page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「海外 乗り継ぎ」の見どころ情報

海外 乗り継ぎに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「海外 乗り継ぎ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果42

1 2 3 4 5 末尾 次へ


シェレメーチエヴォ空港にあるフライト情報のボード
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ロシア/モスクワ 
モスクワにある空港の1つ、シェレメーチエヴォ国際空港。アエロフロート・ロシア航空のハブ空港でもあり、乗り継ぎのため、私は今回初めて利用しました。フライトは自分で選び、行きの乗り継ぎ時間は1時間15分。短さにやや不安はあったものの、今までもこのくらいの乗り継ぎはほかのエアラインで経験があります。この時間で済むなら、かなり効率よく目的地に着けますよね。調べてみたらモスクワで乗り降りするターミナルは同じなので、きっと大丈夫と信じることにしました。

この記事の続きを見る


様々な世界の空港ランキングで何度も1位を受賞したことのあるシンガポール・チャンギ空港
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
シンガポールのチャンギ国際空港は、世界各国の航空会社が乗り入れるアジアでも屈指のハブ空港。清潔で快適、設備も充実しており、世界的な空港ランキングで何度も受賞している空港です。ショップやレストランが充実しているのはもちろんのこと、サクサク繋がるWIFIに、いたるところにあるマルチ充電用コンセント、ゆったり座れるソファ席の多さ、各所に設置された無料の足マッサージ機や、無料映画館、キッズプレイパークなどなど、「ここまで無料で提供してくれる空港は他にないのでは?」と思わせるほどです。

この記事の続きを見る


空港の中心には、巨大なクマの人形が!
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アフリカ・他/カタール/ドーハ 
ドーハ・ハマド空港は中東の国、カタールの首都ドーハにある国際空港です。カタール航空のハブ空港で、特に日本からヨーロッパ方面に行く際の乗り継ぎに便利。初めてだと、なじみの薄さから「中東で乗り継ぎ?」と不安に思う方もいるかもしれませんが、心配は無用です。今回はここでのトランジットの仕方や、空港の様子をご紹介したいと思います。

この記事の続きを見る


どこにしようか、悩んでしまう座席の選択
  • テーマ:
  • エアライン・空港
海外旅行の長距離フライト、どの席を選んだらいいのか…これは永遠のテーマですね。チケットによっては航空会社のウェブ上で、無料で事前に選択できることがあり、とても便利です。ただ好きなところを一つ選ぶとなると、「この中からどこを…」と悩んでしまうこともありませんか。そんなときにどういう基準で席を決めたらいいか、その基本をエコノミークラスのシートを例に考えたいと思います。

この記事の続きを見る


エアアジアなどのLCCは、徹底したコストダウンで低価格の航空券を提供する
  • テーマ:
  • エアライン・空港
LCCとは、Low Cost Carrierの略で、直訳すれば「低コストの航空会社」という意味になります。既存の航空会社と異なり、徹底した効率化によりコストダウンをはかり、低価格で運行サービスを提供する航空会社のこと。たとえば、バニラ・エア、ピーチ、エアアジア、ジェットスター、春秋航空、スクート等々は日本でよく目にするLCCでしょう。普通の航空会社に比べ航空券の値段はかなり安く抑えられていますが、その分サービスが劣っていることは否めません。LCCのメリットとデメリットを踏まえ、上手に活用することが重要です。

この記事の続きを見る


預け荷物が届かないトラブルもあるので、必要なものは手荷物に
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ハワイ/ハワイ/オアフ島 
海外旅行への第一歩となるのが、行きのフライトですね。その際、みなさんは何を機内持ち込み手荷物にしますか? 飛行機には遅延、フライトキャンセル、預け荷物の紛失などがつきものと私は考えています。乗り継ぎ便があると、その可能性はさらに増えます。私は預け荷物が違う空港に運ばれたり、積み込まれなかったりして困ったことが過去に二回あります。たいていは翌日か翌々日にはホテルに届きますが、自分が現地に到着しても、仕事道具がなければ仕事になりません。今回は持ち込み手荷物に入れるもの、入れておくと便利なものを紹介します。一般的なものもあれば、私の主観的なものもありますので、ご了承ください(笑)

この記事の続きを見る


海外テレビシリーズ「サバイバー」のロケ地、ロン島。
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • アジア/カンボジア/シアヌークビル 
アンコールワットのあるシェムリアップから空路約1時間。世界遺産とビーチリゾート、1度の旅で両方満喫できるとあって、注目を集めるシアヌークビル。本土側はホテル開発ラッシュに沸きあがっているけれど、沖合約20キロに浮かぶロン島はまだ手付かずの自然がたっぷりと残っています。カンボジアで2番目に大きな78平方キロの島には、道路が限られたエリアしか整備されておらず、ほとんどがジャングル。島内の移動はボートが主流のようです。島回りを探検してみると、水上ビレッジのプレック・サヴァイ村やバンガローがぽつりと立つビーチなど、のどかそのもの。

この記事の続きを見る


2006年から開港したスワンナプーム国際空港の港内
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
日本からの海外旅行先としても人気が高いタイの首都バンコク。日本からまずバンコクに飛び、タイ各地への国内線へのトランジットや、ラオス、カンボジアへのトランジット空港として使用する人も多いでしょう。しかしバンコクには2つの国際空港があるということをご存知でしょうか? 使用する航空会社によって、スワンナプーム国際空港なのかドンムアン空港なのか異なります。間違えると、飛行機に乗り遅れる事態が発生することもありますので要注意です。

この記事の続きを見る


成田空港に駐機中のポーランド航空のドリームライナー
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ポーランド/ワルシャワ 
成田とワルシャワ間を結んでいるLOTポーランド航空。2018年12月現在、週5往復の運行ですが、2019年3月26日から、なんとデイリー運行になります。これは便利ですね! 旅行者にとってありがたいのは、ハブとなるワルシャワ空港の最少乗り継ぎ時間が30分ということ。コンパクトな空港なのですね。ただし、最近は路線が多くなったことや、昨今のヨーロッパ事情もあり、セキュリティ検査に時間がかかります。乗り継ぎ時間は、たっぷりとっておいたほうがいいですよ。それでも、長い通路を延々と歩かされるようなことはありませんから、ご安心を!

この記事の続きを見る


国際線も飛んでいるブバネーシュワル国際空港
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/インド/ブーバネスワル 
「インドの穴場? のんびりできるオディシャ州がおすすめ!」その2からの続きです。ここからは観光の紹介ですが、まずはオディシャ州への行き方から。日本からオディシャ州へは直行便がないので、乗り継ぎ便を利用していくことになります。エアインディアの場合は、デリー乗り継ぎですが、エアアジアを使えばクアラルンプール乗り継ぎでブバネーシュワルに入ることができます。ただし、ブバネーシュワルの空港では、アライバルビザやeツーリストビザの取得ができません。つまり国際線でブバネーシュワルから入る場合には、ビザの事前取得が必要になるということです。うっかりしないように注意しましょう。ただし、ブバネーシュワルへはインド各地から国内線があるので、デリー以外でもコルカタやチェンナイ、ベンガルールなどから入国し、そこから飛ぶ方法があります。

この記事の続きを見る


1 2 3 4 5 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。海外 乗り継ぎに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介