月から10月までは雨季となり、11月から3月前半までが乾季となります。

この記事の続きを見る


多くの建造物が並ぶワット・プラケオ。右に見えるのが本堂。左には金色に輝く仏塔がある
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
外国人観光客でひしめきあうタイのバンコク。その中でも、毎度ながら「観光客でいっぱいだな」と思うのが、チャオプラヤー川東岸近くにあるワット・プラケオ付近です。このエリアには、王室寺院であるワット・プラケオ、王宮、大きな寝釈迦仏があるワット・ポー、国立博物館、そして対岸に見えるワット・アルンへの渡し船乗り場があり、観光バスが次から次へとやってくる、バンコク随一の観光エリアと言ってもいいでしょう。なかでもツアー客が必ず寄るのが、ワット・プラケオと同じ敷地内にある王宮です。今回はこの観光地を紹介しましょう。

この記事の続きを見る


バンコクから一人旅、路線バスとタクシーで行くアンコールワット
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
世界遺産で有名な「アンコールワット」。アンコールの遺跡群はカンボジア西部のシェムリアップ州にあります。バンコクからは飛行機でたったの1時間です。多くの旅行者はツーリスト向けのツアーバスのチケットを購入して行くことがほとんどです。しかし、安いチケットを購入すると、途中で思わぬ料金を請求されたりといったトラブルも発生しています。手間さえ惜しまなければ、個人で路線バスとタクシーを乗り継いでシェムリアップに行くことも可能です。

この記事の続きを見る


消えゆく駅、歴史あるバンコクのホアランポーン駅が移転のため見納めに!
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
タイ国鉄のホアランポーン駅は、タイで最初に建てられた駅です。1884年、タイ国鉄開業と同時に開業しました。駅舎は当時のままですが、2008年に塗り替えられました。ドーム型の駅舎はヨーロッパの趣を感じさせられます。バンコク近郊線、国内線や国際列車など、多くの列車の起点となる中央駅です。タイ国内を鉄道で移動するほとんどの場合は、このホアランポーン駅から出発することになります。現在では地下鉄のMRTもホアランポーン駅と接続するようになりました。

この記事の続きを見る


「バンコク プーケット 料金」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

2006年から開港したスワンナプーム国際空港の港内
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
日本からの海外旅行先としても人気が高いタイの首都バンコク。日本からまずバンコクに飛び、タイ各地への国内線へのトランジットや、ラオス、カンボジアへのトランジット空港として使用する人も多いでしょう。しかしバンコクには2つの国際空港があるということをご存知でしょうか? 使用する航空会社によって、スワンナプーム国際空港なのかドンムアン空港なのか異なります。間違えると、飛行機に乗り遅れる事態が発生することもありますので要注意です。

この記事の続きを見る


タイでは地方色豊かなタイ料理が味わえる
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
タイ旅行の楽しみで忘れてはならないのがタイ料理。このタイ料理には、大きく分けて4つの郷土料理があるってご存知でしたか? バンコクを中心とするタイ中部料理、ウドンタニなどタイ東北部のイサーン(タイ東北)料理、チェンマイやチェンライで食べられているタイ北部料理、そして、プーケットなどタイ南部の料理です。同じタイ料理でも、使われる食材や調味料が微妙に違い、それぞれの地域の特色が現れています。タイの地域別の郷土料理の特徴を知って、もっとタイグルメを楽しんじゃいましょう!

この記事の続きを見る


のどかな島では異色のおしゃれホテル
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
シーチャン島は、バンコクの南東約100キロ先にあるシラチャという街の沖合に浮かぶ島です。人口6,000人弱の小さな島は観光地化がほとんど進んでおらず、手つかずの自然とタイの田舎ののんびりした雰囲気がいまだに残っています。バンコクからシラチャまでは車で2時間弱、シラチャからはフェリーを使って40分程度でアクセスできるため、タイ人のあいだでは「バンコクから日帰りで遊びに行ける島」として人気があります。今回ご紹介するホテル「サムウェア・コ・シーチャン」は、そんなのどかな島においては貴重なおしゃれホテルです。

この記事の続きを見る


2018年1月18日にリニューアルオープン。タイ最大の免税店、キングパワー・ランナム
  • テーマ:
  • ショッピング
プーケットやサムイ島など、タイのビーチリゾートへ行く際など、バンコクに立ち寄ったなら、お買い物総仕上げに訪れたいのが、タイ最大の免税店「キングパワー・ランナム」。2018年1月に全館がらりとリニューアル! お買い物のラインナップが充実した上に、館内随所で楽しめるタイの文化的体験や、路地裏を歩いているようなフード&ビバレッジ、そして旅行者にうれしいトラベラーズラウンジなど、ショッピング以外にも楽しめる内容に。バンコクのショッピング新名所になっています!

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。年末年始 バンコク プーケット 料金に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介