page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「白川郷 アルベロベッロ」の見どころ情報

白川郷 アルベロベッロに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「白川郷」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


どこまでも石垣と牧草地が続くアラン諸島の風景
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/アイルランド/イニシュモア島 
アイルランド観光地のなかで随一の人気を誇るアラン諸島。その人気のわけは、なんと言っても古くからの島の風景を残していることに尽きます。日本で言えば合掌造りで有名な白川郷のようなものでしょうか。アラン諸島のイメージ写真で必ず見られる牧草地を囲う石垣は、海から吹く強風に草が飛ばされないよう造られたもので、「Trellis トレリス(格子)」と呼ばれています。また、島の地盤はもともと岩のみでできており、石灰岩を細かく砕いて海藻を混ぜた土を敷き詰めて、長い歳月をかけることで土壌が作られました。この独特な風景、一度は見てみたいと思う方も多いと思いますが、アラン諸島の観光は必ずしも簡単ではありません。今回は、アラン諸島観光の方法と注意点をお教えしつつ、島の観光スポットをご案内していきます。

この記事の続きを見る


世界遺産の村は貸し切り状態!!
  • テーマ:
  • 世界遺産
ハンガリーの北、スロバキアとの国境近くの山間に「ホッローケー」という小さな村があります。ホッローケーという名前はハンガリー語の“カラス(ホッロー)”と“石(ケー)”を組み合わせたもの。これは『昔々、この村の美女が誘拐されて隣国の城に幽閉されました。美女を助けるために乳母が悪魔と契約を結び、悪魔はカラスに城を襲わせて、くちばしでつついて城を崩させました。そして、崩れた石を積み上げて造ったのが今のホッローケー城なのです』という伝説に由来します。今でも村の紋章には石を持つカラスが描かれ、また村の入り口には石の上に立つカラスの像があり、訪れる者を迎えてくれます。

この記事の続きを見る


中心となるコシュート・ラヨシュ通り。分かれ道に建つのは木造のカトリック教会
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ハンガリー/ブダペスト 
山間の小さな谷に広がる赤い屋根の集落。一見するとヨーロッパのどこにでもあるような村である。ここはブダペストから車で北東へおよそ90キロのホッローケー村。途中の丘から眺めるホッローケーは長閑でおだやかな様子を見せていた。1987年、この村が世界遺産に登録された。古い民家が建ち並ぶ集落で、独特の建築様式が世界遺産の対象となった。ブダペストの歴史地区と並んでハンガリーで初めての世界遺産に登録されたのである。近代化から取り残されて埋もれていた村が、一躍有名になり、観光客は世界中からやってくるようになった。今日ではブダペストからバスの便があり、2時間ほどで到着する。

この記事の続きを見る


「アルベロベッロ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

外壁に石灰乳を塗った白い街並みの印象的な町が多い
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/アルベロベッロ 
昨今大人気の南イタリア。世界遺産のアルベロベッロのトゥルッリがメディアに注目され始めたのをきっかけにその人気は急上昇!イタリア最南東端のプーリア州は、イタリア半島をハイヒールのロングブーツに例えたならアキレス腱からヒール全体にあたり、その細長〜い州の南半分に町は位置しています。ところで南伊というとちょっと怖いイメージもありがち? いえいえ、むしろこのヒール部分は整然として平和でのんびりとした町が多く、アルベロベッロに引けをとらない古い独特の歴史や文化がとても興味深くて、温かい人々との出逢いにも癒されるというお薦めの旅エリアなんです。

この記事の続きを見る


宿泊施設「trullo
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/アルベロベッロ 
日本人のみならず、世界中の観光客に大人気のアルベロベッロ。ブーツ型のイタリア半島のかかとの付け根あたりに位置するこの世界遺産の町は、一度は行ってみたい憧れの場所ですよね。トゥルッリと呼ばれる円錐形の屋根はあまりにも有名ですね【町については2010/08/30に紹介】。ここに来たならそれを眺めるだけじゃもったいない! この世界遺産地区に、それもトゥルッリ屋根の家に宿泊してみたい☆今日はそんな方々へのインフォメーションです。

この記事の続きを見る


モニュメントのようなこの円錐形の石積みが”トゥルッリ”
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/アルベロベッロ 
薄い石の積み重なるこの物体、何だかお分かりですか!? これだけじゃ分からない!? では次の写真を! 白塗りの壁に三角帽の屋根がポコンと載った住宅、そう、1996年にユネスコの世界遺産に登録された南伊のアルベロベッロです。イタリアの形をブーツに例えると、ちょうどヒールの付け根の辺り。これが本当に家かと疑ってしまう、表現が貧困ながらもやっぱり“可愛”くて、胸が躍ってしまう街並み。イタリアで赤褐色やベージュの景色を見慣れた目には、真っ白とグレーのコントラストもとっても新鮮ですね。

この記事の続きを見る


ランダム更新!本日のおすすめ見どころ・ガイド記事

テマスカルが行われる小さいドーム型のストラクチャ―。インストラクターが体験者に説明しています。
  • テーマ:
  • 癒し
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/カリブ・中南米ビーチ/カンクン 
テマスカル(Temazcal)は、アステカ帝国時代から続くメキシコの伝統的な儀式です。現在は一種のスパ・トリートメントとして利用されていますが、アステカ時代には心・体・魂の3つを清める大切な儀式でした。まさに魂から生まれ変わるための儀式として行われていたテマスカルは、デトックス効果など体に良い効果があるだけでなく、体と共に心も浄化されたような気持ちになると言われています。伝統的でユニークな儀式であるテマスカルをメキシコのビーチリゾート、リビエラ・マヤで体験することができます。

この記事の続きを見る


カスタムメイドのパワーストーン・ブレスレット
  • テーマ:
  • スピリチュアル
  • 行き先:
  • ハワイ/ハワイ/オアフ島 
ワイキキにある大人気のパワーストーンのお店、「ピュア・ストーン・ショップ」。テレビなど多くのメディアで紹介された有名店です。特筆すべきなのは、ここのオーナーのキャサリンの不思議な力!キャサリンさんが、お客さんのエネルギーを視て、その人のエネルギーの状態にあったパワーストーンを組み合わせて、ブレスレットを作ってくれます。

この記事の続きを見る


「カフェおかえり」店内とオーナーのみちこさん
  • テーマ:
  • 世界のカフェ
  • 行き先:
  • アジア/インド/リシケシ 
リシケシにある「カフェおかえり」は、2011年にオープンした日本人女性みちこさん経営の自然食レストランです。「カフェおかえり」では、極力キビ砂糖、ヒマラヤ岩塩、海塩を使用、また調理油は米ぬか油、お醤油とお味噌はインドのアラハバードオーガニック協同組合の発酵を止めていないものを使用、玉ねぎ、ニンニクは不使用、野菜は農薬除去効果のあると言われるリタハーブ水に漬けた後、浄化水で洗うなど体に優しいお食事を提供しています。「カフェおかえり」のあるリシケシはガンジス川のある小さな町です。日本人にはガンジス川と言うとバラナシの方が有名ですが、リシケシのガンジス川の方がより綺麗で、首都のデリーからも近いんですよ。

この記事の続きを見る


鉄の扉から入り、地下へ降ります
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
「シンガポールと日本の歴史を目の当たりにする、新しくなった戦争遺構『バトル・ボックス』」その1からの続きです。バトル・ボックスへは、鉄の扉を入って地下9メートルの深さまで、階段で降りていきます。この地下要塞が連合軍の地下司令室として初めて作られたのは、第二次世界大戦開戦目前の1930年代後半でした。1941年、「マレー作戦」が始まり、日本軍がマレー半島を南下していきます。日本軍(5万人)は、兵士の数では連合軍(12万人)に比べて圧倒的に不利でした。そのため当初は日本軍を楽に撃退できると楽観視していた連合軍でしたが、“マレーの虎”と恐れられた山下中将に率いられた日本軍は、難攻不落と思われていたシンガポールを追い込んでいきます。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。白川郷 アルベロベッロに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介