page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「東トルコ」の見どころ情報

東トルコに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「東トルコ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


散歩してみたいシャンルウルファ旧市街の路地裏
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/シャンルウルファ 
南東アナトリアの古都シャンルウルファ。ここは預言者アブラハム(イスラム教ではイブラヒーム)ゆかりの地だ。アブラハムが生まれたとされる洞窟や、丘の上から投げ込まれたと伝えられている池、丘の上のウルファ城など、見どころがたくさんある。東トルコの観光メッカであり観光客も大変多いため、レストランも色々あって食事が楽しい。そんな中、地元で絶大な人気を保っている店を紹介しよう。旧市街の北端にあるジェヴァヒル・ハンCevahir Hanというレストランだ。町の北門だったサムサト門近くに建てられたかつての隊商宿で、20世紀前半には軍事病院として使われていたこともある。シャンルウルファはシルクロードの中継地点だったので、オスマン時代に商業都市として発展した。

この記事の続きを見る


「東ト」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ノイプファー広場に出店するお店。時間をかけて一店一店見ていっても飽きない。
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/レーゲンスブルク 
ドイツ各地で、素敵なクリスマス・マーケットが開かれます。最も古いもの、最も有名なもの、最も…とあちこちの都市で、特徴的なクリスマス市があるので、それを目掛けて出かけるのも良いのですが、一都市滞在型で、色々なクリスマス市を見るのも、良いのではないでしょうか。ここレーゲンスブルクには、クリスマス市が4つあり、徒歩で全て行くことが出来ます。旅の準備で気をつけることは、一つ。但し、旅の服装には、要注意。−10度が当たり前となるこの時期。そんな寒い日は、分厚い手袋、分厚い帽子、分厚いマフラー、ダウンジャケット、分厚いブーツは必須。ウール、カシミヤ、アンゴラ、ダウン、なんでもかんでも、とにかくあったかそうな素材で身を固めることをお薦めします。それから、忘れてはならないのは、「人混み=荷物の管理に気をつける!」と言うこと。治安がいいレーゲンスブルクですが、それでも特に夜遅い時間帯の人混みは気をつけましょう。

この記事の続きを見る


中世の肉屋の姿でスモークソーセージを売る屋台のおじさん
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ドレスデン 
ドイツでは一年中、至る所で古都祭が行われている。中世風の衣装を身にまとった出展者が、町の名産品や伝統工芸品を売って雰囲気を盛り上げている。ここはドイツの最東端。まだ日本人観光客にはほとんど知られていないであろう、穴場の町ゲルリッツだ。ポーランドとの国境線であるナイセ川に面しているのでナイセシュタットNeissestadt(ナイセ川の町)とも呼ばれている。かつて、ここは社会主義国の東ドイツだった。しかし、そんな時代は昔のこと。若者たちは当時を知らない。ベルリンの壁が崩壊し、東西ドイツが統一して間もない1994年にゲルリッツで初めて夏祭りが開かれた。それ以来、アルトシュタットフェストAltstadtfest(旧市街祭)と呼ばれて毎年8月最後の土曜日と日曜日に開かれるようになった。ゲルリッツで開かれる祭りの中で一番大きい。

この記事の続きを見る


マカオの「カモンエス広場」で、歴史に思いを馳せるひととき
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • アジア/マカオ/マカオ 
マカオに30箇所ある世界遺産のうち、最も北にあるのはどこでしょう? 正解は「カモンエス広場」。カモンエス公園という広い公園の一角にある広場が、世界遺産に登録されています。ちなみに同公園内には、他にも「カーサ庭園」と「プロテスタント墓地」という世界遺産もあります。マカオは、世界遺産ハンターさんにとって本当に夢のような場所ですよね! では、公園と広場の名前となっている「カモンエス」とは何のことでしょうか。

この記事の続きを見る


住んでいても全く安心できない中国の賃貸事情
  • テーマ:
  • テレビのあの場所
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
「1週間以内に荷物をまとめて出て行って!」と突然、大家さんに言われたことがある友達がふたりいます。中国語で大家さんは「房東(ファンドン)」と言います。中国ではこの房東が言うことは絶対です。友達はふたりとも北京在住の日本人です。中国でお手頃な家賃で、そこそこ便利な場所にある家探しは本当に大変です。房東に頼み込んで、なんとか2週間に延ばしてもらいましたが、あんな思いを二度としたくないと言います。また、一人暮らしをしている中国人の友達はわずか2年のうちに家賃が月に5000円以上あがりました。それでも「房東は私に出て行ってほしいと思っているわ。新しい人のほうがもっと高い家賃をとれるから」と言います。中国の賃貸事情って、借りる側の権利が全く保障されてないの?

この記事の続きを見る


雨季と乾季がある東南アジア。失敗しない場所選びは? マレー半島とアジアのビーチ編
  • テーマ:
  • ビーチ
東南アジアの雨季と乾季のシーズンですが、地域によってまったく異なります。それをまちがえると「ビーチに行ったがずっと雨で、何で行ったのか自分でも意味不明だった」ということになります。私の友人も、「チケットが安いから」とプーケットに行き、ずっと雨で海に入ることはないまま帰ってきました。きちんと調べて、その時期はプーケットではなくインドネシアのバリ島へ行けば、毎日雨ということはほぼなかったでしょう。

この記事の続きを見る


アンタッチャブルに使われた階段
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/シカゴ 
1987年の映画「アンタッチャブル」は禁酒法時代のシカゴを舞台に、密造酒でばく大な利益を上げるマフィアのボス、アル・カポネ(ロバート・デ・ニーロ)とFBI の戦いを描いている。アンタッチャブルというのは「(マフィアの)買収に応じない連中」という意味。エリオット・ネス(ケビン・コスナー)を中心に、老警官ショーン・コネリー、新人ながら射撃の名手アンディ・ガルシア、そして経理のエキスパート、チャールズ・マーティン・スミスの4人がチームを組んだ。アル・カポネを逮捕するには刑法犯としてではなく、脱税の面から攻めるのが一番良い方法だと判断して、彼らはアル・カポネの帳簿係を標的に定め、シカゴのユニオン・ステーションで待ち伏せる。

この記事の続きを見る


西側入り口からは、このトロッコに乗って坑内にもぐる。陽射しの強い外から、いきなりひんやりとした坑内へ入ると、ドキドキ感も一層増す!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • 中南米/メキシコ/メキシコシティ サカテカス 
場所はサカテカス。ここの土産物の代表は、“石”。石と言っても、そこらへんにゴロゴロ落ちているやつじゃないですよ。アメジストだとかの鉱石。加工前の塊が、安い値段で販売されている。ここまで書けば、ピン!と来た方も多いはず。そう、今回紹介するクラブ(一昔前まではディスコと言ったが…)のある場所は、なんと鉱山の中! 世界の中で、最も山頂から深い場所にあるクラブ。お酒は苦手と言う人も、どんな所なのか興味が湧くでしょ?

この記事の続きを見る


06年度の天安門広場の飾りつけにも、オリンピックマスコットやスタジアムが登場。今年はどうなるかが楽しみ!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
来る10月1日は、中国にとって大事な日。1949年の10月1日、共産党の指導者だった毛沢東が天安門のゲイトの上から建国を宣言しました。以来、10月1日は中国の誕生日として「国慶節」という名前でお祝いされています。この日から1週間は連休になり、天安門広場も地元の人はもちろん、地方から観光にくるおのぼりさんで混雑します。人出が多いだけでなく、10月1日前後の天安門広場は特別な雰囲気、この時期に北京を訪れたらぜひ、「いつもと違う天安門広場」を楽しんでください。

この記事の続きを見る


ランダム更新!本日のおすすめ見どころ・ガイド記事

日中の眺め。夜間はネオンがキラキラで雰囲気も変わります
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
毎年、春から初夏にかけてヴァンセンヌの森の敷地内に遊園地 Foire du Troneが開設され、多くの人でにぎわいます。ヨーロッパ最大のお祭りとも言われ、近隣からだけでなく、復活祭の休みを利用して、国内の遠い地方や、ヨーロッパ諸国からわざわざやってくる人もいるようです。この期間限定・移動型遊園地の歴史は、957年までさかのぼります。サンアントワーヌ修道院(現在のサンアントワーヌ病院)が、受難週の期間、守護聖人の記念として、スパイス入りのパンをナシオン広場からトローヌ通り、ヴァンセンヌに向かう通りにかけて売っていました。これがFoire aux pains d'epices(スパイス入りパンの展示会)と呼ばれるようになり、現在のFoire du Troneの起源と言われています。1965年から現在の場所で開催されるようになりました。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。東トルコに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介