page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「成田 コスタリカ」の見どころ情報

成田 コスタリカに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「成田 コスタリカ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


スキミングに警戒!被害に遭わないためにEメールを利用せよ!(後編)
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • 中南米/コスタリカ/サンホセ 
スキミング被害の情報共有の続きです。Aさんは久しぶりにインターネットで自分の口座を見たところ、自らATMを使って現金を引き出した記憶のある日以降、何者かによって現金を引き出されていました。その金額は1日の上限引き出し可能額であり、それは口座の現金がなくなるまで続けられていました。その結果Aさんは他国へ移動しても現金が引き出せず、またこの口座の記録からどこのATMで現金を引き出した際にスキミングにあったのか判断できたそうです。

この記事の続きを見る


スキミングに警戒! 被害に遭わないためにEメールを利用せよ!(前編)
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • 中南米/コスタリカ/サンホセ 
ひと昔前まで海外旅行へのお金の持ち方として一般的だったのは、アメリカドルを現金で持っていく方法とトラベラーズチェックを持っていく方法でした。近年はクレジットカードや国際キャッシュカードなどのカードを使って、ATMから現金を引き出すのが主流になっています。しかしながら同時にスキミングの被害も多発しています。今回、そのスキミング被害にあった人(以下Aさん)に出会い、どのような被害に遭い、どのように気づいたのかを教えてもらったので情報共有したいと思います。

この記事の続きを見る


黄熱病拡散防止に懸命な中南米
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • 中南米/パナマ/パナマ・シティ 
海外旅行の前、各国の治安について気になると思いますが、病気についてはどうでしょう。アフリカ大陸や南米大陸へ渡航する場合は、黄熱病の予防接種が推進されています。そして、予防接種を受けると「イエローカード」と呼ばれる国際証明書を発行してもらえます。このイエローカードを携帯していなければ、入国を拒否される国があり、厚生労働省のサイトからこの情報を確認することができます。

この記事の続きを見る


「成田」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

シェレメーチエヴォ空港にあるフライト情報のボード
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ロシア/モスクワ 
モスクワにある空港の1つ、シェレメーチエヴォ国際空港。アエロフロート・ロシア航空のハブ空港でもあり、乗り継ぎのため、私は今回初めて利用しました。フライトは自分で選び、行きの乗り継ぎ時間は1時間15分。短さにやや不安はあったものの、今までもこのくらいの乗り継ぎはほかのエアラインで経験があります。この時間で済むなら、かなり効率よく目的地に着けますよね。調べてみたらモスクワで乗り降りするターミナルは同じなので、きっと大丈夫と信じることにしました。

この記事の続きを見る


もらうとうれしい、アメニティセット
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ロシア/モスクワ 
リーズナブルな価格に惹かれて、初めて乗ってみたアエロフロート・ロシア航空。ここでは機内の様子をレポートしたいと思います。搭乗してまず目に入ったのは、ブルーとオレンジが基調のおしゃれな内装。キャビンアテンダントの制服もオレンジ色で、洗練されたデザインです。乗った瞬間からなんだかヨーロッパ気分になりました。離陸してしばらくすると、アメニティが配られました。ビニールのパッケージには「アテネ」「プラハ」など世界の都市名とイラストが描かれていて旅情を誘います。中身はスリッパ、アイマスク、耳栓、ハンドクリーム。アイマスクは文字をよく見ると、「起こさないで」「食事のとき起こして」のリバーシブルで面白い!化粧室には歯みがきセットがありました。

この記事の続きを見る


初めての個人旅行の場合は、余裕を持って空港へ向かいましょう
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
初めての個人海外旅行でもスムーズに搭乗できるよう、手順と注意点をまとめてみました。海外旅行に出発するまでのプロセスは、ざっくりいうと、搭乗手続き(チェックイン)→保安検査(セキュリティチェック)→出国審査→搭乗ゲートという流れになりますが、それぞれの手続きと注意点を以下ご説明しましょう。

この記事の続きを見る


LCCが発着する成田空港のターミナル3
  • テーマ:
  • エアライン・空港
日系航空会社にLCC(Low Cost Carrier=格安航空会社)が飛びはじめたのは2012年、それから7年が経ち、近隣国へはLCC利用が当たり前になった。日本〜韓国間を例にすると、大手航空会社が5社運航に対し、LCCは8社が飛んでいる。LCCは座席が狭い、手荷物有料、座席指定も有料だが、それらを考えてもLCCのほうが安くつく。韓国、台湾、香港くらいなら、少ない手荷物で、カジュアルに飛ぶのがここのところの傾向といっていいだろう。バンコク、クアラルンプールなど東南アジア方面でも、直行便の範囲ではLCCの安さは際立っているといっていいだろう。 しかし、この考えをすべてに当てはめてはいけない。先日成田からカンボジアへ飛んだ。航空券検索サイトではもっとも安かったのがクアラルンプール1泊乗り継ぎのLCCであったが、ホテル代、到着が2日目になることなどを考えるといいスケジュールとは言い難い。そして僅差で2番目に安かったのがベトナム航空のホーチミン乗り継ぎで、こちらは1時間半ほどのスムーズな乗り継ぎ、機内食、荷物も無料でコスパ的にはこちらが得であった。直行便のない都市へはLCCと大手航空会社の条件をよく比較したほうがよい。

この記事の続きを見る


「ポテトパンケーキ」にグヤーシュ(シチューのようなもの)をかけた、ボリュームたっぷりな料理
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ポーランド/クラクフ 
2019年3月から、ポーランド旅行はぐっと身近になりました。LOTポーランド航空の成田〜ワルシャワ線が1日1便のデイリー運航となったのです(ただし、冬は減便の予定あり)。2019年現在、日本と東欧をダイレクトに結ぶ唯一の路線ですから、とても貴重ですよね! この機会に、ポーランドへ行ってみませんか? ヨーロッパ諸国の中でも7番目に広い面積を誇るポーランド。今回は、初めて行く方にまず訪れてほしい代表的な観光地を5ヶ所、ご紹介します。

この記事の続きを見る


深夜便のなかでも羽田〜北京間の海南航空は需要が高い
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/中国/哈爾浜(ハルピン) 
羽田発着の国際線が増加しているが、深夜に発着している航空会社にも注目したい。昼便に関しては、成田便を運航していて、なおかつ増便したい場合に限られている。つまり成田に乗り入れていない航空会社が羽田にだけ乗り入れることはできない。ところが深夜時間帯に関してはこの制限はなくなる。つまり成田便を運航していない新興の航空会社でも、深夜なら羽田に乗り入れできるのである。 この制度を利用しているのは中国の新興航空会社に多く、海南航空、上海航空、吉祥航空、LCCでは春秋航空、天津航空、奥凱航空が深夜の羽田空港に発着している。多くが中国からの訪日需要によるものであったが、利用してみると、確かにお土産を持った中国からの旅行客が目立つが、日本人がまったくいないわけではなく、意外にまとまった数の日本人渡航客を目にするのである。

この記事の続きを見る


写真はB777-300ER(写真提供:ユナイテッド航空)
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ロサンゼルス 
各航空会社は、エコノミークラスより快適なワンランク上のエコノミープラスまたはコンフォートプラスといった座席を設けています。オンラインチェックイン時に、座席をもっと良い場所に変更しようと座席表を開いてみると、$マークなどがついている追加支払いが必要なシートがありますよね? これがそのシートです。機内の前方側、ビジネスクラスのすぐ後ろに位置し数千円支払えばそこに座れます。通常のエコノミークラス席よりも座席ピッチ(足元の広さ)が若干広くなり、スリッパや耳栓などのアメニティが付いている場合もあります。このクラスのさらに上を行く「ユナイテッド・プレミアムプラス」が、この春、アメリカ大手航空会社ユナイテッド航空から登場しました。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。成田 コスタリカに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介