page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「東直門 北京」の見どころ情報

東直門 北京に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「東直門 北京」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果23

1 2 3 末尾 次へ


北京の人気雲南料理店「大理院子(東城区鼓楼東大街小経廠胡同67号)」の内部は、まさにカフェ!
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
北京料理はもちろん広東、上海、四川、湖南、山西、新疆、雲南などなど、中国全土の料理が食べられるのが北京のすばらしさ!中でも新疆料理と雲南料理は、異色の存在です。どちらも中国料理っぽくないのが特徴。新疆料理は、主食のナンといい、トマトを使ったパスタのような麺といい、中央アジアの料理そのもの。雲南料理は、パイナップルの身をくりぬいたお皿に入ったチャーハンやミントの葉っぱ入りの米粉などは、タイやベトナムの料理にも似ています。新疆料理に比べ、雲南料理は、おしゃれ感があるのです。北京で人気の雲南料理のレストランは、どこもナチュラルテイストのカフェのような雰囲気です。そのためか雲南料理は、特に若者に人気があるようです。

この記事の続きを見る


イーカートンは、主な地下鉄の駅で購入が可能。購入時にデポジットの20元(約320円)を払い、チャージする。チャージは最低20元から。2元の市バスが1元になる
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
2019年5月下旬、半年ぶりの北京に到着! 北京首都空港から地下鉄機場線に乗って、終点の東直門へ。ここで地下鉄2号線に乗り換え、予約したお宿のも寄り駅である和平門で下車。地上に出る前に「イーカートン」に100元(約1600円)チャージ!「イーカートン」とは、北京市内の地下鉄とバス共通のIC式交通カードです。これがあれば、半額で市バスに乗れるので、お得になります! 地下鉄は、毎月100元以上乗ると2割引、150元を超えると半額になります。私が北京に留学していた2008年頃なら、イーカートンがあれば、バス代が6割引きでした。当時と比べると値上がりしましたが、まだまだ北京の市バスは安いです。距離で代金が決まる長距離路線以外は、2元(約32円)。地下鉄は初乗り3元(約48円)と、安くなります。

この記事の続きを見る


とにかく広い天安門広場。地下鉄2号線前門駅のすぐ北側が天安門広場
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
「観光するのなら、目的地に着くまでの景色も楽しみたい! 窓から何かおもしろいものを発見する可能性もあるし!」と、思う私は、誰がなんと言おうと市バス派。でも、北京にいると、大渋滞に巻き込まれ、わざわざバスにしたことを後悔することも多々あります。北京の地下鉄は、乗るたびに荷物検査があるのが面倒ですが、やはり渋滞なしは魅力。特に北京中心部をぐるっとまわる環状線になっている2号線は、めちゃくちゃ使えます。2号線は、故宮を中心とした北京旧城の城門に沿って敷かれています。地下鉄の工事が始まったのは、1967年10月1日。環状線状に繋がったのは、1987年12月28日。2号線は、中国で最初の環状線状の地下鉄です。

この記事の続きを見る


5路は、中国人の観光客の間では、有名。朝8時頃のバスでもかなり混んでいる
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
私が北京滞在中、一番よく乗る路線バスは5路かもしれません。2017年から私は、大柵欄の端のほうのお宿に泊まっています。前門は、北京中心部の天安門広場の南側にある繁華街です。この前門の西側に広がっている繁華街が大柵欄です。私の常宿は、大柵欄の西の端にあります。一番近いバス停は、「虎坊橋路口西(東)」です。ここから故宮博物院、景山公園、鼓楼などの北京中心部の世界遺産や名所旧跡に乗り換えなしのバス1本で行こうとすると、どうしても5路になります。選択肢がないとも言えますが、5路にさえ乗れば、北京を代表する名所旧跡をほぼまわれます。5路って、めちゃくちゃ使える路線なのです。

この記事の続きを見る


こんな迫力あるレストランが、道路の両側にずらっと並んでいる
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
赤い提灯がこれでもかと灯った通りに来ると、「北京に来た!」と言う実感がわいてきます。ここは、北京で一番にぎやかな美食街と言ってもいい「鬼街(グイジエ)」です。赤いちょうちんと巨大電工看板のインパクトがすごい! このパワフルさに吸い寄せられるようにお客が集まっています。午後6時すぎになると、人気店の前では順番が呼ばれるのを待っている大勢のお客が見られます。こんなお店が東西に走る大通りに何軒もある鬼街は、とにかくギラギラした熱気でいっぱいの通りです。

この記事の続きを見る


「董事児」のレトロな店内。東城区東直門外斜街察慈小区11号楼、10時から21時、年中無休。地下鉄2号線「東直門」駅、BかH出口より徒歩5、6分
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
モノクロの家族写真が飾られた額、色あせたチェックのカーテン。レストランと言うより70年代や80年代の農村の家にいるみたい。中国人でなくても懐かしい気分になります。今、北京には、ちょっと昔の中国を思わせるインテリアのレストランが数多くあります。中国は、この数十年、ものすごい勢いで変化を遂げ、スマホを使った決済などは、日本よりもずっと進んでいます。北京にいると、あまりにも急に発展したことへの反動なのか、のんびりしていた70、80年代を懐かしむ風潮が起きているのを感じます。昔の中国風のレストランが受けているのも、そんな時代の風潮と関係がありそうです。

この記事の続きを見る


タイヤの空気が抜けていたり、パンクしている自転車は見かけない。かなりしっかり管理されている。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
北京に行くたびに目にする赤と白のちょっとおしゃれな自転車。2016年5月の北京では、ますます数が増え、北京市内中心部なら至るところに借りる場所ができていました。この赤と白の自転車は貸し自転車です。「北京公共自転車」と言われ、低料金で借りて、好きな場所に返せるという便利なものです。ネットで借りられる場所を検索してみました。市内の東城区の地図が真っ赤になるほど、借りられる場所が増えていました。今、中国では全国的に「公共自転車」を取り入れる都市が増えてきています。南部の江蘇省の蘇州や南京、内陸部の古都西安など、全国185の都市に広がっているそうです。その中には、なんとチベット自治区のラサも含まれています。

この記事の続きを見る


雪が降ると、さらに観光客が少なくなる慕田峪長城。日曜の朝なのに観光客はまばら。
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
万里の長城と言えば、八達嶺長城でしたが、訪れる観光客が多く、混雑する様子ばかりが紹介されるので、八達嶺を敬遠する外国人旅行者が増えてきました。それなら、別の長城を見に行くかになります。そうなると、金山嶺長城か慕田峪長城が最有力です。八達嶺は、バスでも電車でも行きやすいのが魅力です。北京の地下鉄2号線の「積水潭」駅から877路直のバスに乗れば、たった1時間で到着です。しかも877路直のバスは15分に1本出ているという便利さです。金山嶺長城は、「長城の中の長城」と呼ばれるほど美しい姿が知られてますが、とっても遠い。地下鉄13、15号線の「望京西」駅から金山嶺長城行きの直通バスがありますが、20名集まらないと出ません。その場合、バスを乗り継いで行くので、乗り換えが面倒です。

この記事の続きを見る


約4年間も修復工事のため、閉鎖されていたわりには、修復された感じがしません
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
2010年6月から修復工事のため、閉鎖されていた司馬台長城がやっとこさ見学できるようになりました! 再オープンの2014年10月まで、本当に待ちくたびれました。世界遺産の万里の長城と言えば、八達嶺長城が有名ですが、あまりにも観光客が多すぎます。そのため、最近は慕田峪長城や金山嶺長城に行く人が増えてきました。金山嶺長城は、北京から約130キロ離れた河北省承徳市漆県にあります。「長城の中の長城」と呼ばれるほど姿が美しいことで知られています。司馬台長城は、この金山嶺長城と繋がっています(現在、往来はできません)。金山嶺長城を東に進んで行くと司馬台長城に着きます。

この記事の続きを見る


冬に世界遺産の「長城」観光をするのなら、お天気がよくても要注意!
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
「うわあ、どんよりしてる。全然、先が見えない」。北京の首都空港に到着すると、視界が悪くて、10メートル先も見えないんじゃないだろうかという日もあります。北京の大気汚染はかなり深刻です。そうかと思えば、翌日、すっきり晴れた青空を拝めたりもするのです。20年以上前なら、北京の冬と言えば、連日、すっきり晴れた青空の日が続くのがふつうでした。今は視界が悪いか、晴れているか、どちらの日にあたるかは運にかかっています。しかし雨が少ない冬にわざわざ北京に行ったのなら、冬の青空の下で世界遺産の長城を見たいものです。

この記事の続きを見る


1 2 3 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。東直門 北京に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介