page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「羽田 パラオ 直行便」の見どころ情報

羽田 パラオ 直行便に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「羽田 パラオ 直行便」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


羽田線で使用するのは、B747-400型機。エアライン好きにはおなじみの「ハイテクジャンボ」。ウイングレットと呼ばれる尾翼先端の小さな翼がこの機種の特徴。
  • テーマ:
  • エアライン・空港
アメリカに行く機会が多い人なら、一度はお世話になったこともあるはず。米系エアライン最大手のデルタ航空は提携エアラインとの広範囲なネットワークにより、世界65カ国、367都市をつなぎ、年間1億6,000万人以上の搭乗者数を誇っている。その、デルタ航空がついに、羽田に就航する。来年2011年の1月末からの予定で、羽田〜デトロイト、羽田〜ロサンゼルスの定期便をデイリーで運航。デトロイトはデルタ航空のハブ(基幹)空港でもあり、設備は充実。これにより、アメリカ西海岸と北東部への旅がぐっと身近になる。

この記事の続きを見る


「羽田 直行便」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

タイ航空は毎日1便、カトマンズに午後早い時間に到着する
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/カトマンズ 
2019年4月現在、日本からネパール行きの直行便は飛んでいません。そのため乗り継ぎ便を利用することになります。乗り継ぎの方法にはいろいろありますが、どの航空会社を使うのがいいのかは、その人の旅のスタイルや予算によっても異なります。そこで今回は、ネパール便のある主だった航空会社についてご紹介します。ちなみに、現在ネパール航空が、ネパールの首都カトマンズと日本の直行便の就航申請をしています。2019年4月10日の時点で日本側の認可待ちという状態ですが、就航すれば、ネパールへの旅はもっと身近なものになると期待されます。(ネパール航空の就航については、ネパール航空公式ホームページなどで最新の情報を入手してください)

この記事の続きを見る


ミュンヘン国際空港。
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ミュンヘン 
羽田空港から、直行便でヨーロッパに行くとなると、意外と身近に感じるものですね。ミュンヘン国際空港までは、ANAとルフトハンザの直行便が東京から出ています。ですから、日本から行きやすい空港の一つと言えます。しかも、ミュンヘンの空港は、大きい割に飛行機が着陸した場所から入国審査までの移動距離が短く、海外個人旅行初心者の方にも、わかりやすい。なかなかいい空港です。しかも、ミュンヘン市内までは簡単に電車移動ができるのは元より、今年2018年の12月から、空港からレーゲンスブルクまでの鉄道利用が便利になります。

この記事の続きを見る


イエローナイフで見るオーロラ
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/イエローナイフ 
オーロラの聖地ともいえるカナダのイエローナイフ。一度は行ってみたいと思う方も多いのでは。ですが、たどり着くまでがなかなか大変。添乗員つきのパッケージツアーでしたら、親切な添乗員さんが連れて行ってくれますが、個人旅行ではハードルが高かったことは事実です。今までは、エアカナダを利用してカルガリーまで飛び、そこでイエローナイフ便に乗り継ぎをするのがベストな方法でした。ただし、このイエローナイフ便、機材が小さいので、繁忙期には席がないことも。もしかしたら、席がなくてイエローナイフ行きを諦めた方もいらっしゃるかもしれませんね。

この記事の続きを見る


ホアンキエム湖の湖畔で休憩するのも
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ハノイ 
北部ハノイはベトナムの首都であり、南部ホーチミンに続き第2の観光都市として知られています。ベトナムと言えば南国の気候をイメージしがちですが、ハノイは温暖な気候で、1年を通して若干の四季があります。旅行に最適なシーズンは10月と11月。ハノイではこの時期は「秋」と呼ばれていて、降水量も少なく、また過ごしやすい気温が続きます。ハノイはホアンキエム湖を中心に散歩道や教会、博物館といった観光名所が市内各地に点在していて、老若男女楽しむことができます。

この記事の続きを見る


マニラ湾の夕日
  • テーマ:
  • 語学
  • 行き先:
  • アジア/フィリピン/マニラ 
2012年頃から流行り始めた「フィリピン留学」。長期休みに向けて、留学準備中の学生さんも多い時期ではないでしょうか? 筆者自身もフィリピン留学経験者で、マニラの語学学校のスタッフとしての滞在経験と1ヶ月のセブ島への留学経験があります。それ以前にもオーストラリアのパースで1ヶ月間、現在も英語は勉強中。人並みならぬ英語コンプレックスの持ち主でもある筆者おすすめの、近くて安い、人気の「フィリピン留学」をご紹介します。少し古いデータになりますが、フィリピン観光省の統計によると、2010年には年間、5000人に満たなかった留学者数は、2015年には約3万5000人にまで増加し、5年で7倍という成長率。ゆくゆくは、年間5万人を目指すという発表も出ているほど、人気への期待ぶりが伺えますね。

この記事の続きを見る


モントリオール空港はそれほど大きな空港ではないので移動は比較的簡単です。ショッピングはあまりおすすめできませんが・・
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/モントリオール 
春から秋にかけて、観光ベストシーズンのカナダ。西部にある都市、バンクーバーやビクトリアは日本から近いこともあり、行ったことがあるという方は多いのでは?でも、もうちょっと足を延ばすと、カナダ西部とはまた違った文化や風土を持つ、ケベック州が広がります。今回は北米の中でも独特な文化を持つ、ケベック州の都市、モントリオールへの個人旅行、または留学などを考えている方に便利な空港情報をお届けしたいと思います。

この記事の続きを見る


初便就航時のセレモニーにはカンタス航空、クイーンズランド州ゴールドコースト、成田空港のキャラクターたちも登場
  • テーマ:
  • エアライン・空港
「一度は行きたい国」としてランキング上位に常に名前が登場するオーストラリア。一度行った人でも、日本の20倍以上の広さを持つ大陸だけに、見どころ遊びどころたっぷり。リピートする価値は高い。そのオーストラリアと日本を結ぶのがカンタス。二国間の経済・観光の発展をうながす目的で2015年8月、成田〜ブリスベン、羽田〜シドニーというふたつの新しい直行便の路線が就航。これによって、さらにオーストラリアへのアクセスが増えた。観光目的ならば、やっぱりうれしいのがブリスベンへの直行だろう。成田発のQF62は毎日、20:55出発、ブリスベンには翌日の朝7:00に到着。帰りはQF61がブリスベン発11:00、成田着が19:15(2015年10月24までの運航スケジュール)。仕事帰りに出発できるのがうれしい。

この記事の続きを見る


ファーストクラスのラウンジのイメージ画像。成田ではどのようなスタイルになるのか楽しみだ
  • テーマ:
  • エアライン・空港
アラブ首長国連邦ドバイを本拠地とするエミレーツ航空が、日本市場への取り組みの強化から、成田空港・第2ターミナルに日本国内初となる専用ラウンジを開設すると発表。誕生するのは今年4〜6月頃を予定。投資額は400万ドル相当となる。ラウンジはエミレーツのビジネス、ファースト利用者およびエミレーツのマイレージプログラム「エミレーツ・スカイワーズ」のゴールドまたはプラチナ会員となる。

この記事の続きを見る


英国、日本の両国において「各国において最も影響力のあるブランド」に贈られる2014
  • テーマ:
  • エアライン・空港
ブリティッシュ・エアウェイズは世界75カ国、170都市以上に広範囲なネットワークを持つエアライン。2013 年には就航94周年を、日本においては就航65 周年を迎えている。2011 年2 月20 日に運航開始した羽田〜ロンドン線は週7 便でデイリーに運航。成田〜ロンドン線と合わせると毎日2 便運航というまさに日本と英国を結ぶエアラインといえる。日本からのブリティッシュ・エアウェイズのフライトが到着するのはロンドンのヒースロー空港・ターミナル5。 ターミナル5 は権威あるスカイトラックス社のエアラインアワードで3 年連続「最高のターミナル」に選ばれるほどでヨーロッパ屈指。欧州の各都市への乗り継ぎもすみやかだ。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。羽田 パラオ 直行便に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介