page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「渡航同意書 イギリス」の見どころ情報

渡航同意書 イギリスに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「イギリス」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


当時のままの姿で再現され現在に至るジョン・フロスト橋
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アーネム 
ヘルダーランド州の州都アーネム。自然豊かで風光明媚な街です。町の南部のネーデルライン川にはのんびりと航行するボート、河川敷をワンコを連れて散歩している地元の人々。そんなゆったりとした光景を眺めてると、ここが第二次大戦下の激戦区だったことが全く想像がつきません。「アーネムの戦い」は、マーケット・ガーデン作戦の最終地点での戦いでした。このネーデルライン川にかかる鉄橋で現在は「ジョン・フロスト橋」と呼ばれる鉄橋が、映画のタイトルにもなった「遠すぎた橋」です。

この記事の続きを見る


トラファルガー広場近くにあるナショナル・ポートレート・ギャラリー
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ロンドン 
世界最大の肖像画コレクションを蔵するというナショナル・ポートレート・ギャラリー。イギリスの歴史や文化に大きな影響を与えた人々を讃える目的で1856年に創設された美術館です。ナショナル・ギャラリーに隣接しあまり目立たない存在ながらも、なかなか見応えがあるのでオススメです。比較的こぢんまりとしたサイズのギャラリーなので、時間が十分に取れないときにでもサッと見て回ることが出来ます。

この記事の続きを見る


シンプルな味付けが美しい
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ロンドン 
Lobosは、2015年にオープンと比較的新しめのお店ですが、美味しいタパスとワインが味わえるとロンドンの食通の間で人気を集めています。現在は、ロンドンブリッジにあるバラマーケット近くと、中心地のソーホー地区に2店舗を構えており、ランチタイムとディナータイムに利用が可能です。このレストランの嬉しいポイントは、シンプルな味付けのメニューが揃っていること。素材の旨味が引き立つ、素晴らしい料理を堪能することができます。

この記事の続きを見る


セント・トーマス病院内にあるフローレンス・ナイチンゲール博物館
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ロンドン 
近代看護学の草分け、そして看護師の鑑として知られるフローレンス・ナイチンゲール。現代では考えにくいことですが、看護婦という職業は下層階級の無教養な女性が就く仕事と考えられていた時代に、家族の反対や階級社会の壁を超えて看護婦となった意志の強い女性でした。またナイチンゲールは、ロンドンのセント・トーマス病院内に看護学校を設立して後継者の育成にも努めたのですが、その看護学校跡に開館したのがフローレンス・ナイチンゲール博物館。彼女の子供時代やクリミア戦争での体験、看護学についてなど興味深い展示があります。

この記事の続きを見る


ブダベストで人気ナンバー1の観光スポット、国会議事堂
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ハンガリー/ブダペスト 
すでに海外でGoogleの地図検索機能を使っていらっしゃる人は、なんだ、そんなことは常識! と思われるかもしれませんが、今回はまだ海外でスマートフォンのネット接続はWi-Fiフリーのところだけ、という人のために、ご紹介します。今年10月、初めてハンガリーのブタペストを訪問。海外でも常時スマホのWi-Fiが繋がっていないと不安という友人と旅したときのこと。「鈴木さん、昨年10月、台風一過の翌日に電車が計画運転をしていた時、早朝タクシーで成田を目指したんですけど、運転手さんからGoogle経路検索はどこより信頼できる、と言われて、そこでググって動いている電車で成田まで行けたのです。その後、私は海外でもGoogle経路検索して観光しています」。そんな彼女と初ブダペストを観光するとき、ほとんどGoogleで、スイスイ、迷うことなく、1日で10か所以上も行きたい観光地やお店を巡ることができたのです。

この記事の続きを見る


キャメロンハイランドの中心地リングレットとタナーラタの間にあるバラート・グループのキャメロン・バレー・ティーのティーハウス入り口
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/キャメロン・ハイランド 
マレーシアの高原リゾートとして名高いエリアはいくつかあります。パハン州を中心に広がる標高約1500mの丘陵地帯が続くキャメロン・ハイランド(Cameron Highlands)もその一つ。1800年代後半にイギリス人測量士ウィリアム・キャメロン氏が最初に発見したとされており、その名の由来となっています。年間平均気温が20-25度前後と過ごしやすい気候のため、避暑地という言葉がまさにぴったり。1925年に紅茶栽培が始まり、現在ではマレーシア国内屈指の産地として知られています。マレーシアの紅茶といえばボー(Boh)ティーが知られていますが、今回ご紹介するバラート・グループ(Bharat Group)のキャメロン・バレー・ティ(Cameron Valley Tea)もキャメロンバレーを代表する紅茶製造会社です。

この記事の続きを見る


1階フードコート「FOOD
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/マルタ/ヴァレッタ 
マルタ共和国の首都バレッタに、2018年1月、「ls-Suq Tal-Belt」がオープンしました。外観もシックですが、一歩中に入ると、その雰囲気が濃くなります。スペインのマドリードにあるサン・ミゲル市場や、バルセロナのボケリア市場の雰囲気を取り入れたともいわれるフードコートは、遺跡が多いマルタにあった落ち着いたムードが漂います。茶色を基調として、クリーム色の凝った支柱が目を引くホールには、和洋中のフードコーナーが並んでいます。バレッタはレストランが豊富で困ることはないですが、このフードコートなら、友人や家族でそれぞれが食べたいものを選べますし、待ち時間が短めなので便利です。地中海料理、中東料理、アジア料理(寿司、パッタイ(タイの焼きそば)、インドネシアカレーなど)、ハンバーガー―、サラダバー、マルタの焼き菓子など、選ぶのに困るほどです。筆者は滞在中、数度ここで食事しました。

この記事の続きを見る


チェーン店だけど、、、
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューヨーク 
今回紹介したい筆者のおすすめコーヒーショップは、チェーン展開するLe Pain Quotidien(ル・パン・コティディアン)です。チェーン展開されていても各店舗ごと、フードクオリティや店舗・空間デザインがしっかりしていてどこに行ってもハズレがない印象が強いブランドカフェです。またフードに使用されているものは、塩胡椒やはちみつ、ジャムに至るまで全てオーガニックにこだわったオーガニックカフェとしても有名です。ジャムやはちみつは、店頭でも購入可能ですよ。元々はベルギーでスタートしたカフェですが、今ではイタリア、スイス、フランス、オーストラリア、カナダ、クウェート、ロシア、スペイン、トルコ、イギリス、アメリカ(都市部のみ)で展開されているそうです。テイクアウトも充実していますが、今回はイートインしてきました!

この記事の続きを見る


ジョークも効いた?!イギリスらしさ満点グッズ
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ロンドン 
老舗百貨店「リバティ」からもほど近いCarnaby Streetに位置したWe Built This Cityは、2014年にオープンしました。ロンドンのお土産市場に革命を起こすことをミッションとして、ロンドンの街にインスパイアされた幅広いジャンルのアイテムを取り揃えています。店内に並ぶアイテムは、どれもユニークなものばかり。ボリス・ジョンソン英首相をはじめ、イギリスの政治家をモチーフにした犬用のおもちゃがあったり、ロイヤルファミリーを思わせるキュートな靴下があったり。他にも、スーパーマーケット「TESCO」のロゴをもじったエコバッグなど、クスッと笑えるイギリスらしさが溢れています。

この記事の続きを見る


ライム・リージスの防波堤コブ
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/エクセター 
ドーセット州の特別自然美観地域に位置する海辺の町ライム・リージス。ライム・リージスは、ドーセット州からデボン州東部まで続く約153kmの海岸線、ジュラシック・コーストと呼ばれる世界遺産の一部でもあります。ジュラシック・コーストからは数々の化石が発見されたり迫力のある海岸線が見られるので、アウトドア派にもぴったりなエリアです。(以前のジュラシック・コーストに関する記事はhttps://www.ab-road.net/europe/uk/london/guide/04948.html)

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。渡航同意書 イギリスに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介