page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「海外旅行 30万」の見どころ情報

海外旅行 30万に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「海外旅行 30万」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果48

1 2 3 4 5 末尾 次へ


一般公開エリアのゴール、「溶岩石柱」
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • アジア/韓国/済州島(チェジュ) 
火山島である済州島は、なんといってもダイナミックな自然が見もの。島の北東部にある「万丈窟(まんじょうくつ/マンジャングル)」は済州島観光のハイライトともいえます。今から約30万年〜10万年前に形成された溶岩洞窟で、全長7416メートルもあり、世界最長クラス。韓国唯一の世界自然遺産というのもうなずけますね。洞窟の一部は一般に公開されていますよ。

この記事の続きを見る


ワイナリー巡りで素敵なグルメ料理に出会うサプライズに感激。しかも料理を手掛けたのはワイナリー・シュタ―ル氏だと聞き、2度びっくりでした
  • テーマ:
  • お酒・バー
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/バート・メルゲンハイム 
ドイツのワイン生産地は13地域あります。タウバーフランケンはそのひとつのフランケン地方に属し、マイン川の支流タウバー川に沿って、ヴェルトハイムからバード・メルゲントハイムまでの一帯を指します。ぶどう畑は、タウバー渓谷の南斜面に開墾されており、温暖な気候と豊かな水回りが美味しいワインを造る最適な場所にあります。そのワイナリーの多くは隣の州バーデン・ヴュルテンベルク州にも属しているため、バーデン地方のワイナリーもタウバーフランケン地方に含まれます。日本でよく知られるボックスボイテルの丸い形の瓶でも有名なワイン生産地です。タウバーフランケンにある個人ワイナリーは30軒ほどあります。日本ではあまり知られていない個性あるワイナリーを訪問しました。あまり時間のない観光客にとって、これらのワイナリーを巡ることは難しいかもしれませんが、レストランやお土産店で出会う可能性も高いかと思います。聞いたことのあるワイナリーだと、安心して口にしたり、購入することが出来るのではないでしょうか。

この記事の続きを見る


www.nomadaexperience.com
  • テーマ:
  • 家族で海外旅行
  • 行き先:
  • 中南米/ボリビア/ウユニ 
南米のボリビア西部にあるアンデス山脈に囲まれた塩の大地、ウユニ塩湖は富士山と同じくらいの標高約3,700mの高さに位置しています。広さは南北約100km、東西約250kmという広大な塩湖には約20億トンの塩があるといわれています。ウユニ塩湖は高低差が50cmほどしかない真っ平な塩湖なので見渡す限り雪のような白銀の世界が広がっています。また雨季には雨がたまり、天空の鏡が出現することで有名です。ベストシーズンは雨季と乾季をまたがる4月。なんと天空の鏡が楽しめ、塩の上も歩ける両方を体験することができるのです。せっかく家族旅行で行くのだったら、融通が利くプライベートツアーがおすすめ。NOMADA EXPERIENCEのガイドのフアスカーさんはリクエスト通りの2泊3日のツアーを案内してくれました。初日は午前10時にウユニ市内にあるホテルピックアップの後、コルチャン村の塩工場を見学した後、ウユニ塩湖初のホテルであるプラヤブランカ見学。建物の前にはいろんな国の国旗がたっていて小さな世界を再現。これは観光客が自分の国の国旗を勝手に置いていったそう。日の丸もいくつかありました。

この記事の続きを見る


買い物の支払いに便利なクレジットカードは、手放せません!
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
クレジットカードは海外旅行に本当に便利ですよね。多額の現金を持ち歩かなくても買い物や食事ができ、現地通貨のキャッシングもできる。なんて素晴らしいのだろうと、旅行中、いつもしみじみと感心しています。そんなクレジットカードですが、利用代金の確認は、カード会社から送られてくる明細書を見る、またはネットにアクセスして自分でチェックするなどの方法がありますね。私は毎月、郵送で送られてくる利用代金明細書をチェックしています。海外旅行で使った分は現地で金額を全部メモしているので、明細書が来たら念のため照らし合わせます。ヨーロッパなど数百円単位でもカードがバンバン使えるところに1カ月以上いると、支払いの数もハンパない多さですが、1つ1つチェックするといつもキチンと合っています。いろいろなシステムがときにいい加減そうにも思える海外ですが、カードの支払いに関しては漏れもなく、また覚えのない支払いが混じっていることもありませんでした。そう、ただ1度を除いては!

この記事の続きを見る


セティ2世の像【紀元前12世紀のファラオ】
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/トリノ 
芸術大国イタリアには、屋内、屋外を問わず世界的に知られた美術館・博物館が多数存在します。例えばローマの「バチカン美術館」【厳密にはバチカン市国】、フィレンツェの「ウフィッツィ美術館」や「アカデミア美術館」、屋外であれば「ポンペイの遺跡」や「フォーロ・ロマーノ」etc…。これらは紀元前からのイタリアの歴史を紐解く貴重な国の財産ですが、そのイタリアに実は他のある国の古代の歴史をも辿ることのできる、そのコレクションに於いて世界第二の規模を誇る博物館があることをご存じでしょうか?

この記事の続きを見る


雲南省で石屏と言えば、北門豆腐。石屏名物の豆腐を知らない人はいない
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/建水 
中国の旧市街に行くと、よくある城門です。でも、妙に南国っぽい感じがするのは、バスターミナルからここに来る間に見たシュロの木のせいかもしれません。まだ3月だと言うのに、妙に太陽の光が白くて暑いんです。ここは、中国の西南部に位置する雲南省の石屏です。石屏は、雲南省の中でも南部の紅河ハニ族イ族自治州にあります。ベトナム国境にも近いので、かなり南部です。今日は、すでに27度もあり、長袖シャツを脱いでしまいました。石屏は、中国初の民営鉄道の箇碧石鉄道の石屏駅がある町です。鉄道好きの人なら知っているかもしれませんが、外国人どころか中国人旅行者も少ない町です。でも、こじんまりとものすごく良い町なのです。

この記事の続きを見る


「チャップリンズ・ワールド」は、まさにチャップリン尽くし。あの軽妙な動きを見ると、つい笑顔になってしまいます
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スイス/ベベイ 
喜劇王チャーリー・チャップリンが、スイスに住んで最期をむかえたと知っているでしょうか。スイスは自然が多く、ヨーロッパの中でも安全で、著名人に対して騒ぎ立てない国民性で、有名人が静かに暮らしやすいと言われています。レマン湖に面した西部ヴヴェイの駅前から高台へ向かうと、ワイン畑が広がります。チャップリンは、そこに理想の家を見つけ、妻と8人の子ともたちと1977年に他界するまで幸せに過ごしたそうです。その自宅が博物館「チャップリンズ・ワールド」として、2016年4月から一般公開されています。構想から15年もかかった一大事業です。チャップリンに会いたい!チャップリンの家を見たい!と、すでに、世界中から多くの人たちが足を運んでいます。

この記事の続きを見る


「竹園竹升麺」の牛ナン(月へんに南)麺。やや甘く煮た牛バラ肉のっけ麺は、広東では人気の麺
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/中国/広州(クワンチョウ) 
今から約5年前、2012年の秋、広州に行くと必ず行くことにしている麺館に行くと、「あれっ、久しぶりの広州だから店を間違えたかな?」と思ってしまうほどの行列ができていました。でも、やはりここです。今まで1回も行列なんてあったことがないのに。もともとご近所さんしかやって来ないような目立たない麺館です。麺館というのは、麺の専門食堂のことです。私は、ここの黄味がかった極細麺が大好き。極細なのにしっかりしたコシがあって、本当においしい。決して大きくはない麺館の前にずらーっとすごい列。こんな人気店じゃなかったのに、いったいどうして?

この記事の続きを見る


建築がとてもステキです
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ポーランド/ワルシャワ 
ポーランドの近現代史は、ユダヤ人の存在抜きには語れません。第二次世界大戦前のワルシャワには、30万人以上のユダヤ人が暮らしていたといわれています。これはヨーロッパで最も多い人口数であり、当時のニューヨークに次ぎ、世界第二位の数だったそうです。その後のナチス・ドイツの迫害は誰もが知るところですが、「ユダヤ人とはどんな人々か?」ということを知る人は、案外少ないのではないでしょうか。2013年にできた「ポーランド・ユダヤ人歴史博物館」は、そんな「ユダヤ人とは」の問いに答える、実に大掛かりな博物館なのです。

この記事の続きを見る


モアイ像が並ぶイースター島での宿泊は、キャンプ場がおすすめ! あるいはツアーのほうがいいかもね
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • 中南米/チリ/イースター島 
イースター島と言えば、モアイ像で有名です。1988年、日本のテレビのクイズ番組で、前知事のセルジオ・ラブ氏が「クレーンがあればモアイ像を起こせるのに」と言った話が放映されたのをクレーン会社『TADANO』の社員が観ていました。そして「自社のクレーンで起こせたらいいのに」と思ったのが発端で、数年後にはそれが実現。イースター島にクレーンを運び入れて、発掘調査に協力することになったのです。以来TADANOでは、十年近くこの活動を続け、おかげで日本でイースター島のモアイ像が、より身近に感じられるようになったのではないでしょうか。イースター島は太平洋に浮かぶ島、チリのサンチアゴ、あるいはタヒチのパペーテから、いずれも飛行で5時間半ほどかかります。チリのサンチアゴまでは30時間、タヒチのパペーテまでは11時間強かかります。タヒチのほうが近いのですが、フライト本数が少ないために、最低でも13日間必要となります。

この記事の続きを見る


1 2 3 4 5 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。海外旅行 30万に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介