page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「海外から」の見どころ情報

海外からに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「海外から」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果13982

1 2 3 4 5 末尾 次へ


フォトジェニックな店外テーブル
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/メルボルン 
このお店に行ったら寒くても是非外のテーブルを利用してみてください。お天気のいい日であれば、写真のように青空の下、さわやかな風を感じながらメルボルンの地元の雰囲気でおいしいパンとコーヒーを楽しむことができます。レンガに囲まれた空間もメルボルンらしく、観光でいらっしゃった方々にも喜ばれるのではないでしょうか。お客様はほとんどが地元の方で、皆さん会話を楽しみながら、ゆっくりとパンやケーキ、コーヒーを楽しんでいます。

この記事の続きを見る


モントリオールの街が始まった場所に建つ博物館
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/モントリオール 
カナダ第二の都市として栄えるモントリオールは、1642年に建設されたヴィル・マリーという名前の村から始まります。現在その場所に建つのがこの博物館「ポワンタ・キャリエール考古学歴史博物館」です。今ではそのヴィル・マリーの時代から現代までのモントリオールの街の歴史を学べる博物館として、多くの人が訪れています。街の建設の様子や、当時の人々の様子など様々な展示を見る事が出来ます。

この記事の続きを見る


プラハ城の敷地中で開かれているクリスマスマーケット
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
今やヨーロッパの殆どの大都市で、11月半ば頃からクリスマスマーケットが開催されている。チェコは早くからドイツと密接な関係にあり、プラハがあるボヘミアは神聖ローマ帝国という名前のドイツ王国に含まれていた。ボヘミア王のカレル四世が神聖ローマ帝国の皇帝であった時代もある。そんな歴史的背景からドイツの文化が混ざっており、クリスマスマーケットもその一つだ。ヨーロッパのクリスマスマーケットは国によってそれぞれ特徴があり、ワインやシャンパンの屋台が主な町もあるが、チェコではクリスマスツリーに飾るオーナメントを売る屋台が多く、ホットワインや焼きソーセージなど食べ物屋の屋台など、非常にドイツ的なマーケットが開かれている。開催場所は年々増えつつある。90年代では旧市街広場とヴァーツラフ広場くらいだったが、近年では小さなマーケットも含めると町のあちらこちらに市が立っている。

この記事の続きを見る


勝手がわからない海外の空港については、あらかじめネットなどで詳細を調べておくと安心
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
初めての海外旅行でも、一人旅でも、出発は勝手知ったる日本の空港。日本語が通じますし、掲示板の案内も日本語です。しかし、帰国便は海外の空港からです。基本的な流れは日本でも海外でもほぼ同じですが、細かいところに違いがある場合も。そこで、今回は帰国便搭乗までの手続きについてプロセスと注意事項をご紹介します。

この記事の続きを見る


初めての個人旅行の場合は、余裕を持って空港へ向かいましょう
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
初めての個人海外旅行でもスムーズに搭乗できるよう、手順と注意点をまとめてみました。海外旅行に出発するまでのプロセスは、ざっくりいうと、搭乗手続き(チェックイン)→保安検査(セキュリティチェック)→出国審査→搭乗ゲートという流れになりますが、それぞれの手続きと注意点を以下ご説明しましょう。

この記事の続きを見る


旧紙幣1000ルピー札表。これは旧紙幣が廃止される前日にATMから出てきたものですが、お札のまわりが全体的にいたんでいたのです。後日、銀行で取り替えてもらえませんでした。。。
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/インド/デリー 
インドを旅行するにあたり、インドのお金の事情を知っておくのはとても重要なことです。2019年8月時点でのインドのお金事情について、紹介していきます。まず、ひとつ知っておきたいのは、2016年11月に500ルピー札と1000ルピー札が、政府が通達した翌日に使えなくなりました。こちらは旧紙幣で、現在全く使えない紙幣です。新紙幣の高額紙幣は、500ルピー札と2000ルピー札になります。問題は、2019年になった今でも両替所などで、旧紙幣が渡される事案が発生していることです。新紙幣に1000ルピー札はないので、1000ルピー札を万が一渡されたら、そちらは旧紙幣と判断してください。500ルピー札に関しては、事前に旧紙幣と新紙幣の画像をスマホなどに保存しておけば、すぐに確認できるので安心です。

この記事の続きを見る


デリー空港内のフードコート
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/インド/デリー 
初めてのインド旅行で、デリー空港から出国の際、知っておくとラクになる基本的なことを紹介します。まず、国際線の場合、空港へはフライト時刻の3時間前から入れます。時間帯や曜日、どの地区に泊まるかにもよりますが、少なくとも市内から空港までは約1時間半、余裕があれば2時間ほど見ておきましょう。デリーは、時間帯に関係なく、慢性的に渋滞していることが多いです。夜9時だから大丈夫だろうと時間的余裕を持たずにタクシーで空港へ向かった知人は、渋滞に巻き込まれ、途中でタクシーを降り地下鉄に乗って空港へ向かい、ギリギリ間に合ったことがあります。空港の出発ロビーに入る際は、パスポートとチケットを見せる必要があるので、チケットをすぐ見せられるように用意しておくと安心です。

この記事の続きを見る


近所の老犬も額にティカとマリーゴールドの花輪をしてもらっていました
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/カトマンズ 
ヒマラヤの麓の小国ネパールは、昔から伝統的に受け継がれて来たお祭りが現代でも盛んです。年間を通して様々なお祭りが行われますが、光の祭典とも呼ばれるティハールは、観光客にも楽しめるオススメのお祭りです。ネパールのお祭りは月の満ち欠けと深く関わっており、毎年開催日は変わりますが、2019年のティハール祭の日程は10月26日から29日の4日間。10月26日がカーグティハール(カラス供養の日)、10月27日はククルティハール(犬供養の日)、10月27日ラクシュミプジャ(ラクシュミ神降臨の日)、10月28日ガイティハール(牝牛供養の日)、10月29日バイティカ(姉妹が兄弟を祝福する日)と複数のお祭りで構成されます。

この記事の続きを見る


15日の観光ビザは、従来の25ドルから30ドルへと値上げされる
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/カトマンズ 
ここ何年も据え置きだったネパールの観光ビザが7月17日から値上げになりました。ネパールの観光ビザは、以前は、15日間、30日間、90日間の3種類で、料金はマルチエントリー(ビザ期間中は何回でも出入りできる)で、それぞれ、3000円、5000円、12,000円(ネパールで取得する場合は、25ドル、40ドル、100ドル)でした。これが、改定後は、4000円、6000円、15,000円(ネパールで取得する場合は、30ドル、50ドル、125ドル)となっています。今までより値上げされていますので、これからビザを申請しようという方はご注意ください。※1ドル=約107円。2019年9月時点。

この記事の続きを見る


デリー空港
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/インド/デリー 
初めてのインドでデリー空港での入国の際、知っておくとラクになる基本的なことを紹介します。スタートが幸先良いと旅の流れもスムーズにいきやすいものです。ポイントを押さえて楽しい旅行にしてくださいね! さて、まずは入国審査です。ここでは入国カードの提出が必要になっており、入国カードは大抵機内で配られますので、記入しておいてください。記入欄にホテルの住所と名前、電話番号を記入するところがありますが、ここは必ず記入して提出するようにしてくださいね。入国カードを機内でもらえなかった場合は、並ぶ前のカウンターに置いてある場合が多いので、必ず手に入れてから並んでください。持っていなくて最初から並びなおした人を筆者は何回も見ています。

この記事の続きを見る


1 2 3 4 5 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。海外からに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介