page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「烏鎮 藍染」の見どころ情報

烏鎮 藍染に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「烏鎮 藍染」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


大都会の上海から片道2時間以内には、こんな風景の水郷古鎮が数多く残っている
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/上海 
2月末から始まったプレミアムフライデー! 関空からできる限り移動に時間をかけず、ぱっと行って、ぱっと帰って来られる場所と言えば、中国の上海です。中国東方航空で行けば、片道約2時間! 午後9時15分には、上海浦東国際空港に到着です。東方航空よりも出発時間が遅い吉祥航空でも午後11時前に到着です。空港からは地下鉄1本で中心部まで出られるので本当に便利! もちろん、当日中にホテルにチェックインできます。翌日は、大都会の上海からちょっと離れて、運河と古い町並みを一緒に楽しめる水郷古鎮に行ってみませんか!

この記事の続きを見る


上海から日帰りオッケー! 烏鎮で思いっきり旅の王道を楽しもう!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/鳥鎮 
「水がある古い町並みって、やっぱりいいなあ」と、しっとりとした趣のある水郷の風景に思わず、見とれてしまいます。とは言っても、決して静かなわけではなく、まわりは観光客でいっぱいなんですが。ここは浙江省の烏鎮です。上海からは約140キロ、江蘇省の蘇州と浙江省の杭州からは約80キロと、どの町からも日帰りできる距離にあるので、人気の古鎮です。思いっきり観光地化されていますが、ここはストレートに観光を満喫しましょう! 1300年以上の歴史があると言われる烏鎮は、もともとは東柵地区だけでした。2003年から整備修復工事をはじめ、新しく開放されたのが西柵地区です。

この記事の続きを見る


一人ではなかなか足を運ぶ事が難しい小さい水郷ですが、最近では日本からのツアーでも日程が組まれているようです。ちょっとコアな水郷は、必見のスポットです。
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • アジア/中国/上海 
上海周辺の水郷といえば、蘇州や杭州がとても人気が高く有名ですが、江南地方には他にも小さな水郷が数多くあります。小さな水郷はアクセスが少し不便なため、個人旅行ではなかなか行く事が難しいのですが、そのぶん風情のある町並みとゆったりとした人の流れが残っていて、海外ツアー客だけではなく、上海の方々にも人気があるようです。今回ご紹介する烏鎮は、上海と杭州のちょうど中間地点にある小さな水郷で、杭州に行くついでに足を運ぶ人たちも増えている注目のスポットです。

この記事の続きを見る


「烏鎮」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

紹興市内中心部から118路バスで「安昌大酒店」下車。本数も多いので、紹興市内から余裕で日帰りできる
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/紹興(シャオシン) 
自分が行ったことがある観光地の記事を見つけると、「今、どんな風になっているのかな?」と気になりませんか? 中国の場合、自分が行った頃は、マイナーで観光客も少なかったのに、わずか数年で異常なほど観光客が増えて、まるで別の場所のようになってしまう。こんなことが少なくありません。2018年10月上旬、中国のニュースサイト「今日頭条」で「最も味わいがある水郷古鎮! 観光客はみんな長廊に感動! 烏鎮や西塘にも劣らないのに入場料は不要!」という記事を見つけました。この水郷古鎮は、上海に近い浙江省紹興の安昌古鎮のことでした。

この記事の続きを見る


桂林総バスターミナルより毎日8時30分、13時30分に黄姚古鎮行きのバスあり。片道約3時間
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/桂林 
2018年9月、中国のニュースサイト「今日頭条」で、こんなタイトルの記事を発見。「烏鎮よりも古く、麗江よりも清らか! 息が詰まるほど美しいところなのに、人気の無さに胸が痛くなる」。中国の記事って、タイトルが大げさと思いつつも半分は、納得です。この記事がとりあげているのは、中国西南部の広西壮族自治区東部にある「黄姚古鎮(ホワンヤオグーチェン)」です。黄姚古鎮は、広西壮族自治区内では、非常に有名です。広西壮族自治区と言えば、水墨画の世界が広がっていることで知られる桂林が一番有名です。黄姚古鎮は、桂林から日帰りで行く観光地とも言えます。

この記事の続きを見る


ひなびた雰囲気が美しい安昌古鎮。紹興市内より118路バスに乗り、安昌大酒店で下車
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/紹興(シャオシン) 
水がある風景って、やはり心が落ち着きます。中国で水がある風景と言えば、運河沿いに村が広がっている水郷古鎮です。上海や蘇州近郊に多く、周荘、西塘、同里、烏鎮などが知られています。そんな水郷古鎮の中でも安昌古鎮は、ちょっとマイナーです。紹興酒で有名な浙江省の紹興郊外にあります。紹興は上海の西南に位置しており、運河が美しい町です。安昌古鎮は、上海からダイレクトで行けないせいか、観光客は少な目です。そのかわり今もひなびた古鎮の風景がそっくりそのまま残っています。2017年8月3日の中国旅游サイトを見ていると、安昌古鎮が「2017年最も行く価値がある9つの古鎮」に選ばれていたことを知りました。

この記事の続きを見る


798芸術区の中にある工場を利用したギャラリー。文革期のスローガンが残っている
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
中国は広すぎて、行ってみたいところや見たいものが、分散しています。日本人に人気の中国と言えば、四川省のパンダ、桂林のような水墨画の世界、雲南省の少数民族などなど。周荘や烏鎮のような水郷古鎮と呼ばれる、古い水郷の街も日本人に人気があります。水郷古鎮は、上海近郊に集まっています。どれも北京がある北方の文化や自然ではなくて、南方のものばかりです。それに比べて北京は中華人民共和国の首都なのに、少し人気がないようです。

この記事の続きを見る


中国の物価をなめたらあかん! 高速バスはけっこう高いぞ!
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/中国/成都(チェントゥ) 
昨年11月、中国で立て続けに、中国旅行が初めてという日本人旅行者に会いました。初中国の感想はなんと、全員が同じ。「中国の物価って、予想よりだいぶ高い!」でした。そして、こう付け加えるのです。「特に交通費と入場料」。同じ宿の大学生は、2週間の中国旅行の予定で持ってきたお金の3分の1以上を滞在たった3日で使っていました。「だからもう鉄道は乗れないんです。とにかくカードで払える飛行機で移動します」と言うのです。飛行機の格安チケットは割引率に差がありますが、カード払いオッケーです。これなら現金払いの鉄道と違い、所持金は減りません。今、中国の物価の上昇は大変なことになっています。

この記事の続きを見る


水と緑が美しい烏鎮。ノスタルジックな雰囲気がまだまだ残っている、今大注目の水郷。
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • アジア/中国/鳥鎮 
上海と杭州のちょうど中間に位置する烏鎮は、周庄・同里・西塘などと並び、江南6大水郷の一つとして有名です。烏鎮の歴史は古くなんと1000年以上、唐代にまでさかのぼります。上海周辺には大小合わせ沢山の水郷がありますが、中にはかなり観光地化が進んでいるところもあります。しかしこちらはまだまだ昔ながらの風景が残っており、ノスタルジックな情景を求めて足を運ぶ観光客が年々増えている大注目のスポットなんです。今回は烏鎮の町並みと水の上からの景色をご紹介します。

この記事の続きを見る


「藍染」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

黒いスレート板でサービスされるチョコレートケーキ
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/エルフルト 
ゲーラ川の畔に開けた古都エアフルト。ゲーラ川とは聞いたことのない川だが、テューリンゲンの森から湧き出でるウンシュトルート川の支流で、ナウムブルクでザーレに合流し、最後は大河エルベに流れ入る。13あるドイツワインの栽培地域の一つがザーレ・ウンシュトルートで丁度この辺りだ。旧市街を流れていくゲーラ川は、場所によっては子供が水遊びできるほど浅くて川幅も狭い。そのゲーラ川に架かっているのがエアフルトきっての観光名所クレーマー橋である。この橋のすぐ近くに有名なチョコレート屋さんがある。店の名はゴールド・ヘルム。黄金の兜、という意味だ。手作りチョコレートの店で、エアフルトではゴールド・ヘルムを知らぬ人はいない。老舗ではなく、創業は2005年という近年オープンの店なのに、美味しさと新しい試みですぐに有名になった。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。烏鎮 藍染に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介