page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「羽田 パラオ 直行便」の見どころ情報

羽田 パラオ 直行便に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「羽田 パラオ 直行便」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


羽田線で使用するのは、B747-400型機。エアライン好きにはおなじみの「ハイテクジャンボ」。ウイングレットと呼ばれる尾翼先端の小さな翼がこの機種の特徴。
  • テーマ:
  • エアライン・空港
アメリカに行く機会が多い人なら、一度はお世話になったこともあるはず。米系エアライン最大手のデルタ航空は提携エアラインとの広範囲なネットワークにより、世界65カ国、367都市をつなぎ、年間1億6,000万人以上の搭乗者数を誇っている。その、デルタ航空がついに、羽田に就航する。来年2011年の1月末からの予定で、羽田〜デトロイト、羽田〜ロサンゼルスの定期便をデイリーで運航。デトロイトはデルタ航空のハブ(基幹)空港でもあり、設備は充実。これにより、アメリカ西海岸と北東部への旅がぐっと身近になる。

この記事の続きを見る


「羽田 直行便」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

韓国東海岸を行く観光列車
  • テーマ:
  • エアライン・空港
新型コロナ終息までは旅行準備期間ととらえ、机上プランに勤しんでみたい。新型コロナがあまり蔓延しなかった、あるいは終息の早かった5カ国で鉄道旅行を考えてみた。 まずはお隣の韓国、平時であれば韓国へは、ソウル金浦、仁川、釜山、大邸の4空港に日本の多くの空港から大手、LCC含めて、これまた多くの便があり、国内旅行よりも気楽に行くことができる。 こんな韓国の鉄道、近年は観光列車の運行が盛んだ。日本では以前から車窓の美しい路線などを中心に、大きな窓で眺望の楽しめる車両などを導入、観光列車運行が積極的だったが、そんな日本を真似たのか、日本に似た観光列車が続々と登場している。 美しい海岸線を走る列車、山間部を巡る列車などがあるほか、定期列車は1日1往復の観光列車のみという路線もある。韓国でも山間部の過疎地では列車の利用者がいなくなっているのだ。北朝鮮との非武装地帯に入る列車もあり、ツアー形式で展望台まで行き、北朝鮮を遠望できるというものまである。 韓国の観光列車はアトラクション感覚でも利用できる。

この記事の続きを見る


ベトナムは若さみなぎる雰囲気が魅力
  • テーマ:
  • エアライン・空港
2020年4月23日時点で、新型コロナ・ウイルスに感染して死亡した人が0という国のなかから、終息後是非行ってみたい5カ国を選んでみた。まずは日本でも人気上昇中のベトナムである。ベトナムは人口比率における若年層が多く、若く活気あふれる国である。高齢者の比率が少ないことが重症化する人が少なかった理由のひとつではないかという考え方もあるくらいだ。しかし、ベトナム、とくにベトナム北部を旅行すると、ベトナムは正式名称が「ベトナム社会主義共和国」なんだということも感じる。社会主義国はの国民には「落ちこぼれる心配はあまりないが、国のいうことには従う」という考えがあり、「ウイルス蔓延で自粛」などというときは、国民は国の方針に従うが、今回はそれがよい結果になったのかもしれない。ベトナムへは北部のハノイ、南部のホーチミン、中部のダナンに直行便が飛び、LCCも含めて便数が多く、日本から気軽な旅行先となった。羽田発深夜便もあるので、短期でも充実した日程が可能だ。次の旅行先候補に是非入れたい。

この記事の続きを見る


スルーバゲージの場合は、乗り継ぎ空港についたら、イミグレーションへ向かう必要はなく、トランジットエリアで過ごす
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
海外旅行で国際線を使う場合、最終目的地までダイレクトに飛ぶ直行便と、途中どこかの空港を経由して飛行機を乗り換える乗り継ぎ便があります。乗り継ぎ便を理用する場合、預けた荷物はどうなるのか、初めての海外旅行では心配な方もいると思います。スルーバゲージ(乗り継ぎ空港で預け荷物をピックアップする必要がなく、最終目的地で受け取ること)ができるかどうかは、ケースバイケース。航空会社の組み合わせや乗り継ぎ空港の事情によって異なります。

この記事の続きを見る


羽田からヨーロッパへ
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
海外に行くとき成田空港も便利ですが、都心や横浜方面からは羽田空港発着の国際線はとても便利ですね。羽田空港では、夜の発着の便も増えてきました。仕事帰りに利用したい方も多いでしょう。今回は、私がANA(全日本空輸)の深夜便を利用してヨーロッパに行ったときの話をしましょう。行きの便で私がチョイスしたのは、羽田→フランクフルト便。00:50羽田発という深夜便です。チェックインは前日の夜になりますので、日付間違いに要注意の時間帯ですから、前もってカレンダーをいつもよりしっかり確認しました。そして浜松町からのモノレールの終電時間を気にしながら羽田空港到着。深夜便が増えましたので、思ったより空港にはたくさんの人がいましたが、それでも昼間の賑わいまではありません。

この記事の続きを見る


ベトナム航空のA350に乗ってホーチミンへ出発
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/カンボジア/プノンペン 
カンボジアというと日本人観光客の多くが訪れるのがアンコール遺跡で、カンボジア西部のシェムリアップにある。しかし、今回はカンボジア中南部にある首都プノンペンを訪ねてみた。使った航空会社はベトナム航空のホーチミン乗り継ぎである。 ベトナム航空は近年、フライトが充実していて、東京を例にすると、成田からホーチミンへ1日2便、ハノイへ1日1便、ダナンへ1日1便、羽田からもハノイへ1日1便運航、ダナン便を除いてエアバスの最新機材であるA350に揃えられているというのも魅力である。 アジアへはLCCを利用する機会が多くなっているが、ベトナム航空は航空券がお手頃価格で、しかも機内食なども充実なので、コストパフォーマンスが高く感じる。ホーチミンでの乗り継ぎもスムーズで、空港の乗り継ぎ施設も充実している。たとえば、ベトナム航空の日本行きは夜行便が多いが、空港のトランジットエリア内に無料のシャワーがあり(バスタオルは自分で用意する必要あり)、重宝した。

この記事の続きを見る


直行便が飛んでいるポーランドの首都ワルシャワ。しかしそれ以外の都市へも乗り継ぎがいい
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ポーランド/ワルシャワ 
成田からデイリーで(冬期は減便)、ワルシャワへ直行便を飛ばしているLOTポーランド航空。日本からポーランドに行く場合、最も早くて便利な航空会社ですね。なので私たちは乗客のほとんどはポーランドを最終目的地としていると思いがちですが、実はワルシャワで乗り継いで他国へ行く日本の乗客の方も多いのだそうです。周辺の中欧諸国は日本からの直行便がない国も多く、ワルシャワでの乗り継ぎ時間が短ければ他社便より早く着く場合もあります。また、所要時間があまり変わらなければ、運賃が比較的安いLOTポーランド航空に乗ろうという人もいます。今回は「乗り継ぎでLOTポーランド航空を使うには」という点で考えてみました。

この記事の続きを見る


パース行きに使われているのはボーイングの最新鋭機787
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/パース 
ANAが2019年9月からオーストラリアのパースへ直行便を毎日運航している。往路は成田発11時10分、パース着20:15分、復路はパース発21時45分、成田着は翌日の8時25分である。所要時間は約10時間、機材はボーイング787-8型機、座席数はビジネス32席、プレミアムエコノミー14席、エコノミー138席の計184席である。近年、ANAはウイーン、メキシコシティ、そしてインドのチェンナイへの路線も新規に就航するなど、積極的に就航都市を増やしているが、パースもその一環である。これら新たな就航地には787型が使われているが、787型の特徴として「中型で長距離を飛べる」という部分があり、それほど多くの需要がない都市でも、毎日、直行便を飛ばすことができる。ANAは787のローンチ・カスタマーで、多くの787を運航するが、就航地を増やせているのも787導入の効果といっていいだろう。

この記事の続きを見る


お肉はテール近くのランプ肉と呼ばれる部位が使われます。フランツ・ヨーゼフ1世がこよなく愛したウィーン名物としても有名です。
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
ハプスブルク王朝時代から愛される正統派のウィーン伝統料理といえば、牛肉をボイルしたターフェルシュピッツです。筆者は3度ウィーンを訪れましたが、ウィーン料理でもっとも美味しいと思ったのが老舗店「プラフッタ(PLACHUTTA)」のものでした。この料理は、塊の牛肉、ニンジン、玉ネギ、セロリ、香草などをスパイス入りブイヨンで3時間以上煮込んだもので、お肉や野菜はもちろん、軟骨やコンソメスープ、すべてを余すところなくいただけます。なんとこのプラフッタのレシピ本がウィーンの各家庭に1冊はある、というから驚きです。家庭でもよく食されるおふくろの味でもあります。

この記事の続きを見る


タイ航空は毎日1便、カトマンズに午後早い時間に到着する
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/カトマンズ 
2019年4月現在、日本からネパール行きの直行便は飛んでいません。そのため乗り継ぎ便を利用することになります。乗り継ぎの方法にはいろいろありますが、どの航空会社を使うのがいいのかは、その人の旅のスタイルや予算によっても異なります。そこで今回は、ネパール便のある主だった航空会社についてご紹介します。ちなみに、現在ネパール航空が、ネパールの首都カトマンズと日本の直行便の就航申請をしています。2019年4月10日の時点で日本側の認可待ちという状態ですが、就航すれば、ネパールへの旅はもっと身近なものになると期待されます。(ネパール航空の就航については、ネパール航空公式ホームページなどで最新の情報を入手してください)

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。羽田 パラオ 直行便に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介