page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「狩人 中世」の見どころ情報

狩人 中世に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「狩人 中世」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


大理石の柱、モザイクの床、円蓋の天井は吹き抜けになっているエントランスホール
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
ウィーンの環状道路リングシュトラーセは旧市街を取り巻いていた市壁を取り払った跡地に建設された大通りだ。両側には荘厳華麗な建物が並んでいるため、リングを一周するだけでもかなりのウィーンの観光名所を回ることができる。その名所の一つが美術史博物館だ。19世紀後半、時の皇帝フランツ・ヨーゼフはハプスブルク家の美術コレクションを収める博物館の建設を命じた。最初にドレスデン国立歌劇場(ゼンパー・オーパ)を手掛けたドイツのゴットフリート・ゼンパーが取り掛かり、その後をブルク劇場なども手掛けたウィーンの建築家カール・フォン・ハウゼナウアーが受け継いで完成させた。3階建ての堂々たる建物で、内部も外観に劣らぬ美しさ。中央のエントランスホールや、そこから2階へ続く階段の間などは目を見張る豪華さだ。

この記事の続きを見る


中世の修道院を復元した美術館、クロイスターズ
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューヨーク 
マンハッタン最北端の、小高い丘の上に立つ『クロイスターズ』はメトロポリタン美術館(MET)の分館。中世ヨーロッパの空気を放ち、大変美しい小さな美術館です。クロイスターズとは「回廊」という意味。館内の回廊や礼拝堂は、フランスの修道院や教会の廃材等をNYに移設し、復元されたもので、建物自体が美術品となっています。NYの実業家ロックフェラー氏の功労の賜物と言えるクロイスターズ、土地はロックフェラー氏の寄付、さらに彼が所有していた美術品も加えられ、1920年代に現在の姿でオープンしました。

この記事の続きを見る


「狩人」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

熱帯雨林での目玉!ピラニアを釣って食べる!
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • 中南米/ボリビア/ラ パス 
ルレナバケから行くパンパスツアー紹介の続きです。2日目の朝から長靴を借り、巨大なヘビの一種「アナコンダ」を探します。長靴はあくまでも足を保護するためであって、浸水を避ける性能はありません。すなわち、どこかしら穴の開いた長靴です。アナコンダ探しでは湿地帯を歩き回るので、隠れた枯れ枝などで怪我をしないように長靴を履きます。他のツアーグループも同じ目的でこの場所へ訪れるので30人以上の人間がアナコンダを探します。

この記事の続きを見る


ウィーンの美術史美術館には、教科書で見たことがある絵も
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
ウィーンというと、音楽のイメージが強いかもしれませんが、美術関係も、なかなかのものです。パリのルーブル美術館やオルセー美術館に、ひけをとらないクオリティです。ウィーンの美術館の代表格といえば、なんといっても美術史美術館です。リンク道路沿い、オーストリア女帝マリアテレジアの像を挟んで立派なふたつの建物がありますが、マリアテレジアからみて左側の建物のほうです。

この記事の続きを見る


かつての庭門から入ると中庭が広がっている
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/フランクフルト 
金融都市フランクフルトは欧州中央銀行が聳えるなど高いビルばかり建ち並んでいるイメージがある。ところが旧市街の中心広場レーマーは戦後オリジナル通りに再建されているし、マイン川向うのザクセンハウゼン地区には昔の姿を留めた場所もある。どちらも観光名所でレストランが並んでいるため、古き良き時代を偲ばせてくれるこれらの地域で楽しい時を過ごすことが多いのでは。どちらにも属さない、それでいてフランクフルトならではのレストランを御紹介しよう。オールド・フランクフルト風でもなければ今風というわけでもなく、またザクセンハウゼンのように下町風でもない。クラシックでモダン、それでいてエレガントなレストランだ。

この記事の続きを見る


バイエルンの守護聖人であるバヴァリアの像
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ミュンヘン 
毎年9月半ばから10月にかけて、ミュンヘンは大賑わい。世界中から600万人もの人がこの町にやってくる。ビール祭り「オクトーバーフェスト(10月祭)」が開催されるからだ。この祭りで消費されるビールは500万リットルといわれている。会場となるテレージエンヴィーゼンには、ミュンヘンを代表する14のビール醸造所の大テントが並び、その周りは架設の大遊園地場となる。食べ物や土産物の屋台で道は埋まり、遊園地もあることから大人も子供も共に楽しむことができる。2008年は9月20日から始まり、16日間飲めや遊べ、歌えや踊れと騒いだ後、10月5日に幕を閉じる。

この記事の続きを見る


伝統的な鷹匠装束に身を包んだサグサイソムのベテラン鷹匠の皆さん。重要な行事には必ず登場。サグサイソムは県庁所在地ウルギーから約30km。快適な宿泊施設もあり、一番手軽なカザフ文化体験できる村です
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • アジア/モンゴル/ウルギー 
猛禽類を調教して獲物をとる狩人を日本では総称して「鷹匠」と呼びます。日本でも古来、クマタカによる鷹狩は武士のたしなみでした。アラブではハヤブサを使った貴族のスポーツとして今でも人気があります。でも実生活に鷹匠文化が残っているのは世界でもわずか。アルタイ山脈に暮すカザフ民族がその文化の継承者です。中でも群を抜いて多くの優秀な鷹匠が現役で活動しているのがモンゴル国バヤンウルギーです。社会主義による伝統文化の弾圧、市場経済化による経済的な困難に耐えて民族の誇りであるイヌワシ鷹匠文化を守り続けています。

この記事の続きを見る


「中世」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ビジターセンター入り口。写真一番手前にある柱のようなものは、石橋の付け根にある時計台のアーチの部分。ここに昔は扉があったのでしょうか。施錠できるようになっていたのかな?と歴史に引きつけられます。
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/レーゲンスブルク 
レーゲンスブルクのシンボルである、ドナウにかかる石橋の脇に、このビジターセンター(2011年開館)はあります。ここは、2006年に世界遺産となった(自由都市)レーゲンスブルクと(バイエルン州)シュタットアムホーフについて、ドイツ語と英語にてわかりやすく説明するための施設です。ツーリストインフォメーションも併設されており、係りの人がカウンターに座っているので、質問したいことがあれば、どんどん利用しましょう。旅行で到着したのが土日であっても大丈夫。ここは毎日オープンしているので、非常にありがたい施設。旅行者の味方です。

この記事の続きを見る


トラファルガー広場近くにあるナショナル・ポートレート・ギャラリー
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ロンドン 
世界最大の肖像画コレクションを蔵するというナショナル・ポートレート・ギャラリー。イギリスの歴史や文化に大きな影響を与えた人々を讃える目的で1856年に創設された美術館です。ナショナル・ギャラリーに隣接しあまり目立たない存在ながらも、なかなか見応えがあるのでオススメです。比較的こぢんまりとしたサイズのギャラリーなので、時間が十分に取れないときにでもサッと見て回ることが出来ます。

この記事の続きを見る


シマウマ模様のインテリアが斬新な、ニュクス・ホテルのスタンダードルーム
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
プラハは10世紀頃からボヘミア王国の首都として栄えていたが、近世の大戦には巻き込まれることがなかった。それ故にカレル四世が築いた中世ゴシックの町並みと、アール・ヌーヴォーなど近世の町並みが入り交じる美しい古都だ。ベルリンの壁崩壊後は社会主義時代に建てられたホテルを西側資本のホテルが次々に買収していった。その後、西側資本で新たに多くの高級ホテルが建設された。近年になって、プラハには大型ホテルのチェーンではない独自のホテルが誕生している。中心部でも戦火に遭っていない館が多いので、内部を改修して素敵なプチホテルがオープン。外観は古めかしい歴史的建物だが内部は快適な造り、というわけだ。そして昨今、次の時代を感じる新しいホテルが出現。その一つが若い人々に圧倒的な人気のニュクス・ホテルを紹介しよう。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。狩人 中世に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介