page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「東南アジア マングローブ」の見どころ情報

東南アジア マングローブに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「東南アジア マングローブ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


大自然が残るランカウイには、マングローブの森が広がります。ボートに乗って、自然の豊かさを感じてみませんか?
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ランカウイ島(マレーシア) 
赤道に近いため、1年を通して、Tシャツ1枚で過ごすことができる、マレーシアにあるランカウイ島。仕事でのストレス、また家事疲れの解消のために、思いっきりリゾートを満喫したい方に、ランカウイはとてもオススメ。日本と比べて時差が1時間しかないので、時差ぼけ解消のための休養は不要! 到着してすぐに、パワー全快でリゾートを満喫することができます。自然が残るランカウイには、たくさんのアクティビティがありますが、今回は世界に誇る、ランカウイのマングローブの群生地をボートに乗ってクルーズするエコツアーを紹介。綺麗な空気、緑溢れる大自然を肌で感じ、日頃の疲れを吹き飛ばしましょう!

この記事の続きを見る


「東南アジア」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

バリ島にて。静かなビーチで好きに過ごす、至福の時間
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/バリ島(インドネシア) 
いつ行っても楽しいタイやマレーシア、インドネシアなどのリゾート地へ、思い立ったら一人で出かけてみるのはいかがでしょう。誰かと行くのもいいけれど、一緒に休みがとれないこともありますよね。一人焼肉、一人遊園地など、一人で行くのがチャレンジのように言われることがありますが、本当に好きなことだったら他人の目など気にせず、楽しみたいもの。私は今まで何度も「一人リゾート」してきました。東南アジアのリゾートは近いし、安いし、行けるときが行きどき。日々のストレス解消にも、うってつけです。

この記事の続きを見る


緑が多く、南国のムードあふれるサムイ島
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/サムイ島(タイ) 
東南アジアのリゾートはどこへ行っても楽しそうなので、毎回新たな行き先に挑戦したい…。そう思いながら私がついリピートしてしまう場所、それがタイのサムイ島です。理由の一つが、宿のチョイスの多さ。豪華ホテルからカジュアルなコテージ、ホステルまで、あらゆるタイプがそろっています。一人旅、友達同士、カップル、家族連れなど、旅のスタイルに合わせて選べるのがいいですね。またビーチの選択肢もさまざま。にぎやかで便利なところ、ローカル感のある静かなところなど、バリエーションが豊富です。時間があればいくつかのビーチに滞在すると、同じ島にいながら気分を変えて過ごせます。

この記事の続きを見る


熱帯のマレーシアでは米は三期作のため、年に3回ほどこのような青稲が水田にたなびく風景を見ることができる
  • テーマ:
  • 癒し
クアラルンプールから北へ車で1時間半、100kmほどの距離に位置するセキンチャン(Sekinchan)。地名の由来は中国語の方言の一つ潮州語で「農業に適した土地」を意味するのだそう。その名が示すように華人も多く住むマラッカ海峡に面した村でのんびりとした雰囲気が漂います。マレーシア随一の米どころでもあり、時期によっては果てしなく続く青稲の絶景をのぞむことができます。眺めているとここはまぎれもなくマレーシアなのにどこか日本の原風景を見ているような感覚になります。

この記事の続きを見る


南米、アルゼンチンは日本の冬に夏、真っ盛り
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • 中南米/アルゼンチン/ブエノスアイレス 
東南アジアやハワイ、季節が逆のオーストラリアや南米など、寒い日本から暑い国へ行くとき、服以外で悩ましいのが靴です。旅を支える大切なアイテムなので、歩きやすさはもちろん、丈夫で、服に合わせやすいものを選びたいですね。また靴は重いしかさばるので、履いていく1足だけにしぼるか、もう1足持っていくぐらいにしたいところ。まず挙げられるのが、夏でも冬でも季節を問わずに履けるスニーカーです。履きなれたスニーカー1足で、旅行のすべての日程を終えるのもありでしょう。またモカシン、デッキシューズなどもおすすめ。カジュアルな革靴は、素足で履くとショートパンツをおしゃれに見せてくれる効果も。

この記事の続きを見る


日差しが降り注ぐタイ、パタヤのビーチ
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/パタヤ(タイ) 
日本が寒い季節に、暑い国への旅行。東南アジア諸国やハワイ、また季節が逆のオーストラリアや南米などへ行くときは、どんな服装で行けばいいのでしょうか。ボトムスについては冬専用のものは避け、日本でも一年中履いている「オールシーズンOKのボトムス」を選ぶのがコツです。その筆頭はデニムですね。何にでも合わせやすいし、丈夫。旅のお供におすすめです。ただちょっと重量があって持ち歩くときはかさばる、濡れると乾きにくいというという欠点も。東南アジアでは、デニムを日中に履くのは暑いと感じるかもしれません。

この記事の続きを見る


定番人気! ハワイ、オアフ島のワイキキビーチ
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ハワイ/ハワイ/オアフ島 
寒い日本を脱け出し、暖かい国へ。タイ、マレーシアなどの東南アジア諸国、常夏のハワイ、また日本と季節が逆となるオーストラリアや南米…。そんな旅行はこの時期、とってもぜいたくですね。ただ目的地との気温差が大きいと、どんな服装で行ったらいいか迷ってしまうこともありませんか? コートを着ていったら現地で荷物になる、でも日本を出るときは寒い…。ここではそんなときの悩めるファッションについて、考えたいと思います。

この記事の続きを見る


村の多くの人々が石板工芸に従事する村の入口には、大きな石板型の看板が。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/ミャンマー/モウラミャイン 
ビルー島は、ミャンマー南部モン州の州都モーラミャインの沖合に浮かぶ島。淡路島ほどの大きさのこの島が、このところミャンマー人に人気の観光地になっています。「ビルー」は日本でいう鬼に似た精霊。さしずめビルー島は「鬼が島」といったところでしょうか。直線距離では州都に近いものの渡し舟しか交通手段がなく、長く経済発展から取り残されてきました。しかしそれゆえに多くの工芸村が廃れることなく残り、2017年に州都から橋が架かると、旅人たちが押し寄せるようになったのです。

この記事の続きを見る


複数種類のある生はちみつ
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ダナン 
東南アジアは日本とはまったく異なる熱帯の気候。そこで栽培される南国の植物を素材とした食べ物は、日本では食べる機会が滅多にない貴重なものばかりです。せっかく南国のダナンに旅行するのだから、ありがちなクッキーやチョコレートだけではなく、ベトナムならではの名物お菓子をお土産に買って帰るのはどうでしょうか。ここではダナン旅行者が是非手に入れてほしい名物菓子をご紹介します。

この記事の続きを見る


ベトナム航空のA350に乗ってホーチミンへ出発
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/カンボジア/プノンペン 
カンボジアというと日本人観光客の多くが訪れるのがアンコール遺跡で、カンボジア西部のシェムリアップにある。しかし、今回はカンボジア中南部にある首都プノンペンを訪ねてみた。使った航空会社はベトナム航空のホーチミン乗り継ぎである。 ベトナム航空は近年、フライトが充実していて、東京を例にすると、成田からホーチミンへ1日2便、ハノイへ1日1便、ダナンへ1日1便、羽田からもハノイへ1日1便運航、ダナン便を除いてエアバスの最新機材であるA350に揃えられているというのも魅力である。 アジアへはLCCを利用する機会が多くなっているが、ベトナム航空は航空券がお手頃価格で、しかも機内食なども充実なので、コストパフォーマンスが高く感じる。ホーチミンでの乗り継ぎもスムーズで、空港の乗り継ぎ施設も充実している。たとえば、ベトナム航空の日本行きは夜行便が多いが、空港のトランジットエリア内に無料のシャワーがあり(バスタオルは自分で用意する必要あり)、重宝した。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。東南アジア マングローブに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介