page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「海外寺院砂絵」の見どころ情報

海外寺院砂絵に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「海外寺院」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


かぼちゃ型をした銀のケースは、王が国賓に贈呈したこともあったとか。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/カンボジア/プノンペン 
光沢と重厚感のある表面に、手作業で刻み込まれたきめ細やかな模様。カンボジアにおける銀・銅細工品の生産起源は定かではありませんが、アンコール王朝時代(802〜1431年頃)には頂点に達していたと言われています。かつては宮廷に献上するために作られていましたが、現在では冠婚葬祭などでも使用されるほか、お土産物としても販売されています。蔓、葉、花びらなどのモチーフで構成されるカンボジアの装飾様式「Kbach」をあしらった製品は、芸術作品としても見応え十分。美しい銀・銅細工製品はどのように生み出されているのでしょうか。熟練の職人達が集まる村を訪ねてみましょう。

この記事の続きを見る


完成までに40年もかかったという、アレクサンダル・ネフスキー大聖堂
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ブルガリア/ソフィア 
ブルガリアの首都ソフィアは、ヨーロッパ最古の都市の一つ。古代ローマやオスマン・トルコによる支配を経てきた結果、さまざまな文化が入り混じり、歴史的建造物の宝庫となっています。しかも見どころが市内中心部の歩ける範囲に散らばっているので、観光がラク。バスや電車に乗らずとも、主なスポットに行けてしまうんです。それでもうっかり見落とさないように、見るべきものを事前に把握しておきましょう。ここではソフィアの名所をまとめましたので、観光の前にチェックしてみてくださいね。

この記事の続きを見る


地元民に愛される市場、「ジェンスキ・パザール」
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ブルガリア/ソフィア 
初めての町に着いて、地元の人たちが行き交うにぎやかなエリアを歩くのは楽しいですよね。ショッピングをしたり、カフェに入ったり、食べ歩きをしたり。お店のディスプレイや、人々の様子を見るだけでも発見があります。ブルガリアの首都、ソフィアでもそんな場所を求めて、町を歩きまわってみました。その結果みつけた、おすすめの通りを3つご紹介したいと思います。

この記事の続きを見る


リニューアルがすすむ「隆福寺」エリア。新スポットが生まれています。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
北京の旧市街にある「隆福寺」と呼ばれるエリアは、南北にはしる東四大街の西側に位置するエリア。15世紀には寺院が建立され、毎月縁日が行われ、多くの人でにぎわっていました。近年は、寺院の建物はほとんど失われ、そのあとに、「隆福広場」「隆福大厦」などのビルが建ちそこに服装マーケットを作るなどの改造計画が進められましたがうまく運営が進まず、街の中心部にありながら人影の少ない、閑散とした状態が続いていました。ようやく2年ほど前から本格的に再生計画が進められエリアの半分はまだ工事中ながらも、少しずつ最新スポットが生まれています。

この記事の続きを見る


「阿里山森林鉄路車庫園区」内様子
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台北 
日本統治時代に、阿里山の檜などの木材を運ぶために敷かれた阿里山森林鉄道。その阿里山森林鉄道に使用されていた機関車を、より多くの人に見てもらおうと、ここ「阿里山森林鐵路車庫園區」には様々な車体が展示されています。現在展示しているのは、蒸気機関車先頭車両、柴油機車の先頭車両、早期のヒノキ車輌、レストラン車、国家元首及び高級VIP用車など他にも多くの車両が並びます。また、車両だけでなく、線路や1978年に設置されたターンテーブルなども間近で見ることができます。ターンテーブルとは、大きな円盤型をしており、この上で車輌方向を調節することができる装置です。動いていない物が殆どですが、これだけの車両や蒸気機関車が近くで眺められる場所はなかなかありません。電車好きでなくとも、嘉義の歴史を知る意味で見学するのもいいでしょう。また、実際に現役の阿里山森林鉄道が通ることもあるので、参観の際は十分に気をつけて下さい。

この記事の続きを見る


ボートで海に浮かぶ2つの岩に上陸する。左がヴィヴェーカーナンダ岩、右がティルヴァッヴァル像
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/インド/カニヤークマリ 
インドはユーラシア大陸の南に突き出た半島とも言えるのですが、その逆三角形の先端、つまりインド最南端がコモリン岬です。昔からアフリカ最南端の喜望峰と並び、船乗りには知られていた場所です。この岬は、インドでは「カニャークマリ」と呼ばれています。ベンガル湾、インド洋、アラビア海の三つの海が交わる聖地として、ここにカニャークマリ女神をまつる寺院が建てられ、有名な巡礼地なのです。このコモリン岬については、詳しくは別記事「3つの海が交わるインド最南端のコモリン岬」にも詳しく書いていますが、今回紹介するのは、ここから出ているボートツアーです。このボートツアーは、クマリ寺院の東、陸から300〜400m離れた2つの岩を巡ります。その体験記をここで書いてみますね。

この記事の続きを見る


寺院に入る前にスタッフの方から「寺院建物内部の写真撮影は禁止」「水池にコインを投げないでください」などのいくつか注意事項など伝えられます。
  • テーマ:
  • スピリチュアル
  • 行き先:
  • 中南米/チリ/サンチアゴ 
まるでチリじゃないみたい!?写真を見ると、どこの国の建築物か少し首をかしげたくなるような不思議で、でもとても美しい作りが特徴な「バハイ教」のお寺へ先週末行ってきました。場所はサンティアゴの中心部から約40分ほど車を走らせたペニャロレン地区にある山の斜面の広い敷地に建っていました。お寺が立つ山の敷地からはサンティアゴ市内の街並みを見渡すことが出来、巷では人気の観光スポットとなっています。信者か信者でないかは関係なく、素敵な寺院を見学するために日々多くの人が訪れています。

この記事の続きを見る


毎年開催日が変わるネパールのお祭りは、ネパールの暦で確認するのが確実
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/カトマンズ 
ネパールは、インドと中国に挟まれた小国ですが、多民族多宗教国家であるため、年間を通してお祭りが多いのが特徴です。なかでも、夏から秋にかけてはお祭りが集中する時期。その土地ならではのお祭り見学も、海外旅行の楽しみの一つですから、せっかくならお祭りを見てみたいという人もいるでしょう。ただ、ネパールのお祭りは月の暦とも強く関係しているため、毎年開催日が変わります。お祭りを狙って行くなら、その年のネパールのカレンダーをしっかりチェックしましょう。

この記事の続きを見る


大鐘寺古鐘博物館に展示されている石灯庵鐘。清代道光壬生(1822)年に作られたもので252キロもある
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
初めての北京なら、故宮博物院と万里の長城は絶対、行きたいところです。北京に来て、この二か所を見なければ、来た意味がないと言ってもいいぐらい。故宮博物院に行ったら、真ん前の天安門広場も行きましょう。ちょっと雰囲気を変えて、「胡同(フートン)」と呼ばれる伝統家屋が並ぶ北京の下町観光もおすすめ。庶民的な世界を覗いたら、再び中国大陸を支配した皇帝の世界に戻ります。中国最大の祭祀施設である天壇や、日清戦争の敗北の原因の一つとなったといわれる頤和園を見学します。島国の日本では感じることができない、スケールの違いに圧倒されてみるのが北京旅行の醍醐味です。難点は、一つ一つの名所旧跡が巨大すぎて、観光にめちゃくちゃ体力が必要なこと。そんなわけで観光の途中で、こぢんまりとテーマを絞った博物館を挟んでみませんか?

この記事の続きを見る


見どころいっぱいの台北を楽しもう!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台北 
気候は温暖で食べ物も美味しい台湾へは、日本から約3時間半のフライトで行けて、時差は1時間です。手頃な値段のパックツアーもあり、週末の2泊3日でも楽しめる人気の旅行先です。台湾は、地下鉄やバスなどの乗り方もわかりやすく、親日家も多いので、初めての海外旅行先にも適しています。台湾の首都である台北には、見どころがたくさんありますが、まずは訪れたいトップ5をご紹介しますね。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。海外寺院砂絵に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介