page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「直前 ヨーロッパ」の見どころ情報

直前 ヨーロッパに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「直前 ヨーロッパ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果59

1 2 3 4 5 末尾 次へ


検索サイトは24時間、いつでも航空券を探すことができる
  • テーマ:
  • エアライン・空港
航空券を探すときに多く利用されているのが航空券検索サイトである。日程、目的地などを入力すれば、さまざまなルートの航空券が提示され、安い順や所要時間の短い順などに並べ替えられることができ、「複数都市の周遊」「直行便のみ」「航空会社指定」「時間帯指定」などもできる。さらに「この航空会社以外」といった表示もでき、かなりカスタマイズして航空券検索ができるようになっている。運賃も燃油サーチャージ、諸々の空港での保安料の類も含められているので、総額で表示される。 検索サイトは航空会社や旅行会社のサイトとリンクしていて、いわば検索サイトは航空券を探すだけで、検索サイトと契約して航空券を購入するわけではない。予約をクリックすると、その航空券を扱っている航空会社や旅行会社のサイトへ移動する仕組みになっている。 1円単位の総額表示であるが、空港の保安料などは外貨建てのものを日本円に換算しているので、実際に予約をすると、若干の数字の誤差は生じる場合はある。

この記事の続きを見る


Fronalpstock(1922メートル)からの眺め
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スイス/シュピーツ 
夏のシーズン、スイスの人たちは、森の中や湖の周りを歩くだけでなく、山に上って歩くことも好きな人が多いです。1、2、3、4時間コースなど、ハイキングのルートはスイスのどこに行っても整っています。チューリヒ中央駅からたった1時間のシュヴィーツ駅(Schwyz)、そこからバスと登山鉄道(ケーブルカー)とスキーリフト(チェアリフト)を乗り継いでたどり着く2つの山、Fronalpstock(1922メートル)と、Klingenstock(1935メートル)にもハイキングコースがあり、人気です。ハイキングをしなくても、この1900メートル級の山々に行くことはおすすめです。湖が真下や遠くに見え、山々の連なりを堪能できる素晴らしい場所です。まさに、スイスらしい大自然の写真が撮れます。Fronalpstockは、展望広場があり、レストランもあり、木製の遊具がある遊び場もあってひらけています。冬は、ここでスキーができます。

この記事の続きを見る


列車とクラスさえ決めれば、あとは簡単
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/キエフ 
「ウクライナ鉄道で、長距離を快適に移動しよう!(その1)」からのつづきです。地名と日付を入れて進むと、列車の候補が出てきます。候補がない場合は、その旨の文が出ます。乗りたい列車を決めたら、希望のクラスを選択。すると座席が選べます。あとは画面に従って進めば、支払いへ。最後にほんの小額の手数料が加わります(私が予約したときは8フリヴニャでした)。席の状況は刻々と変わります。目当ての列車の3等寝台は「残り7席か」と思っていたら、数日後に同じ3等寝台が80席に増えていたこともありました。席は減るだけでなく、増えることもあるのですね。こうした予約でよくあるように、タイミングと決断力、そしてときにはあきらめが肝心のようです。※1フリヴニャ=約4.2円。2019年3月時点

この記事の続きを見る


T字路にある、白っぽい建物。北側から見た所。1970年代後半から加速した、レーゲンスブルクの建物の大幅改築。その中でも一番最後に改築されたという。一見シンプルで平凡な建物のようですが、実は大切な重要文化財です。
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/レーゲンスブルク 
ここ、レーゲンスブルクでも最も重要な役割を果たした家系、というのがいくつかありますが、その一つが「ツァント」という貴族です。13世紀に建てられたこの家は、ロマネスク様式に後期ゴシック様式がふんだんに取り込まれたもの。1771年に、公爵一家トゥルン・ウント・タクシスが買い取り、図書室、古文書館として使用していたものを、1812年に売却。それを買い取ったのが、ベアナルド兄弟です。そして、その建物を改築せずそのまま嗅ぎタバコの工場にしたのだとか。嗅ぎタバコを製造する際に、6.5トンもの重さの樽がいくつ置かれていましたが、一つの部屋に複数の樽が置かれても底が抜けない。それはまさにゴシックの天井が、重さを分散させているからなんだそうです。ツァントの家だけでは手狭なので、隣にあったインゴルシュテッターの家を買い足して、1998年まで嗅ぎタバコの工場がありました。2008年、100ほどあった部屋のうち、3部屋をそのまま残し、嗅ぎタバコ博物館として公開するようになったのです。

この記事の続きを見る


子供から老人まで、みんなボスナが大好き。
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ザルツブルク 
ホットドッグと言えば、細長いソーセージを同じ長さのパンに挟んだホットサンドイッチだ。ソーセージの本場ドイツでは、常設屋台のカウンターで頼むと、紙皿にソーセージとゼンメルと呼ばれる丸いパンが乗って出てくる。テイクアウトする場合はこのパンにソーセージを挟んでくれる。そうすると丸いパンの両脇からソーセージがはみ出してパンと一緒に食べにくい。しかし、ここザルツブルクのバルカン・グリルではソーセージとパンの長さが同じ。まず、パンがカリカリと香ばしくておいしい。同じパンをホテルの朝食や巷のパン屋さんで見たことがない。特別に焼いてもらっているようだ。ソーセージそのものも勿論おいしいが、なんと言ってもオリジナルの特製ソースが味を引き立てている。このホットドッグの名前は「BOSNAボスナ」だ。

この記事の続きを見る


旧約聖書の「ユーディット記」を題材にしたクリムトの「ユーディット」。ベルヴェデーレ宮殿所蔵。
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
2019年は日本とオーストリアが国交を樹立して150年になる。これを記念して日本では東京都美術館に於いて4月半ばから7月初めにかけて大規模なクリムト展が開催される。過去に行われたクリムト展の中で最も大きく、クリムトの作品20点が展示される。オーストリアからは黄金きらめく、あの「ユーディット」や緑の色彩が美しい「アッター湖畔のカンマー城」などがやってくるのだ。「ユーディット」をはじめ、多くのクリムトの作品が常時展示されているのがウィーンのベルヴェデーレ宮殿。クリムトのコレクションでは世界一で、最も有名な「接吻」はここにある。館内では19世紀末から20世紀初頭にかけてのウィーン・モダニズム画家たちの作品が充実しており、エゴン・シーレの「死と乙女」や1918年、亡くなる直前に完成した「家族」も観ることができる。

この記事の続きを見る


車掌さんとのコミニュケーションも楽しい食堂車
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スイス/チューリヒ 
「欧州周遊ユーレイルパスとユースホステルの旅1/ドイツ編(前編)ミュンヘンのホフブラウハウス」からの続きです。ミュンヘンを満喫した後は、ユーレイルパスを使ってスイスのチューリヒを目指します。ミュンヘン中央駅はスイス、イタリア、ハンガリー、オーストリアなど周辺諸国への国際列車が発着するドイツ南部の主要駅です。近代的で広々としていて、世界の旅人が行き交い旅情を誘います。ドイツグルメを味わえるビアカフェやレストラン、カラフルなジンジャーブレッドの売店などが充実していて、時間を有効に使えます。電光掲示板で行き先とホームを確認して、ミュンヘンとチューリヒを結ぶ国際列車ユーロシティEC194号に乗り込みました。定刻12時11分に出発。約5時間の鉄道の旅が始まりました。

この記事の続きを見る


空港コードはKBP。ちなみにこの写真を撮ったのは到着階ではなく、出発階です
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/キエフ 
これまでウクライナに行くときは、ポーランドなど近隣の国に飛んでから、バスで陸地から入っていた私。けれど今回は飛行機で堂々(?)、首都のキエフから入国しました。そこで初めて着いたボルィースピリ空港、到着フロアの模様をお伝えしたいと思います。私は成田からドーハ経由でキエフに着きましたが、入国審査などの用紙は特になく、税関はパスポート1つで通過できました。また空港では簡単にWi-Fiがつながりましたよ。

この記事の続きを見る


音楽隊のファンファーレが通りに響き渡るといよいよパレードの開催
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/マインツ 
ドイツビールの祭典はミュンヘンのオクトーバーフェストが知られていますが、ドイツワインの祭典はご存知でしょうか? 前回、世界最大のワイン祭り「ソーセージ市」をお伝えしましたが、今回はドイツ西南部ランランド・プファルツ州のワイン街道沿いの街ノイシュタットで行われるドイツワインの祭典「ブドウ収穫祭」を紹介します。またこのイベントに先駆けて開催されるドイツ新ワイン女王の選出についてもお伝えします。この「ブドウ収穫祭」は、例年9月末から10月初めに開催されます。今夏ドイツでは好天が続きブドウ収穫も例年より少し早いようですが、2018年は9月28日から10月15日まで繰り広げられます。収穫祭直前のドイツワイン女王とプリンセス2人の選出審査会が始まると、ノイシュタットは、ワインの話題で一気に盛り上がります。

この記事の続きを見る


近代的な建物のフェリーターミナル
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/バーリ 
「バーリからアドリア海を渡ってドゥブロブニクへ」前編からの続きです。バーリの港は旧市街を抜けた北西にあり、旧市街から十分に徒歩で行ける距離です。大きなフェリーターミナルの中は受付カウンターのようなものもいくつかありますが、実はここではドゥブロブニク行きのチケットは買えません。チケットを買うには、フェリーターミナルからさらに2kmほど西に行ったチケット窓口まで移動する必要があります。この区間は歩けない距離ではありませんが、道路は車の行き来が激しく歩行者向けではないため、無料で出ているシャトルバスを利用するのが無難です。フェリーターミナル側はベンチ&屋根付きのバス停がターミナルのすぐ前にあるので、場所はすぐにわかるでしょう。

この記事の続きを見る


1 2 3 4 5 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。直前 ヨーロッパに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介