page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「成田空港 ドイツ」の見どころ情報

成田空港 ドイツに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「成田空港 ドイツ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


ワルシャワを拠点に100都市に就航しているポーランド航空。
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ポーランド/ワルシャワ 
今年で90周年を迎えたポーランド航空(以下LOTと略)。ヨーロッパのキャリアとしては4番目に古い歴史ある航空会社です。就航は世界100都市。2016年より、成田空港からポーランドの首都ワルシャワまでの直行便を就航させており、他都市への乗り継ぎのアクセスもよく、たとえば人気の中欧都市プラハへは所要13時間と他キャリアに比べて最短で到着します。ワルシャワ空港内もコンパクトなために、乗り継ぎもスムーズでコスパが良いと近年ヨーロッパ旅行の足として人気が高まっています。今年の利用者の数で平均すると、乗客の3割がワルシャワ行きが目的で、7割は他国への経由便として使っているそう。2019年前半期の行き先の上位は、ワルシャワ、プラハ、ウィーン、ブダペストが占めており、なんと搭乗率は約9割という人気のエアラインなのです。

この記事の続きを見る


新しく羽田〜ミュンヘン線、名古屋〜フランクフルト路線に運用されるA340-600
  • テーマ:
  • エアライン・空港
日本とルフトハンザ ドイツ航空の関係は長い。はじまりは1961年に羽田〜フランクフルト線を就航したときからで、50年以上も日本とドイツの橋渡しを務めてきた。そのルフトハンザ ドイツ航空による羽田線が、1978年の成田空港国際化によって移されてから実に36年ぶりに復活した。今年2014年3月31日から羽田〜フランクフルト線がデイリーでスタート。あわせて羽田〜ミュンヘン線という新ルートもデイリーで就航。加えて成田〜フランクフルト、成田〜デュッセルドルフ、関空・名古屋〜フランクフルトといったルートも併用。ドイツへのフライトがますます充実した。

この記事の続きを見る


「成田空港」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

羽田からヨーロッパへ
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
海外に行くとき成田空港も便利ですが、都心や横浜方面からは羽田空港発着の国際線はとても便利ですね。羽田空港では、夜の発着の便も増えてきました。仕事帰りに利用したい方も多いでしょう。今回は、私がANA(全日本空輸)の深夜便を利用してヨーロッパに行ったときの話をしましょう。行きの便で私がチョイスしたのは、羽田→フランクフルト便。00:50羽田発という深夜便です。チェックインは前日の夜になりますので、日付間違いに要注意の時間帯ですから、前もってカレンダーをいつもよりしっかり確認しました。そして浜松町からのモノレールの終電時間を気にしながら羽田空港到着。深夜便が増えましたので、思ったより空港にはたくさんの人がいましたが、それでも昼間の賑わいまではありません。

この記事の続きを見る


ニュージーランド航空は人気航空会社だが利用機会は限られる
  • テーマ:
  • エアライン・空港
航空会社を評価する際、単にサービスの良し悪しなどを基準にするのでは意味がない。「どういった運航をしているのか」が大切である。たとえば人気の航空会社にニュージーランド航空とカタール航空があるが、この2社を比べると大きな違いがある。日本からニュージーランド航空を利用する乗客のほとんどがニュージーランド渡航を目的にするのに対し、カタール航空の利用者はほとんどがカタールを目的地にしていないという点だ。同じ人気航空会社でも、その利用目的は真逆といっていいだろう。 つまり、ニュージーランド航空は質の高いサービスが人気で「ニュージーランド渡航の際はぜひ利用してみたい」となっても、欧米などへ行く際に利用できるわけではない。いっぽう、カタール航空は日本からヨーロッパ、中近東、また遠く南米方面への足となっているので、ヨーロッパに行く際などに「直行便にするか、エミレーツ航空にするか、カタール航空にするか」などと比較対象となり、利用機会も多いのである。

この記事の続きを見る


チェジュ空港にて
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/韓国/済州島(チェジュ) 
日本から韓国へは飛行時間も短く、LCCが何社も飛んでいるので、「韓国旅行ならLCC以外に考えられない」という人も多いことでしょう。私は韓国に何度も行っていますが、2019年夏の済州島行きの際、初めてLCC利用で渡航してみました。選んだのは韓国の格安航空会社「ティーウェイ航空」。成田からチェジュ国際空港まで、片道約2時間のフライトです。これからLCCに乗ってみようと考えている方は参考にしてみてくださいね。

この記事の続きを見る


シェレメーチエヴォ空港にあるフライト情報のボード
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ロシア/モスクワ 
モスクワにある空港の1つ、シェレメーチエヴォ国際空港。アエロフロート・ロシア航空のハブ空港でもあり、乗り継ぎのため、私は今回初めて利用しました。フライトは自分で選び、行きの乗り継ぎ時間は1時間15分。短さにやや不安はあったものの、今までもこのくらいの乗り継ぎはほかのエアラインで経験があります。この時間で済むなら、かなり効率よく目的地に着けますよね。調べてみたらモスクワで乗り降りするターミナルは同じなので、きっと大丈夫と信じることにしました。

この記事の続きを見る


LCCが発着する成田空港のターミナル3
  • テーマ:
  • エアライン・空港
日系航空会社にLCC(Low Cost Carrier=格安航空会社)が飛びはじめたのは2012年、それから7年が経ち、近隣国へはLCC利用が当たり前になった。日本〜韓国間を例にすると、大手航空会社が5社運航に対し、LCCは8社が飛んでいる。LCCは座席が狭い、手荷物有料、座席指定も有料だが、それらを考えてもLCCのほうが安くつく。韓国、台湾、香港くらいなら、少ない手荷物で、カジュアルに飛ぶのがここのところの傾向といっていいだろう。バンコク、クアラルンプールなど東南アジア方面でも、直行便の範囲ではLCCの安さは際立っているといっていいだろう。 しかし、この考えをすべてに当てはめてはいけない。先日成田からカンボジアへ飛んだ。航空券検索サイトではもっとも安かったのがクアラルンプール1泊乗り継ぎのLCCであったが、ホテル代、到着が2日目になることなどを考えるといいスケジュールとは言い難い。そして僅差で2番目に安かったのがベトナム航空のホーチミン乗り継ぎで、こちらは1時間半ほどのスムーズな乗り継ぎ、機内食、荷物も無料でコスパ的にはこちらが得であった。直行便のない都市へはLCCと大手航空会社の条件をよく比較したほうがよい。

この記事の続きを見る


スマホの充電器は機内持ち込みに!
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
空港での第一関門、それが出国手続き前、またはトランジットで機内搭乗前に受けるセキュリティーチェックですね。航空機に乗り込む前には、テロやハイジャックなどを避け安全を守るために、国際・国内線ともボティチェックと手荷物検査を受けなければなりません。機内に持ち込めるものとそうでないものがありますので、詳しくは下記の成田空港HPを参照にしていただきたいのですが、近年の持ち物で悩むものも増えています。たとえば、モバイルバッテリー。最近はスマートフォンの充電は機内の各座席でできるようになり、わざわざモバイルバッテリーを持ち込む必要はない、と思って機内預け荷物に入れていたところ、航空会社のカウンターで「充電器は入っていませんか?」と聞かれて、急いでスーツケースから出して手荷物にした経験があります。スマホの充電器は必ず機内持ち込みにしましょう。●成田空港セキュリティガイド www.narita-airport.jp/jp/security

この記事の続きを見る


常にプライオリティのサービスを受けられるゴールドカードはとても便利!
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューヨーク 
基本中の基本ですが、海外旅行に出る前にクレジットカードを持っていない方は必ずご用意ください。全世界でキャッシュレスが進む昨今、海外ではクレジットカードは不可欠です。まずは日本でエアチケットやホテルなどを予約する際、クレジットカード番号の記入が必要になりますよね。予約した現地のホテルに到着したら、必ずフロントでクレジットカードの提示を求められます。また「海外で多額の現金は持ち歩かない、支払いは極力クレジットカード」は海外旅行の鉄則と言っても良いでしょう。旅先でレンタカーを借りる場合など、クレジットカードはお金を支払えるという身分証明となります。さらにクレジットカードにはほとんどといっていいほど海外傷害保険が付帯しているので、保険に加入する手間も省けます。

この記事の続きを見る


日本出国便、あなたはどのくらい前に空港に行きますか?
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/インド/デリー 
海外旅行が初めての人やまだ慣れていない人は、空港へ何時間前に到着しておいた方がいいか迷いませんか? 海外旅行を100回以上続けている私でも、成田空港行きのバスの乗車時間選びでいまだに迷うことがあります。3時間前到着では早すぎるし、2時間だとギリギリすぎるしと。ローシーズンとハイシーズンとでは空港での混み具合が違うのでなんとも言えませんが、日本出発のフライトの場合は出発2時間半前には搭乗便のチェックインが始まっています。原則、チェックインは60分前までですが、搭乗時間は出発の20〜30分前なので、チェックインしてからセキュリティーを通って出国審査、そして搭乗ゲートまでの移動時間を考えると、「60分前に締め切り」というのはギリギリのところでしょうね。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。成田空港 ドイツに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介