page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「福岡 上海 フェリー」の見どころ情報

福岡 上海 フェリーに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「福岡 上海 フェリー」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


プレミアムフライデーの海外旅行 アジアにいながらヨーロッパ気分のマカオへ!
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/マカオ/マカオ 
プレミアムフライデーの恩恵に預かれそうなあなた。あなたが旅好きさんであれば、「週末に海外旅行へ」と考えるのは当然ですよね。けれどもこの短期間で行くなら、行き先はかなり限られます。私のおすすめは、“あえてひと頑張りしてマカオへ”。その理由は、なんといっても、香港、韓国、台湾、上海といった近隣の土地よりも、「遠くへ来た」という感覚が段違いだからです! 近くて遠い不思議な旅の気分を、ごく短時間でも味わえるのがマカオの魅力なんですよ。

この記事の続きを見る


「福岡 上海」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

2019年から成田〜バンダルスリブガワン間の運航をはじめたブルネイ航空
  • テーマ:
  • エアライン・空港
2019年3月にブルネイ(正式にはブルネイ・ダルサラーム国)の首都バンダルスリブガワンから成田へ初の直行便としてロイヤルブルネイ航空が週3便就航したが、6月には早くも増便され、現在は週4便運航となっている。 成田から往路は昼発、現地夕方着、復路は現地深夜発、成田に朝着、現地2泊であれば、2泊4日のスケジュールになり、復路は機中泊となる。機材はエアバスA320、座席数は150席である。 ブルネイはボルネオ島にある小さな国、面積は茨城県より少し小さい程度、3方をマレーシアに囲まれ、残りは南シナ海に面している。マレーシアのコタキナバルからは100キロも離れていないところに位置している。アセアンに加盟、天然資源輸出を基にした裕福な国で、個人に対する税金がないという国である。 多くの日本人にとって未知の国であろうブルネイだけに行くのにためらってしまう向きには、旅行期間を5〜6日として、ブルネイとマレーシアのコタキナバルを訪ねてみるというのはいかがだろうか。この間は空を飛べば40分、海路でもつながっている。マレーシアのボルネオ島側と小国のブルネイを訪ねる旅は、近くて、なおかつ新鮮な旅が待っていそうである。

この記事の続きを見る


機種変更後、日本と中国をつなぐのが名機B747-400
  • テーマ:
  • エアライン・空港
中国国際航空(エアチャイナ)は中国のナショルフラッグキャリアとして1949年に設立。1974年に東京と大阪に就航。現在は東京(成田・羽田)、大阪、札幌、仙台、広島、名古屋、福岡、沖縄の8都市と中国を結ぶ路線を運航。経由直行便も含めて北京、上海、大連、天津、成都、重慶、深センとを結んでいる。その中国国際航空が、今年2014年7月1日から成田〜北京、成田〜上海間のフライト機材を約180席のA321型機から約340席のB747-400型機に変更。さらに、2014年8月1日から、関空〜上海線を増便。1日2往復便から3往復6便体制になるため、ぐっと多くの座席数で利便性が向上した。

この記事の続きを見る


真っ赤なドラゴンが目印。1988年から日本の地方都市に就航する歴史を持ち、今も日本〜香港〜アジアを結ぶ。
  • テーマ:
  • エアライン・空港
香港から中国を中心にアジア各都市44ヶ所を結び、日本から直行便のないアジア各都市への旅行に頼りになる香港ドラゴン航空。日本からは沖縄と福岡から香港へ直行便を運航するほか、親会社となるキャセイパシフィック航空とつなげれば羽田、成田、大阪、名古屋、札幌といった主要都市から香港経由で就航都市までスムーズにアクセス可能。また2013年3月から順次、新ビジネスクラス及び新エコノミークラスを導入、新開発エンターテイメントシステムStudioKA も採用される。1月25日には中国本土の温州に運航を開始、3月28日にはベトナムのダナンへ就航予定と、さらにネットワーク&サービスを広げている。

この記事の続きを見る


自然豊かな西湖は、上海からのアクセスも充実しており、避暑地として人気が高い。
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • アジア/中国/杭州(ハンチョウ) 
北京・南京・西安・開封・洛陽と並ぶ中国六大古都の一つで、銭塘江の港町として栄えてきた杭州は、上海のような近代的な雰囲気とは違い、自然が豊かで「地上の楽園」と呼ばれる風光明媚な観光地です。主な名所は、南宋時代の繁華街を再現した歩行者天国・河坊街や中国禅宗寺院の一つ霊隠寺・名将を祀る岳廟など数えきれないほどあり、じっくり見ていると1日では時間が足りません。また龍井茶の名産地としても有名で、おいしいお茶とお茶菓子でのんびりした時間も過ごせます。

この記事の続きを見る


建築はフランスのシャルル・ドゴール空港を設計した仏建築家ポール・アンドリューによる
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/中国/上海 
前回の羽田〜上海行きに続き、今度はもうひとつの空港、上海浦東国際空港を利用して上海に行く方法をチェックしてみたい。1999年に開港した新しい国際空港で、成田や大阪、名古屋、福岡など羽田を除いた国際線が日本から乗り入れている。世界各国からのフライトが発着し、国内線的立場の上海虹橋空港と比較してもまぎれもない上海の玄関口といえる。ターミナル1とターミナル2に分かれ、スタイリッシュな建築が印象的な近代的なエアポートだ。そして、目玉はなんといっても空港と市内を結ぶリニアモーターカーだ。

この記事の続きを見る


上海は日本からのアクセスが大変充実している。羽田から約2時間半、福岡から約1時間半とあっと言う間
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • アジア/中国/上海 
太陽が月に隠れてしまう日食という現象がありますね。日本の陸地では北海道で1963年に観測されたのですが、それから46年振りとなる2009年7月22日、各地でその瞬間を見ることができます。日本の多くの場所では、太陽の一部分が隠れる部分日食が、そして屋久島・種子島・奄美大島などでは皆既日食が観測できるそうで、次のチャンスはなんと26年後の2035年9月2日とまだまだ当分先になるそうです。そんな中、皆既日食を見るにはここ!と注目を集めているのが、日本からのアクセスも充実している上海 なんです。

この記事の続きを見る


「福岡 フェリー」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

釜山の魚市場
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • アジア/韓国/釜山(プサン) 
日本の下関と韓国の釜山が初めて航路で結ばれたのは、1905年のことです。関釜フェリーの始まりでした。1910年に日韓が併合されると、さらに重要度は増し、当時の鉄道省は壮大な計画を描きます。それが大東亜縦貫鉄道です。日本は島国なので、併合した韓国の釜山を基点に、南はシンガポールに達する路線、ロシア経由でシベリア鉄道を使ってドイツのベルリンに達する路線を考えていたのです。しかし日本が先の大戦で敗戦すると、大東亜縦貫鉄道どころか、関釜フェリーも廃止されてしまいました。復活したのは25年後の1970年です。「ポッタリチャンサ」と呼ばれる、担ぎ屋のおばちゃんたちが、常時100人以上は乗船し、韓国からは食品や雑貨を、日本からは電化製品やバナナなどを運んでいたのです。バナナは日本では安く買えても、韓国では病気にならないと食べられない時代が80年代くらいまで続いていたそうです。

この記事の続きを見る


九州からフェリーで海外旅行
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • アジア/韓国/釜山(プサン) 
みなさんは海外旅行へ行く時に、飛行機以外の方法を使ったことはありますか? 島国ニッポンでは、海外旅行のスタート地点は空港というのが当たり前ですが、飛行機以外の方法もあります。その中でもおすすめなのが、博多港から、釜山港までを結ぶ、ジェットフォイル高速船です。一日に約10便があり、JR九州高速船のビートル号、未来高速のコビー号と、2つの船会社で運航されています。予約は旅行会社にアレンジを頼んでもいいですし、電話やインターネットで直接で予約することも可能です。

この記事の続きを見る


「上海 フェリー」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

プレミアムフライデーで海外へ!(その2:上海の楽しみ方)
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/中国/上海 
(その1から続く)金曜日夜出発で日曜日帰国で上海に行く場合、羽田空港から全日空NH97便18:30発、21:10着で出発し、帰りは上海18:50発のNH921で21:30に成田空港に帰ってくるのが、最長で滞在できます。ホテルは2泊。できれば地下鉄駅にほど近く、観光名所が集中的に集まる、外灘(わいたん)にほど近いホテルを選ぶといいでしょう。上海駅周辺も候補地の一つです。特に短期旅行の場合、動きやすいホテルを拠点に選ぶのが賢い選択です。いくら高級ホテルでも、郊外にあるようでは、移動に時間がかかってしまうため、あまり町を楽しめません。上海は交通渋滞がひどく、また思った以上に町も広いです。地下鉄でならすぐそこのように思えても、タクシーを使うと思った以上に時間がかかります。また路上では、タクシーがなかなか拾えないことも多いので、やや難儀です。そこで利便性と時間の節約を考えて、上海公共交通カードを購入することをお勧めします。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。福岡 上海 フェリーに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介