page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「映画 ロケ地」の見どころ情報

映画 ロケ地に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「映画 ロケ地」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果312

1 2 3 4 5 末尾 次へ


ライム・リージスの防波堤コブ
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/エクセター 
ドーセット州の特別自然美観地域に位置する海辺の町ライム・リージス。ライム・リージスは、ドーセット州からデボン州東部まで続く約153kmの海岸線、ジュラシック・コーストと呼ばれる世界遺産の一部でもあります。ジュラシック・コーストからは数々の化石が発見されたり迫力のある海岸線が見られるので、アウトドア派にもぴったりなエリアです。(以前のジュラシック・コーストに関する記事はhttps://www.ab-road.net/europe/uk/london/guide/04948.html)

この記事の続きを見る


街のあちらこちらで温泉の湯けむりが立つカルロビバリは、いかにも古いヨーロッパの温泉町という趣で雰囲気があります。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/カルロビバリ 
中欧のチェコは温泉大国であることをご存知でしょうか?とくにチェコ西部に位置するカルロビバリは、チェコ国内でも温泉湯湧量が最大規模を誇り、ドイツの詩人ゲーテも15回は通ったという歴史ある有名な温泉保養地です。現在は、カルロビバリといえば毎年開催される夏の国際映画祭でも有名になっていて「東欧のカンヌ」と称されるほど。こちらの温泉はもちろん日本のようにお湯に浸かれますが、どちらかというと飲泉による湯治が目的です。どのホテルスパ施設にもメディカルドクターが常駐し、患者はドクターに診てもらい処方箋に従って飲泉します。12の源泉があって、それぞれ温度も効用も異なっています。通常ここに湯治に来る人は2〜3週間は滞在して、ゆったりとマッサージなどを受けながら過ごすそう。これがチェコ流の温泉の楽しみ方です。

この記事の続きを見る


世界中から集めたコレクションが並ぶミュージアム内
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
1949年公開のイギリス映画「第三の男」は第二次世界大戦直後のウィーンで撮影されたものです。その映画に魅了されたオーストリア人のご夫婦が映画関連グッズを集め始め、そのコレクションを元にこのミュージアムを設立しました。世界20か国以上から集めた2300以上のコレクションが展示されています。その中にはアントン・カラスが実際にテーマ曲を演奏したチターもあり、世界中からの映画ファンがやってくる場所になっています。2019年は映画公開からちょうど70年の記念の年!それを記念して2020年1月までは特別企画展も開催中です。

この記事の続きを見る


王室の庭にサンモーリス修道院跡、城壁跡、スパイ博物館などがある
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
今回は、パリから北におよそ40キロのところにあるSenlis(サンリス)のご紹介です。パリの北駅から出る電車に乗り、30分ほどでシャンティ駅で下車。そこからバスに乗り換え30分ほど揺られると到着です。待ち時間を含めても片道1時間半で行けます。フランスには城壁の残る街がありますが、サンリスも例外ではありません。ガロ・ロマン時代、3世紀に造られた4メートルの城壁と30の塔の一部が現在でも残っています。987年にユーグ・カペーが国王となり、アンリ4世(在位:1589年から1610年)まで、王が滞在した街として栄えました。街に着いたらまず観光局に行きましょう。主な見どころが記された3つのコース記載の地図がもらえます。コースAはノートルダム大聖堂や王室の庭、博物館などを含む1.5km 、Bはサンピエール教会やサンヴァンサン大修道院などを含む2.1km、Cは15世紀から18世紀に建てられた市庁舎や、1865年に発見された闘技場(※4月から10月の第一日曜日、観光局15時集合のガイドツアーで訪問可能)を含む3.8kmで、各要所がおさえられています。

この記事の続きを見る


ジョンとヨーコが滞在し、歴史的パフォーマンス「ベッド・イン」が行われた現702号室
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
世界中に展開する高級ホテルチェーン「ヒルトン」。誰もが耳にしたことがありますよね。1962年にオープンしたアムステルダムのヒルトンホテルは、オランダ初のインターナショナルホテル。客室数は271室で、美容院、バー、レストラン、カフェ、フィットネスセンター、ビジネスセンター、ギフトショップなどが完備されています。運河沿いの心地よいホテルのテラスは、高原やビーチのリゾートを思わせ、アムステルダムの中心街にいながら街の喧騒を忘れてリラックスできます。もちろんヒルトン・アムステルダムはラグジュアリーなホテルで有名ですが、実は世界的に有名な新婚カップルによる歴史的イベントが行われたのが、このヒルトンなのです。新郎は言わずと知れたビートルズのメンバー「ジョン・レノン」。そして新婦は、現在も国境を超えてアーティストとして活躍する「オノ・ヨーコ」です。世界で最も有名な日本人女性と言えるでしょう。欧米で「あなたが知っている有名な日本人女性は?」と聞くと「ヨーコ・オノ」と答える人は多いです。

この記事の続きを見る


ラモジ・フィルム・シティにある映画「バーフバリ」のセット
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • アジア/インド/ハイデラバード 
2015年に前編『バーフバリ 伝説誕生』、2017年に後編となる『バーフバリ 王の凱旋』が公開され、インドのみならず世界中で大ヒットした映画『バーフバリ』2部作。日本では『伝説誕生』が2017年4月、『王の凱旋』が同年12月に公開されると、インド映画としては異例のヒット。さらに話題を集めたのが、何度でも見に来るリピーターたち。その力に支えられロングランヒットを飛ばしたほか、より長尺のインドオリジナル版も公開されました。かくいう私も遅ればせながらハマり、「バーフバリ!」と映画を見ながら何度名前を連呼したことか(心の中ですが)。というわけで2019年2月、このバーフバリを撮影したハイダラバードのラモジ・フィルム・シティに行ってきました!

この記事の続きを見る


ヒビが入っているのは正面(これは後ろ)
  • テーマ:
  • 家族で海外旅行
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/フィラデルフィア 
アメリカの東海岸に位置するペンシルベニア州のフィラデルフィアは歴史散歩をするのに最適な街。ここは独立戦争の中心地となったところで、1776年7月8日にアメリカの独立宣言が市民に知らされたときにこの鐘が鳴りました(記録によると独立記念日である7月4日には鳴らなかった)。その後1830年代の奴隷廃止制度の運動最中もこの鐘が鳴り、奴隷解放のシンボルとなりました。いつどのようにかは不明ですが、鐘にヒビが入り、最後に鳴らしたのは1846年のジョージ・ワシントンの誕生日だそう。鐘はパビリオンの一番奥にあり、そこにたどり着くまでには興味深い歴史的写真が多く展示されています。入場は無料ですが、時期によってはかなり並びます。パビリオン近辺は2004年に公開されたニコラス・ケイジ主演の映画「ナショナルトレジャー」のロケ地にもなっているので、馴染みのない方は映画を見てから訪れるとより楽しいかもしれません。

この記事の続きを見る


天気の良い日はテラス席もいっぱいになる人気のカフェ
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
今回ご紹介するのは、パリ11区のバスティーユ近くにあるPause Cafeです。あたりにはおしゃれなクリエイター系ブティックが建ち並びます。映画「猫が行方不明」(Chacun cherche son chat、セドリック・クラピッシュ監督)に登場するのもこのカフェです。主人公クロエが休暇で留守中、人に預けていた飼い猫が行方不明に。探し続ける間に起こるハプニングや、近所の人たちとの交流、人間模様が描かれています。公開は1996年ということで、今から20年以上前の11区の様子を見ることができるでしょう。機会があればご覧になり、Pause Cafeのシーンを探してみてください。「昔はもっと下町っぽかった」と話すのは、長年11区在住の友人。いつ頃からか次第にボボとよばれる、裕福で有機食品や自然を好む人たちが多く住むようになり、街の雰囲気が変化していったようです。

この記事の続きを見る


レ・アールはパリの中央市場があった場所。エミール・ゾラの小説「パリの胃袋」はこの地にあった中央市場を舞台にしています。
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
レオス・カラックス監督による1991年製作のフランス映画「ポンヌフの恋人」は日本でも愛されています。この映画のメイン舞台はタイトルにあるポン・ヌフ橋。セーヌ川に架けられた橋の中で現存する最も古い橋です。フランス語で「橋」は「ポン」、また「新しい」は「ヌフ」であるため、直訳すると「新しい橋」ですが、1578年に建設が始まって1607年に完成したという歴史がある橋なのです。そしてこの映画にはレ・アール界隈も出てきています。実際にポン・ヌフ橋から歩いて12〜15分で着くレ・アールには「フォーラム・デ・アル」という巨大なショッピングセンターがあります。RER(高速鉄道)のB・D線のシャトレ・レアール駅直結、メトロのシャトレ駅から歩いていけるという便利な立地。フォーラム・デ・アルは1979年、かつてあったパリの中央市場の跡地に建設されました。そして2016年にリニューアルされて今や話題のレストランやショッピングを楽しむ人で賑わっています。

この記事の続きを見る


「正濱漁港彩虹屋」の様子
  • テーマ:
  • 観光地・名所
台北からバスで1時間弱で到着できる台湾最北端の港町「基隆」。大型外国船が立ち寄る台湾の北の玄関口でもある基隆は、北海岸の大自然に触れられ、気軽に新鮮な海鮮グルメを堪能できる街として人気の観光地です。今回は、基隆の「和平島観光漁市」付近の人気観光スポットを幾つかご紹介します。まず初めに、インスタスポットとして話題になった「正濱漁港彩虹屋」。カラフルなペンキで塗られた建物と船と入江がポップで可愛いと、若者の間で話題になり、別名「台湾のベニス」とも呼ばれています。「正濱漁港彩虹屋」の一部や対岸にカフェやレストランがあるので、可愛い港街を眺めながらホッと一息付くのもいいかもしれません。

この記事の続きを見る


1 2 3 4 5 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。映画 ロケ地に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介