page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「砂絵 デザイン」の見どころ情報

砂絵 デザインに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「砂絵」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


http://www.marriott.co.jp/hotels/travel/dxbjw-jw-marriott-marquis-hotel-dubai/
  • テーマ:
  • 家族で海外旅行
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/アラブ首長国連邦/ドバイ 
ドバイには世界一背の高い建物、ブルジュハリファ(2017年9月現在)があることで有名ですが、世界一背の高いホテルもあります。ツインタワーの客室からの眺めは最高!窓にぴったりついて下を見ると足がすくみます。ドバイの建物はどれもユニークなのでキッズもビルウォッチングに飽きないよう。プールは広く、観光から戻ってきてひと泳ぎするのにぴったり。ママは外ではコンサバの恰好が望ましいですが、ホテル内のプールではビキニでも大丈夫。夏は日中の気温が40度を超えるので、親子で水分補給を十分にするように心がけたいもの。

この記事の続きを見る


「デザイン」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

半世紀以上の歴史を誇るメーカー
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/セルビア/ベオグラード 
セルビアの首都・ベオグラードの繁華街、クネズ・ミハイロ通りに大きめのキッチン用品店を見つけました。そのときはたまたま閉まっていましたが、友人と2人「なんかいいね〜」とガラス越しに中をのぞいていたら、通りがかったマダムに声をかけられました。「これはセルビアのブランドで、とても人気があるんですよ。お土産にもいいと思いますよ」。Metalacというブランド、それまで知りませんでした。しかもセルビア発の会社とは!親切なマダムのおかげで、俄然、興味がわいてきました。

この記事の続きを見る


「言几又」旗艦店。高新区錦業路マイ(しんにょうに万)科商業中心1、2階。地下鉄3号線「延平門」駅下車後タクシーが便利
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/西安 
陝西省の古都西安で、ものすごく素敵な美術館みたいな書店に行ってきました。陝西省の古都西安と言えば、思い浮かぶのは世界遺産の秦始皇帝陵博物館、楊貴妃と玄宗皇帝、三蔵法師などなど。長安と呼ばれた西安は、秦、漢、隋、唐などの王朝の都として栄えたところ、市内はもちろん郊外も含め、歴史遺産の宝庫です。西安を観光しようと思ったら、できれば2泊3日ぐらいはほしいところ。1日は郊外観光にあて、兵馬俑や華清池に行きたい。残り2日で市内の鐘楼、大雁塔、陝西歴史博物館、回民街、城壁などをまわりたい。「こんなに歴史遺産がいっぱいある西安で、どうしてわざわざ書店に行く必要があるの?」と思うでしょう。

この記事の続きを見る


サイゴン川を一望できるのは最高の贅沢。角部屋は壁2面が大きな窓になっているのでかなりの人気だそう
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ホーチミン 
2015年にオープンして以来、サイゴン(ホーチミン市)きってのゴージャスホテルとして知られている『ザ レヴェリー サイゴン』。オープンの翌年には旅行誌『コンデナスト トラベラー』から「注目の新ホテル」として取り上げられ、その翌年2017には同誌が開催する「The Best 50 Hotels in the World」アワードで4位を取得するという実力の持ち主で、一気にワールドクラスのホテルにカウントされるようになりました。ショッピングにも便利なホーチミン1区に位置し、サイゴン川に面しているというその立地の良さから、すでに素敵ぶりがうかがえます。

この記事の続きを見る


店内デザインはケリー・ウェスラーとスコット・バリー
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ロサンゼルス 
今年の6月にサンタモニカにオープンしたばかりで、すでに人気のレストラン「Onda(オンダ)」。それもそのはず、ロサンゼルスの有名シェフ、ジェシカ・コスローと、メキシコの有名シェフ、ガブリエラ・カマラがコラボしたレストランだから。ロサンゼルス・タイムズ紙やロサンゼルス・マガジン誌など多くのメディアでも取り上げられて、今とっても話題。2人はポップアップ(期間限定)レストランでも一緒にやってきたので、その息もぴったり。

この記事の続きを見る


デ・ハール城はオランダで最も美しい中世のお城と讃えられています。
  • テーマ:
  • 城・宮殿
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/ユトレヒト 
ハールザイレンス (Haarzuilens) はユトレヒトの北西10kmに位置する、人口500人の小さな町です。13世紀から続くデ・ハール城の城下町として発展しました。デ・ハール城は18世紀から19世紀にかけて荒廃したものの、1892年から20年の歳月をかけて全面的な再築工事が行われ、ネオ・ゴシック様式のお城に生まれ変わっています。オランダで最も大きいお城ですが、その佇まいは愛らしく、城壁やお堀、つり上げ橋などに中世の面影を残しています。現在のデ・ハール城は、城主のファン・ザイレン家が滞在する9月を除いて、ミュージアムとして一般公開されています。2002年の訪問者数は7万6千人にのぼり、オランダのミュージアム訪問者数ランキングでも20位内に入るほどの人気スポットです。

この記事の続きを見る


南国フルーツを使ったジャムが大人気
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/バリ島(インドネシア) 
KOU CUISINEは、有名オーガニックソープ専門店「KOU」の姉妹店にあたる食材店。KOU同様、余計なものを極力加えていない自然派商品を販売しているのが特徴です。主力商品はインドネシア産のフルーツから作られたジャムと、バリ島・クサンバ村産の天然塩ということですが、観光客にはフルーツの自然な甘みを楽しむことができるジャムの人気が特に高い模様。マンゴーやパッションフルーツなど、南国ならではの果実を使ったジャムは日本へのお土産にぴったりですよね。

この記事の続きを見る


全て職人によるハンドメイド
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ポーランド/ワルシャワ 
近年日本でも人気上昇中の『ボレスワヴィエツ社』の食器はポーランド西部にあるボレスワヴィエツという町で作られています。スタンプや筆を使って職人さんが一つひとつ絵付けし、全てハンドメイドで作られているのも魅力のひとつ。デザインによってランクが変わり、複雑なデザインになればなる程、希少価値も上がり価格も上がります。写真のデザインは、定番柄の『クジャクの目』和食とも相性がよく普段遣いしやすい柄です。

この記事の続きを見る


それでは、ケアンズの街北側から散策スタートです!
  • テーマ:
  • ライフスタイル
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/ケアンズ 
今日はケアンズの海岸通りエスプラネード沿いに北側(空港側)から歩いて見られるアート作品を楽しみましょう!エスプラネードの北側先端にある金属のオブジェ。「マイグレーションノース」というタイトルのメタリックなポールは、ブライアン・ロビンソンによる作品です。ブライアン・ロビンソンは、トーレス海峡諸島出身アーティストとしても著名で、作品のモチーフとして、トーレス海峡諸島民の昔からのアートに使われてきたオーストラリアの動物をかたどったマークが使われています。

この記事の続きを見る


ファームハウスの広大なエリアを優雅に歩けばマイヤード気分。
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フィンランド/ヘルシンキ 
ヘルシンキから車で40分、バスで1時間、ヘルシンキ=ヴァンター空港からは車で20分ほどの郊外にトゥースラ(Tuusula)という自治体があります。トゥースラ湖とその周りを取り囲む豊かな森や博物館やカフェなどの文化的な拠点は、都会の喧騒から逃れたいヘルシンキ市民のユートピア。そのトゥースラ湖畔に、17世紀の封建時代の大地主が所有していた由緒あるファームハウスを改築したホテルがあります。その名もKrapi(クラピ)。 おしゃれな木の柵に囲まれた広大な土地に、昔の農園の姿そのままに、ホテルとレセプションがある母屋、レストランや会議室となっている離れ、湖畔のサウナ小屋に夏の野外劇場やテラスなどの大小の建物や施設が点在しています。そこはホテルというよりはもう、一つのエリア。りんごや様々なベリーの樹木や低木などの豊かな自然に包まれて、ヘルシンキ郊外に住むフィンランドの人々の気分がたっぷり味わえることでしょう。フィンランド国内では気軽にぶらり立ち寄れる観光地として知られるトゥースラですが、海外からの観光客はまだ珍しく、空港からすぐ近くの秘境として静かに眠っています。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。砂絵 デザインに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介