page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「点字 飛行機 ある場所」の見どころ情報

点字 飛行機 ある場所に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「飛行機 ある場所」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


どこまでも続くスカイブルーの海と白砂のコントラストがまぶしい! この海を独り占めできちゃう幸せを味わって。
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/サムイ島(タイ) 
今回ご紹介するのはバンコクから飛行機で約1時間ちょっとの島、サムイ島にある人気ホテル「アナンタラ・ボプット」です。アナンタラはタイで展開していたリゾートホテルグループで、今ではモルディブやバリ、そのほかのリゾート地でも欠かせない人気ホテル。サムイ島にも2件のアナンタラ・リゾートがあるのですが、今回選んだのは「アナンタラ・ボプット」。もうひとつの「アナンタラ・ラワナ」にい比べて、市街地からは少し離れてしまいますが、その分静かでのんびりとした大人のリゾートステイを楽しむことができます。

この記事の続きを見る


「点字」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ドナウ越しに見たバイエルン州歴史博物館。今回のバイエルン州展覧会の会場です。
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/レーゲンスブルク 
バイエルン州展覧会は、1976年にスタートし、バイエルン州内の様々な都市でほぼ毎年の様に開催される展覧会です。毎回テーマが設定され、それに沿った展示がされるのですが、レーゲンスブルクでの開催は、2000年、2014年に続き、今回3回目です。2019/20年のテーマは、1000年の歴史に眠る100の財宝。2019年9月27日から2020年3月8日までの開催です。2014年の時点では、いくつかの博物館に分散しての開催でしたが、今回の会場は、レーゲンスブルクに今年2019年6月にオープンしたばかりのバイエルン州歴史博物館。その初めての特設展となります。漠然とした今年のテーマ、あまり期待せずに行って見たのですが、なかなか立派なものです。財宝というと、金銀のきらびやかなものを想像しがちですが、それだけでなく、古文書であったり、古い絹の靴や皮のブーツ、タペストリーなど、色々なものに出会えます。

この記事の続きを見る


色々な人種が住んでいて、それぞれの言葉を話す人がいるパリ。この博物館がパリの中心にあることの意味も分かる気がします。
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
パリの中心、6区に位置し、ルクセンブルクの庭園と聖スルピス教会の間にひっそりと佇む「MUNDOLINGUA」は、言語、言語学を扱った個性的な博物館です。「言語学」といわれると、何やら難しく聞こえますが、この博物館では心配無用。訪問者が言語と歴史を学ぶ上で「体験」することによって理解できるようにと、ユニークな展示方法で魅了します。ニュージーランド生まれの創設者はパリで言語学を学び、マスターを取得した後、言語のための特別な遊び場を作ろうと思い立ちました。そこで言語学研究者、エンジニア、学生、アーティストなどと協力して3年間かけて非常に豊かなものを作り出すことに成功したのです。

この記事の続きを見る


橋の上の芸術家たち。カレル橋は、ゆったり渡ろう
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
チェコのプラハ歴史地区は、ユネスコ世界遺産に指定されています。プラハ歴史地区には、プラハ城や旧市街広場、またカレル橋も含まれます。プラハに行ったら、カレル橋ははずせない観光スポットです。もともと14世紀から15世紀にかけて、つくられた橋ですが、補強のための工事は幾度となく行われていて、今も現役の橋です。19世紀中ごろまでは、プラハ旧市街とその反対側をつなぐ唯一の橋だったので、プラハの人々にとって、なくてはならないものでした。それが、いまや一大観光スポットになっています。

この記事の続きを見る


このあたりがカルチエラタンと呼ばれるようになったのは、12世紀。ソルボンヌ大学の前身である神学校ができたころ、神学生たちはラテン語を話していたことに由来。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
この街がパリと呼ばれるようになるのは4世紀のこと。それ以前、リュテースという名で呼ばれていたころから、現在パンテオンがある場所は、街の中心でした。ローマ帝国支配下では、市場や集会所、政治や司法のとりおこなわれる場でもあったフォラムが、ここにありました。その後、5世紀になると、パリはアッチラ率いるフン族に襲撃されますが、そのときにパリを守り抜いた聖女ジュヌヴィエーヴにちなみ、現在のパンテオン界隈は、聖女ジュヌヴィエーヴの丘と呼ばれるようになりました。

この記事の続きを見る


美しいアーチにやさしい光が差し込む、建築ファンも必見のコペンハーゲン中央駅構内
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/デンマーク/コペンハーゲン 
北欧といえばレベルの高い福祉で有名ですが、そういったことは住民でないとなかなか見たり感じたりしにくいもの。でも、せっかくデンマークに来たならそんな一面に触れてみたいですよね? 今回は、ここ中央駅でそれらを感じられるポイントをご紹介したいと思います。ここは市民が通勤で使う場所でもありながら、旅行者も行きかう場所。のんびりしたデンマークではめずらしく忙しく賑わう場所だと言えるかもしれません。歴史を感じさせる美しい赤いアーチ状のフレームは、鉄筋ではなく、なんと木造です!

この記事の続きを見る


「飛行機」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

地元っ子の格好のデートスポットに
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
その圧倒的な規模と活気で訪問者をいつでも驚かせてくれる、シンガポールのチャンギ国際空港。年々進化しているこの空港に、2019年4月、またも度胆を抜く施設がオープンしました。「ジュエル(Jewel)」という名前のとおり、南国の陽を受けて輝く宝石のようなガラスドーム。ショッピングモール、飲食店、トランジットホテル、アトラクションコーナーなどが集まった、巨大複合施設です。

この記事の続きを見る


くねくねした1.4キロの桟橋がインパクト大!
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/インド洋ビーチ/モルディブ 
マーレのヴェラナ国際空港から水上飛行機で約40分のヌーヌ環礁のメドゥファル・ラグーンに位置する「ソネバジャニ」。モルディブの伝説的リゾート「ソネバフシ」の姉妹リゾートです。“ジャニ”とはサンスクリット語で“叡智”。5つの島からなるプライベートラグーンに築かれたリゾートには、自然の叡智が感じられる仕掛けが随所にちりばめられています。そして、このリゾートも斬新なデザインが印象的です。26棟のヴィラをつなぐ桟橋は、くねくねと蛇行し、モルディブ最長の約1.4キロもの長さ。各ヴィラも、三角形のとんがり屋根がどこかホビットの映画に出てきそう。リゾートに到着時、海から目にするリゾート風景にワクワクしてきます。

この記事の続きを見る


ロシアを代表する航空会社、アエロフロート
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ロシア/モスクワ 
ヨーロッパの国々へは、いろいろなエアラインが飛んでいます。私は先日、初めてアエロフロート・ロシア航空を利用してみましたので、その経験をお伝えしたいと思います。今回、アエロフロートを選んだのはズバリ、自分が探した航空券の中でいちばんお安かったから。次に安いエアラインと1.5万円の差があり、目的地までの乗り継ぎ時間も短かったことが決め手となりました。初めての利用なので不安もありましたが、何事も挑戦。試してみたら思った以上に快適な旅ができましたよ!

この記事の続きを見る


バスルームは強気の全面ガラス張り!(もちろんブラインドがあります)
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
トランジットなど、ごく短期間の滞在のためにシンガポールに立ち寄るとしたら、どのホテルを選びますか?制限エリア内でトランジットホテルに泊まるのもいいですが、空港から出られない・設備の割に料金高め・滞在の時間制限がシビア(3時間、6時間など)等マイナスポイントもあります。時間貸しのトランジットホテルよりもう少しリッチに過ごしたいけれど、中心部まで出るほどでもないステイであれば、正解はひとつ。「クラウンプラザ・チャンギエアポート」です!

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。点字 飛行機 ある場所に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介