page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「羽田発」の見どころ情報

羽田発に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「羽田発」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果72

1 2 3 4 5 末尾 次へ


パース行きに使われているのはボーイングの最新鋭機787
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/パース 
ANAが2019年9月からオーストラリアのパースへ直行便を毎日運航している。往路は成田発11時10分、パース着20:15分、復路はパース発21時45分、成田着は翌日の8時25分である。所要時間は約10時間、機材はボーイング787-8型機、座席数はビジネス32席、プレミアムエコノミー14席、エコノミー138席の計184席である。近年、ANAはウイーン、メキシコシティ、そしてインドのチェンナイへの路線も新規に就航するなど、積極的に就航都市を増やしているが、パースもその一環である。これら新たな就航地には787型が使われているが、787型の特徴として「中型で長距離を飛べる」という部分があり、それほど多くの需要がない都市でも、毎日、直行便を飛ばすことができる。ANAは787のローンチ・カスタマーで、多くの787を運航するが、就航地を増やせているのも787導入の効果といっていいだろう。

この記事の続きを見る


初めての個人旅行の場合は、余裕を持って空港へ向かいましょう
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
初めての個人海外旅行でもスムーズに搭乗できるよう、手順と注意点をまとめてみました。海外旅行に出発するまでのプロセスは、ざっくりいうと、搭乗手続き(チェックイン)→保安検査(セキュリティチェック)→出国審査→搭乗ゲートという流れになりますが、それぞれの手続きと注意点を以下ご説明しましょう。

この記事の続きを見る


深夜便のなかでも羽田〜北京間の海南航空は需要が高い
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/中国/哈爾浜(ハルピン) 
羽田発着の国際線が増加しているが、深夜に発着している航空会社にも注目したい。昼便に関しては、成田便を運航していて、なおかつ増便したい場合に限られている。つまり成田に乗り入れていない航空会社が羽田にだけ乗り入れることはできない。ところが深夜時間帯に関してはこの制限はなくなる。つまり成田便を運航していない新興の航空会社でも、深夜なら羽田に乗り入れできるのである。 この制度を利用しているのは中国の新興航空会社に多く、海南航空、上海航空、吉祥航空、LCCでは春秋航空、天津航空、奥凱航空が深夜の羽田空港に発着している。多くが中国からの訪日需要によるものであったが、利用してみると、確かにお土産を持った中国からの旅行客が目立つが、日本人がまったくいないわけではなく、意外にまとまった数の日本人渡航客を目にするのである。

この記事の続きを見る


セントレアの付帯施設「FLIGHT
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
待ちに待った海外旅行! せっかくなら、旅の思い出に“空港での時間”も思いっきり楽しみたいですよね。私は東京に住んでいるので、出発する空港はほぼ羽田か成田です。しかし、先日初めて名古屋の「中部国際空港 セントレア」に行ってみて、その施設の充実ぶりに驚きました。飛行機に乗るまでの時間が、すでにひとつの特別な「旅の時間」になるんですよ!

この記事の続きを見る


お肉はテール近くのランプ肉と呼ばれる部位が使われます。フランツ・ヨーゼフ1世がこよなく愛したウィーン名物としても有名です。
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
ハプスブルク王朝時代から愛される正統派のウィーン伝統料理といえば、牛肉をボイルしたターフェルシュピッツです。筆者は3度ウィーンを訪れましたが、ウィーン料理でもっとも美味しいと思ったのが老舗店「プラフッタ(PLACHUTTA)」のものでした。この料理は、塊の牛肉、ニンジン、玉ネギ、セロリ、香草などをスパイス入りブイヨンで3時間以上煮込んだもので、お肉や野菜はもちろん、軟骨やコンソメスープ、すべてを余すところなくいただけます。なんとこのプラフッタのレシピ本がウィーンの各家庭に1冊はある、というから驚きです。家庭でもよく食されるおふくろの味でもあります。

この記事の続きを見る


朝早いフライトは、夜明け前に空港に到着
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
海外旅行の全行程の中でも意外と馬鹿にできない時間、それが「空港で過ごす時間」。国際線では、基本的に出発の2時間前に到着するようにと言われています。検査が厳しい空港などでは3時間前に。私は出国時も帰国時も、できるだけ早く空港に着いていたいタイプです。空港までの交通渋滞や電車の遅れ、天候や機材のトラブル、自分の体調不良、搭乗口の急な変更など、無事に機上の人になるまでにはさまざまなハードルがありますからね。とはいえ、(たいていの場合はそうですが)何事もなく空港に着けば、それだけ時間があまります。さて、何をして過ごしましょうか?

この記事の続きを見る


タイ航空は毎日1便、カトマンズに午後早い時間に到着する
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/カトマンズ 
2019年4月現在、日本からネパール行きの直行便は飛んでいません。そのため乗り継ぎ便を利用することになります。乗り継ぎの方法にはいろいろありますが、どの航空会社を使うのがいいのかは、その人の旅のスタイルや予算によっても異なります。そこで今回は、ネパール便のある主だった航空会社についてご紹介します。ちなみに、現在ネパール航空が、ネパールの首都カトマンズと日本の直行便の就航申請をしています。2019年4月10日の時点で日本側の認可待ちという状態ですが、就航すれば、ネパールへの旅はもっと身近なものになると期待されます。(ネパール航空の就航については、ネパール航空公式ホームページなどで最新の情報を入手してください)

この記事の続きを見る


マイレージをためてはいるけれど…
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • アジア/韓国/釜山(プサン) 
私は何十年来、ずっと1つの系列のマイレージプログラムを利用してきました。昔はマイルを使って、アジアなど近場の国ならけっこうたやすく行けたのですが、たびたびルールが変更され、海外への特典旅行はどんどん遠ざかるような…。しかも最近はLCCもあるし、私の場合は会社員だったときと旅のスタイルが変わってきたこともあって、系列のエアラインに乗ることが少なくなり、なかなかマイルがたまらなくなりました。調べてみると、自分のマイル数では海外のどこへも往復できません。一方、国内ならだいぶ融通がきき、たとえば羽田と札幌を往復できるのですが…。

この記事の続きを見る


そのあと向かったブカレストの町。のんびり平和な雰囲気
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ルーマニア/ブカレスト 
「偽警官」に関しては、ヨーロッパの国々を旅行する際に気をつけるべきこととして、よく聞く話のひとつですね。警官を装った者が観光客に声をかけ、携行品をチェックするふりをして金銭を盗んだり、言いがかりをつけて賄賂を要求したりするなど手口はいろいろのようです。私がルーマニアの首都、ブカレストに行くときも、事前にそんな実例をネットで読んでいました。今、あらためて調べてみても、ブログなどで個人の体験談があるほか、ルーマニア政府観光局や外務省・海外安全ホームページなど、メジャーなところでも注意を呼びかけています。それらを読んで私は先の自分の経験を思い出し、あれは何だったのだろうと今さらながら気になってきました。

この記事の続きを見る


ミュンヘン国際空港。
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ミュンヘン 
羽田空港から、直行便でヨーロッパに行くとなると、意外と身近に感じるものですね。ミュンヘン国際空港までは、ANAとルフトハンザの直行便が東京から出ています。ですから、日本から行きやすい空港の一つと言えます。しかも、ミュンヘンの空港は、大きい割に飛行機が着陸した場所から入国審査までの移動距離が短く、海外個人旅行初心者の方にも、わかりやすい。なかなかいい空港です。しかも、ミュンヘン市内までは簡単に電車移動ができるのは元より、今年2018年の12月から、空港からレーゲンスブルクまでの鉄道利用が便利になります。

この記事の続きを見る


1 2 3 4 5 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。羽田発に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介