page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「杭州 水郷」の見どころ情報

杭州 水郷に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「杭州 水郷」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果14

1 2 末尾 次へ


紹興市内中心部から118路バスで「安昌大酒店」下車。本数も多いので、紹興市内から余裕で日帰りできる
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/紹興(シャオシン) 
自分が行ったことがある観光地の記事を見つけると、「今、どんな風になっているのかな?」と気になりませんか? 中国の場合、自分が行った頃は、マイナーで観光客も少なかったのに、わずか数年で異常なほど観光客が増えて、まるで別の場所のようになってしまう。こんなことが少なくありません。2018年10月上旬、中国のニュースサイト「今日頭条」で「最も味わいがある水郷古鎮! 観光客はみんな長廊に感動! 烏鎮や西塘にも劣らないのに入場料は不要!」という記事を見つけました。この水郷古鎮は、上海に近い浙江省紹興の安昌古鎮のことでした。

この記事の続きを見る


ひなびた雰囲気が美しい安昌古鎮。紹興市内より118路バスに乗り、安昌大酒店で下車
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/紹興(シャオシン) 
水がある風景って、やはり心が落ち着きます。中国で水がある風景と言えば、運河沿いに村が広がっている水郷古鎮です。上海や蘇州近郊に多く、周荘、西塘、同里、烏鎮などが知られています。そんな水郷古鎮の中でも安昌古鎮は、ちょっとマイナーです。紹興酒で有名な浙江省の紹興郊外にあります。紹興は上海の西南に位置しており、運河が美しい町です。安昌古鎮は、上海からダイレクトで行けないせいか、観光客は少な目です。そのかわり今もひなびた古鎮の風景がそっくりそのまま残っています。2017年8月3日の中国旅游サイトを見ていると、安昌古鎮が「2017年最も行く価値がある9つの古鎮」に選ばれていたことを知りました。

この記事の続きを見る


大都会の上海から片道2時間以内には、こんな風景の水郷古鎮が数多く残っている
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/上海 
2月末から始まったプレミアムフライデー! 関空からできる限り移動に時間をかけず、ぱっと行って、ぱっと帰って来られる場所と言えば、中国の上海です。中国東方航空で行けば、片道約2時間! 午後9時15分には、上海浦東国際空港に到着です。東方航空よりも出発時間が遅い吉祥航空でも午後11時前に到着です。空港からは地下鉄1本で中心部まで出られるので本当に便利! もちろん、当日中にホテルにチェックインできます。翌日は、大都会の上海からちょっと離れて、運河と古い町並みを一緒に楽しめる水郷古鎮に行ってみませんか!

この記事の続きを見る


諸葛八卦村は、あまり観光地化していないので、村人の普通の暮らしも見られる
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/紹興(シャオシン) 
「浙江省って、何があるの?」って、日本人も中国人も思っています。西湖がある杭州や紹興酒で有名な紹興を除けば、あとは全く観光地が思い浮かびません。日本人はもちろん中国人にとっても、旅行に行くなら風光明媚な四川省や雲南省が人気です。浙江省は、中国の製造業の中心として知られています。だから余計に旅行に行くところじゃないイメージがあるのかもしれません。ほんと、浙江省って、河北省や広東省と並んで、旅行者に出会うことがあまりない地方です。

この記事の続きを見る


上海から日帰りオッケー! 烏鎮で思いっきり旅の王道を楽しもう!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/鳥鎮 
「水がある古い町並みって、やっぱりいいなあ」と、しっとりとした趣のある水郷の風景に思わず、見とれてしまいます。とは言っても、決して静かなわけではなく、まわりは観光客でいっぱいなんですが。ここは浙江省の烏鎮です。上海からは約140キロ、江蘇省の蘇州と浙江省の杭州からは約80キロと、どの町からも日帰りできる距離にあるので、人気の古鎮です。思いっきり観光地化されていますが、ここはストレートに観光を満喫しましょう! 1300年以上の歴史があると言われる烏鎮は、もともとは東柵地区だけでした。2003年から整備修復工事をはじめ、新しく開放されたのが西柵地区です。

この記事の続きを見る


杭州ほど都会でもない、ちょっとのんびりムードの漂う紹興は、知る人ぞ知る多くの著名人の故郷だ。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/紹興(シャオシン) 
紹興酒で有名な街といえば、浙江省北部に位置する都市紹興です。人口は数十万人で、町全体にどこか落ち着いた雰囲気が漂っています。上海から気軽に立ち寄れる水郷としても知られた土地で、特に船で遊覧するコースは観光客に大人気です。お酒と水郷で有名な紹興ですが、実は数多くの著名人のふるさととしても有名です。たとえば中国の有名な政治家周恩来や蔡元培も紹興出身ですし、王昭君や楊貴妃など中国古代四大美女の中の一人西施もこの地方の生まれだと言われています。

この記事の続きを見る


朱家角は上海からの半日観光にはちょうどいい距離。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/朱家角 
「江南」とは私がご紹介している上海やその周辺(蘇州・無錫など)を指しますが、この地域は湿地帯であるため、多くの水郷があることでも大変有名です。その中でも特に有名な杭州は上海からバスで約3時間、蘇州は2時間程度かかり、じっくり観光しようと思うと、最低でも1日から2日はかかります。観光のメインは上海だけど、水郷にも足を運びたいと言う方に、今回は半日観光でも十分本格的な水郷を満喫できる水郷古鎮朱家角をご紹介します。

この記事の続きを見る


新緑が美しい杭州は、国内でも旅行先としてとても人気が高い。
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • アジア/中国/上海 杭州(ハンチョウ) 
この季節、上海へ訪れた人にちょっと足を伸ばして頂きたいのが、江南地方に点在している水郷です。四季折々様々な顔を見せてくれる水郷ですが、特に今の時期は水面にうつる緑がとても美しく、観光客の目を楽しませてくれます。江南地方最大の水郷と言えば、言わずと知れた杭州です。こちらは、北京・南京・西安・開封・洛陽と並ぶ中国六大古都の一つで、銭塘江の港町として栄えてきた都市としても有名です。今回はその杭州からとっても不思議な光景が見れるかもしれない観光スポットをご紹介します。

この記事の続きを見る


蘇州といえば、運河・庭園そして寺院です。
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • アジア/中国/蘇州 
白壁と黒い屋根のコントラストが美しい古民家群。その風景が水墨画を思わせる蘇州は、江南を代表する主要都市です。蘇州は長江デルタ地帯の中にあり、街のいたるところに水路がめぐっているため「東洋のベネチア」とも呼ばれています。中でも蘇州駅から西方へ15分ほどしたところにある京杭運河は歴史が深く、今から千年以上も昔、北京から杭州を結ぶ大動脈として誕生しました。この大運河を含め、水は今も変わらず蘇州市民の生活を支え続けています。

この記事の続きを見る


水と緑が美しい烏鎮。ノスタルジックな雰囲気がまだまだ残っている、今大注目の水郷。
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • アジア/中国/鳥鎮 
上海と杭州のちょうど中間に位置する烏鎮は、周庄・同里・西塘などと並び、江南6大水郷の一つとして有名です。烏鎮の歴史は古くなんと1000年以上、唐代にまでさかのぼります。上海周辺には大小合わせ沢山の水郷がありますが、中にはかなり観光地化が進んでいるところもあります。しかしこちらはまだまだ昔ながらの風景が残っており、ノスタルジックな情景を求めて足を運ぶ観光客が年々増えている大注目のスポットなんです。今回は烏鎮の町並みと水の上からの景色をご紹介します。

この記事の続きを見る


1 2 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。杭州 水郷に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介