page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「置物」の見どころ情報

置物に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「置物」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果129

1 2 3 4 5 末尾 次へ


かぼちゃ型をした銀のケースは、王が国賓に贈呈したこともあったとか。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/カンボジア/プノンペン 
光沢と重厚感のある表面に、手作業で刻み込まれたきめ細やかな模様。カンボジアにおける銀・銅細工品の生産起源は定かではありませんが、アンコール王朝時代(802〜1431年頃)には頂点に達していたと言われています。かつては宮廷に献上するために作られていましたが、現在では冠婚葬祭などでも使用されるほか、お土産物としても販売されています。蔓、葉、花びらなどのモチーフで構成されるカンボジアの装飾様式「Kbach」をあしらった製品は、芸術作品としても見応え十分。美しい銀・銅細工製品はどのように生み出されているのでしょうか。熟練の職人達が集まる村を訪ねてみましょう。

この記事の続きを見る


地面にナッツや豆、マリーゴールドで作られた美しいアート作品。
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • 中南米/メキシコ/プラヤ・デル・カルメン 
メキシコでは、毎年11月1日と2日に、死者の日(Dia de Muertos)と呼ばれる、最もメキシコらしく、最も美しい祝祭が行われます。この時期は、町中がカラフルな色紙で装飾され、服を着た骸骨の飾り物をあちこちで見ることができます。死者が家族に会いに帰ってくるこの期間は、決して悲しい期間ではなく、楽しく色とりどりのアートで死者を迎えます。今回は、メキシコの死者の日の期間に販売される、素敵なお土産になり得るグッズをご紹介しましょう。

この記事の続きを見る


「クリスマスの魔法ジャンダルメンマルクト」と入口に描かれている
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ベルリン 
12月24日の前の日曜日から遡り、4週間前の週末から始まるアドヴェント。クリスマスを迎える準備をする大切な期間で、この時期、ドイツのどこの町でもクリスマス市が立つ。首都ベルリンではポツダム広場やアレクサンダー広場、クーダム、シャルロッテンブルク城など、色々な場所でクリスマスマーケットが開催される。それらの中でもベルリンで最も美しいクリスマス市と謳われているのがGendermenmarktジャンダルメンマルクト広場だ。ドイツ教会とフランス教会の間に音楽堂シャウシュピールハウス(コンツェルトハウス)が聳え、普段から大変美しい広場である。ジャンダルメンとは当時のフランス語で近衛騎兵という意味。18世紀半ばにフランス贔屓のフリードリヒ大王が広場に名付けた。

この記事の続きを見る


エーゲ海を眺めるために、ちょっと浜辺へ寄り道してみよう
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/イズミール 
今日のイズミルからエーゲ海沿岸にかけての一帯は、かつてイオニア地方と呼ばれていた。イオニアと言えば、ギリシャ建築の柱を思い浮かべる。紀元前6世紀にギリシャ本土に住んでいたイオニア人がアナトリア西南部に移住して植民地を形成。そこで生まれたのが頭に渦巻き模様がある柱で、以後イオニア式と呼ばれた。この辺りはそれほど古い歴史と文化がある地方なのだ。イズミルの西、エーゲ海に大きく突き出ているのがチェシュメ半島。イズミルから真っ直ぐ東へ延びる道があり、その先端がチェシュメだ。チェシュメとはペルシャ語で水汲み場という意味で、今も町の至る所に古い水汲み場が残る。海辺の方では砂浜が続き、宿泊施設が充実している。浜に面したホテルには専用のプライベートビーチがあるが、地元の人たちは空いている浜辺で泳いでいる。

この記事の続きを見る


Rymd
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スウェーデン/ストックホルム 
ストックホルムの歩行者天国通り、ドロットニングスガータンには、一流ブランドが出店する百貨店、オレーアンスをはじめ、日本でもおなじみのファッションブランドHアンドMや、Zaraなどが軒を連ねている。それぞれのショーウィンドウは、流行のファッションやグッズで彩られ、最先端ならではの魅力できらめいている。モダンなアイテム好きにはたまらないエリアだ。一方、品物の魅力は、新しいことだけではなく、作られたプロセスや、時代とともにはぐくまれた歴史もまた宿っている。そんな、時代が感じられる品々を集めたアンティークショップが、ストックホルムには意外と多いようにも感じられる。これは、古くなったらポイ、と捨てるのではなく、手直ししながら大切に使い続ける、というスウェーデンの人たちの心意気が影響しているのかもしれない。

この記事の続きを見る


料理はその都度、うやうやしく運ばれてくる
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ハンガリー/ブダペスト 
ヨーロッパ旅行の楽しみの一つにレストランでの食事がある。クラシックなインテリア、重厚な雰囲気に、ああ、ヨーロッパへ来ているな、と実感が持てるだろう。ところが最近ではミシュランの星を持つ高級レストランでも、食事は抜群に美味しいけれど、どうということのない外観、インテリアも自然のまま、というレストランが多くなってきた。ここブダペストでも、2010年以降にオープンした新しいレストランでは、きらびやかな雰囲気ではない、気軽に入って来られるインテリアのレストランが増えている。そんな中、ブダペストきっての高級レストランGundelグンデルでは創業以来の伝統を守り、格式ばった雰囲気の中で料理がサービスされる。建物はこぢんまりとしているが貴族の館のように優雅で、家具もインテリアも素晴らしい。

この記事の続きを見る


雰囲気のある横丁にワクワクする
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/韓国/ソウル 
韓国と言えば昔から焼き肉のイメージがあります。豚焼き肉も人気ですが、韓国旅行に来たらやっぱり牛焼き肉と考えている方も多いのではないでしょうか?お肉は新鮮さが一番なので、市場の横だったら間違いなくおいしいです。ソウルでは東部にある馬場洞(マジャンドン)が古くから畜産市場として栄えています。その市場のすぐ横に、馬場洞(マジャンドン)焼肉横丁があり、入口の門をくぐると細い道に背の低い焼き肉店がずらりと軒を連ねたちょっとした異空間に入ることができます。門の前の牛の置物もシュールです。

この記事の続きを見る


アートとハンドクラフトのコレクションが並ぶ
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スウェーデン/ストックホルム 
1975年に誕生した「吹くと練る」という名前のスポット「Blas and Knada」は、現在のロケーション、セードラマルムのガムラスタン側のホルンスガータンに移転した。最寄りの地下鉄スルッセン駅は、ストックホルムの中央駅からガムラスターン経由で到着する、セーデルマルムの玄関口として、また地下鉄駅やバスターミナルを擁する交通の要として利用されてきた。整備されてから75年が経過。設備の老朽化、また人口増加に伴う住宅整備、道路の渋滞解消など様々な理由もあって、100年後も人々に愛される公共エリアとして生まれ変わるため、2020年の完成を目指して現在大工事中。それでも、車道や歩道は状況に応じて整えられているので、駅から「Blas and Knada」までは歩いて5分ほど。

この記事の続きを見る


シンプルで機能的そしてかわいらしさも併せ持つ、北欧デザイン好きなら、見ているだけで、こころウキウキ
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スウェーデン/ストックホルム 
長い夏休みには、サマーハウスの木陰でハンモックに揺られたり、家の裏の森でベリーを摘んだりと、のんびり過ごすことが好きなスウェーデンの人びと。自然と共存し、次世代にその魅力とたのしみを受け継ごうと、自然環境のサステイナビリティにも敏感だ。この精神は、日々の暮らしの生活を彩るものに関しても反映されている。もちろんある程度の期間使える品を手ごろな値段で購入することもあるけれど、一方で、古い品をメンテナンスしながら大切に使い続けることにも長けているのだ。 有名デザイナーのヴィンテージ製品を扱うアンティークショップや、寄付された洋服や家具を販売する赤十字のセカンドハンドショップなどの店舗をはじめ、特に季節のよい週末には街の広場に蚤の市も登場し、道行く人が店先をひやかしている。アンティークショップと聞くと、値段も張るし、量販店に比べ、敷居が高い気がするけれど、ものによって、また商品の年代や質によっては、手ごろな価格の品を見つけることができる。

この記事の続きを見る


色彩豊かな脚付きのグラスは、一脚250クローナ(約3140円)。奥に見える卵形のガラスボールはイースターのお飾り
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スウェーデン/エステルスンド 
日本アルプスのような峻険な山並みがなく、もっとも標高の高い山、ケブネカイセ山でも2097mというスウェーデン。そんな自然環境の中、2019年3月には国際スキー連盟によるアルペンスキー世界選手権大会も予定されているオーレ山は、海抜1400メートルほどと、かなり標高差のある山で、エステルスンドから西、ノルウェー方向へE14を100キロメートルほど、車で約1時間とアクセスも便利だ。オーレ山を中心に周辺エリアでは、冬はスキーやスノーボードなどの雪上スポーツ、夏はハイキング、ゴンドラで行く山頂付近からいっきに麓へ下るマウンテンバイクのダウンヒルや、ゴルフ、湖でのセーリングや釣りなど、さまざまなアウトドアスポーツにトライすることができる。

この記事の続きを見る


1 2 3 4 5 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。置物に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介