page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「砂絵 英語」の見どころ情報

砂絵 英語に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「砂絵」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


http://www.marriott.co.jp/hotels/travel/dxbjw-jw-marriott-marquis-hotel-dubai/
  • テーマ:
  • 家族で海外旅行
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/アラブ首長国連邦/ドバイ 
ドバイには世界一背の高い建物、ブルジュハリファ(2017年9月現在)があることで有名ですが、世界一背の高いホテルもあります。ツインタワーの客室からの眺めは最高!窓にぴったりついて下を見ると足がすくみます。ドバイの建物はどれもユニークなのでキッズもビルウォッチングに飽きないよう。プールは広く、観光から戻ってきてひと泳ぎするのにぴったり。ママは外ではコンサバの恰好が望ましいですが、ホテル内のプールではビキニでも大丈夫。夏は日中の気温が40度を超えるので、親子で水分補給を十分にするように心がけたいもの。

この記事の続きを見る


「英語」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

フォトジェニックな店内
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ダナン 
店内テラス席には色とりどりのランタン、建物はホイアンをイメージした黄色の外観となっています。日中も夜も、写真映えはバッチリ。

この記事の続きを見る


自分へのお土産はオーストラリアらしい雑貨がほしい!
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/ケアンズ 
今日は、雑貨屋さん的お土産探しにOKギフトショップを訪れました。日本人の観光でケアンズを訪れた方ならきっと必ず訪れていると思います。それだけに、日本人女子心をくすぐるかわいい雑貨がいっぱい、センスの良いおみやげが見つかります。自分へのおみやげは、オーストラリアらしさがありながら、「おしゃれな」雑貨がほしいですよね。こちらのKoh livingの雑貨は、オーストラリアの先住民アボリジニーの点描画やオーストラリアの植物を描いた、キャンドルホルダーやマグカップなど眺めてはいつもオーストラリアを思い出し、いつも使えて、場所も取らない(笑)おしゃれな家庭雑貨がずらり♪デザインが素敵だから存分に迷ってください♪

この記事の続きを見る


モントリオールの街が始まった場所に建つ博物館
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/モントリオール 
カナダ第二の都市として栄えるモントリオールは、1642年に建設されたヴィル・マリーという名前の村から始まります。現在その場所に建つのがこの博物館「ポワンタ・キャリエール考古学歴史博物館」です。今ではそのヴィル・マリーの時代から現代までのモントリオールの街の歴史を学べる博物館として、多くの人が訪れています。街の建設の様子や、当時の人々の様子など様々な展示を見る事が出来ます。

この記事の続きを見る


ドナウ越しに見たバイエルン州歴史博物館。今回のバイエルン州展覧会の会場です。
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/レーゲンスブルク 
バイエルン州展覧会は、1976年にスタートし、バイエルン州内の様々な都市でほぼ毎年の様に開催される展覧会です。毎回テーマが設定され、それに沿った展示がされるのですが、レーゲンスブルクでの開催は、2000年、2014年に続き、今回3回目です。2019/20年のテーマは、1000年の歴史に眠る100の財宝。2019年9月27日から2020年3月8日までの開催です。2014年の時点では、いくつかの博物館に分散しての開催でしたが、今回の会場は、レーゲンスブルクに今年2019年6月にオープンしたばかりのバイエルン州歴史博物館。その初めての特設展となります。漠然とした今年のテーマ、あまり期待せずに行って見たのですが、なかなか立派なものです。財宝というと、金銀のきらびやかなものを想像しがちですが、それだけでなく、古文書であったり、古い絹の靴や皮のブーツ、タペストリーなど、色々なものに出会えます。

この記事の続きを見る


ウォッカ博物館の建物はかつてのウォッカ工場
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ポーランド/ワルシャワ 
「ウォッカ」というと私たちはまずロシアを思い浮かべるかもしれません。ウォッカの歴史は、中世にアラブ諸国から中欧に伝わった蒸留酒の技法から生まれたものという説があります。そのためポーランドも「うちが本家」と主張しており、ロシアと「どちらが起源か」と1977年には法廷闘争も起きたほどです。そのくらいポーランドでは、ウォッカは昔から飲まれている国民酒と言ってもいいお酒です。代表的な銘柄には日本でもおなじみの「ズブロッカ」がありますね。ただし現在のポーランドでは、ウォッカのような強い酒の代わりに軽いビールが主流になりつつあるようです。さて、そんなポーランドのウォッカ作りの歴史を学べ、試飲までできるウォッカ博物館がポーランドの首都ワルシャワにあります。今回、その博物館を見学してきたので、ご紹介しますね。

この記事の続きを見る


「Gem
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
シンガポールで何を食べましょうか?中華系の人が7割以上を占める国ですから、中華料理がおいしいものが多いです。グルメにシビアな中華系の人々が連日行列している中華レストラン「プーティエン(Pu Tien、甫田)」へ行ってみませんか。ここは、シンガポールのミシュランで一つ星を獲得しているレストランです。シンガポール国内に13店舗(2019年現在)を展開し、マレーシア、上海、香港、北京、台湾など世界各地にも精力的に進出しているんですよ。

この記事の続きを見る


世界で一番美味しいカレーとも言われたマッサマンカレー。ほのかな辛さの中に、ココナッツの深いコクと上質な甘みが感じられるルーにとろとろに煮込まれたチキンがIN。一度食べたらヤミツキ!
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/ミクロネシアビーチ/グアム 
グアムで食べられる美味しい物といえば、まず思いつくのがハンバーガーやBBQ、豚の丸焼きなどなど肉料理じゃないでしょうか?どれも日本のサイズとは桁違い!ボリューム満点のお肉にかぶりついて、アメリカンな気分を味わうのもグアム旅行の醍醐味ですよね。とは言え、連日続くとちょっぴりヘビーというのも正直なところ。そんなときは気分を変えてタイ料理はいかがでしょう?実はグアムにはいくつものタイ料理があり、その多くのシェフは本場タイの方。グアムに居ながらタイ本場の味が楽しむことができるのです。その中でも圧倒的に支持されているのが「BAN THAI(バンタイ)」。今回はその人気のヒミツをご紹介しましょう!

この記事の続きを見る


ウィーン分離派会館地下にあるベートーヴェン・フリーズの2番目の壁「敵対する勢力」
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
2019年は日本とオーストリアの修好150周年記念にあたるため、春先から色々な特別展が開催されている。先陣を切って4月から7月まで開催された東京都美術館の「クリムト展」では、クリムトの代表的作品「ユーディット」やクリムトの別荘があったアッター湖畔の風景画、その他多数のスケッチ画などが展示されてクリムトファンを楽しませた。その中に、クリムトが1901年に制作した「ベートーヴェン・フリーズ」という長さ34メートルに及ぶ壁画の複製があった。大掛かりな企画に驚いた人も多いと思う。この絵はウィーンのセセッション(分離派会館)という建物の中の一室にあり、壁画なのでオリジナルを運ぶことはできず、複製で展示された。クリムト的なタッチではあるが、やせ細った数人の裸婦やゴリラのような怪物、裸で抱き合う男女などが描かれ、初めて目にする人は、大変風変わりなこの作品に戸惑いを感じたであろう。

この記事の続きを見る


勝手がわからない海外の空港については、あらかじめネットなどで詳細を調べておくと安心
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
初めての海外旅行でも、一人旅でも、出発は勝手知ったる日本の空港。日本語が通じますし、掲示板の案内も日本語です。しかし、帰国便は海外の空港からです。基本的な流れは日本でも海外でもほぼ同じですが、細かいところに違いがある場合も。そこで、今回は帰国便搭乗までの手続きについてプロセスと注意事項をご紹介します。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。砂絵 英語に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介