page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「砂糖 お土産」の見どころ情報

砂糖 お土産に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「砂糖 お土産」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果88

1 2 3 4 5 末尾 次へ


複数種類のある生はちみつ
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ダナン 
東南アジアは日本とはまったく異なる熱帯の気候。そこで栽培される南国の植物を素材とした食べ物は、日本では食べる機会が滅多にない貴重なものばかりです。せっかく南国のダナンに旅行するのだから、ありがちなクッキーやチョコレートだけではなく、ベトナムならではの名物お菓子をお土産に買って帰るのはどうでしょうか。ここではダナン旅行者が是非手に入れてほしい名物菓子をご紹介します。

この記事の続きを見る


地面にナッツや豆、マリーゴールドで作られた美しいアート作品。
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • 中南米/メキシコ/プラヤ・デル・カルメン 
メキシコでは、毎年11月1日と2日に、死者の日(Dia de Muertos)と呼ばれる、最もメキシコらしく、最も美しい祝祭が行われます。この時期は、町中がカラフルな色紙で装飾され、服を着た骸骨の飾り物をあちこちで見ることができます。死者が家族に会いに帰ってくるこの期間は、決して悲しい期間ではなく、楽しく色とりどりのアートで死者を迎えます。今回は、メキシコの死者の日の期間に販売される、素敵なお土産になり得るグッズをご紹介しましょう。

この記事の続きを見る


程よい硬さのワッフルと香ばしいキャラメルがクセになる美味しさです。食べやすい一口サイズのパッケージも人気です。
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
ストロープワッフル (stroopwafel) は、薄焼きにしたワッフルの間にキャラメルシロップを挟んだオランダ発祥のお菓子です。昔懐かしい美味しさで、日本人の口にも良く合うことから、オランダ在住日本人がお勧めするお土産に必ずランクインする逸品です。19世紀初頭のゴーダの街で、とあるパン職人が残り物でお菓子を作ったのがストロープワッフルの始まりです。当初「貧乏人のクッキー」と呼ばれたストロープワッフルは、やがてゴーダ以外の街にも広がり、20世紀には工場で大量生産されるようになりました。スーパーに並ぶストロープワッフルには、チョコレートやハチミツ、イチゴ、マンゴー、ラベンダーなど様々なフレーバーがあります。温かいコーヒーカップにのせて、キャラメルを柔らかくしてから食べるのがアムステルダム流です。

この記事の続きを見る


駅チカで気軽に立ち寄れる製菓用品店
  • テーマ:
  • ライフスタイル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
プロ御用達の製菓用品店と聞くと、観光気分で立ち寄るには敷居が高いように感じてしまいますが、今回ご紹介するお店『MORA』はレ・アル駅からも近くとても入りやすい店構え。1814年創業の歴史あるこちらのお店、プロのパティシエはもちろん、お菓子作り好きなマダムなどで連日にぎわっています。

この記事の続きを見る


ドイツではクリスマスシーズンになるとあちこちで販売されます
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/デュッセルドルフ 
日本ですっかりお馴染みスイーツのふわふわで優しい味バウムクーヘン。ご存知かと思いますが、バウムは「木」、クーヘンは「ケーキ」を意味するドイツ語です。まさに見た目が木の年輪のようなこのお菓子は、1800年代初期にドイツで誕生したといわれています。発祥の地は、明確ではありませんが、旧東独ザクセン・アンハルト州の街が最初だったという記録があります。日本に伝わったのは1919年3月4日。ドイツ人菓子職人カール・ユーハイムの焼いた一品でした。ドイツカフェの先駆者ユーハイムはこの日を「バウムクーヘンの日」と制定し、2019年は100周年を迎えます。日本では一年中、美味しいバウムクーヘンが入手できますが、ドイツの事情は少し異なります。その歴史を探ると、本場ドイツ菓子職人のこだわりが見えてきました。

この記事の続きを見る


クリスマスのイルミネーションを見ていると寒さが和らぎます。
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
クリスマスシーズンはヨーロッパではどこも賑やかになります。特にアドベントが始まると、ヨーロッパ各地でクリスマス市が開かれ、小さい小屋が立ち並びます。ヨーロッパの中でもドイツとフランスのアルザス地方はクリスマス市が有名です。クリスマス市では主にクリスマスツリーの飾りやロウソク、防寒具などを販売し、町によってはその地方の名物を販売する店もあります。食べ物の屋台も人気で、チーズの断面を温め、溶けたチーズをパンやジャガイモに載せていただく「ラクレット」、また塩漬けキャベツに豚スネや様々なソーセージを入れて煮込んだ「シュークルート」が特に行列ができます。飲み物としてはホットワインが有名です。赤ワインに、シナモン、八角、オレンジピールなどの香辛料と、砂糖やシロップを加えて火にかけたもので、寒い冬にはぴったり。芯から温まります。アルコールを飲めない人にはホットアップルジュースがオススメ。ほんのり甘い香りが漂い幸せな気持ちに。

この記事の続きを見る


慶州市内に残る古墳群「大陵苑」。観光ついでにファンナムパン本店へどうぞ
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/韓国/慶州(キョンジュ) 
韓国旅行の目的地として、近年じわじわと人気が高まっている慶州。遺跡や寺院などの観光資源が豊富な慶州では、ソウルにはない、ゆったりした時間が流れています。慶州に行ったら、お土産は何がいいでしょうか? 正解はやっぱり、「ファンナム(皇南)パン」でしょう! あんこを小麦粉で作った薄皮で包んで焼き上げたお菓子です。“パン”という名前こそついていますが、実物はどう見ても、かわいい“おまんじゅう”です。

この記事の続きを見る


食品ブランドEntopiaの「スプーン・スイート」。風味は右から、バラの花びら、マンダリンオレンジ、マルメロ、ブドウ、サワーチェリー。各245g入りで約900円。日本でも購入してもらいたいと、現在、販売ルートを準備中です
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/アテネ 
スプーン・スイートは、旬の果物を水と砂糖とレモンジュースなどで煮た伝統食です。煮詰め過ぎず果実の形が残っていて、ジャムほど粘り気はありません。ニンジン、ナス、チェリートマトなどの野菜、そして、バラの花やレモンの花も使われています。ギリシアで、何百年も前から食べられてきました。各家庭で祖母から母、母から娘へとレシピが受け継がれてきたそうです。いまは時代が変わって、自分で作るよりも市販品を買うことが普通になっています。Entopiaというアテネの食品ブランドは、「私のおばあちゃんのスプーン・スイートは最高でした!」と設立者が話してくれたように、そんな懐かしい味を厳選した素材で作って販売しています。

この記事の続きを見る


Demel店内のケーキのショーウィーンドー。素敵なケーキが並んでいて名前も書いてあるのでここで要チェック。
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
ウィーンを代表するカフェの1つ、Demel。その歴史は1786年にまで遡ります。場所やオーナーは変わっていますが、ウィーンの伝統的なカフェは現在にまで引き継がれ、世界的に有名なカフェになっています。観光客だけではなく、現地の人にも人気のカフェ。ウィーンにはたくさんの素敵なカフェがありますが、ここもウィーンに来たら絶対に外せないカフェ!そんなDemelを堪能出来るポイントをご紹介します。

この記事の続きを見る


ランチにおやつに夕食にパーティーに、様々な場面で食べられるパンネンクーケン
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
2017年3月に『アムステルダムのパンネンクーケンハウス厳選3店』の記事をアップしましたが、日本でもパンネンクーケンを楽しみたい方のためにレシピをご紹介します。パンネンクーケンはもともと家庭で気軽に作れるメニューで、トッピングにはお好みの食材を選べます。味付けもメープルシロップだけではなく、スイーツ系にはフルーツソースやチョコレートソース、食事系にはBBQソースやマヨネーズ、イタリア風やタイ風など、数限りないバリエーションがあります。ベースとなる生地を焼いたら、日本の食材をトッピングしてオリジナルレシピを試してみるのも楽しいかもしれません。

この記事の続きを見る


1 2 3 4 5 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。砂糖 お土産に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介