page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「日本 ウズベキスタン 旅費」の見どころ情報

日本 ウズベキスタン 旅費に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「日本 ウズベキスタン 旅費」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


ウズベキスタンのソウルフード(ダジャレではありません)、「プロフ」
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/韓国/ソウル 
2002年にウズベキスタンを旅行したとき、韓国料理店が多いことに驚きました。ウズベク料理以外のものが食べたいときにしばしば入っては、「一体ここはどこだろう。まるで韓国にいるみたい」と思ったものです。真夏のウズベキスタンは連日の酷暑で、そんなときにすする冷麺は格別でした。先日、今度はソウルでウズベキスタン料理店を見かけた私は、そのときと同じ感覚を覚えたのです。ここはどこだろう。韓国?ウズベキスタン?そろそろ韓国料理以外のものも食べたいなと思っていた矢先だったので、吸い寄せられるように懐かしいウズベク料理店へ入ってみました。

この記事の続きを見る


No:5の布屋「Sivasli
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/イスタンブール 
イスタンブール観光に外せないスポットの一つ、Grand Bazaarグランドバザール。トルコ語ではKapali Carsiカパル・チャルシュ=屋根付きの市場と呼ばれるこの巨大なショッピングスポットは、15世紀後半オスマントルコ帝国時代に建造され、500年以上に渡りその威光を保ち続けています。現在は約3,600店舗が、65本もの通りに軒を連ねています。その風情は、複雑に入り組んだ迷路そのもの。グランドバザールの店舗には全て番号が振られていますので、自分の来た場所付近の通りの名前と店の数字を覚えておいて、迷子にならないように探検に出かけましょう!

この記事の続きを見る


燃えさかる大迫力の、地獄の門
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • アジア/トルクメニスタン/タルヴァザ 
砂漠地帯にぽっかり空いた大きな穴。その中で炎が途絶えることなく燃え続けています。この世のものとは思えないその光景を見て、人々はいつしかこの穴を「地獄の門(地獄への門)」と呼ぶようになりました。この穴が注目されるようになったのは、そう前ではありません。インターネットによる画像の拡散と折からの絶景ブームに乗り、旅人の間で「いつか行ってみたい場所」として知られるようになったのは、この10年ほどのことでしょう。この地獄の門があるのは、中央アジアの国トルクメニスタン。世界有数の天然ガスの埋蔵量を誇る国ですが、この穴はまさにそれが実感できる場所です。きっかけは、1971年に地質調査のために空けた穴から大量の有毒ガスが噴出したこと。それを止めようと火をつけたのですが、それが現在まで消えることなく燃え続けているのです。

この記事の続きを見る


大地から吹き出す「地獄の門」の絶景。ゾロアスター教の起源を中央アジアに見た!
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • アジア/トルクメニスタン/アシガバード 
ゾロアスター教をご存知ですか? 学校で習った程度の知識しかない、名前くらいしか知らないのが普通だと思います。拝火教とも呼ばれ、火を尊ぶためにそう呼ばれています。死者の扱い方も独特です。鳥葬といって、死体を鳥に食べさせる方法を取ります。パールーシーと呼ばれる拝火教徒がいるインドのムンバイでは、「沈黙の塔」(ダフマ)という円形の屋根のない劇場のような場所に死体が安置され、鳥に食べさせます。しかし近年、ムンバイ近郊の大気汚染が進んだことなどから、猛禽類がめっきり少なくなってしまって、鳥葬そのものを続けていくことが危機に瀕しているそうです。日本から旅に出て、ゾロアスター教の名前を耳にするのは、インドからでしょう。パキスタンにもいますし、イラン中部のヤズドにも2万人程度の教徒が暮らしています。

この記事の続きを見る


民泊した集合住宅
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アフリカ・他/南アフリカ共和国/タシケント 
ウズベキスタン旅行を考えている人にとって、もっとも大きな問題は、ソ連時代から続く、レギストラーツィア(滞在登録)のことです。宿泊するホテルなどで発行してしてくれる、小さな紙切れなのですが、これを持っていないと、警察に罰金を請求されたりするのです。しかも警察は、治安の問題もあって、よく声を掛けてきます。友人宅に簡単に泊まれないのは、このレギストラーツィアが発行できないからです。僕と妻がウズベキスタンのタシケント国際空港に到着した時、民泊のおばちゃんに声を掛けられました。朝食込みで2人で12ドルは格安です。しかもレギストラーツィアも大丈夫と太鼓判を押すのです。彼女の住む集合住宅は空港のすぐそば。早朝の若干涼しい空気の中を彼女について行きます。3LDKの1室を与えられ、おばちゃんは、僕たちのパスポートを持って、どこかに出かけていきました。

この記事の続きを見る


7Portes(セテ・ポルテス)店内
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バルセロナ 
スペインに行ったなら、多くの人が食べてみたいと思うのが、パエリアでしょう。中華鍋のようなパエジェーラという鉄鍋に、米やサフラン、野菜や肉、魚貝類などを入れて炊き込んだ料理です。農作業をしている間に、全員分のパエリアを一度に作り、みんなで食べる。そんな風景は、ごく最近まで見られたと言います。バルセロナの南、バレンシア地方が本場です。というのも、乾燥した土地柄が多いスペインの中で、この地域は水に恵まれ、稲作が盛んに行われてきたからだそうです。もちろん、バルセロナにも有名店はあります。「7Portes(セテ・ポルテス)」に行ってみました。バルセロナ港にほど近い古い建造物の中にありました。年代物のシフレと言われるアーチが店内の屋根を支えています。清潔な店内は、ほぼ満席。やはり予約をした方がよさそうですね。

この記事の続きを見る


中央アジアでは、ラーメンはこんなところで食べる(チャイハネ)
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アフリカ・他/南アフリカ共和国/タシケント 
中央アジアをご存知でしょうか? 「アジア」と付いていても、中南米やアフリカよりも遠い存在の地域かもしれません。中国を西に進んでいくと天山山脈が東西に伸びています。その天山山脈の西側に位置するのが中央アジアです。かつてシルクロードの拠点の町として発展したのが、ウズベキスタンのサマルカンドやブハラの町です。青い目をしたアーリア系人種のような人たちや、アラブ人のような顔立ちの人たちが混然一体となって暮らしています。アジアもここまで西に来ると、なるほどヨーロッパやアラブが近くなっているのだなあと、人々の顔を見て実感できます。夏は45度にもなる酷暑で、冬は零下にもなる寒さです。主食は小麦を材料にした丸くて大きなナンを食べます。そしてもう一品、この地に欠かせない小麦料理があるのでした。

この記事の続きを見る


バザールの街、カシュガルの職人街に行ってみよう!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/カシュガル 
新疆ウイグル自治区の西の端、カシュガルは古くから東西文明が交わる交易の街として栄えてきました。カシュガルの名前が初めて歴史書に現れたのは2000年前の『漢書』の中の「西域伝」です。その頃のカシュガルは「疏勒国」と呼ばれていました。マルコポーロの「東方見聞録」には「カスカール王国」の名で登場し、商売の街として紹介されました。昔も今もカシュガルのバザールは周辺のどの街よりも大きく,昔ながらのシルクロードの雰囲気を残している街です。そのため「カシュガルに行かなければ、新疆に行ったことにはならない」という言葉があるぐらいです。

この記事の続きを見る


どの席もソファ席に ゆったり寛げる店作りがステキ
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ロシア/モスクワ 
ロシア料理やワインにぴったりのグルジア料理、そして果実や木の実・伝統的なスパイスやハーブで味付けされたアゼルバイジャン料理。大都市モスクワには、自国の味わいを供するレストランのほかにも、旧ソ連圏の国々のレストランがたくさん店を構えています。なかでも注目したいのは、日本ではなかなかお目にかかれない旧ソ連圏のお料理たち。旅行までは出来なくても、お料理でその国の一面を知るのは楽しいものですよね。今回は「シルクロードの真珠」と称される中央アジアの国、ウズベキスタン料理をご紹介します。

この記事の続きを見る


「日本 旅費」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

左)2階の通路に並べられた発酵食 食材廃棄を減らすための1アイデアです 右)筆者が飲んだカモミールティー
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
オランダのスキポール国際空港とアムステルダム中央駅の中間地点あたりに、アムステルダム世界貿易センターがあります。このエリア、ザイダスは、金融機関をはじめとする企業が集まるビジネス街です。このビジネス街に、とても居心地のよいレストランがあります。「サークル(CIRCL)」という名前のパビリオン内にあり、2017年9月にオープンしました。ガラスや木材が多く使われていて開放的です。屋外にも席があります。2階はお茶やアルコールを楽しめるルーフトップバー(平常時は午後から開店。目下はグループの予約のみ)です。バーの外には庭があり、ここでも休憩することができます。このレストランは環境問題に取り組んでいます。不揃いの野菜や果物など、売れにくくて廃棄されてしまう食材を生産者やスーパーから集めて料理を作っている同市のレストラン「インストック(InStock)」については日本にも伝わっていますが、サークルは、インストックから食材を得ています。肉も地元産、パンも地元のオーガニックのパン屋から仕入れています。ちなみに、スタッフはペットボトルをリサイクルした繊維のユニフォームを着ています。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。日本 ウズベキスタン 旅費に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介